情報更新

last update 07/10 08:24

ツイート検索

 

@hazuma
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

Stats Twitter歴
4,653日(2007/10/15より)
ツイート数
129,710(27.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年07月10日(金)1 tweetsource

2020年07月09日(木)22 tweetssource

14時間前

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

倉数茂さんが「新対話篇」「哲学の誤配」の2刷に、ぼくの経歴に遡って嬉しい書評を書いてくれた(『週刊読書人』7月10日号)。ありがとうございます〜

posted at 18:30:41

17時間前

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

いささか腹がたったので連投してしまいました。以上のように、これはぼくの哲学とも関係してるしうちの経営方針とも関係してる。原理的であり同時に具体的な問題。表現はなんのためにあるのか、文化はだれのためにあるのか、単に苦境を訴えるのではなく、みなもっと深く考えるべきだと思います。

posted at 14:42:05

17時間前

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

最後に今度は抽象的な話で現場知らないとか言われると嫌だからそっちも付け加えて加えておくと、これはそもそもゲンロンカフェの経営者としても超リアルな問題で、うちのイベントどう再開するかの方針と直に関係してる。そして、うちなら、トーク終わってまっすぐ帰ってくださいとか絶対言わない。

posted at 14:39:53

18時間前

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

だから昨日かいたことってのは、業界の問題以上に、大袈裟にいえば哲学の問題で「そんな理解で表現者として大丈夫?」って問いかけです。作品を見るだけにしてもらいたい、飲み会のネタに使ってもらいたくないっていうのは、表現の意味について突き詰めて考えてないんじゃないかと思ったわけです。

posted at 14:36:14

18時間前

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

で、この場合の「観客」というのはべつに業界人とかではなく、全くの他者のことで、それこそ飲み会のネタに舞台見にくるようなひとのことなんですよ。そういう「脱構築」的な受容こそが表現を支えている。これがデリダの主張で、サールという言語哲学者と実に面白い(いささか嫌味な)論争もしてます。

posted at 14:32:41

18時間前

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

というよりも、「観客への開かれ」の可能性なしにはそもそも自分のための表現自体が存在できない。現前性はエクリチュール戯れのもとで存在する。ひらたくいえば、表現よりもまえに観客の空間がある。それがデリダの哲学の根幹で、それって20世紀後半の表現論の基礎の基礎だと思うんですよね。

posted at 14:27:40

18時間前

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

デリダの言葉でいえば、「s'entendre-parlerの声もけっして純粋ではなく必ずecritureを生み出す」ということになるんだけど、とにかくそういうことを、デリダは現象学とか言語哲学とかぎりぎりまで考えたすえに言っているのね。自分のためだけにかかれる表現も、原理的には絶対に観客に開かれている、

posted at 14:25:11

18時間前

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

難しい言葉を書くとマウンティングとかいわれるけど他方なにも書かないとバカだと思われるので、それなら前者がいいので書いておくけど、表現とか観客とかいってるのは別に印象論ではなくて、ぼくはもともとデリダという哲学者の研究者で、彼の主要な主張が「表現は観客なしに存在しない」なんですよ。

posted at 14:22:58

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

19時間前

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

一般に、自分の表現を、自分が想定するどおりの方法で、自分が想定する人間にだけ受容して欲しいと願うひとは、エンターテイナーにも芸術家にも何にもなれない。そんな基礎的なことが理解されていなくなっていることに、愕然としました。

posted at 12:58:09

19時間前

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

昨日からぼくのところに、エンタメなら観客のこと考えなければいけないけど、そうじゃない演劇もあるというリプライが複数届いていて、あまりに無自覚な傲慢さに呆れている。
観客=読者=受け手のことを考えない表現など原理的に存在しません。それなら勝手に鏡の前でやってくれ。これで話終わり。

posted at 12:53:28

20時間前

@yusukeamagai

YSK-AMG@yusukeamagai

新対話篇、本当におもしろかった。東さんの著作は、対談集よりカチッとした文体の批評のほうが好きだったのですが、この対話集はとても好みだし、改めて勉強になります。ありがとうございます。

Retweeted by 東浩紀 Hiroki Azuma

retweeted at 12:19:03

7月9日

@genroncafe

ゲンロンカフェ@genroncafe

こちらの再放送は7/15まで、都度課金500円で繰り返しご視聴いただけます。ぜひご覧ください!
→【再放送】【その1】大井昌和×さやわか×武富健治「宇宙人にオススメするマンガ家100人を勝手に選ぶ!」(2020/5/4収録)@ooimasakazu @someru @ryosuketono nico.ms/lv326761123 #ゲンロン200504 pic.twitter.com/HenCHFhiJC

Retweeted by 東浩紀 Hiroki Azuma

retweeted at 04:44:31

7月9日

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

最近の(米国経由の)トレンドは、とにかく若者に、きみたちはなんでもできる! 夢をもて! 苦しいのは社会が悪い、社会変えろ! そして変えられる!ってメッセージを送ることなんだけど、49才の男性として、ぼくはそれはどうしても無責任だと感じちゃうんですよね。やっぱそうはいかんだろうと・・

posted at 01:14:10

7月9日

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

誤解されそうなこと呟いちゃったけど、特定のだれかがどうということではなくて、全体的にぼくはリベラルは、あまりに楽観的で、運動においてひとの好意をあてにしていて、そして失敗するたびに苛立っていて気の毒に思うんですよ。最初からもっと悲観的というか現実的になったほうがいいと思う。

posted at 01:11:57

7月9日

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

なにかいいことをいえば、だれかが理論武装して支えてくれるというのは、たんに人生についてあまりに楽観的ではなかろうか。(エアリプ)

posted at 01:09:41

2020年07月08日(水)38 tweetssource

7月8日

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

そしてむろんブロックへ・・

しかし、素朴にこういう言説をマッチョイズムで暴力的だとか思わないのかね、アートのひとは。

posted at 23:01:57

7月8日

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

しかし、なぜ彼らは、業界の窮状を訴えればみなが耳を傾けてくれると信じているのだろうか。そしてまた、みなが耳を傾けるべきだと主張できるのだろうか。
ゲンロンカフェをやっているぼくからすると、ほんとうに不思議だ。

posted at 22:44:42

7月8日

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

ぼくは芸術でいかに食うかの話はしていません。それは業界の話なので、ぼくには関係ありません。そしてどの世界でも、業界の話しかしない表現者は、観客に見捨てられると思います。
なんどでも繰り返しますが、あとはもうそれぞれの判断です。ここで話は終わらせていただければと思います。 twitter.com/kz17nov2011/st

posted at 22:41:51

7月8日

@smile13571

スマイル@smile13571

20。東浩紀「ゲンロン0 観光客の哲学」読了。なぜ観光客なのかが、スター哲学者達を補助線に論が組み立てられていて圧巻だった。観光客のアイデンティティーが家族しかないということも、腑に落ちた。東さんが一貫して『誤配』を扱ってるが、本書も色々なところに行き『誤配』するのだろう。それが本望

Retweeted by 東浩紀 Hiroki Azuma

retweeted at 22:10:28

7月8日

@LineReading

Reading_LINE@LineReading

手持ち東浩紀関連. ここの彼自身のテキストや対談等は既読. 96年QuickJapanエヴァ批評から「不過視なものの世界」以降静かに追ってるが,「哲学の誤配」を読み始め, 20年前の当時も今も, 言葉で整理しきれない思考が整っていく体験が出来, 彼の強度, 一方自身の敗北感を共に味わう. #line_book_archive pic.twitter.com/wwFtdEx3Sy

Retweeted by 東浩紀 Hiroki Azuma

retweeted at 22:10:15

7月8日

@LineReading

Reading_LINE@LineReading

東浩紀「哲学の誤配」ヴァージョンアップを続ける哲学思想家が311前から振り返るインタビュー集. 友敵二極化時代にオルタナ空間を創る必要性. 講演, プレイヤーがルールを変える話も面白い. 政治単一は市民単一(その結論は, 世界は存在しない路線ではないのか). 安天による韓国思想史も良い. #book_ul pic.twitter.com/R0PW0IeFbj

Retweeted by 東浩紀 Hiroki Azuma

retweeted at 22:10:12

7月8日

@genesistone

hiroyasu nakamura@genesistone

東浩紀の『新対話篇』所収の加藤典洋との対話が濃い。中でも、「贈与とは交換の失敗」であり、それが、人間と動物、公共性と資本主義といった対に相関していることが言われている所は特に痺れた。

Retweeted by 東浩紀 Hiroki Azuma

retweeted at 22:05:45

7月8日

@jsn_rus

ロシア通信/ボストーク通信@jsn_rus

マガダン市で有志がレーニン像の頭や肩に鳥が止まらないように多数の針金を刺したところ、ホラー映画「ヘル・レイザー」の怪人のようだと住民らがショックを受けたという話。冒涜的だとして市長が撤去を命じ、レーニンの頭部は無事に滑らかさを取り戻したとのこと/河 magadanmedia.ru/news/968092/ pic.twitter.com/PBdna5rKKO

Retweeted by 東浩紀 Hiroki Azuma

retweeted at 22:03:05

7月8日

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

「規模を大きくしないで持続可能な活動をする」。
結局はこれしかないと思いますね。むかしから言われているけど、資本主義の問題はそれがつねにみなに成長を求めることにある。裏返せば、その要求さえ回避すれば、多くの問題は解決するんですよ。

posted at 17:22:59

7月8日

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

会社の規模がでかくなればヘイトをいったりやったりするひとは必ず取引先や関係者に入ってくるし、そんなの全部追跡できるわけがない。資本主義の論理に乗って規模大きくすることとヘイト反対はどうしても矛盾してしまうわけで、それはツイッターで声明出して取り繕えるもんじゃないんじゃないかなー

posted at 17:21:07

7月8日

@petiska

ペチシカ@petiska

東京・万世橋間市街線高架橋のうちJR神田駅は、高架橋で初めてRCラーメン構造(阿部美樹志の設計)が採用された区間だってのに、いまリニューアル工事で設置されようとしているアーチ構造をもじった看板はどういう冗談なんだよ。高等すぎるよ。 pic.twitter.com/UuBCzWkza3

Retweeted by 東浩紀 Hiroki Azuma

retweeted at 16:39:22

7月8日

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

このあと第2波が来るかもしれないし衆院選もあるかもしれない。少なくとも米大統領選はある。年末まで待っていたら、もうだれも前半のことなんて語らなくなりそうだ。そんな危機感から急遽企画された振り返り企画!

posted at 16:35:13

7月8日

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

2020年は、カルロス・ゴーンの国外逃亡とトランプ政権によるソレイマニ司令官暗殺で明けた——のだが、いまだれがそのことを覚えているだろうか(ゴーン逃亡自体は前年末)。2月以降のコロナパニックと一種の「高揚感」のなかで、日本と世界の健忘症はますますひどくなっている。(→)

posted at 16:35:03

7月8日

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

ぼくの考えでは、作品だけを見る見方が一次的で、二次的にいい加減な観客が生じるという順序は成立しません。批評家やライターは、そもそも無責任な観客がなければ存在できません。したがって前のような書き方になります。
繰り返しますが、ご興味があればぼくの本をご覧ください。 twitter.com/momo_com/statu

posted at 15:50:58

7月8日

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

たとえばゲンロンカフェ。むろん登壇者/主催者としては話を聞いてほしい。けれどもゲンロンカフェを友人と会ったり雰囲気を味わったりする場所として捉えているひともいる。そういうひとを排除するのでは商売はできない。そういうひともいつかはトークのお客さんになってくれる、と思うのが商売。

posted at 15:00:43

7月8日

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

批評家やライターの方は無論作品に価値を見出していると思います。しかしそうではないお客さんもいます。それを配慮しないのは送り手側の傲慢だ、ということです。
ぼくは演劇だけでなく、自分の著作を含め、表現一般に対して同じことを主張しています。詳しくはゲンロン0をお読みください。 twitter.com/momo_com/statu

posted at 14:58:22

7月8日

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

その人にツイートを見ると、どうやら似た意見がどこかの業界内では流通している様子。そういうことを言っているから、演劇は見放される。みな作品だけを見てるわけではない。というかえ「演劇」はステージの上で完結してるわけではない。原点に戻って欲しいと思う。

posted at 14:39:57

7月8日

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

演劇を見る、ライブに行く、スポーツを見る、なんでもいいが、それらは友人とともに作品を媒介にコミュニケーションすることも含んでの体験のはず。だからリアルでの開催に意味がある。作品見たら感染症リスクを考えて家にすぐ帰れって、それこそオンラインでいい。大きな勘違いがないか。

posted at 14:38:29

7月8日

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

ある若手演劇人が、公演やライブを復活させるためには観客に宴会になだれこまないように頼む必要がある、ステージを見たら余計な話はせずまっすぐに家に帰る、そういう習慣が大事だとツイートしているのを見て、大変に驚いた。それはパフォーマンスする側の自己満足ではないのか。

posted at 14:34:51

7月8日

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

オンラインデモクラシー元年を謳っていいのは、オンラインの運動で政権が倒れたときだ。署名が集まったからデモクラシーが変わったって、どれだけ自分に甘いんだ。悲しくなるよ。

posted at 13:04:58

7月8日

@hazuma

東浩紀 Hiroki Azuma@hazuma

この記事だけでなく、最近毎日新聞は、SNSでの政治運動の肯定に大きく舵を切っている。若い記者に代替わりしたということかもしれないが、ぼくには見通しが甘いようにしか見えない。

posted at 13:03:32

このページの先頭へ