情報更新

last update 09/21 03:01

ツイート検索

 

@inflorescencia
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@inflorescencia

Fumi@inflorescencia

Stats Twitter歴
4,546日(2007/04/12より)
ツイート数
19,133(4.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年07月17日(水)5 tweetssource

7月17日

@inflorescencia

Fumi@inflorescencia

関西大学の水谷瑛嗣郎先生のコメントと同時掲載。『AIと憲法』コンビです。
同書では、水谷先生が「第6章 AIと民主主義」、私が「第7章 AIと選挙制度」を担当。当初、トピック被るんじゃないかと懸念してましたが、全然別の切り口になったのが面白かったです。

www.nikkeibook.com/item-detail/13 pic.twitter.com/Yp5kUtNlul

posted at 07:25:57

7月17日

@inflorescencia

Fumi@inflorescencia

吉田徹編『民意のはかり方』法律文化社(2018)第2章の西田亮介「ソーシャルメディア時代の民意とその困難」にて、拙稿を引用いただいておりました。
前掲書は、民主主義に係る政治理論と世論調査に関する計量社会学をつなげる取組みがされており、大変勉強になります。
www.hou-bun.com/cgi-bin/search pic.twitter.com/t52tOSqwlN

posted at 07:05:58

2019年07月16日(火)3 tweetssource

2019年07月15日(月)16 tweetssource

7月15日

@ceptree

ceptree@沼 (」・ω・)」カモーン@ceptree

物理学徒「ここがこうなってああなって」
数学徒「まって論理飛んでね?」
物理学徒「いや、ここは議論したいとこじゃなくて」
数学徒「いや、ここ飛ばすとその後の議論すべて意味ないやろ」
物理学徒「いや、大事なのは物理をどう捉えるかであって」
工学徒「動きました」

Retweeted by Fumi

retweeted at 20:36:51

7月15日

@inflorescencia

Fumi@inflorescencia

「法学からみると哲学の概念工学は児戯に等しいということですか」「哲学の法学に対する『遅れ』があるということか」とのコメントをいただきましたが、そこまで言ってはいません。ただ、無自覚な法学帝国主義が露見している可能性はあります。

posted at 20:35:42

7月15日

@inflorescencia

Fumi@inflorescencia

「もともと法などに関心がない人や他人とのやりとりが煩わしいと思う人たちが哲学科に進みがち、という事情も斟酌してあげていただきたい」とのご助言も観測しました。関心の対象はともかく、他人とのやりとりが煩わしいと思ってるのは私も同じですよ!隠遁したい!!

posted at 20:32:50

7月15日

@inflorescencia

Fumi@inflorescencia

@DichDuri あー、そうでしたか。そうすると、なぜ「分析手法によっては(法の)対象化は可能」であることから、「概念工学の参照先として(法学は)適していない」が導けるかがわからないので、口頭で教えてください。

posted at 09:09:44

7月15日

@inflorescencia

Fumi@inflorescencia

@DichDuri あれ?おっしゃっている「a」って「(a)概念工学の参照先として適していないのではないかという意見」のことですか??だとすると読み違えていました

posted at 08:57:31

7月15日

@inflorescencia

Fumi@inflorescencia

@DichDuri 回答ありがとうございます。後段は同意で、ある種の優れた判例評釈や逐条解説は、一見「アート」としか思えないような対象をきれいに分析し体系のなかに位置付けてくれたりするので、「学」と呼びうると思います。それがscienceに含まれるかは、また別の問題ですが。

posted at 08:29:31

7月15日

@inflorescencia

Fumi@inflorescencia

法学に「密教」的側面があるなら、(a)概念工学の参照先として適していないのではないかという意見と、(b)外部から読み取りにくいとすればそれは学と呼べる営みなのかという指摘を観測しました。

posted at 07:57:31

7月15日

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

「密教」の有無論に興味はないが、実務で「たぶんこうだ」と考えられている内容が「なぜそう考えられているのか」を拙いなりに言語化し、一定程度理屈を立て、専門家の皆様の議論に供するのは割と好き。最近だと「判例データベース収録裁判例数徹底比較」( ronnor.hatenablog.com/entry/2019/05/ )とか。 #エアリプ

Retweeted by Fumi

retweeted at 07:57:01

7月15日

@satoshinr

Satoshi Narihara@satoshinr

最近のI谷先生らの研究は、従来の法律学において密教的な位置に置かれていた政策的・政治的思考を顕教化する試みとしても理解できるのかもしれない。

Retweeted by Fumi

retweeted at 07:53:39

7月15日

@satoshinr

Satoshi Narihara@satoshinr

昨日の当地の研究会での行政法の先生のご報告も、法律学における顕教と密教の違いについて改めて考えさせられる内容で、とても面白く、勉強になりましたね。

Retweeted by Fumi

retweeted at 07:53:36

7月15日

@satoshinr

Satoshi Narihara@satoshinr

そこでも、法学・法実務がフェミニズムや精神医学など関連するさまざまな分野の概念・言説を参照し、取り込んできたことを例にあげていたかと。

Retweeted by Fumi

retweeted at 07:53:29

7月15日

@satoshinr

Satoshi Narihara@satoshinr

法学・法実務における新たな概念の提起や言説の変容による表象手段の改良については、拙著『表現の自由とアーキテクチャ』(勁草書房)44頁以下と拙稿「アーキテクチャの設計と自由の再構築」松尾陽編『アーキテクチャと法』(弘文堂)48頁以下で少々論じたことがありますね。

Retweeted by Fumi

retweeted at 07:53:25

7月15日

@contractio

縮限@contractio

ここには、
・他人が取り組んでいる課題に含まれている哲学的問題を掘り起こし、哲学者がそれに協力して取り組む
という可能性が示唆されているが、
・哲学者は哲学者が自分で立てた問いにしか取り組まない
という基本的な性向を持つので、社会的なミスマッチが恒常的に生じているように思う。

Retweeted by Fumi

retweeted at 07:48:01

2019年07月14日(日)17 tweetssource

7月14日

@contractio

縮限@contractio

そして驚くべきことに──私が誤解しているのでなければ──、この点にも同意を得たのであった。

Retweeted by Fumi

retweeted at 21:56:08

7月14日

@contractio

縮限@contractio

これに同意されてしまうと、
・「概念工学」、看板に偽りあり
を帰結するように思われる。

Retweeted by Fumi

retweeted at 21:56:06

7月14日

@contractio

縮限@contractio

発表者に対し、
・概念工学は表象手段の改良である
というテーゼはおかしくて、
・概念工学は、表象手段の改良のうち、部分課題を担う
と述べるべきではないのか、と質問したところ、驚くべきことに同意を得た。

Retweeted by Fumi

retweeted at 21:56:05

7月14日

@inflorescencia

Fumi@inflorescencia

「評価」「改良」にあたっては、法学内の知見やアプローチのみでは必ずしも十分でないとの課題意識のもと、科学技術や人文科学など他分野の知見も(さまざまな誤解・曲解を含みつつ)吸収しようとし、そのなかには哲学の知見も含まれている。

posted at 21:54:59

7月14日

@inflorescencia

Fumi@inflorescencia

「我々の表象手段を評価し、改良する試み」はまさに法(学)において実践されてきたことだ。それは、制定法などの立法過程や司法過程の判決のみならず、法解釈によっても試みられてきた。
そして「評価」「改良」することの功罪や陥穽に関しても、法学は様々な知見と対応を蓄積してきた。

posted at 21:47:57

7月14日

@inflorescencia

Fumi@inflorescencia

報告によると、概念工学は「我々の表象手段を評価し、改良する試み」であり、「プラモデルのバージョンアップ、絵画表現方法の改良、科学的モデルの改良まで概念工学に含まれ」、また「言語という表象手段の評価・改良も、哲学以外でも行われることがある」という。
wakate-forum.org/data/2019/them

posted at 21:41:14

7月14日

@inflorescencia

Fumi@inflorescencia

若手フォーラムのテーマレクチャー後に、「概念工学の具体例としてなぜ法解釈学なり立法学なりが挙がってないのか」「概念工学をやりたいなら、良くも悪くも法学に参照すべき点は多いのではないか」「哲学側が法学側への関心が薄いのはなぜか」と縮限さんに30分ほど愚痴ってしまったことを反省している

posted at 21:39:37

7月14日

@ryoueharaS2

植原亮のシステム2@ryoueharaS2

どうかな?井頭さんの『多元論的主義の可能性』の終盤の方を見ると、法に関する概念工学的考察が行われている感じなので、当該書を読んでればわりと法のことは想起しやすいと思うけど。

Retweeted by Fumi

retweeted at 21:29:00

7月14日

@FUMIAKI2

FUMIAKI@FUMIAKI2

司法試験に落ち続けた人が悪の力を手に入れて正義のために私刑をしているのを打ち倒す仮面ライダーを観ている

Retweeted by Fumi

retweeted at 21:25:47

7月14日

@ikegai

生貝直人 / Naoto Ikegai@ikegai

EU理事会7月からのフィンランド議長国開催、データ関連政策の方向性。データへのアクセスやインターオペラビリティ向上、MyDataモデルの推進、非個人データ自由流通規則やGDPRは良い基盤を提供しているがデータ活用を進めるには更なる施策が必要であるなど。/Data economy eu2019.fi/en/backgrouder

Retweeted by Fumi

retweeted at 16:27:33

7月14日

@hee_verm

heechulju@hee_verm

朝から同じ部屋にいたので、日本のセラーズ研究はたいへんな活況を呈していると感じられていたのですが、有識者によれば「この部屋に何かあったら日本のセラーズ研究は壊滅する」レベルの集結度だったそうです。さいわい何事もなくみな野に放たれましたので、今後のセラーズ研究の進展がたのしみです。

Retweeted by Fumi

retweeted at 16:26:27

2019年07月13日(土)34 tweetssource

7月13日

@contractio

縮限@contractio

この問いは、例えば「幾何学の形式で語る」ことには何の意味があったのか、と同程度の意義しかない部分もあるだろうけど、おそらくそれでは済まないだろう──その意味で法学は哲学にとって特別なものだろう──という気はする。

特に根拠はない。

Retweeted by Fumi

retweeted at 21:24:23

7月13日

@contractio

縮限@contractio

法学のメタファーを借りるとき、それは例えば 学説を借りるのとは異なることをやっているはず、──とかね。

Retweeted by Fumi

retweeted at 21:24:20

7月13日

@contractio

縮限@contractio

たとえばカントのように法学メタファーを借りて哲学の仕事をするというのは、あれはいったい何をしていることになるのか──とか考え始めるとたいへんなことになりそう。

Retweeted by Fumi

retweeted at 21:24:15

7月13日

@contractio

縮限@contractio

ところで「概念工学」と言われて私が(そしておそらくは少なからぬ人が)想起するのは法(学)のことだろうが、法学と哲学の微妙な関係というのは すごくまっとうかつ重大な哲学史的・思想史的課題ではあるね。

Retweeted by Fumi

retweeted at 21:24:12

7月13日

@hee_verm

heechulju@hee_verm

いちおう主催はビジネス側ですが、「データ・ポータビリティ権」の本義からしても、あくまで市民が自分たちの「権利」として構想するもので、日本の現状(「情報銀行」など産官主導で進む構造)が変でもあるので、ぜひビジネス実務家のみならず、広く「市民」や「研究者」としてお越しいただければ。

Retweeted by Fumi

retweeted at 19:46:37

7月13日

@hee_verm

heechulju@hee_verm

【告知】「GAFAから個人にデータを取り戻す」と謳われるGDPRの肝のひとつ「データ・ポータビリティ権」ですが、じっさい何するかというといまひとつわからない現状です。なので、体験するイベントを企画しました。|「マイデータ・マイライフ」ワークショップ【参加費無料】 mydata-mylife.peatix.com

Retweeted by Fumi

retweeted at 19:46:30

7月13日

@keisoshoboedit

勁草書房編集部@keisoshoboedit

現代プラグマティズム叢書と並行して、新パース著作集(The Essential Peirce Volume 1, 2)も進めています。原著は(いまのところ)2巻ですが、邦訳は全4巻となる見込みです。ご期待ください。(山)

Retweeted by Fumi

retweeted at 18:26:58

7月13日

@hee_verm

heechulju@hee_verm

本日も扱ったミサック本の邦訳をはじめ、続々と「現代プラグマティズム叢書」が(勁草書房さんから!)刊行されていきますので、ぜひ皆さんもこのビッグウェーブに乗っていっていただければと思います。イベントももろもろ用意していければと計画しておりますので、ぜひ引き続きウォッチください。

Retweeted by Fumi

retweeted at 18:26:50

7月13日

@hee_verm

heechulju@hee_verm

「『ニュー』vs.『ネオ』――プラグマティズム論争」発表、初日朝9時という悪条件にもかかわらず30名もの方にお越しいただき、たいへん光栄でした。どう考えても分量が多すぎたと思いますし、触れられなかった註や話題も多くありますが、プラグマティズム復興をめぐる論戦の土地勘が伝われば何よりです。

Retweeted by Fumi

retweeted at 18:26:48

7月13日

@inflorescencia

Fumi@inflorescencia

哲学若手研究者フォーラム、発表が和やかだったので油断していたが、休憩時間に廊下で知り合いの敏腕編集者が原稿債務者に圧をかける場面に遭遇してしまい、肝が冷えた。やはりここもまた地獄なのか。

posted at 12:24:11

7月13日

@psychama

Amat@psychama

メディア・リテラシーに関する指摘もまさに。もはや情報が氾濫しており、すべての情報を疑い、比較し、精査するのは難しい。それは記者などの専門家であっても苦しさがあると思う。工藤郁子のいう「ポピュリズムの精緻化」への対処はいかに。ジャーナリズムの変化は不可欠。
jsccs.jp/publishing/fil

Retweeted by Fumi

retweeted at 08:05:59

7月13日

@inflorescencia

Fumi@inflorescencia

哲学若手研究者フォーラム、事前参加登録をすっかり失念していた。しかし、おそらく脱社会的な存在にもやさしい設計になっているのではないかという謎の直観がある。

posted at 00:55:27

7月13日

@hee_verm

heechulju@hee_verm

よろしければぜひ!明日朝イチ9時からという過酷な設定ではありますが…。ミサックがリードする近年のプラグマティズム再復興について、割合わかりやすいストーリー再構成と、引いた目線で「斬られ役」のローティに対してももう少しフェアな評価というものを提示できるんではないかと思います。 twitter.com/inflorescencia

Retweeted by Fumi

retweeted at 00:51:10

このページの先頭へ