情報更新

last update 07/29 15:58

ツイート検索

 

@hhasegawa
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

  • 59フォロー
  • 3,819フォロワー
  • 179リスト
Stats Twitter歴
4,597日(2008/12/29より)
ツイート数
6,568(1.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年07月29日(木)2 tweetssource

22時間前

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

政治的オピニオンリーダーとなり、オンラインサロンを主宰し、国家イベントで演出を請け負う...、という「芸人」の前景化は明らかに現代日本の特徴で、なにか名前を付けておいた方がよいだろう。ギリシャ語からの造語法の常道だと、「喜劇俳優」がκωμῳδόςだから「コモイドクラシー(芸人支配)」か。

posted at 06:01:35

22時間前

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

批判を禁止する芸人のオンラインサロンが「『批判』というスタイルそのものに辟易」する現代人に受けている、との分析ながら、結局それは新宗教でもマルチ商法でも「批判なき政治」でも満たされる欲望なのであった。 / “「夢を信じているものは笑われる」西野亮廣のサロン…” htn.to/49bnVWL9gL

posted at 06:01:21

2021年07月26日(月)2 tweetssource

7月26日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

オリエンタリズム的「日本」像が武家的なものになってしまうのは結局、西洋人にとって「アジア」は暴力的で男尊女卑的なおぞましい土地であってほしいからだと考えられる。とすれば、これをすべて相対化できるのが、暴力行使に及び腰で相対的に女性の自由度も高かった平安朝の文化なのではあるまいか。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 07:01:14

7月26日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

国家イベントに限らず、オリエンタリズム迎合ではない「日本」像を打ち出していくとき、ここで何度か言及した花田清輝「公家的なものと武家的なもの」が参考になると思っている。つまり、西洋人のイメージする本邦は武家(部分的には町人)に偏っているので、敢えてそこに公家文化をぶつけるのである。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:59:24

2021年07月25日(日)3 tweetssource

7月25日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

博多湾に浮かべた客船を報道陣ら関係者の宿舎にする、観客より衛星中継やネット配信の視聴者を想定して競技場をスタジオ化する…、などの福岡五輪のアイディアは、いま振り返ればコロナ禍にこそ対応していたのでは。 / “石山修武研究室” htn.to/2NbjjMWsDZ

posted at 06:01:36

7月25日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

国際イベントでアイデンティティ喪失にもオリエンタリズム迎合にもならない日本の自己主張ができる芸術家を考えると、奇しくも一昨日が90歳の誕生日だった磯崎新翁が思いつくところとはいえ、間の悪いことに彼は東京に敗れた福岡五輪の総指揮者なのであった。福岡の構想はいまこそ見直さるべきだろう。

posted at 06:01:15

7月25日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

件の開会式で演じられたと聞く『暫』はやはり、後三年の役の鎌倉権五郎景正と清原武衡をベースにしている点で、神奈川を選挙区とする秋田出身の首相への目配せだったりしたのであろうか。前九年の役で出羽清原氏にとって代わられたのが奥州安倍氏であった、という含みまであったのかどうかはともかく。

posted at 05:59:19

2021年07月24日(土)2 tweetssource

7月24日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

以前も書いたように、2005年に大学の授業の課題としてwikipediaの「マルコポーロ事件」の項目を作成した本人であったりする。もっとも、調べてみると当時すでに『WiLL』は創刊されていたとのことながら、まだそこまで「本領」を発揮してはおらず、元編集長の動向については特になにも記述しなかった。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:01:34

2021年07月23日(金)3 tweetssource

7月23日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

結局、各有名人の過去の発言の多くがSNSのログや動画投稿サイトにアーカイヴされ、紙媒体にしても誰かが図書館でコピーして来れば即座に共有でき、掲示板やSNSで募れば英語で発信できる者の一人くらいいつでも見つかる条件下であれば、こうならないはずがなかった。技術革命が現状を用意したのである。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:01:33

7月23日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

なんJ民や嫌儲民や某一流雑誌が「90年代の悪趣味文化」を糾弾して海外にリークもしはじめたのは、それ自体が面白半分の悪趣味文化の延長であり、だからこそ侮れぬ面がある。まったく非倫理的な動機から一定の倫理的な結果が生まれるのだから、これも世界史の弁証法であり「理性の狡知」なのであろう。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:01:13

7月23日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

このところ観察されるのは、以前なら不謹慎で露悪的な笑いを求めたような層の一部が、逆に「キャンセルカルチャー」に棹差す側にまわる方がおもしろいと考えはじめたらしいことである。いま思えば、数年前のヘイト動画通報祭りで言われた「ポリコレ棒で音の出る玩具を叩いて遊ぶ」がその徴候であった。

posted at 05:59:13

2021年07月21日(水)2 tweetssource

7月21日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

90年代の悪趣味に対する10年代のそれに、いわゆる「例のアレ」系文化を挙げている人がおり、確かに今後、淫夢、クッキー☆、恒心教、大物YouTuberなどの動画投稿者が表の世界で名を成したとき、過去に復讐されることがないとはいえまい。この分野の受容者は風向きが変わると元仲間に矛先を向けるし。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:01:34

7月21日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

ここに来てよくも悪しくも脚光を浴びている「90年代の露悪文化」ながら、歴史のつながりを考えれば、それが2000年代以降にインターネットに移った結果がネット右翼、冷笑系、表現の自由戦士という面もあるのではないか。もっとも、最近では「ポリコレ棒で音の出る玩具を叩いて遊ぶ」新傾向も出てきた。

posted at 06:01:14

2021年07月19日(月)2 tweetssource

7月19日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

『ラブライブ!スーパースター!!』第2話にて、主人公の父が翻訳家だそうで、「お父さんの部屋に中国語の辞書あるよね?」「そりゃあるでしょ、翻訳家なんだから」なる母娘の会話が。...そういうものなの? 拙宅には漢和辞典くらいしかないのは、所詮は翻訳の経験もある素人にすぎないからであろうか。

posted at 06:01:14

7月19日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

「戦国時代位迄遡らなければ(恐らく戦国時代でも)、小山田氏がやったことが『外道』であることは変わらない」わざわざ「戦国時代」と「小山田氏」なるキーワードを並べるところに越後前司の悪意を感じなくもない。 / “小山田いじめ問題が飛び火 爆笑太田の「時代の価値…” htn.to/wSMcVDA2WS

posted at 05:59:28

2021年07月18日(日)2 tweetssource

7月18日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

もっとも、ホロコースト否認論者にアウシュヴィッツ見学を求めたりするのは、必ずしも罰としてだけではないようで、そこはヨーロッパ人がまだ「啓蒙」を信じている現れなのであろう。啓蒙による人間の改善可能性が鼻で笑われる地では、形式的に謝罪して逃げるかそれを許さないかの二択になるほかない。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:16:32

7月18日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

欧州の有名人がホロコースト関係でなにかやらかすと、収容所訪問と感想文を課されたりする。そこから類推すれば、件の開会式作曲家を辞退させられない場合、精神科医なりカウンセラーなりのいじめ加害者用教育プログラムを受けさせる方策が考えられるのではないか。まあ、あの組織委の出方は推測不能。

posted at 06:16:12

2021年07月16日(金)2 tweetssource

7月16日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

『あめりか物語』所収の短篇「一月一日」では、銀行の北米駐在員の新年会が舞台となり、父が家に部下を呼んで行う宴会に酷使される母を見て育ったため日本の食文化自体が嫌いになってそういう会合に欠席する男の噂が語られる。それを同じ状況の支店長夫人が溜息をついて聞いている、という結末も秀逸。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 23:01:32

7月16日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

『サマーウォーズ』が地上波放送されると、一族が集まったとき男だけが宴会をして女は料理と給仕に追われる田舎の大家族描写がSNSで批判されている様子をしばしば見かける。ところで、この手の問題提起はむかしからあって、先駆者は『あめりか物語』(www.amazon.co.jp/dp/4003104269?)の荷風散人ではないか?

posted at 23:01:12

2021年07月13日(火)1 tweetsource

7月13日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

『ラブライブ!スーパースター!!』を見はじめ、そこが音ノ木坂にほど近い中学を出た歌人の病院を構えた地であることに感慨を覚えざるを得なかった。
「電車とまるここは青山三丁目染屋の紺に雪ふり消居り」(『あらたま』)
「支那国のほそき少女の行きなづみ思ひそめにし我ならなくに」(『赤光』)

posted at 06:01:12

2021年07月11日(日)1 tweetsource

7月11日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

いくら「緊急事態」と脅しても初回のような給付金なしでは効果は怪しい、というのはもっともながら、結局のところ、タダで金をもらって生きている人間を許しがたいとする例の「享楽の盗み」的意識が社会を圧した結果こうなっているわけで、これほど(有効性はともかく)「民意」を反映した政策もない。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:01:00

2021年07月10日(土)2 tweetssource

7月10日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

「自分の意見を書け」と言われて定型句を反復してしまうのはやむを得ない面もあり、「素朴な」思考を表現するとそうなって当然だからである。他者の言葉をたくさん知り、それが他者の言葉にすぎないのを認識し、複数パターンの組み合わせで独自性を出していくくらいしか、「自分の言葉」への道はない。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:59:31

7月10日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

「感動を与えたい」が無難な定型句になる背景には、個人競技で「勝ちたい」と言うと利己的と糾弾されやすくなることがあるのかもしれない。チームスポーツの選手が「チームを勝たせたい」と語りうるのと対照的である。結局、集団に配慮する姿勢を見せておかないとすぐ叩く世論への対応策なのであろう。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:59:11

2021年07月09日(金)1 tweetsource

7月9日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

フローベールの『紋切型辞典』は、他人と違う気の利いた発言をしようとした人間が結局は同じことを語っている様子を並べて見せた本なので、そもそも定型句を反復するのが習いになって「大人の態度」とすら思われている社会ではおもしろさが損なわれるのではないか...、というツイートは過去にもした。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:01:00

2021年07月08日(木)2 tweetssource

7月8日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

一方、中高の「小論文」や大学のレポートで「自分の意見」を書かせようするとかえって定型句の反復になってしまう例が多いのも、各段階の教員諸氏の報告する通りである。他人と同じ発言をしていた方が得だ、と学校生活と受験で学んでしまうから当然ではあろう。せめて面従腹背の意識でもあればよいが。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 23:01:30

7月8日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

スポーツ選手が「感動を与えたい」などと言ってしまうことについては、選手として自己形成する過程で質問に対してはその類の答えしかしないよう刷り込まれてきた結果なのだろう。しかし、定型句を反復する以外の言語使用ができる者が本邦にどれほどいるのかと考えると、別に彼らに限った問題ではない。

posted at 23:01:11

2021年07月04日(日)1 tweetsource

7月4日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

政治家などが「何児の父」と名乗るのはかつての日本の「男は家庭を持って一人前」的イデオロギーの残滓だからやめてほしい、というツイートを見たが、これはどちらかといえば北米(プロテスタント?)由来ではなかろうか。同じ家父長制でも、本邦のは「家族」を表に出すのは嫌ったのではないかと思う。

posted at 06:01:18

2021年06月30日(水)2 tweetssource

6月30日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

パウロ書簡とはそもそもそういう性格の文書なのであり、キリスト教徒を自任しつつろくに聖書など触れたことがないイスラモフォビアの欧米人に題名を隠して新約の一節を読ませたら「これがコーランなのか」なる反応があったという笑い話があるそうながら、まさにそのあたりを見せたのだろうと思われる。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:01:30

6月30日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

某球団外国人投手が第一コリントを根拠に同性愛者差別ツイートをしたと聞き、彼は同文書の「女が(頭を)覆っていなければ、その女の髪を切ってしまえ」(11章6節)、「女は教会では黙っているがよい。女には語ることは許されていない」(14章34節、以上田川訳)も守っているのか気になってしまった。

posted at 06:01:10

2021年06月29日(火)1 tweetsource

6月29日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

この手のものは漫画より「純文学」としてやればよかったのでは。騎士道叙事詩に対する『ドン・キホーテ』なのであろうし、あちらでも具体的な作品名が出ているし(bit.ly/2U6Phtl)。 / “「なぜ企画を通したのか」SAOや幼女戦記などの異世界転生系の主人公っぽい…” htn.to/284B6Br5v1

posted at 06:01:29

2021年06月28日(月)1 tweetsource

6月28日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

元々はプログラマーのあいだの自虐ネタであったらしい牛乳と卵の買い物がどうのこうのの小話を「男性脳」だの「理系」だのを誇るために喧伝するようになると、本来バグを撤去するのも仕事に含まれるはずの職業が自分からバグにはまりにいく職業であるかのように見えてしまうところが実に教訓的である。

posted at 06:06:34

2021年06月27日(日)2 tweetssource

6月27日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

この件への反応を眺めていたところ、どうも画像として貼られた文章を講演予定者が書いたと思っている者が大半のようで、「(堀内)」と呼びかけ人の名が記されているのに気づかないらしい。むろん、まともに日本語を読めない人間が激昂してかえって講演を宣伝してくれるのも織り込み済みではあろうが。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:01:12

6月27日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

訂正:【誤】テーマ解説「ユンガー:技術をめぐる思索」のほか、用語「形態(Gestalt)」、人名「(エルンスト・)ユンガー」の3点→【正】テーマ解説「ユンガー:技術をめぐる思索」、用語「形態(Gestalt)」、人名「(エルンスト・)ユンガー」の3点。「のほか」をトル。

posted at 05:59:22

2021年06月26日(土)2 tweetssource

6月26日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

ある分野についてその時点で新刊書として出ている書籍がほぼ並んでいて、しかも手にとって内容を確認できるような大中規模書店に通う必要性は、いかに電子書籍やネット書店が台頭しても、あるいは図書館が充実しようとも代替できないだろう、というのは、まあ、通じない相手には通じない話でもあろう。

posted at 06:01:32

6月26日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

確かに、書店が開店してしばらくすると文房具売り場が拡大して本棚が減っていく傾向はあって、そうなると足も遠のかざるを得ない。それでも、丸善ジュンク堂はまだマシな部類で、もっとひどい系列はいくらでもある。 / “最近の大型書店、半分文房具屋化してる店舗が多い→…” htn.to/2tdoB7LfYa

posted at 06:01:14

2021年06月24日(木)2 tweetssource

6月24日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

講演会の呼びかけ人として名前が記されている堀内哲という方は、絓秀実氏などが参加されていた天皇生前退位をめぐるインタヴュー集(www.amazon.co.jp/dp/4807417177?)の編者で、共和主義をめぐる評論をメインの活動領域とする人らしい。今回は毛色の異なるテーマながら、むろんまったく無関係でもあるまい。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:01:11

6月24日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

批評家の藤崎剛人氏(「北守」名義)の講演予告。東京五輪に際して「アスリートに辞退要求することの意義」を「やっかみや感情的なレベル」の「ネットでの選手批判」とは一線を画し理論的に検討するそう。7月3日。 / “7/3講演会情報|藤崎剛人|note” htn.to/ftmdPufz3H

posted at 05:59:22

2021年06月23日(水)2 tweetssource

6月23日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

右手を挙げるジェスチャーが近代になって絵画や映画で「ローマ式敬礼」とされていく経緯については、10年前にまさに『ローマ式敬礼:映画、歴史、イデオロギー』と題された研究書が刊行され(www.amazon.co.jp/dp/0814208649?)、前から気になっていた。表紙は例のダヴィッドの『ホラーティウス兄弟の誓い』。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:01:40

6月23日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

なお、下記のスレには、本来は「ローマ帝国の宣誓」である、というレスが散見されるものの、それはローマ時代の遺跡から出たレリーフが史学的根拠のないまま勝手に解釈された結果にすぎず、主な元凶はナポレオンの肖像画で有名なジャック・ルイ・ダヴィッドであったりする。知ったかぶりもほどほどに。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:01:20

2021年06月22日(火)2 tweetssource

6月22日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

この「SS」は、先般からバズっているツイートを目にしてはじめて知ったものの、調べてみると2000年から活動しているようで、すでに2年前にも話題にはなっていたらしい。例えば、嫌儲板の「コンビニ代表者ら、ナチス式敬礼で『SS活動強化』を宣言」なるスレ(leia.5ch.net/test/read.cgi/)が検索にかかる。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:01:49

6月22日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

某県コンビニ業界が「SS活動」と略した「セーフティステーション活動」で右手を挙げ宣誓している写真を見て、不覚にも爆笑しつつ、警察も協力する行政案件でこんな対外問題になりそうなものを放っておいたことに驚嘆した。半グレといえばSAだから取り締まる側の我々はSSで...という話なのであろうか。

posted at 06:01:14

2021年06月21日(月)2 tweetssource

6月21日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

今回の『ハイデガー事典』は、用語や人名のいわゆる事典部分に加え、項目ごと数ページのテーマ編に多く紙面を割いており、そこでは参考文献も挙げられ、初学者はもとより詳しい人も自分のよく知らないトピックを調べるのに大いに使えそうです。値段はそれなりながら、図書館注文も含めご検討のほどを。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 07:06:13

6月21日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

いよいよハイデガー・フォーラム編『ハイデガー事典』(昭和堂)が発売になり、出版社より執筆者分の書籍を頂戴しました。2ページのテーマ解説「ユンガー:技術をめぐる思索」のほか、用語「形態(Gestalt)」、人名「(エルンスト・)ユンガー」の3点を担当しております。 / www.amazon.co.jp/dp/4812220076? twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:01:33

2021年06月20日(日)2 tweetssource

6月20日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

ところで、SNS商売自体がユーザーに公共圏を親密圏と混同させることで成立している面があり、例えば各人が、ツイートは出版や街頭演説と同じだから用心しよう、と考えたら投稿量が激減して経営に差し支えるだろう。不用意なポストは運営を「買い支えて」(実態は単に搾取されて)いるのに似てもいる。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:01:11

6月20日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

おっしゃる通り、「法クラ」だの「医クラ」だのがああなっているのは、よく言われるエリート意識のせいというより、SNSの「クラスタ」なる、性質の悪いギャラリーつきのグルーピングへの帰属心を内面化し、そこで受けるため誰でもアクセスできる公共圏で親密圏の振舞いをしてしまうからなんでしょう。 twitter.com/hokusyu82/stat

posted at 05:59:12

2021年06月19日(土)3 tweetssource

6月19日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

なお、「現場プロフェッショナルロマン主義」のような文脈で「ロマン主義」を使用するのはどうかというコメントに関しては、こちらも文学研究には関わっていないでもないので、確かに問題を感じており、他者の概念の引用として鍵括弧をつけている。実際には「センチメンタリズム」の方が適切だろうか。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:01:32

6月19日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

ここで言われている、モノを考えることを忌避する「現場主義」は、例の「現場プロフェッショナルロマン主義」(twitter.com/hhasegawa/stat)の、あるいは丸山真男の「実感信仰」の同類であり、「プロフェッショナル」を謡いつつ専門知識より情緒的に「現場」を優先してしまう心性につながるわけである。 twitter.com/hhasegawa/stat

posted at 06:01:12

6月19日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

会社員世界で読書に反感を持つ者がいることにつき、「日本的経営をやっている組織だと、概念的に事業を考えなくても管理職になれちゃうので、モノを考えること自体が忌避される」「悪い現場主義」がある、との指摘。 / “「反感を買うから」上司から趣味が読書ってあんまり…” htn.to/3Bkav7mWMZ

posted at 05:59:18

2021年06月13日(日)1 tweetsource

6月13日

@hhasegawa

hhasegawa@hhasegawa

SNSでの「炎上」そのものより、そのゆえをもって一部の「ネット論客」の界隈に「『フェミ』の攻撃の犠牲者」のようなかたちで祭り上げられていくことの方が、当該人物にとって総体的にダメージが大きいと思われる事例が多い。あちら側に魅入られてしまうと正気の世界に戻ってこられなくなりかねない。

posted at 06:01:00

このページの先頭へ