情報更新

last update 10/21 06:10

ツイート検索

 

@hinatakiyoto
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

Stats Twitter歴
2,922日(2010/10/22より)
ツイート数
52,953(18.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年10月20日(土)10 tweetssource

15時間前

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

動詞の「目的語」という術語が独り歩きし、動詞の表すアクションが及ぶ相手またはその結果という本質を見過ごしてしまうのでは。同様に、前置詞の「目的語」も、その前置詞を介して本体に取り込まれる補足情報という位置づけを認識しておかないと意味がないように思います。 twitter.com/nobutaku16/sta

posted at 14:25:03

18時間前

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

It's raining cats and dogs.でのrainは他動詞ですが、なるほど、火山なんか、Mount Sakurajima rained ashes on Kagoshima.って言えますから、以外に他動詞としての例があるものですね。They rained bombs on...なんてのもあるし。

posted at 12:17:33

18時間前

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

今、感じているのは、アクションの及ぶ相手が示されている/アクションの結果がわかるかでBE動詞と一般動詞は簡単に区別できても、一般動詞の中でも、I live in Tokyo.みたいな、補足情報が不可欠な自動詞が「つまずきの石」となっているようです。

posted at 12:13:10

18時間前

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

自動詞vs他動詞関連のペーパーやら文法案内をたくさん集めたのですが、どうも、学習者一般の話として、The apple fell from the tree.のように、前置詞句がセットだと、知識がしっかりしていないと、それを目的語と思ってしまうようです。

posted at 12:09:44

2018年10月19日(金)2 tweetssource

2018年10月17日(水)3 tweetssource

10月17日

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

一般動詞がわかりにくいのは、専ら自動詞というタイプ、自動詞としても他動詞としても使えるタイプ、さらにその中に自動詞と他動詞のときとでは意味が変わるものがあるからだろうな。これで整理してみますか。

posted at 07:35:59

2018年10月16日(火)7 tweetssource

10月16日

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

The committee consisting of ten members ___ unanimous in adopting the proposal. のよう文の場合、主語と主部の区別が曖昧な人はつい、wereと入れる傾向があります。

posted at 07:53:02

10月16日

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

ネイティブ向けの文法書だと、動詞がどれかを聞いて、その動詞が何の話なのかを考えて主語を見つけよとしています。効果的だと思います。

posted at 07:47:11

10月16日

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

The CEO under pressure from shareholders had no choice but to call a special shareholders meeting. という類で「主語はどれ」とすっと言える人は上級の方。

posted at 07:45:39

2018年10月15日(月)6 tweetssource

10月15日

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

アクションがあり、したがって、一般動詞に当たるのはどちら?(a) She appeared quietly in the room. (b) Jack and Jill appeared quarreling.

posted at 14:54:22

10月15日

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

「主語はどれ」と聞かれて即答できない人の殆どが主語イコール名詞一つと思い込んでいる様子。でも、次に述語動詞はと聞くと、このレベルの人はお手上げ。なんとかしてあげたい。

posted at 13:42:14

10月15日

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

なぜか廃れてしまったけど、今、試みているのは、一問一答形式で知識を積み上げていくクイズ。programmed course と呼ばれていたなあ。

posted at 13:37:45

10月15日

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

2261番 これもコロケーションで、「率直な」答えはstraight に決まっています。direct, straightforward も可能ですが、straight が一番自然というか、普通でしょう。 #GSL本補充

posted at 11:37:43

2018年10月13日(土)4 tweetssource

10月13日

@makikoasaba

MakikoA@makikoasaba

どんな資格試験も取ってからが本当の勉強だと思う。英検1級に合格しても何も出来ない、何も変わってない自分に愕然とし、そこから頑張ろうという気持ちになれた。TOEICもCPEも、取ってからが勉強だった。だから取りもしないでアレコレ批判するのは「違うなー」と思うことが多いです。

Retweeted by 日向清人

retweeted at 15:54:26

10月13日

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

BE動詞クイズの構成、右に来る補語の役割三つの確認、現在・過去形の人称別変化全て、BE動詞に準ずるSEEMとの相違点チェック、という感じでしょうか。

posted at 10:48:47

2018年10月12日(金)4 tweetssource

10月12日

@makikoasaba

MakikoA@makikoasaba

来年度の旺文社さん英検1級過去6回全問題集の二次試験解説を書かせて頂くことになりました。
3年連続。とても有難いです。限られた字数ですが出来る限りお役に立つ解説を書きたいです。

Retweeted by 日向清人

retweeted at 12:20:49

10月12日

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

Dropboxがゴタゴタするので、アップした不規則変化動詞のクイズ、週末に引き揚げます。そのかわり、おもしろいクイズを作ったら、随時アップします。

posted at 10:18:13

2018年10月11日(木)11 tweetssource

10月11日

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

大学でのプレイスメントテストが奏功していないのは、クラス内の学生の単語力がバラバラなことで明らか。いっそのこと、英語入試も、GSL一本に絞ってしまえば、安上がりだし、結果的にも、2000単語レベルの子とそうでない子を峻別できて効果的。

posted at 11:54:46

10月11日

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

訂正 GSLには制作者の1人がインドで目の当たりにした、貧困で中卒前に中退する子どもたちに、「せめてこの程度の英語は持ち帰って、読めるようになって欲しい」との強い願いが込められているわけで、これだけでも中高6年でマスターしていれば、今の日本人の英語も違ったていたのでは?

posted at 11:51:52

10月11日

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

GSLには制作者の1人がインドで目の当たりにした、貧困で中卒前に中退する子どもたちに、「せめてこの程度の英語は持ち帰って、読めるようになって欲しい」との強い思いが困っているわけで、これだけでも中高6年でマスターしていれば、今の日本人の英語も違ったものになっていたことでしょう。

posted at 11:41:21

10月11日

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

GSL単語本がいいのかCEFR単語本か迷っている方は、CEFR準拠の教科書を遣わされるといった事情のない限り、GSL単語での基礎づくりをお勧めします。CEFR準拠の検定の受験者がどうのといった二義的なものがなく、一直線で英語の語彙力の基礎を築けるからです。

posted at 11:36:25

10月11日

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

GSLは最終的に検討対象を2500に絞り込んだフォーセットとマキが、「なるほど、この500単語を抜いたら、もう英語自体成立しない」という土台に乗っているだけに、CEFR単語と違った本質的な強みがあります。

posted at 11:30:15

10月11日

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

CEFRのB2単語というのは、例えば、CEFRB2相当のFCEを受験して合格した学生がその単語を使ったという例を多く集めて決めており、実体は素朴。その点、GSLは、読むため、書くために必要な単語をそれぞれ1万語収集し、分析するような研究者がまとめただけに、何というかより英語の本質に近い感じ。

posted at 09:46:38

10月11日

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

2259番 これも起点・経路・到達点を表すTOがbelongする相手を指している感じを会得していれば楽です。belong with は、グループ分けした時の所属を指す時に使います。 #GSL本補充

posted at 09:15:15

2018年10月10日(水)3 tweetssource

10月10日

@hinatakiyoto

日向清人@hinatakiyoto

ご指摘の思いからせっせと書いてきただけにうれしいお言葉です。でも、本当にlexiconがおざなりにされているなあと、残念です。欧米の幼児向けの本も個々の単語に目を向けさせるよう工夫しているというのに。いい悪いではなく、日本人の言葉に対する感性が英語とは違うんでしょうね。 twitter.com/tmrowing/statu

posted at 08:08:08

このページの先頭へ