情報更新

last update 02/24 22:49

ツイート検索

 

@iidatetsunari
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@iidatetsunari

飯田哲也(いいだてつなり)@iidatetsunari

Stats Twitter歴
4,269日(2009/06/20より)
ツイート数
21,132(4.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年02月20日(土)3 tweetssource

2月20日

@iidatetsunari

飯田哲也(いいだてつなり)@iidatetsunari

先日の西日本新聞のインタビュー内容は論理的にも完全な間違いで立憲民主の掲げる政策にも反します。また当時の大飯原発再稼働は電力需給で無用だったことは当時の官邸チームも大阪府市チームもisepも立証していたが、関電の脅しに屈した再稼働は完全に誤判断でした。 twitter.com/edanoyukio0531

posted at 13:39:48

2月20日

@iidatetsunari

飯田哲也(いいだてつなり)@iidatetsunari

枝野立憲党首の毎日インタビュー。先日の西日本新聞と違い「原発を動かす必要はない」と変わった。しかし関電サギに騙された大飯原発再稼働は反省せず「ブラックアウトを防ぐため」と戯けた発言。「直ちに影響はない」とともに過ちを反省しないリーダーに進歩はない。 mainichi.jp/articles/20210

posted at 13:30:00

2021年02月18日(木)3 tweetssource

2月18日

@iidatetsunari

飯田哲也(いいだてつなり)@iidatetsunari

新型コロナ感染爆発は無症状者が大きな原因と分かって1年も経ってからようやくNHKが集中PCR検査や無症状者の検査を取り上げたが、コメンテータで医系技官の高山医師が検査抑制派で最悪。検査数世界148位の後進国日本でコストコパフォーマンスとか言うレベルではない。同調した宮田先生にもガッカリ。 twitter.com/orientis312/st

posted at 06:46:42

2月18日

@iidatetsunari

飯田哲也(いいだてつなり)@iidatetsunari

新型コロナ感染爆発が無症状者が大きな原因と分かって1年も経ってからようやくNHKが集中PCR検査や無症状者の検査を取り上げたが、コメンテーターのたかやま医師が検査抑制派で最悪。検査数世界148位の後進国日本でコストコパフォーマンスとか言うレベルではない。同調した宮田先生にもガッカリ。 twitter.com/kanta1966idea/

posted at 06:44:41

2021年02月15日(月)4 tweetssource

2月15日

@iidatetsunari

飯田哲也(いいだてつなり)@iidatetsunari

原発を止めることを決めないと、対処すべきSFの総量も決まらない。しかも、「使用済み核燃料の行き先を決める」ことなど、まずできない(当面は長期の中間貯蔵しかない)という認識もない。
それ以前の、核燃料サイクルという大きな問題点も抜け落ちています。

posted at 10:05:03

2月15日

@iidatetsunari

飯田哲也(いいだてつなり)@iidatetsunari

立憲党首がこの完全に間違った認識では原発ゼロは絶対にできない。むしろ原発維持宣言かに聞こえます。
以下の点は、最大の過ち(真逆)ですね。
「原発の使用済み核燃料の行き先を決めないことには、
少なくとも原子力発電をやめると宣言することはできません。」
www.nishinippon.co.jp/item/n/692686?

posted at 10:05:03

2021年02月14日(日)1 tweetsource

2021年02月12日(金)2 tweetssource

2021年02月11日(木)6 tweetssource

2月11日

@iidatetsunari

飯田哲也(いいだてつなり)@iidatetsunari

森辞任は当然だが、それ以前にこの期に及んで東京五輪をやる/できると言ってる中枢部の人達は、太平洋戦争末期に本土決戦を主張していた軍部中枢と全く同じメンタリティなのでは。やれば出来るだろうが、国民の犠牲の大きさを全く意に介さず、プランBを考えず、ひたすら突き進む人達という意味で。

posted at 07:16:52

2021年02月06日(土)1 tweetsource

2月6日

@iidatetsunari

飯田哲也(いいだてつなり)@iidatetsunari

河野太郎再エネ規制改革TFメンバー原英史氏の論考。指摘のとおり今回の問題の本質は旧一電による卸電力取引所への「タマ出し不足」で、電力危機ではなかった。未だに事実上の独占が残る問題と、それを前提としない市場設計のミス。
経産省も本質をずらした虚偽説明に終始。
jbpress.ismedia.jp/articles/-/63972

posted at 17:19:45

2021年01月29日(金)2 tweetssource

2021年01月17日(日)1 tweetsource

1月17日

@iidatetsunari

飯田哲也(いいだてつなり)@iidatetsunari

小森敦司記者による「私は忘れないシリーズ」の第4回と第5回(第1部、最終回)です。どちらも、よいインタビューです。

中村敦夫さんインタビュー
digital.asahi.com/articles/ASP15

香山リカさんインタビュー
digital.asahi.com/articles/ASP15

posted at 20:52:33

2021年01月16日(土)3 tweetssource

1月16日

@iidatetsunari

飯田哲也(いいだてつなり)@iidatetsunari

英国の再エネ目標で嘘をついてまで日本の再エネ目標を引き下げ、原発や石炭火力(+CO2回収)、ハイブリッド車まで残すという、世界の技術大転換が全く見えていない経産省が下書きした「ガラパゴス脱炭素戦略」。日本は生き残れず進化するガラパゴスに失礼か。
www.asahi.com/articles/ASNDT

posted at 07:13:34

1月16日

@iidatetsunari

飯田哲也(いいだてつなり)@iidatetsunari

トランプ「最後の悪あがき」の大統領令で小型原子炉(SMR)の軍事や宇宙利用を指示。SMRは原発の本質的な問題(核廃棄物、放射能、事故リスク、コスト等々)を何一つ解決せずむしろ拡散して悪化させるナンセンスな技術で、ビル・ゲイツが気候変動対策として推進する悪質。
www.whitehouse.gov/briefings-stat

posted at 07:07:46

2021年01月15日(金)1 tweetsource

1月15日

@iidatetsunari

飯田哲也(いいだてつなり)@iidatetsunari

筋金入りのジャーナリスト小森敦司朝日新聞記者による「私は忘れないシリーズ」第2弾 堀潤さん@8bit_HORIJUN
堀潤さんがNHKの花形キャスターだったたときに、国の委員会(原発事故再発防止委員会)での飯田の発言を好意的に取り上げていただき初めて存じ上げました。
www.asahi.com/articles/ASP14

posted at 10:19:30

2021年01月14日(木)1 tweetsource

1月14日

@iidatetsunari

飯田哲也(いいだてつなり)@iidatetsunari

「(アメリカ人のあなたがなぜ水俣の映画を作るのかという坂本龍一さんの問いに対して)福島の原発事故と同じ構造の問題だからだとの回答。(福島原発事故と同じく)「水俣も戦前から問題が起きていたのに、隠蔽(いんぺい)に隠蔽を重ねた。常に弱い者が犠牲になる。」www.asahi.com/articles/ASNDY

posted at 06:45:27

2021年01月09日(土)1 tweetsource

2021年01月07日(木)2 tweetssource

2021年01月06日(水)1 tweetsource

2020年12月31日(木)1 tweetsource

2020年12月27日(日)1 tweetsource

2020年12月24日(木)1 tweetsource

2020年12月22日(火)3 tweetssource

2020年12月18日(金)2 tweetssource

12月18日

@iidatetsunari

飯田哲也(いいだてつなり)@iidatetsunari

加えて、この太陽光のポテンシャルの大半(86%)は農地と耕作放棄地です。以前の太陽光ポテンシャルグラフは経済評価で絞り込んだ後の数字でしたが、あの経済評価は異様に建設コストが高く、今回ご紹介いただいたポテンシャルの方がリアリティがあると思います。 twitter.com/yohyasuda/stat

posted at 09:57:10

2020年12月15日(火)2 tweetssource

2020年12月13日(日)1 tweetsource

2020年12月12日(土)2 tweetssource

2020年12月11日(金)1 tweetsource

2020年12月06日(日)3 tweetssource

2020年12月05日(土)3 tweetssource

このページの先頭へ