情報更新

last update 08/08 22:38

ツイート検索

 

@ikenushi
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@ikenushi

いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室@ikenushi

  • 107フォロー
  • 800フォロワー
  • 33リスト
Stats Twitter歴
3,771日(2012/04/13より)
ツイート数
4,628(1.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2022年08月06日(土)1 tweetsource

8月6日

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「『万葉集』や『古今集』などの和歌を中心に取り上げ、歌(和歌)における比喩のあり方を独自の視点で問い直す一冊。
著者は「歌という比喩、あるいは歌における比喩」を仮に「歌喩」と呼び、…」
⇒半沢幹一
『古代歌喩表現史』
笠間書院 www.hanmoto.com/bd/isbn/978430

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 15:55:14

2022年08月05日(金)1 tweetsource

2022年08月01日(月)2 tweetssource

2022年07月31日(日)1 tweetsource

7月31日

@manreki

家持くん@高岡市万葉歴史館(公式)@manreki

本日の学習講座は、吉井健先生に万葉集研究の国語学見地から、「〜できない」という表現を、山上憶良歌などからお話いただいています。

講座に先立ち、健先生のお父様吉井巌氏の蔵書御を寄贈いただきましたので、感謝状のお贈りいたしました。 pic.twitter.com/Km4H6lJYoR

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 18:38:08

2022年07月27日(水)9 tweetssource

7月27日

@BungakuReport

文学通信@BungakuReport

8下旬刊行
ご予約受付中‼️

清川祥恵・南郷晃子・植朗子編
『人はなぜ神話〈ミュトス〉を語るのか』
(文学通信)

思考の枠組みの変化・生成を促すものとして「神話」言説が果たす役割を明らかにする。
それは、いま現在の、現実の問題でもある。

bungaku-report.com/books/ISBN978- pic.twitter.com/mlBocKGozR

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 23:27:37

7月27日

@BaddieBeagle

悪漢と密偵@BaddieBeagle

"1970年代を嚆矢とする〈図書館〉の成長を、1990年代から始まる〈書店〉の衰退を視野に入れて考察する。出版業をとりまく数々の環境の変化を踏まえて、図書館の在るべき姿を模索する対談集!": 中村文孝, 小田光雄『私たちが図書館について知っている二、三の事柄』 ronso.co.jp/book/%e7%a7%81

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 23:24:18

7月27日

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「「中国古典を自分の力で読んでみたくはありませんか」。注釈を利用して古典を読む。その手法を基礎と実践で学ぶための一冊。経書の巻では儒教経典の孝経・論語・周易・尚書・詩・礼記・春秋左氏伝の注釈の…」
⇒古勝隆一
『中国注疏講義 経書の巻』
法藏館 pub.hozokan.co.jp/book/b610596.h

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 23:18:57

7月27日

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「1300年の時を超え、天皇家と東大寺により守られてきた正倉院宝物。聖武天皇ゆかりの品、異国風の工芸、シルクロードや唐からもたらされた文物まで、その内容は多彩である。メッキや代用の技法、…」
⇒山本忠尚
『正倉院宝物を10倍楽しむ』
吉川弘文館 www.yoshikawa-k.co.jp/book/b608834.h

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 23:17:43

7月27日

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

歴史文化ライブラリー9月。目次あり。
「古代国家による支配の鍵となった存在が、地域に根ざした勢力をもつ豪族だった。彼らは貴族化せずに地方に定住し、天皇から郡司に任命されて地方支配を担う一方で、…」
⇒磐下徹
『郡司と天皇 地方豪族と古代国家』
吉川弘文館 www.yoshikawa-k.co.jp/book/b608832.h

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 23:17:13

7月27日

@izumisyoin

和泉書院@izumisyoin

【8月下旬刊行予定】
三保忠夫著
『古代における文字文化と数量表現』
定価11,000円(10%税込)
A5上製函入・432頁

田和山遺跡出土の硯破片の年代、魏の斉王芳に献上した「班布」、『日本書紀』「馬八匹」に対応する歌謡「耶都擬」の読み方他再検討。
www.izumipb.co.jp/book/b610618.h

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 15:36:17

2022年07月26日(火)1 tweetsource

7月26日

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「埋葬施設と儀礼の分析から複眼的な古墳時代像を復元
これまで古墳時代の政治史は、青銅鏡や鉄製甲冑などの副葬品をもとに研究されてきた。本書では古墳時代前半期の全国の竪穴式石室や粘土槨と…」
⇒上田直弥
『古墳時代の葬制秩序と政治権力』
大阪大学出版会 www.hanmoto.com/bd/isbn/978487

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 22:28:15

2022年07月25日(月)3 tweetssource

7月25日

@BaddieBeagle

悪漢と密偵@BaddieBeagle

"歴史書は勝者が書いたものだ。朝廷に「反逆者」とされた者たちの史跡を辿り、地域の埋もれた歴史を掘り起こすと、見えてきたのは地元で親しまれる姿だった。古代史ブームをけん引した第一人者が晩年に遺した傑作": 森浩一『敗者の古代史 「反逆者」から読みなおす』 www.hanmoto.com/bd/isbn/978404

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 22:47:34

7月25日

@izumisyoin

和泉書院@izumisyoin

【7月中旬刊行予定】
福島和夫・上野学園大学日本音楽史研究所〔編〕
『歴史学としての日本音楽史研究』
定価16,500円(10%税込)
A5上製函入・866頁

日本音楽史を歴史学分野に位置づけた新研究。唐代音楽から明治維新までを網羅。12名の論考と福島和夫論文・翻刻18編他を収録。

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 17:17:20

2022年07月23日(土)3 tweetssource

7月23日

@BungakuReport

文学通信@BungakuReport

群馬県立女子大学・文学部国文学科「上代文学」の教員を公募【常勤(任期なし) 講師として採用された場合は任期制が適用されます(5年任期、再任可)。また、任期中に准教授に昇任した場合は、任期制は適用されなくなります。】(2022年07月21日 ~ 2022年09月13日 必着) jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDe

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 16:54:48

7月23日

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「本書は、最古の歴史書『日本書紀』の成立過程と、そこに書かれたさまざまな出来事の史料的価値について研究したものである。本書を繙けば、『日本書紀』の研究がどこまで進んでいるかを知ることができる。」
⇒荊木美行
『日本書紀の成立と史料性』
燃焼社 honto.jp/netstore/pd-bo

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 16:24:31

2022年03月30日(水)1 tweetsource

3月30日

@ikenushi

いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室@ikenushi

『高岡市万葉歴史館紀要』第32号

○新谷秀夫「「香島嶺の机の島」小考ーー附・「長浜の浦」の比定をめぐってーー」
○鈴木崇大「敏馬浦作歌考」
○田中夏陽子「少女漫画と万葉集(ニ)〜戦後の万葉ブームの享受・受容のなかで〜」
○関隆司「【展示余滴】越中万葉の臨地研究をよみなおす」
○彙報 pic.twitter.com/WRzp0cWr83

posted at 17:09:49

2022年03月28日(月)2 tweetssource

3月28日

@ikenushi

いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室@ikenushi

・廣山堯道他『日本古代の塩』雄山閣 2003
・小川直之他編『伝承文学を学ぶ』清文堂出版 2021
・岡野弘彦『伊勢の国魂を求めて旅した人々』人間社 2022
・岡野弘彦『折口信夫伝』筑摩書房 2020
・子安宣邦『〈古事記〉講義』作品社 2022

posted at 11:39:32

2022年02月24日(木)9 tweetssource

2月24日

@ikenushi

いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室@ikenushi

・高見沢茂富『万葉植物秘話』(ほおずき書籍 2019)
・宋晗『平安朝文人論』(東京大学出版会 2021)
・辰巳正明『懐風藻全注釈 新訂増補版』(花鳥社 2021)
・安藤信廣『中国文学の歴史』(東方書店 2021)
・林田愼之助『陶淵明全詩文集』(筑摩書房 2022)

posted at 10:24:59

2月24日

@ikenushi

いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室@ikenushi

・高見沢茂富『万葉植物秘話』(ほおずき書籍 2019)
・宋晗『平安朝文人論』(東京大学出版会 2021)
・辰巳正明『懐風藻全注釈 新訂増補版』(花鳥社 2021)
・安藤信廣『中国文学の歴史』(東方書店 2021)
・林田愼之助訳注『陶淵明全詩文集』(筑摩書房 2022)

posted at 10:18:53

2月24日

@ikenushi

いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室@ikenushi

・村瀬憲夫『大伴家持論』(塙書房 2021)
・小松靖彦『戦争下の文学者たち』(花鳥社 2021)
・間宮厚司『万葉異説 増補版』(森話社 2021)
・鴻巣盛廣(鴻巣隼雄補輯)『萬葉集全釋 第五冊』全3冊(廣文堂 1957〜1958)
・木田隆夫『猪名川万葉植物園だより』(三帆社 2019)

posted at 10:11:17

2月24日

@ikenushi

いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室@ikenushi

・佐々木孝浩『芳賀矢一』(岩波書店 2021)
・『稲賀敬二コレクション』全6巻(笠間書院 2007〜2008)
・石田千尋『富士山と文学』(新典社 2021)
・三浦佑之『増補 日本古代文学入門』(KADOKAWA 2021)
・東茂美『古代万葉の歳時記』(海鳥社 2021)

posted at 09:57:58

2月24日

@ikenushi

いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室@ikenushi

・五来重『鬼むかし』(KADOKAWA 2021)
・坂口謹一郎『日本の酒』(岩波書店 2007)
・池上禎造『漢語研究の構想』(岩波書店 1984)
・野田尚史他編『日本語の歴史的対照文法』(和泉書院 2021)
・ジュリー・ブロック編『受容と創造における通態的連鎖』(新典社 2021)

posted at 09:50:14

2月24日

@ikenushi

いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室@ikenushi

・柿沼陽平『古代中国の24時間』(中央公論新社 2021)
・川原秀城編『漢学とは何か』(勉誠出版 2020)
・蒋義喬編『六朝文化と日本』(勉誠出版 2019)
・滝川幸司他編『文化装置としての日本漢文学』(勉誠出版 2019)
・山田直巳編『歌・呪術・儀礼の東アジア』(新典社 2021)

posted at 09:39:22

2月24日

@ikenushi

いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室@ikenushi

・吉川真司『律令体制史研究』(岩波書店 2022)
・兵庫県立歴史博物館ひょうご歴史研究室編『『播磨国風土記』の古代史』(神戸新聞総合出版センター 2021)
・井上直樹『高句麗の史的展開過程と東アジア』(塙書房 2021)
・会田大輔『南北朝時代』(中央公論新社 2021)

posted at 09:29:37

2月24日

@ikenushi

いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室@ikenushi

・奈良県立万葉文化館編『大和の古代文化』(新典社 2021)
・浜田久美子『日本古代の外交と礼制』(吉川弘文館 2022)
・三浦佑之『「海の民」の日本神話』(新潮社 2021)
・吉村武彦『日本古代の政事と社会』(塙書房 2021)
・松本政春『律令国家軍制の構想と展開』(塙書房 2021)

posted at 09:23:25

2021年12月24日(金)2 tweetssource

12月24日

@ikenushi

いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室@ikenushi

○関隆司「調べる楽しさ――研究の外側から――」
○田中夏陽子「少女漫画と万葉集――享受史・受容史のなかで――」
○新谷秀夫「マンヨウノウタ〜海を渡った『萬葉集』〜――クラシック音楽と『萬葉集』・素描――」
○編集後記
○執筆者紹介

posted at 16:44:07

12月24日

@ikenushi

いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室@ikenushi

高岡市万葉歴史館編『万葉を楽しむ: 高岡市万葉歴史館論集20』(笠間書院)

【目次】

○坂本信幸「万葉を楽しむ」
○影山尚之「万葉集は怖くない――狭野弟上娘子のことば択び――」
○松村正直「高安国世と万葉集」
○鈴木崇大「山部赤人「富士山歌」の伝来と受容」


www.hanmoto.com/bd/isbn/978430 pic.twitter.com/zVg3pyAZRw

posted at 16:44:06

2021年11月18日(木)1 tweetsource

2021年11月17日(水)1 tweetsource

2021年10月16日(土)1 tweetsource

10月16日

@kachosha

花鳥社@kachosha

【花鳥社新刊】『戦争下の文学者たち 『萬葉集』と生きた歌人・詩人・小説家』(小松靖彦著、3,520円)11月上旬予定。与謝野晶子、齋藤瀏、半田良平、今井邦子、北園克衛、高木卓…6人の軌跡を通じて、戦争の圧倒的な圧力と、その中での〈文学〉の可能性と不可能性を見つめるkachosha.com/books/97849098

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 12:07:59

2021年10月10日(日)1 tweetsource

2021年10月07日(木)2 tweetssource

10月7日

@yu__li

まつしたゆうり 共著『よみたい万葉集』第5刷(絵本作家・イラ@yu__li

\NEW🌟便箋 発売/

「奈良時代の人が使っていそうな柄の
 便箋でお手紙を書きたい💕」
と、万葉気分たっぷりの
新柄便箋を作りました!🦌

#正倉院宝物 の柄をオマージュした
時代情緒あふれる文様*
「今の印刷技術があったら、
 こんな柄で作っていたかしら?」

と、使うたびに気分は平城宮✨笑 pic.twitter.com/xBn6mb3SCo

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 22:03:35

10月7日

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「中国・朝鮮半島との交流の歴史について最新の研究成果をまとめた「読む事典」
古代日本と中国・朝鮮半島との絶え間ない交流の歴史。…」
⇒鈴木靖民監修/高久健二・田中史生・浜田久美子編
『古代日本対外交流史事典』
八木書店 catalogue.books-yagi.co.jp/books/view/2246

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 07:09:05

2021年10月06日(水)1 tweetsource

2021年10月05日(火)4 tweetssource

10月5日

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「動乱のつづいた東アジアの情勢のなかで、倭国には各地に王が割拠し、それぞれ独自の外交をおこなっていた。5世紀は、「ヤマト」と「カワチ」に政治拠点と墳墓を構えた倭の五王の時代である。…」
⇒坂靖
『倭国の古代学』
新泉社 www.hanmoto.com/bd/isbn/978478

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 22:55:29

2021年10月03日(日)1 tweetsource

2021年10月02日(土)4 tweetssource

10月2日

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「海彼の文学と、歌謡を経て万葉集に結実した数々の歌と、二方向からの重さをしっかりと受けとめて成り、後の日本文学に深く浸透した古今和歌集。…」
⇒久保田淳,高野晴代,鈴木宏子,高木和子,高橋由記
『和歌文学大系5 古今和歌集』
明治書院 www.meijishoin.co.jp/book/b592915.h

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 23:27:28

10月2日

@yumawata33

渡辺祐真 / スケザネ @ 『物語のカギ』(笠間書院) 7/@yumawata33

【動画公開しました】
すごいシリーズが始まります!
万葉集動画でもおなじみの東京大学教授の鉄野昌弘先生、更にフェリス女学院大学教授の谷知子先生をお招きして、百人一首の連続講義(全8回予定)をしていただきます!
第一回の今回は「百人一首の基礎」の解説です!
必見!
youtu.be/26XKDhoEOjk pic.twitter.com/tDVpxmX3Sl

Retweeted by いけぬし君@高岡市万葉歴史館図書閲覧室

retweeted at 22:40:36

このページの先頭へ