情報更新

last update 08/06 11:59

ツイート検索

 

@imamura_kansen
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

Stats Twitter歴
3,376日(2011/05/12より)
ツイート数
12,531(3.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年08月05日(水)5 tweetssource

8月5日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

ヨード系のうがい薬は、妊婦や甲状腺疾患の方は使用を避けなければなりません。また、過剰な使用もすすめられません。PCR等の検査前に使うと、検出感度が低下する可能性があることにも注意が必要です。

posted at 07:03:36

8月5日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

研究であるならば、その結果には慎重な判断が必要。倫理審査を受けた研究ならば、正式な論文として考察も含めて投稿、しっかりとした査読を受けて始めて、医学的にも認められることになります。

posted at 07:02:41

8月5日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

うがいによる口腔内ウイルス減少の可能性。症例数も少なく、治療効果や重症化予防は示していない。水だけのうがいでも減るかも、など慎重な判断が必要→『うがい薬でコロナ重症化抑制?』
ow.ly/Fbnt50AQQC0

posted at 07:02:06

8月5日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

新型ブニヤウイルス...現時点の情報では、「SFTS」のことらしい。SFTS(重症熱性血小板減少症候群)は、すでに日本でも発生しているマダニが媒介するウイルス感染症です→『中国で「新型ブニヤウイルス」7人死亡…60人が感染』
ow.ly/TpO950AQPnc

posted at 06:32:35

2020年08月03日(月)3 tweetssource

8月3日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

日本では、すでに多くの人がマスクを着けています。欧米諸国においては、マスクを着用させることも、かなり難しい課題となっています→『国民のマスク着用はまだ過少、感染拡大の阻止望めず 米大学分析』
ow.ly/XmWV50AOFhJ

posted at 06:24:17

8月3日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

重症例の数だけでなく、多くの陽性者が連日続いて発生する、ということも現場を圧迫していく要因となります。ホテルなどを療養施設として利用する時には、運用やスタッフなど多くの準備も必要→『コロナ軽症者に自宅療養要請へ 沖縄県、医療体制ひっ迫で』
ow.ly/vbpk50AOFeH

posted at 06:21:19

8月3日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

陽性率をみるときには、分母と分子の両者がもっている特徴を知ることが必要です。PCR検査陽性率の解釈におけるポイントがまとめられている記事です→『新型コロナのPCR検査陽性率 数値をどう解釈すべきか』
ow.ly/biOp50AOF1X

posted at 06:11:18

2020年08月02日(日)2 tweetssource

8月2日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

闘うべき相手はウイルスであり、決して人ではありません。人が人を責めているような状況では、この難局を乗り越えていくことはできないのです→『岩手初感染者に中傷 知事「厳格に対処する」』
ow.ly/WKAh50AOicA

posted at 06:43:35

2020年07月31日(金)2 tweetssource

7月31日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

インタビュー形式で、ホストの方と新型コロナについてのお話をしました。この感染症の特徴を知って、各職場の特徴に合わせた対策を考えていくことが大切です→『【インタビュー版】新型コロナウイルス感染症とは』
ow.ly/T8d750AMRcZ

posted at 07:31:35

2020年07月28日(火)3 tweetssource

7月28日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

与論島でのクラスター発生。島で唯一の総合院内で院内感染が起これば、それだけで通常の医療が逼迫する。医療基盤が弱く、高齢者の多い地域は、日本各地に存在するという事実を忘れてはいけない。新型コロナは、クラスター連鎖によって、地域単位で医療を逼迫させる可能性があるのです。

posted at 06:38:03

7月28日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

手足口病は、咽頭結膜熱(プール熱)やヘルパンギーナとともに、夏に流行する子どもの夏かぜの一つとして有名です。新型コロナ予防は、こんな流行感染症にも大きな効果をもたらしています→『手足口病患者 昨年の100分の1 』ow.ly/rmp450AJAfP

posted at 06:29:40

7月28日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

人口5000人の与論島における新型コロナのクラスター発生。院内での感染が起これば、通常の医療にも影響がでてしまいます。医療基盤が弱く、高齢者の多い地域は日本各地にあることを忘れてはいけません→『離島で“クラスター”36人感染』ow.ly/BJeF50AJA16

posted at 06:24:54

2020年07月26日(日)1 tweetsource

7月26日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

各地で感染者数が増加する中、全国キャンペーンを開始。人が移動すればウイルスも移動する。改めてリスクの高い行為や場所を知り、予防策を再確認することが大切→『夏休み、旅行や帰省はどうする? 専門家「どこにいても、リスクがある行為は決まっている」』 ow.ly/4POp30r0HSw

posted at 09:51:23

2020年07月22日(水)3 tweetssource

7月22日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

各業種でつくられたガイドラインも、まだ試行レベルであり、その効果を証明されてはいません。新たな発生を分析しながら、時には修正も必要となります。日常的な、個人レベルの予防策は変わりません。みんなの努力で、より良い未来をつくっていきましょう。

posted at 06:56:53

7月22日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

大胆に、時には慎重に。前のめりになり過ぎないように注意しながら、状況によっては立ち止まることも必要。このバランスは、国や地域によっても異なり、まだ誰も正解を知りません。今は、その正解を必死に探しているフェーズであることを忘れてはいけません。

posted at 06:56:37

7月22日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

新型コロナの報告数が全国各地で増加。ウイルスは移動することができず、「ヒト」が移動して運ぶのです。経済の再開を決断した時点で、感染の拡大は前提。人類の叡智によって、いかに乗り越えるかを試されています。

posted at 06:55:38

2020年07月21日(火)2 tweetssource

7月21日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

日本で提唱されてきた「3つの密」という概念。感染拡大のリスクが高まる条件として、啓発への有効性が認められ、「3つのC」と英訳されました→『WHOが「3密」=「3C」回避を呼びかけ 新型コロナ』
ow.ly/yXpO50ADrf7

posted at 06:23:41

7月21日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

東京都の接待を伴う飲食店での集団感染。利用者の調査に限界があり、足立区は感染拡大を防ぐため情報を公表しました→『【第14報】区内の接待を伴う飲食店(いわゆる「フィリピンパブ」)における新型コロナウイルス感染症による集団感染の発生について』
ow.ly/dHtf50ADqX6

posted at 06:18:13

2020年07月20日(月)3 tweetssource

7月20日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

新型コロナの重症化は、少し遅れて表在化してきます。今の重症者数で判断するのが、なぜ危険なのか?その理由を、わかりやすく説明している記事です→『新型コロナ 重症者数は鋭敏な指標ではない理由』ow.ly/EzdU50ACndY

posted at 06:54:08

7月20日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

東京では20~30歳代が中心に増加。しかし、徐々に高い年齢層にも広がってきています。年齢が高くなるほど、重症化率が高くなる。重症者の増加は、少し遅れて表在化してくるのです→『「重症者が12人と2桁に よくない傾向」小池都知事』ow.ly/LGlv50ACncC

posted at 06:52:10

7月20日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

これまで唾液の検査は「発症9日以内」でしたが、「無症状」でも可能となります。(抗原の簡易キットは不可) 鼻咽頭検査と異なり本人が採取。医療者が感染防御する負担を軽減できるのが利点です→『無症状者の唾液PCR検査・抗原定量検査が可能に』ow.ly/WJw650ACn78

posted at 06:46:18

2020年07月19日(日)1 tweetsource

7月19日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

新型コロナでは、急性期の症状が軽快してからも、長く慢性症状に悩まされる人もいることが問題となってきています。その症状や頻度について、現時点での情報をまとめた記事→『新型コロナの後遺症 症状と頻度は?』 ow.ly/ULIK30qZgiW

posted at 06:39:46

2020年07月16日(木)2 tweetssource

7月16日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

このモニタリング分析には、自分も含めた専門家メンバーが、何時間もかけて議論を積み重ねて評価をしています。その各モニタリング項目ごとの分析ポイントは、「専門家によるモニタリングコメント・意見」の表をごらんください。

posted at 12:48:49

7月16日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

東京都の専門家によるモニタリング分析の結果、感染状況の総括判定は4段階のうち、最も高いレベルの「レッド」となりました。以下のページには、分析の詳細情報がまとめられています→『7月13日時点のモニタリング項目の分析・総括コメントについて』 ow.ly/ACvK30qYIhi

posted at 12:48:14

2020年07月15日(水)2 tweetssource

7月15日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

抗体検査(IgG)でわかるのは過去の感染であり、仮に陽性になっても、通常は人に感染させない状況となっています。PCR検査でわかるのは今日の感染であり、明日の感染を否定することはできません。どちらも、感染していないのに陽性となったり、感染しているのに陰性となることもあります。

posted at 07:30:01

2020年07月13日(月)4 tweetssource

7月13日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

指数関数的に増加していく感染症は、これまでの人類の歴史の中でも、我々の想像を遥かに超えた現実を突きつけてきたことも、決して忘れてはいけません。この未曾有の感染症を乗り越えていくためには、進む勇気とともに、時には立ち止まって見直す勇気も必要となるのです。

posted at 06:54:11

7月13日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

感染症は必ずしも我々の希望したとおりにはなってくれず、ときには大きく裏切られることもあります。そのため、特に短期的な予想を超えた時には、より慎重に対応することが求められます。

posted at 06:53:39

7月13日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

経済をたてなおしながら、感染対策も行なっていく・・・今は、人類の歴史で経験したことのないフェーズを迎えています。今、行っている方法が正解なのか、それを各方面で実行しながら、同時に評価しているところだということを忘れないように。

posted at 06:53:27

7月13日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

新型コロナには、いろいろな治療薬が試されています。現時点での評価を、忽那先生がまとめてくれました。アビガン(ファビピラビル)も、今は厳しい評価となっています→『新型コロナの治療薬 デキサメサゾン、レムデシビルなど 現時点でのエビデンス』 ow.ly/4VCQ30qXVx5

posted at 06:36:56

2020年07月10日(金)1 tweetsource

7月10日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

昨日(7/9)、東京都で開催されたモニタリング会議の資料が公開されています。自分も含めて各方面の専門家が、感染状況と医療体制を詳細に検討した結果です。ポイントは「専門家によるモニタリングコメント・意見」をぜひお読みください→ ow.ly/HDdP30qXopT

posted at 06:56:34

2020年07月09日(木)1 tweetsource

7月9日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

大曲先生のインタビュー記事。最前線の現場で感じはじめている危機感、緊急事態宣言に頼らずに乗り越える対策の必要性...自分も同じように考えています→『緊急事態宣言に頼れば失敗する。「全然楽観視していません」新型コロナ治療、最前線のトップが抱く危機感』 ow.ly/i2eJ30qX7u2

posted at 06:34:05

2020年07月06日(月)3 tweetssource

7月6日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

若い世代の流行による、見えない感染の広がり。そこから高齢者の集団へと広がった時点で、重症例の増加という形によって感染拡大が顕在化していく。今の状況は、これまで以上に厳しい段階への序章かもしれないのです。

posted at 06:32:58

7月6日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

今回の都内流行は、20~30代の若い世代が中心。若い人では軽症や無症候が多いため、診療現場への圧迫は小さくなる。しかし、それは流行が拡大しやすいということも意味している。また、若くても重症化する例はあることも忘れてはいけません。

posted at 06:32:45

7月6日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

東京都では4日連続で100人以上の報告が続いています。都内の病院での現場はどうなっているのか。診療の前線にいる忽那先生が、3月から4月にかけての急増時と比較しています→『新型コロナ感染者増で新宿区など都内の医療機関はどうなっているのか』 ow.ly/TGXI30qWoZ9

posted at 06:18:18

2020年07月05日(日)1 tweetsource

7月5日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

食中毒の季節だということも忘れずに!埼玉県の小中学校で約3500人の集団食中毒。給食が原因と考えられ、患者からは病原性大腸菌が検出されています→『集団食中毒 約3500人が... 原因は給食 15の小中学校で』 ow.ly/3whj30qWfSw

posted at 08:06:44

2020年07月03日(金)2 tweetssource

7月3日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

自分も、アドバイザーとして参加していますが、詳細な分析を行って評価をした結果は、忖度することなく報告しています。今後も、その立ち位置をくずさないこと。これは、国の専門家会議に参加していた時にも、常に考えていたことです。

posted at 07:29:34

7月3日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

昨日の東京都における新規発生者数は107人。そのデータを分析した専門家が伝えたかった情報を、正しく理解して報告してポイントをまとめてくれている記事です→『新規感染者100人超でも新たな要請はなし。 東京の感染状況について専門家が会見で強調したこと』 ow.ly/bMfz30qVKD7

posted at 07:23:19

2020年07月01日(水)1 tweetsource

7月1日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

新型コロナ感染の対策を行いながら、経済や生活をもどしていくことの難しさを実感する日々。6月19日の全面解除の影響が、目にみえるようになるのもこれからです。持続可能な予防は、しっかりと続けてください。日々の積み重ねが、近い将来を決めていきます。

posted at 06:19:51

2020年06月27日(土)3 tweetssource

6月27日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

ウイルスは、人の移動によって、人から人へと広がります。全国で、本格的な移動が開始したのは6月19日から。まだ1週間しか経過していないことを忘れてはいけません。今、目の前でみているのは、それ以前に生活をもどしはじめていた状況の反映なのです。

posted at 07:42:15

6月27日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

自分は、構成員としてではなく、最前線の医療に関わる立場で、この会議に参加してきました。専門家が共有していたのは、どんな苦労があっても多くの人を救いたい、という善意であったことは間違いありません...『次なる波に備えた専門家助言組織のあり方について』 ow.ly/98wL30qTOS8

posted at 07:34:09

6月27日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

経済活動の再開後に、かなり苦労している国も多い。日本は、なんとか上手に乗り越えていってもらいたい・・・そう心から願っています,,,『米 西部、南部で感染者急増 経済活動再開中止も』 ow.ly/U8kr30qTOKo

posted at 07:23:13

2020年06月24日(水)3 tweetssource

6月24日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

「職場を守る」ではなく、「職場で働く人を守る」という考え方が大切。対象が人であることを再確認することによって、より具体的な対策がつくられます。<神は細部に宿る>...丁寧につくりあげた予防対策は、きっと現場で実を結ぶはず。

posted at 07:05:57

6月24日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

大規模クラスターの発生を防ぐことは、今後の日本においても重要な課題となります。経済を立て直しながらも、日常的な注意は怠らない。継続可能な予防策を、地道に続けることも大切です。

posted at 06:56:37

6月24日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

ドイツの食肉処理場で、1500人規模の新型コロナによる集団感染が発生しています。大規模クラスターの発生を防ぐことは、今後の日本においても重要な課題となります→『ドイツ西部の一部地域が再びロックダウン 食肉工場で新型コロナ集団感染』 ow.ly/8gRZ30qSNTD

posted at 06:37:40

2020年06月22日(月)3 tweetssource

6月22日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

米国における新型コロナの流行は、ニューヨークではピークを越えた一方で、現在は南・西部の州に拡大しはじめています。人が移動すれば、常に新たな流行の火種を生じる可能性はあるのです→『米、新規感染者3万人超を確認 南・西部の州で拡大続く』 ow.ly/KhDg30qS9kC

posted at 06:21:17

6月22日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

人類は今、未知の感染症と闘っている。そのことを決して忘れてはいけません。未知のウイルスとはいえ、多くのこともわかってきた。現在は、それらの情報をもとに、まだ闘い続けている途中です。だからこそ、気をゆるめすぎずに、慎重に乗り越えていく必要があるのです。

posted at 06:12:20

6月22日

@imamura_kansen

今村顕史@imamura_kansen

強い都市封鎖を行わずに、集団免疫を目指したスウェーデンの現状。しかし、第2波の状況によっては、その評価も変わる可能性があります。我々は未知の感染症と闘っているのです→『集団免疫目指したはずが命の選別に…死亡率突出のスウェーデン』 ow.ly/NG1k30qS9dc

posted at 06:06:35

このページの先頭へ