情報更新

last update 02/06 20:53

ツイート検索

 

@hiromu1996
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
TwitterサークルのツイートはTwilogに記録・表示されます。詳しくはこちらをご覧ください

Twilog

 

@hiromu1996

Hiromu Yakura@hiromu1996

Stats Twitter歴
4,741日(2010/02/15より)
ツイート数
23,129(4.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2023年02月06日(月)1 tweetsource

2023年02月03日(金)1 tweetsource

2月3日

@TakashimaR_2023

高島りょうすけ@TakashimaR_2023

イベント:『今さら聞けないAI最前線』(1/29)

灘校の同級生であるAI研究者の矢倉大夢さん@hiromu1996 を芦屋にお招きしました。

最先端のAI技術と、行政運営。
その関わりの実例を矢倉さんにご解説いただきました。
100名超の参加者の皆様とは、IT活用のビジョンを共有できたと感じます。 pic.twitter.com/HFIxoTtOUh

Retweeted by Hiromu Yakura

retweeted at 01:24:11

2023年02月01日(水)2 tweetssource

2月1日

@hiromu1996

Hiromu Yakura@hiromu1996

昨晩の余韻に浸るべくいろんなプロダクションのタンホイザーを見てたんだけど、バイロイト音楽祭'19のが凄すぎた。ドラッグクイーンとピエロ含むならず者4人組が偽クレカで持ち逃げしてきたバーガーキングを食べるところから始まって、オペラって古臭そうと思われがちなイメージの真逆を行ってる。

posted at 21:07:32

2023年01月31日(火)1 tweetsource

2023年01月14日(土)2 tweetssource

2023年01月11日(水)1 tweetsource

2023年01月07日(土)2 tweetssource

2023年01月06日(金)2 tweetssource

1月6日

@hiromu1996

Hiromu Yakura@hiromu1996

日本で Sakura Sunrise として出てきたらサクラフレーバーをちょっと期待してしまうので微妙かもしれないけど、海外で出てきたら納得感しかなさそう

posted at 01:14:46

1月6日

@hiromu1996

Hiromu Yakura@hiromu1996

ChatGPT にカクテルの名前を考えさせてみた例が面白い。ジャパニーズジンにトニック、ライム、花椒、グレープフルーツというカクテルの題に Sakura Sunrise というのを提案してきたらしい。グレープフルーツとライムのフレーバーは「日の出」の爽快感だという説明つきとか。
markwschaefer.medium.com/20-entertainin

posted at 01:14:09

2022年12月30日(金)5 tweetssource

12月30日

@hiromu1996

Hiromu Yakura@hiromu1996

@koya_narumi そういう認識です、ただTOSTをつかった場合も閾値をゆるくすればいくらでも「同等です」と言えてしまうので、そこが(ライティング上は)難しいところかなーと思ってます。例えば7段階リッカート尺度で0.5の差がNGか、1までOKかという点は「XX et al. がこうだったから」みたいな書き方になりそうです

posted at 19:54:44

12月30日

@hiromu1996

Hiromu Yakura@hiromu1996

江戸時代のとあるお坊さんの日記を読み進めた結果、桃山期の作庭だと思われてた滋賀県の神社の庭園が、それより30年ほど後に作られたんじゃないかということがわかったという内容です

posted at 19:23:44

12月30日

@hiromu1996

Hiromu Yakura@hiromu1996

今年は日本庭園巡りという新しい趣味が高じて、HCIの研究しながら国会図書館に通って庭園の由緒を調べるみたいなことをしてたんですが、その結果として日本庭園学会から論文賞をもらうことになり、いよいよ何の研究者かわからなくなってきました note.com/hiromu1996/n/n

posted at 19:22:25

2022年12月21日(水)2 tweetssource

2022年12月20日(火)2 tweetssource

2022年12月08日(木)2 tweetssource

2022年12月07日(水)1 tweetsource

2022年12月05日(月)1 tweetsource

2022年12月03日(土)1 tweetsource

2022年11月09日(水)1 tweetsource

2022年11月08日(火)1 tweetsource

2022年11月06日(日)3 tweetssource

11月6日

@hiromu1996

Hiromu Yakura@hiromu1996

それを前提にすると、南部の地主にとって奴隷解放やアメリカ南北戦争は単なるイデオロギーの違いというよりも、自分の資産に対する実質的な脅威というふうに見えていたというのも納得感がある。

posted at 13:22:53

11月6日

@hiromu1996

Hiromu Yakura@hiromu1996

当時の帳簿を見ると、事業部制のような組織構造を作った上で、奴隷1人1人の日時の収穫量を測ってパフォーマンス低下やボトルネックを分析することが行われていたらしい。さらには、奴隷を資産評価して減価償却計算するための帳簿を販売していた業者までいたとか。

posted at 13:22:18

11月6日

@hiromu1996

Hiromu Yakura@hiromu1996

テイラーに代表されるような科学的管理法が、実は奴隷制の時代からすでに用いられていたと論じた一冊。マッキンゼーから大学院に移って博士号を取ったという著者が、スプレッドシートで人を管理することの限界を感じて取り組んだというのも興味深い。 www.amazon.co.jp/dp/4622095246

posted at 13:21:27

2022年11月03日(木)1 tweetsource

11月3日

@hiromu1996

Hiromu Yakura@hiromu1996

神奈川近代文学館の川端康成展、太宰治が芥川賞を欲しすぎて選考委員の川端に送ったという例の手紙が見れるのでおすすめ。「何卒私に與へて下さい 一点の駆引ございませぬ」とか「困難の一年でごさいました 死なずに生きとほして来たことだけでもほめて下さい」とかある。 www.kanabun.or.jp/exhibition/170

posted at 14:21:04

2022年10月30日(日)1 tweetsource

2022年10月23日(日)1 tweetsource

2022年10月22日(土)1 tweetsource

2022年10月20日(木)1 tweetsource

2022年10月18日(火)1 tweetsource

2022年10月11日(火)1 tweetsource

2022年10月10日(月)1 tweetsource

2022年10月04日(火)3 tweetssource

2022年09月28日(水)3 tweetssource

9月28日

@hiromu1996

Hiromu Yakura@hiromu1996

加えて、開国から三国干渉を経て第二次大戦に至るまで、グローバルなアイデンティティや他国への支配を支持するナラティブを求めてきた時代精神が反映されてきたという構造も議論されていたのがよかった。COVID-19を巡るスピリチュアルな言説とも通づるところがありそう。

posted at 13:22:41

9月28日

@hiromu1996

Hiromu Yakura@hiromu1996

椿井文書から日ユ同祖論、果ては「スメラギノミコト」のスメラはシュメールだという説まであって面白かった。あと、記紀のオルタナティブとしての国体論との微妙な関係とか、オカルトならではの気苦労も紹介されていて、なるほどなと思った。 www.amazon.co.jp/dp/4585221921

posted at 13:22:30

2022年09月18日(日)1 tweetsource

9月18日

@hiromu1996

Hiromu Yakura@hiromu1996

ベン・シュナイダーマンがスパイダーマンの最新作を紹介しながら「シュナイダーマン(Shneiderman)とスパイダーマン(Spiderman)が似ているから肩入れしちゃっているのかもしれませんが」と書いているの好き

posted at 16:12:17

2022年09月16日(金)1 tweetsource

2022年09月13日(火)2 tweetssource

2022年09月12日(月)3 tweetssource

9月12日

@hiromu1996

Hiromu Yakura@hiromu1996

興味深かったのは、こうした運動に伊藤忠の創業者が関わっていたという点で、その運動が今の常用漢字表の策定につながっているらしい。漢字変換の普及を経てカナモジ運動は下火になっているが、技術がこの論争に終止符を打ったという点では、英語学習論なども翻訳技術で変わっていったりするのかな。

posted at 01:59:32

9月12日

@hiromu1996

Hiromu Yakura@hiromu1996

ある者は漢字を乗り越えるべき中国からのレガシーとして、またある者は漢字にこそ日本の魂が詰まっていると捉えて議論を戦わせていく様子は面白かったし、戦時中には国体に対する攻撃とまで言われて多くの文化人に非難されたのに、終戦後に彼らが転向していった様子も(今から見ると)滑稽さがあった。

posted at 01:59:04

このページの先頭へ