情報更新

last update 06/21 21:14

ツイート検索

 

@hinakoozaki
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

  • 899フォロー
  • 2,964フォロワー
  • 93リスト
Stats Twitter歴
4,033日(2010/06/08より)
ツイート数
58,066(14.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年06月17日(木)20 tweetssource

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

「もしかしたら、自分はとんでもない間違いの中に放り込まれているのかもしれない」という恐れは、ないよりはよほど嬉しい感情であると、最近は思い知っております。間違い得る自分自身の行為遂行性を愛しつつ、引き続きこれを続けていきます。

では

posted at 17:39:42

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

この生活がそれなりに「おもろく」、幸せで、そして辛くもあるので、「おもんない」メディアで「おもんない」言葉に触れる時間は最小限でいいかなというのが、今の実感でもあります。

posted at 17:35:51

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

私は「おもろい」ことをして生きていたい。だから、私にとって不愉快で聞きづらい言葉を聞くのに、時間を使いたいと思います。ペラペラな言葉を流通させて、それを読んだ人の自動化された反応を触発するよりは、私は自分を悩ませ、自分の更新を促してくれるような言葉に自分自身を投げ出していたい。

posted at 17:34:44

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

一方で、「トランスジェンダーは犯罪者予備軍である」とか「トランスジェンダー(らしき)の性犯罪者のニュースはこれである」とかいうような、糞より汚いゴシップや扇動の言葉には、こうした他者の痕跡を感じません。

posted at 17:34:34

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

他者が生きようとして紡いだ言葉にはやはり奥行きがあって、そこには圧倒的に分厚くて、私には想像不可能な他者の実存の痕跡があります。

posted at 17:34:20

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

既になされている祝福を素直に受け取ることができないのは、自分自身の積極的無知をそのままにしておく怠惰と、自己批判は自己更新をともなう知的経験への臆病さのせいなのかもしれません。

posted at 17:33:40

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

もう既に言われるべきことは十分に言われているのかもしれません。それらの言葉に接触したときに、私に驚きが走るのは、単に私がそれらのことを無視していたからか、それらのことに時間をかけて近づこうとしなかったからかもしれません。

posted at 17:33:03

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

自分の実感とは違う生を実際に生きた人が、自分とは違う考えにいたり、そして、言うべきことを言おうとした。こうした殺したくなるような他者からの物言いは、ある種のきらめきであり、ある種の祝福のようでもあります。

posted at 17:32:16

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

私にとって、生を無条件に肯定しようとするこうした言説に触れるのは、どうやっても耳障りがいいものではありませんでした。でも、この不愉快さというか、耐えがたさに曝されるこの読みの経験が、とても大切なものにも思えますし、今はそれらの経験を他とは替えがたいように感じています。

posted at 17:31:52

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

そして、いつ生が見捨てられるかわからない場所で生きている人たちの手記や、それを支える人たちの経験が書かれた、いくつかのとても繊細な書きものも。

posted at 17:30:30

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

「人間を生きさせる生権力のもう一つの側面として、「生きるに値しない生」を餓死させるような作用があるのではないか、であるなら、死の追求は単に生権力からの逃避ではなく、生権力の補完ではないか」というような議論を読むことにしました。

posted at 17:29:41

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

ともかく、私は「安楽死・尊厳死を認めると、「生きるに値しない生」とされた生を見捨てるのが、滑り台式に進んでいく」という議論や、

posted at 17:29:23

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

(余談ですが、ある行為には、それを可能にする「支え」やケアが不可欠であるというのは、フェミニズムの理論の通りだと、このとき実感しました)それ以外では単に、Twitterを離れて、時間と精神の余裕が少しできたというのもあります。

posted at 17:28:58

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

とはいえ、ほんとうにこの考えでいいのか、という思いはどこかにあって、生政治について、自分とは反対の立場から書かれたテキストを調べてみることにしました。これにはある種の「支え」が必要で、私にはこうした資源が幸運にもありました。

posted at 17:28:00

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

だから、母と関わるうちでも、母の死にたさ、というか、ある条件に陥ったときには死んだ方がましだという考え方を、なんとか受けれようと努めてきたし、そうした受け入れきれない母の望みを受け容れることが、ある種の誠実さだと思ってきました。

posted at 17:27:37

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

私は、フーコーの生権力の構図――「死なせるか、生きるままにしておくという古い法/権利に代わって、生きさせるか、死の中へ廃棄するという権力が現れた」という使い古された構図のことですが――を下敷きに、

posted at 17:27:15

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

ここで共有することなど、もうほとんどないのですが、最近私がぶつかった苦しく不愉快で、同時に、ちょっとだけときめいたような瞬間の話だけ、ひけらかしておきます。

posted at 17:26:54

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

Twitterを離れてしばらくになりますが、適当に生き延びております。
Twitter論壇の喧騒から離れて、日々、模写したい文学と向き合い、読むべきテキストをよみ、関わるべき人と関わるという、静かな日常が今の生活です。

posted at 17:26:44

6月17日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

@galvion_jp いえいえ、ネット空間(というか、ネット言論←言論というレベルですら、もはやないけどね)から、最近は距離を取ってるから、いつも通り生存してるよ。

心配をありがとね。

posted at 16:28:46

2021年05月22日(土)29 tweetssource

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

ですから、こうした文脈から派生する「懸念」や「不安」は素朴な感情ではなく、政治的な手段として機能するものですので注意して下さい。
仮に、本当に素朴な「不安」であったとしても、そうした感情はある特定の政治に動員されている(されうる)かもと、一旦立ち止まってください。

posted at 19:01:05

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

山谷えり子のインタビューでの発言は、こうした「不届きなトランス女性」もしくは「トランス女性への配慮を悪用する輩」から、我々を防衛しなければならないという文脈に位置づけられます。
こうした文脈は、ネット右翼の「在日特権」説のように、すでにトレンド化されています。

posted at 18:59:28

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

トランスジェンダーのトイレ利用に関しては、トランス排除派たちが、すでにこうした極端でスキャンダラスな情報を拡散していることも考慮に入れて下さい。
議論するための情報に偏りがあり、その結果として「不安」が再生産されているのです。 pic.twitter.com/pFhuUz6uHV

posted at 18:51:24

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

トランスジェンダーの女性用トイレ利用や、女性用トイレの利用する区分については、小宮友根さんの「フェミニズムの中のトランス排除」(『早稲田文学』2019年9月号に収録)にも、詳しく書かれています。
記者の方も政治家の方も、適当な思いつきで語ることより、まずは議論を正しく知って下さい。 pic.twitter.com/VRq19L6cwB

posted at 18:30:14

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

「多様性を尊重する」とか「リベラルな社会を希求する」というのは、こうした面倒さに耐え続けるということであったはずです。
トランスジェンダーの人権を守るために、排除や隔離という簡単な解決に逃げずに、粘り強く考えてもらえたらと思います。

posted at 18:21:24

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

マイノリティを排除することで解決をはかるのは、一番簡単で安上がりに行えます。
それとは逆に、多様な要求や1枚岩ではない背景を持つマイノリティと、その場その場で協議し、配慮を実現していくのは、とてもコストがかかります。→

posted at 18:17:41

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

こうした変更のためのコストを省略して、既存のジェンダーついての認識やトイレの構造を前提に、誰を排除し、誰にはマイノリティ用のスペースを利用してもらうかとしか考えないのは、当事者の私としては少し残念に感じることろです。

posted at 18:13:23

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

トイレの構造や運用を変更し、この社会では過剰にジェンダーマーカーが要求され、主体はそれを獲得するように求められるという性別規範を変えていくのは、長い時間がかかるかもしれません。→

posted at 18:11:19

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

現状、女性用トイレは、健常者のシス女性、もしくはパス度の高いトランス女性専用スペースになっており、決してユニバーサルに利用できるものにはなっていません。→

posted at 18:07:51

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

なぜこの社会では、人間にこれほど過剰にジェンダーマーカーを強要し、それに基づいて人間を空間的に2つに分けるのか?そうしないと本当に人間の安全は保障されないのか?

こうした構造的な問題に関する問いを、忘れていただきたくありません。→

posted at 18:06:44

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

こうした構造的問題を批判することなく、マイノリティにはマイノリティ用の空間利用をお願いするというのは、少し強引に感じます。

posted at 18:03:34

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

「ラガーマンのように見えるトランス女性」がトイレの利用に困るのは、この社会の空間利用が、過剰に性別で区分けされているからです。→

posted at 18:02:35

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

記者の問いは男女二元論と、男女二元論に基づいた公共空間の分節化を前提としています。
しかし、実際にはオールジェンダートイレが公共空間にはたくさんあります。→

posted at 18:00:50

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

③(これを一番強調したいことなのですが)性別二元論を前提とした公共空間の分節化をそのまま受け入れて、トランスジェンダーのトイレ利用を議論していること

posted at 17:59:21

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

具体的にどのような場面で、誰が誰に配慮するのかということを明示せずに、極端な場面を想定し二者択一を迫るのは、トランス排除派の常套手段です。
この場合、問いそのものがおかしい可能性が大いにあります。→

posted at 17:57:56

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

②女性用トイレといっても、公衆トイレなのか職場や学校のトイレなのかで、対応が違いうる

その人の背景を知っている共同体であるか、背景が共有されない場面であるかで、トイレの運用を変えることも可能です。→

posted at 17:55:41

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

しかし、何か特別な理由で性別移行をしないない人はいるので、個別的な配慮は必要かもしれません。(この視点は次のポイントにつながります)→

posted at 17:54:03

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

また、性表現として「ラガーマンのような男性」であれば、そものそもその人がトランスジェンダーなのかどうかも客観的にはわかりません。→

posted at 17:52:39

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

①「ラガーマンのような男性」というのは、性表現としてそのように見えるのか、体格がそのようにみえるのか不明です。

体格が大きいシス女性もたくさん存在します。体格でトイレの利用を割り振るのは、別のトラブルを巻き起こすと予想されます。→

posted at 17:51:19

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

(ここから離れると書いたのにしつこいですがトランス排除の議論に馴染みのない人のために加えます)

質問記者と田村さんの「ラガーマンのような「生物学的」男性が女性用トイレを利用する過程についての、いくつかの吟味をしておきます。→

posted at 17:49:08

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

「あなた達が他の誰かから「怖い」と思われようが、私たちはあなたの尊厳を認めているし、あなたを排除するようなことはしない」とトランスジェンダーにアピールしてもらうだけで生きられる人もおらくいます。

防犯や「不安」の議論も大切でしょうが、それ以外のことも強調してほしかったです。

posted at 17:10:09

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

「不安」を感じている人との意見の調停は、確かに大切な場面もあります。
しかし、それとは別に、現在巻き起こっているのは、トランスジェンダーに関する不当なイメージに基づいた排除であり、差別です。
政策決定者は当事者にまず顔を向いてください。お願いします。

posted at 17:05:50

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

現在、今、差別に打ちひしがれているトランスジェンダーに向けて(主に若年のトランスジェンダーや移行中のトランスジェンダーに向けて)、「私たちはともにある。あなた達の基本的人権を絶対に守る」と、アピールしていただきたかったです。→

posted at 17:03:04

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

日常を生きのびることと、理論を学ぶことは、おそらくほとんど一緒のことで、私と障害者になって以降の母とが生きてこれたのは、やはり「支え」の意味を複合的に理論から学べたからです。
書かれた理論や理念と、悩み書く日常とを無事に往還できれば、今の私には十分です。

posted at 14:43:03

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

母を支え/友人たちに支えられる、ネットワーク化されたケアの実践から、私は多くを学んでいます。
フェミニズム理論のすべてが私の変態的な生を肯定するものでなくても、これからもフェミニズム理論によって私の生は耕されると信じて、今は自分のやるべきことをやるべく日常に帰ります。

posted at 14:38:32

5月22日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

文章上達のための文体模写をして、母の障害や尊厳死・安楽死に関する調べものを読み、読むのに疲れたら散歩と筋トレをして、またテキストを机の上で書いては消しを繰り返す。
ネットでどれほど憎悪が巻き起ころうが、私の生活は全く変わりません。

posted at 14:32:35

2021年05月21日(金)32 tweetssource

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

これからも世論誘導のためのトランスジェンダーに関するスキャンダルの流布は続くかもしれないけれど、これにはお決まりのパターンがあると冷静になって対処してください。
ファクトレベルで怪しい情報もあるので、トランス排除の扇動にどうか乗らないでね。

posted at 19:23:38

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

こうしたニュースには、それを拡散する人の政治的思惑が隠れています。こうしたトランスジェンダーに関する記事は、単なる情報共有ではありません。
ショッキングな視覚表象を使って「トランス女性は優遇されている。排除すべき」という結論に読者を導きますので、どうかご注意を。

posted at 19:18:34

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

こうした難癖の特徴として、LGBに関するセクシュアリティの問題には差別禁止推進であるにも関わらず、Tの問題だけは人権モデルを採用しないというのがあります。
山谷が触発しているのは、こうした特殊なトランスフォビアです。今回はTを狙い撃ちにしているのです。

posted at 18:44:59

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

トランス排除派は、保守派が大好きな治安の悪化を問題にする。
LGBTの中からTを、Tの中からパス度の低い人やSRSをしていない人を、奴らは厳選して問題化する。
シスジェンダーの人には気づいてほしい。山谷の言葉には、特定の文脈があるということを。

posted at 18:06:40

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

LGBTにおけるトランス外しが顕在化してる海外での戦略は、トランス排除派たちに共有されてしまっている。
シスジェンダーのゲイやレズビアンには気づきにくいかもしれないけれど、山谷が触発している文脈は、トランスジェンダーだけを狙い撃ちにできる危険なものでもある。

posted at 17:59:44

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

保守勢力はセクシュアルマイノリティの一番弱いところを狙ってきてる。
いちばん偏見が強くて、いちばん嘲笑が許されて、いちばん生きるに値しないと考えられているトランスジェンダーを狙ってきてる。

posted at 17:53:00

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

最近流行りのトランスジェンダー排除言説は、恐怖感や嫌悪感を強烈に煽るから、免疫のない人たちは、ほんまに気をつけて。

理屈としては全部インチキなんやけど、ものすごく良くできたインチキですから。

言説が喚起するネガティブな感情にのまれないでね。

posted at 10:46:09

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

トランス排除言説に関しては、日本語の蓄積もたくさんあります。
山谷が漏らしたようなトランスフォビアに少しでも合点がいってしまった人は、それに反対する言説にも触れてみて下さい。

トランスジェンダー当事者としてのお願いです。

posted at 10:08:06

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

トランスジェンダーのための合理的配慮を悪用する人が少数ながらいるかもしれません。
しかし、「難民認定を悪用して犯罪を犯す外国人がいる」という言説がどれほど危険なニュアンスを含んでいるか理解できれば、トランス排除言説にも巻き込まれることはないはずです。→

posted at 10:01:30

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

②トランス女性に「女性用」トイレを明け渡すと、配慮を悪用する性犯罪者によって、被害が多発する

他にも様々なトランス排除言説がありますが、以上2つのタイプは特に動員力の強いもので、山谷の発言もこの枠組みを使っています。→

posted at 09:58:09

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

特に説得力をもつトランスジェンダー排除には、このようなタイプがあります。

①スポーツにおいて、トランス女性は「女性」の種目に参入するのはずるい

posted at 09:55:57

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

左派も右派も、トランスジェンダーを廃除するレトリックに関しては共通のものを使っています。
このレトリックに騙されないで下さい。このレトリックはある種の人たちを頑迷なトランスフォーブに仕立てる力を持ってしまっています。→

posted at 09:54:43

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

トランス排除を促進する新しいタイプの言説は、特徴や背景を知らずに一読すると、もっともらしいものが多くあります。
トランス女性やノンバイナリーの「危険性」について書かれたテキストは、特に注意深く読んでください。排除派の巧妙なレトリックに騙されないでください。

posted at 02:21:22

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

そして、トランス当事者たちがパス度について、トイレの運用の弾力性について、トイレの構造そのものをユニバーサルにするアイデアについて、様々な反論を山のようにあげても、それらの蓄積は無視され、排除のための情報だけが蓄積されてしまっています。

と、情報共有まで。

posted at 02:16:53

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

山谷のインタビューにほのめかされているのは、「ね?だから、体が男なのに性自認は女だとか言って女性用トイレに押し入るような「変態女装男」なんて認められないでしょ。そういう人を排除するのは差別ではないでしょ?」というものです。→

posted at 02:12:06

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

ネット右翼の一部が、エスニックマイノリティが絡む犯罪のニュースを嬉々として共有するように、トランス排除派の連中は、トランス排除に都合のいい海外のニュースをことあるごとに出してきます。
トランス排除を促進する特有の文脈があることを、知っていただければと思います。

posted at 02:05:14

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

トランス排除を推進する勢力は、手を変え品を変え、それらの論点を蒸し返しています。
特に、トランス女性(らしき人)を性犯罪の加害として報じるニュースの拡散には注意して下さい。
そうしたニュースにはトランス排除をほのめかす犬笛になっているものがあります。→

posted at 02:02:01

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

シスジェンダーのゲイやレズビアンの方々には、こうしたトランス排除言説は耳馴染みがないかもしれませんが、トランス女性やノンバイナリーの人たちの排除を語る言い回しには、これらジェンダー越境を許さない勢力のクリシェがあることを意識していただけたらと思います。

posted at 01:58:21

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

④性別不合をオートガイネフィリアなど他のパラフィリア概念で言い換える

というようなものがあり、トランス排除派は、これらの論点について独特の言い回しを共有してしまっています。→

posted at 01:55:24

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

ネットを中心にしたトランス排除を肯定する言説の論点は
①トイレや女子刑務所などの「シングルセックス(シス女性専用)スペース」
②トランス女性のスポーツへの参入
③思春期のトランスキッズへのホルモン抑制治療

posted at 01:53:36

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

ここ数年で、(英語圏ではもっと歴史があるようです)日本語圏でも、新たなトランスジェンダーへの排除を肯定する言説が十分に蓄積されてしまったという背景が、おそらく山谷の発言と関連しています。

posted at 01:50:43

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

杉田水脈の「生産性」発言と、今回の山谷発言とは、参照されている文脈が違うことを意識していただけると助かります(もちろん、杉田発言の方がマシだという意味ではありません)

posted at 01:47:46

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

今後は、トランスジェンダーたちに、terfの鼻くそレベルの嫌がらせではなくて、ガチ保守からの本格的攻勢があるんかもしらんが、まあ、引き続き、したたかに生存を頑張るってことで。

そうは言うても、どんな状況になっても、アナルファックもするし、ホルモンも自己責任で飲むでしょ。そんなもんや。

posted at 00:29:07

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

「種の保存」だの「生物学的にどうこう」だのと山谷は言っているが、今回の主な攻撃目標は、ゲイやレズビアンではなく、トランス女性やノンバイナリーたちなのではという気はしている。一番偏見のきつい箇所を、極右は攻撃してるのやと思う。

posted at 00:22:36

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

この山谷のインタビューの前半(性自認という概念に対する嫌疑、トランス女性のスポーツ参画に対する反対、トランス女性をトイレから排除する言い回し)が、典型的なterf言説と一致する。この流れは、ほんまに不気味である。
(山谷がフェミニズムの文脈から差別をしているという意味ではありません) twitter.com/tbs_news/statu

posted at 00:19:21

5月21日

@hinakoozaki

尾崎 日菜子@hinakoozaki

山谷とterfを両方みたあとで、稲田朋美をみるとまともに見えるってのが、日本のおわってるところ。

もちろん、全部、問題外ですけどね。
単に下には下がおるというだけで。

posted at 00:05:21

このページの先頭へ