情報更新

last update 05/15 07:42

ツイート検索

 

@iMeasureInc
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@iMeasureInc

iMeasureInc@iMeasureInc

  • 141フォロー
  • 99フォロワー
  • 1リスト
Stats Twitter歴
2,545日(2014/05/28より)
ツイート数
1,901(0.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年05月08日(土)1 tweetsource

2021年04月29日(木)1 tweetsource

2021年04月08日(木)4 tweetssource

4月8日

@iMeasureInc

iMeasureInc@iMeasureInc

弊社の #オルソスキャナ を使い非接触にて800ppiでスキャンした画像のリアリティから、林さんが手作業で抜き絵を制作した時の息づかいを感じます。
スマホでも閲覧できますが、ぜひ大きなディスプレイ(できれば2Kで21インチ以上、4Kで40~86インチ、8Kなら110インチ以上)で拡大してご覧ください。

posted at 19:09:49

4月8日

@iMeasureInc

iMeasureInc@iMeasureInc

この抜き絵は竹紙に描かれ、絵の具で濡らして手で千切った独自の技法だそうです。林さんの楽しいイラストと彩色。そして竹紙の繊維が独特の味わいを生み出します。

posted at 19:09:49

2021年04月01日(木)3 tweetssource

4月1日

@iMeasureInc

iMeasureInc@iMeasureInc

ガラス作家「林久美子」様の遺作となる抜き絵をスキャンしました。 エナメル彩の技法で数々の美しいガラス作品を生み出した林久美子様。

posted at 16:49:44

2021年03月17日(水)1 tweetsource

2021年03月16日(火)2 tweetssource

3月16日

@iMeasureInc

iMeasureInc@iMeasureInc

※ できるだけ大きなディスプレイで表示して、拡大して比較ご覧ください。
imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2021/03/p

非接触高精細大型スキャナ「オルソスキャナ」のオプションとして赤外線撮影機能が追加されました。
絵画などに隠されたサインやメモの判読が可能です。

#Infrared #RGBIR #オルソスキャナ pic.twitter.com/h9pEc0UihT

posted at 18:57:50

2021年02月27日(土)2 tweetssource

2021年02月25日(木)3 tweetssource

2021年01月27日(水)1 tweetsource

2021年01月24日(日)8 tweetssource

1月24日

@hirax

Jun Hirabayashi (平林 純)@hirax

(教科書的な)光子一個のエネルギーや撮像素子に蓄積可能なエネルギーやポワソン分布とか、現行部品・製品の性能・価格ベンチマークとか、自分の興味・好奇心とかから、たとえばアイメジャー(@iMeasureInc)一ノ瀬さんとかの一歩離れた解説を読んでみたいかも。 twitter.com/karaage0703/st

Retweeted by iMeasureInc

retweeted at 13:34:03

2021年01月17日(日)8 tweetssource

2021年01月16日(土)1 tweetsource

2021年01月03日(日)1 tweetsource

2020年12月14日(月)1 tweetsource

2020年12月03日(木)1 tweetsource

12月3日

@kyosaikyosui

暁斎×暁翠@kyosaikyosui

東京ステーションギャラリーで開催中の「河鍋暁斎の底力」に展示されている「猫又と狸」。上部に蝋燭をともす鼠が描かれているのにお気づきでしょうか。これは最近発見された部分で初公開。鼠の野性味あふれる表情、しっぽの描写の正確さ、ほとばしるような躍動感に感動します。ぜひご鑑賞ください。 pic.twitter.com/lF0z4qVw1K

Retweeted by iMeasureInc

retweeted at 15:50:24

2020年11月23日(月)1 tweetsource

2020年11月20日(金)2 tweetssource

11月20日

@iMeasureInc

iMeasureInc@iMeasureInc

#オルソ画像 コンビニのコピー機で立体物をスキャンすると上下と左右で特性の異なる画像になります。

地球儀風のビー玉をスキャンしました。

左右方向が数パーセント縮んでいることが見て取れます。
近づいた所(日本)は大きく、遠いところ(アフリカ)は小さくなります。
imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2020/11/p pic.twitter.com/FXo6Qt1mGa

posted at 14:26:56

2020年11月15日(日)10 tweetssource

11月15日

@iMeasureInc

iMeasureInc@iMeasureInc

オルソスキャナは、土器撮影装置としてアイメジャー株式会社と株式会社シン技術コンサルが共同で開発しました。
その後も既存のデジタル撮影装置では到達出来なかった多機能性と高精細画像品質が認められ現在下記に導入されました。

・株式会社シン技術コンサル
・凸版印刷株式会社
・京都国立博物館

posted at 16:59:13

11月15日

@iMeasureInc

iMeasureInc@iMeasureInc

インクジェットプリンタによる複製です。

お客様と一緒に、金箔の見栄えを本物と複製品を隣合わせに重ね合わせ、金箔を含めた作品全体の色合いを幾度も確認します。

posted at 16:59:12

11月15日

@iMeasureInc

iMeasureInc@iMeasureInc

しかし、オルソスキャナではこの問題が生じない。テレセントリックレンズを使ったオルソ撮影では、作品をあたかも宇宙から人工衛星で撮影するように無限遠から撮影する。パース由来の歪みが生じないため、800dpiであっても、1画素単位で分割画像が接合できる。まるで、ジグゾーパズルを填めるように。

posted at 00:20:27

11月15日

@iMeasureInc

iMeasureInc@iMeasureInc

ではもし800dpiの画像が欲しい時は、分割して撮影するしかない。
しかし、パース由来のレンズ歪みにより、分割した画像の接続箇所で、この布の糸が繋がらなくなる。膨大なレタッチの作業が必須となる。このレンズの歪みは、一般的な非接触式イメージスキャナでも同じことが起きる。

posted at 00:20:27

11月15日

@iMeasureInc

iMeasureInc@iMeasureInc

また、1.3メートル近い掛け軸を300dpiで撮影するためには、長辺方向に、15Kピクセルが必要となる。現在最高峰のプロ向けデジカメ、1.5億画素のセンサでどうにかぎりぎりだろう。

posted at 00:20:26

11月15日

@iMeasureInc

iMeasureInc@iMeasureInc

布の糸の織りは、この鯉の掛け軸の場合、拡大スクリーンショットから測定すると5mmに付き縦糸13本、つまり66LPIです。
これを例えば、300dpiでデジカメ撮影すると、BlueやRedのチャンネルはベイヤー配列センサの場合、150dpiになるのでモアレが発生する。

posted at 00:20:26

このページの先頭へ