情報更新

last update 01/28 09:48

ツイート検索

 

@hinoe_uma3
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

  • 245フォロー
  • 232フォロワー
  • 20リスト
Stats Twitter歴
1,821日(2016/02/04より)
ツイート数
12,207(6.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年01月28日(木)6 tweetssource

19時間前

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@runatictail 「焔渦?」
バーサーカーと言うわりには、酷く理性的な瞳。燃えるような意志を感じさせる眼差しと、赤みがかったその色。その名は、彼の印象そのものに思えた。
「カッコイイじゃん。マジクールっしょ」
思ったままの称賛を述べる。

posted at 01:52:03

2021年01月27日(水)60 tweetssource

21時間前

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@runatictail それならよかったと頷いた。集中を乱してしまって、怒られるかもしれぬと思ったのだ。
「通りすがりは通りすがりだけどー……うん、『ただの』じゃねーな。あんたと同じ『写し』さあ」
青年からは仄かに魔力が香るだろう。
「セイバー。“山杖”って呼ばれてる」
その名の通り、登山杖を携えていた。

posted at 23:53:14

22時間前

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@runatictail 「あれっ」
困惑の眼差しを向けられて、ちょっと焦る。
「気付いてなかったのかい? 拒否られなかったから、いいんかなーって」
参ったなあと頬を掻いた。
「スッゲー上手いなって思ってさー、見せてもらってたんさ。絵描きさん?」
言語としては不明瞭な彼の言葉。バーサーカーだろうか。

posted at 22:55:17

22時間前

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@r23047244 「バー? おおー、この時代のそんな洒落たとこ行くのは初めてさー!」
未成年に見られて、いつも追い返されるのだ。
「スゲー! マジ楽しみ!」
大喜びで看板をあれこれ見ながら、連れ立って歩いて行く。身長差がありすぎて、傍目にはまるで大人と子供だが、実に楽しげな様子だった。

posted at 22:39:02

23時間前

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@y_maple_east 「OK、もちろん。俺はセイバーさあ。山杖って呼ばれることが多いかな。ほら、こいつを持ってるし?」
登山杖を指してみせる。撫でが甘くなったので、サビ猫ににゃっと叱られた。
「よろしくなー、ハイカラ姐さん。したらやっぱ、この化けにゃんこ三匹はあんたの連れかい」
浮遊する三匹へ目を向ける。

posted at 22:16:31

1月27日

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@r23047244 改まって提案とは一体何事だろうかと、彼をまじまじと見ていれば、切り出されたのは何とも微笑ましい言葉。
「ああもちろんさあ! っつーか、別にそんなん断んなくていーんよ?」
そもそもこちらは初対面から砕けている。
「よろしくなあ、美食家の!」
嬉しい、という少年じみた表情でにっと笑った。

posted at 21:24:44

1月27日

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@r23047244 「おっ、嬉しいねー! 英霊同士で親しくできる機会ってなかなかねーからさ。こっちこそ、仲良くしたいって思うさ、美食家の兄さん!」
さて、それでは酒を樽で仕入れられる店を探さねば。楽しみに心が温まる。その心持ちのまま酒杯を掲げ。
「したら、この良い出会いと友誼に。乾杯っ!」

posted at 21:03:57

1月27日

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@asariRP 「へっ」
耳をくすぐる鈴の音のような女の声に、臨戦態勢はぷしゅうと音を立てて解かれた。
「はあ、案内」
整った大人の美貌。そこに浮かぶ、童女を思わせる表情。そのギャップが、実に魅力的だ。
「…………」
そしてこれは……確か、いわゆるチャイナ服。

posted at 16:28:21

1月27日

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@runatictail 墨を流したような木々の影を踏んでぶらりと歩く。普通であれば、このくらいの年頃の若者は学校へ行っている時刻だが、青年はそうした人間の生活を営む存在ではなかった。視線の先で、絵を描いている男と同じく。ちらりと見えた紙面に目を惹かれて、近付いた。
「見ててもいいかい?」

posted at 15:58:20

1月27日

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@_tgsGC2 「そっか、大事な隣人ってやつか」
自分が山を駆け、自然を友としたように。自らを育んだかけがえの無いものへの愛着に、共感を寄せる。
「わっかるー。今からもう、座に帰りたくねーってやつっしょ~?」
けらけらと笑って、司書に怒られて首を竦めた。
「俺は“山杖”って呼ばれてる。あんたは?」

posted at 15:57:39

1月27日

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@r23047244 「解ってくれる~? あんたいい奴っしょ~」
とくとくと二杯の酒を注いで、片方を彼へ。
「バケツかあ! したら、次は樽を用意しねーとならんね」
からからと笑った。焼きそばの量からして本当なのだろう。
「うちだと他に呑む人いねーから、人と呑んだのはマジで久しぶりでさー。いやいいもんだ」

posted at 13:06:11

1月27日

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@r23047244 「おっ、いける口さね~」
楽しそうに笑って缶を呷る。っくー! と美味そうな顔をするところを見ると、こちらも酒好きのようだ。
「未成年にしか見えねー歳で現界しちまったからさー、こういう処でもないと、酒買えねーんさ」
続いて取り出すは、吟醸酒の瓶。コップが二つ。にやり。
「やる?」

posted at 12:45:33

1月27日

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@r23047244 「狩人さあ。山登るのは生活のためさね」
荷物の傍らには登山杖が立て掛けられている。
「美食家? へえ! ファッション決まってるから俳優かなんかだと思ってたわー! ……じゃあ、こいつもいける?」
取り出したのは、チューハイ缶が二本。屋台で買ったらしい。どうだい? と一本差し出した。

posted at 11:05:23

1月27日

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@y_maple_east 化け猫が見えている時点で、きっと相手も判っている。
「いやいやいや、猫とはいえ幽霊見て動じないなんて只者じゃないだろ。胆力ありすぎさあ」
自分も構えとばかりに、手をぐいぐいしてくるサビ猫の頬を撫でてやった。
「魔術師か、呼ばれたほうかまでは判んねーけど。ちなみに俺は呼ばれたほうね」

posted at 10:34:35

1月27日

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@y_maple_east 「いんや。たぶん、そんなに見えないほう。実体の無いのは滅多に見ねーし」
黒猫が手元でゴロゴロ言っている。
「……とぼけるなあ、姐さん」
何と返そうか迷った末に、直球を投げた。生来、腹芸は得意ではないのだ。こっちの正体もバレることになるが、まあいいだろう。

posted at 10:32:12

1月27日

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

特設コーナーまでの道程では、抜きつ抜かれつの攻防。辿り着き豚ロース500g298円を前に激闘を繰り広げ、屈強なる境間主婦勢の猛攻の前には背を合わせて共闘した。互いに戦利品を手に戦いを終えた後は、清々しい連帯感まで生まれたほどである。
「あんときの子かあ」
出前お疲れ、と笑って手を振った。

posted at 09:58:06

1月27日

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@r23047244 「今回の聖杯戦争は、うじゃうじゃ湧いてくる影サーヴァント叩き大会らしいし、こうして平和にしてるのもいいさねー」
親しみを篭めて微笑んで、たこ焼きをもう一つ。出汁の利いた生地とソースとマヨネーズ。美味い。思わず顔が綻んだ。
「俺は“山杖”って呼ばれてるさあ。兄さんは何て呼べばいい?」

posted at 09:25:20

1月27日

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@y_maple_east 「なんだ、ペットじゃねーの? 幽霊にまで好かれるたぁ、随分な猫好きさなー」
手元の黒猫の顎をくすぐってやりながら。
「あんま驚かねーんだな、俺がそのばけらった猫のことが見えてても。そんなん見える奴なんて、そうそういないはずっしょ」
黒猫がにゃーんと鳴いた。
「魔術使いとかでもなきゃ」

posted at 01:23:46

1月27日

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@r23047244 「必要」
本人にも分からない必要性でここにいる。これはもしかすると、もしかするのではないだろうか?
「んー……兄さんアレかい、昔の人? 召喚されたってやつ?」
暗に『サーヴァントか』と訊いてみる。
「したら、俺もおんなじさあ。現代を楽しんでる場で喧嘩する気はねーから、安心してなー」

posted at 01:11:22

1月27日

@hinoe_uma3

山杖のセイバー_FateSC/PL:hinoe@hinoe_uma3

@am_gamered えっ、壊れちゃうんですかね!?せっかく作ってもらったお守り、宝物にしようと思ったんですが!

なんかこう、ある程度時間が経ったらルーンの頑張りが復活するとか……どうでしょう?
FGOでも、1話終えてホーム画面に戻ってくると、概念礼装の効果が再付与されますし!

posted at 00:43:12

このページの先頭へ