情報更新

last update 10/17 01:16

ツイート検索

 

@hirasawa
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

Stats Twitter歴
3,672日(2009/09/28より)
ツイート数
45,026(12.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年10月16日(水)2 tweetssource

2019年10月15日(火)13 tweetssource

10月15日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

しかたがなく、お父さんたちは日立会館に集い東宝映画を見て元気を取り戻し、明日の出勤に支障をきたさないよう早く寝ました。

めでたしめでたし。

またこんど!!

posted at 22:00:59

10月15日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

三日三晩泣き明かした奥さんたちは、ソロモンオウムの姿に返り飛んでオウムの里に帰ってしまいます。

奥さんがソロモンオウムだったと知った旦那さんは昔はGazioに集まりましたが、今はGazioがありません。

posted at 21:58:01

10月15日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

何故お母さん方はおめかしをするかというと、金木犀にやられて帰って来るお父様方は若返っているからです。

せっかく若返りますが、その後の悪癖によりまた徐々に老けて行きます。

お母さま方が4畳半に閉じこもり、ヨヨと泣く姿のシルエットが障子に映るのは十五夜の日。

posted at 21:52:42

10月15日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

来月起き上がるお父さんが帰ってきてがっかりしないよう、お母さん方は今のうちに髪結いへ行ってパーマをあて、子供たちには新しい服を買ってやる。

posted at 21:47:28

10月15日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

奥さんたちは上手にお父さんたちをよけてスーパーに行けていると思う。

西野さんの奥さんが、岸部さんと花岡さんの旦那さんの間を通る時、脇の家の中から「イテッ!」という声を聞いてこう言った。

「あらやだ、明日は雨なのね」

posted at 21:41:54

10月15日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

ゆえに、この季節は角を曲がる度に通勤途中のお父さんたちがゆっくりゆっくりと仰向けに倒れるすがたが町のあちこちで見られる。

posted at 21:32:32

10月15日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

町内の角を曲がったところで金木犀が張った香の巣に人類は捉えられる。

巣は全身する頭部の進行を阻止するので、そのまま人類は仰向けに倒れるが、この転倒は1か月もかかるスローモーションで行われる。

posted at 21:27:36

10月15日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

ある日、一つの家屋の中で一人の男が弦に噛まれて「イテッ」と言ったとしても、金木犀は香る。

人類へのご褒美を分泌する。

posted at 21:22:29

10月15日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

あのペグというものにはメッキが施されていてキラキラしているために、弦を通す小さな穴が見えづらい。

試行錯誤しているうちにスッと通り、向こうから突き抜けて指を刺す。

これをプロのギタリストは「弦に噛まれた」と言う。

言うわけない。

posted at 21:18:23

10月15日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

「ペグ、ペグ、ペグ…」と10回言っても信じられない。むしろ、余計信じられない。

20回言うと、
楽器屋さんに行って「ペグください」と、恥ずかしくて言えなくなる。

posted at 21:13:28

10月15日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

ギターの先端の弦を巻くところをペグと言う。

何千人もの前に姿を現し、音響や照明の装置を駆使し、大人数で大音響の空間を構成するものの全ての名前を順番に言っていくと、途中に「ペグ」が出てくるのが信じられない。

posted at 21:08:44

2019年10月14日(月)15 tweetssource

10月14日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

気が付けばズラリとタピオカが詰まった血管が何本も何本も地球をとりまいている。その上を歩いて旅行する人をタピ人という。

言わない。

またこんど!!

posted at 22:02:32

10月14日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

▲リオ亀○で生まれるのは危険だ。

血管にタピオカを詰まらせた子供が生まれる。

その血流の悪さきたら人生のエコノミークラスどころか、奴隷船の雑魚寝に等しい。

手に取るな、やはり野に置け台湾の菓子。(意味不明)

posted at 21:58:01

10月14日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

ご存じのように音は1秒間に地球を7周り半する。

心筋の収縮で「ドキ」と鳴った音は血液より先に地球を7周り半しようとするが、血管は2回り半しかない。

posted at 21:40:15

10月14日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

ご存じの通り貴方の血管は全部引っ張り出すと地球を二回り半する長さになる。

居ながらにして世界二周半。

それなのにどうして外国語がしゃべれない?

posted at 21:34:38

10月14日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

クリア。

我々のように人生のエコノミークラスに座する者はたまに動いて血流を確保していただきたい。

血流こそ貴方の航路です。
(自分の血管に入れと?)

posted at 21:29:24

10月14日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

舌(ゼツ)が超人化したところで偽物志向へとシフトするとこがステルス趣味の炸裂度の高さを示している。

体験してからシフトする。

通説の高みからチャレンジャーを卑下する模範奴隷との違い。

posted at 21:13:45

10月14日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

それが今やステルス舌(ゼツ)に張り巡らされたステルスニューロンに備わるステルスコーヒー・レセプターが成熟域に達し、コーヒーの個体差を嗅ぎ分ける超人へと成長したのだ。

posted at 21:08:00

10月14日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

多くの場合偽物を好むステルスはコーヒーの味が分かるようになったのは2012年くらいからである。

それまでは麦茶とコーヒーの違いが分からなかった。

そんな男にコーヒーの本物と偽物の区別がつくはずもない。

posted at 21:04:00

10月14日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

ステルスは今5杯めのコーヒーを飲んでいる。

正確にいうと2杯目のカフェイン入りコーヒーを飲んでいる。

あとの3杯はCタマを抜かれた偽物である。

posted at 21:00:01

2019年10月13日(日)13 tweetssource

10月13日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

ということで、今ステルスから代筆料730円貰ったので僕は帰ります。

あ、もう一言代筆が残ってる。

またこんど!!!

(これで800円になった)

posted at 22:00:34

10月13日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

オマエタチはヒラサワ曲の耳コピとか怪しげな打ち込みとかする前に、充分にヨタ話を50分できるようになっていなければならない。

それも、誰もが本人が書いたと信じるような見事な文体模写を身につけなくてはならない。

音楽なんかその後だ。

posted at 21:56:55

10月13日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

その電気足湯器の電源さえ、青の間の非常用電源だと知るがいい。

とくと知り、驚愕で寝込む日を設けるがいい。

posted at 21:37:56

10月13日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

高度な集中と休みない戦闘態勢のアドレナリンに浸かる上半身が青白く発光する高速作業の間も、さすがステルスは己の健康に気づかい、両足はしっかりと足湯の中なのである。

posted at 21:33:11

10月13日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

もはやステルスを止める者は無く、その作曲の効率と速度を生み出す右手は黒鍵盤と白鍵盤のリリアンを編み、右手はルービックキューブを回す。

posted at 21:28:39

10月13日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

息絶え絶えの船舶から逃げ出すネズミたちを許す眼差しで見送り、無事どこかの島へとたどり着くように祈る心を指先に込めた「ド」と「シ」と「ソ」を南洋の夕日が照らす「見える」メロディーを雄々しく奏でる指を止めなくてよい。

posted at 21:23:55

10月13日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

7つの海を巡る巨大豪華客船の沈みゆくある日の通信士のSOSを打ち続ける指の連打のように鍵盤を打ち続けてもまだ余りあるエナジーを讃えながら船と共に沈みゆく船長のよう止むことのない作曲。

posted at 21:17:49

10月13日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

あろるの太陽系発電と併せるならば、まさしくシームレスである。

見知らぬ島へと向いたる潮流に揺蕩うある日にも、大カラスや巨大チャボの類に館ごとさらわれ、悪の黒潮を越え、菩薩の風を切り、天空高く舞い上がろうとも作曲を止めずにすむ。

posted at 21:11:38

10月13日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

「この館に住まう者は怪しき者なりて、不届きなる世界観を用いて人心を惑わす者なれば、一切の接続を絶ち、見知らぬ島へと放流すべし」

と、知らぬ間に館ごと激流に放り込まれても作曲を止めずにいられる。

posted at 21:06:38

10月13日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

青の間には非常用電源が設置されようとしている。

テスラコイルを何秒放電できるか分からないが、少なくとも音楽制作は止まらない。

(放電と比較される活動に携わる男)

posted at 21:00:00

2019年10月12日(土)1 tweetsource

2019年10月11日(金)14 tweetssource

10月11日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

蜘蛛女を真似た芸人さんは多々いるが、誰も超えられない。

Rangを真似た多々いる芸人さんが誰もRangを超えられないのと同じ。

あの国で演じられるブサイクは本当に地獄のようだ。たまに吐き気がするほどだ。

posted at 22:01:31

10月11日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

それでも蜘蛛女は最も古い友人の一人だ。

会う度に若くなっており、地獄のような舞台メイクを落とすと美人になって行く不気味な生き物だ。

要するに蜘蛛女はブサイクのプロなのだ。

posted at 21:56:39

10月11日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

南洋の蜘蛛女はブサイクさと下品さといじめたくなるような意地汚さで財を成した。

書いていて腹立たしいので他のタイプの南洋の知り合いのTickTock動画を見て振り上げたこぶしを降ろす。

posted at 21:52:08

10月11日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

南洋の蜘蛛女は余人を持って代えがたいほどの縁起の悪いブサイクな者なので、追随を許さない。

その地位を狙っていた者を知っているが、今では道端で焼き鳥を焼いている。

posted at 21:45:34

10月11日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

いつかあの未来のパトカーの窓みたいな目がパカっと開いて、中から

「失敬!本官は生きているものしか食わんであります。失敬!」

と言うお巡りさんが出てくるのが待ち遠しい大人に育ちました。

posted at 21:38:20

10月11日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

中に未来の極小のおまわりさんが乗っているような近未来的坊やはステルスが料理をしていると必ずやって来る。

残念ながら坊やは私の扱う食材が嫌いなようだ。

posted at 21:33:19

10月11日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

私は南洋の国で蜘蛛女に好かれたことがあるが、あれは毒のあるタイプで体と心に害があるほどのブサイクだった。

しかし、この近未来坊や的ハエトリグモの反応はイマイチたんぱくであった。

posted at 21:27:34

10月11日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

そこで私はチッチッチッチと言いながら人差し指をハエトリグモの顔の前で振って見せ、こう教えてやった。

「何これ?じゃなく、アンタ誰」

posted at 21:20:52

10月11日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

ハエトリグモもガッカリするステルスの爪。

分離した末端の組織にガッカリするなら、本体はどうだ。

そおおっと指を近づけると

「うっ何これ?」

みたいな感じで体を交わした。

posted at 21:14:13

10月11日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

一時は獲物にしがみついたものの、程なくして3歩あとずさり、ガッカリして動かなくなってしまった。

あんなに小さくてもガッカリしているのが分かるハエトリグモはすごい。

posted at 21:08:49

10月11日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

獲物との間に10センチの距離を取り、襲い掛かるタイミングを狙ってじっと見つめること1分。

次の瞬間、まるで空間をワープしたかのような速さで爪に飛びついた。

posted at 21:04:41

10月11日

@hirasawa

Susumu Hirasawa@hirasawa

あろるの館の世界一カッコいいハエトリグモが物陰からスッと現れた。

彼の視界にあるのはステルスが爪切り中に床に落とした爪だ。

posted at 21:00:10

このページの先頭へ