情報更新

last update 05/19 15:03

ツイート検索

 

@inuchochin
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

Stats Twitter歴
3,408日(2010/01/20より)
ツイート数
64,349(18.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年05月19日(日)32 tweetssource

19時間前

@NonbeeKeropyon

林 智裕@NonbeeKeropyon

ちなみに、引用されている画像ツイでは「7年連続」というところで原発事故後の忖度をほのめかしていますが、ハッキリ言っておきましょう。

福島は、震災前の2005年以降今まで

14年間で金賞受賞数日本一か2位しかとっていません。

震災前から14年間連続で

1位か2位のみです。 twitter.com/arthurclaris/s

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 11:04:26

21時間前

@e4MlgtK3XLu2M3L

養徳継心@e4MlgtK3XLu2M3L

民明書房
「よくわかる諺」 編著・養徳継心

「転ばぬ先の杖」

老いや危険に備えて、杖術を身につけておくと安心という有難い教え。

「豚に真珠」

鍛錬していない人間でも、アクセサリーを手に巻きつけて殴ればそれなりに痛い。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 09:02:48

21時間前

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

ツイッター初心者に伝えておきたいのは、ツイートとは「いちばん届いてほしくない人に届くもの」だということ。世界に向けて発信したつもりが自分の上司だけに届いていた、という被害報告がいくつか届いております。お気をつけください。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 08:59:26

5月19日

@baritsu

ちていのき@baritsu

武術で厄介なのは歴史的連続性がある事だよね。だから例えば大正時代に追加された解釈でもその記録・記憶が失われてると、それ以前の百年二百年と同化して「代々伝わる」とされる危険がある事。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 03:34:24

5月19日

@y8o

山本 和英@y8o

科研費総額の1%でいいので、抽選枠を作るべきだ。これは冗談ではなく、研究の多様性を確保するためには必要だと本気で思う。自然言語処理分野でもそうだが、こうでもしなければ全く斬新な研究の芽はいつまでも出てこない。科研費審査員は神ではない。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 03:27:32

5月19日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

「古流代表みたいなルール作り」を辞めて欲しい、というのは色々な流派の人が思ってるんじゃないのか。
流派によってやり方や礼法、考え方は違うし(違うから別の流派)

「剣術は剣術、流派はない」とか「剣術は所詮殺人術」みたいな考え方も考え方の一つでしかないかと思います。

posted at 02:44:22

5月19日

@cocoro_zasi

みなみ 海@cocoro_zasi

どうして何年もずっと訴え続けているのに変わらないんだろう。潜在保育士は給与を上げて労働条件が改善されたらまた働きたいと言っています。こんなシンプルな問題もない。
私たち保育士が預かっているのは命と育ちです。専門職を安く使うのはもう終わりにして下さい。国もこのことにもっと予算を。 twitter.com/tmaita77/statu

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 02:38:50

5月19日

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「結果はどうか。仮説通り、クバ王国に取り込まれた民族の末裔は、そうでない類似民族の末裔に比べルールを破る傾向が強い。」
「クバ王国民の末裔のほうが責任感といったルール順守行動に関連する価値観のしつけを重要だと答える確率が低い。」

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 02:15:31

5月19日

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…ルール順守性に及ぼす影響は王国崩壊とともに消えるが、親が子供に施すしつけの影響は世代を超えて続く可能性がある。とすれば、(祖)父母からルール順守を厳しくしつけられてこなかったクバ王国民の末裔は、そうでない人々に比べ今日においてルール順守性が低いのではないか…この仮説を検証」

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 02:15:27

5月19日

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「クバ王国は能力主義的官僚制、税制、司法制、軍事・警察制等、近代国家に近い政治制度を有していた。…政治制度が人々のルール順守行動を促進したとすれば、親がわざわざ骨を折って子供をしつける(内発的)動機は失われた可能性がある。…」

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 02:15:25

5月19日

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

よく思いついたなという視点の研究だ。
「17世紀から植民地期まで中部アフリカに存在していたクバ王国の政治制度が、王国に祖先をもつ今日の人々のルール順守性に及ぼす影響を分析」
⇒第5回 しつけは誰が?――自然実験としての王国建設とその帰結
www.ide.go.jp/Japanese/IDEsq

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 02:15:18

5月19日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@SUISITHU @p2nyiwidktRdqMM 私も江戸時代に立位で太刀を立てておく事がどの程度あったのか無かったのかわかりません。諸流派の礼法で一度太刀や木刀を立てるのは良く見かけるので、座位では珍しくないと思います。
本当の杖変わりに鞘を使う事は緊急時以外はおそらくやらないでしょうね。本当の杖の方が使いやすいですし

posted at 01:53:00

5月19日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@SUISITHU @p2nyiwidktRdqMM 横入り失礼します
オバケさん、批判されるなら批判先の天心流さんの主張を確認された方が良いですよ。杖太刀と書いていますが、杖の代わりにするのではなく、刀を抜いた際の控えの姿勢(提刀などと同じく)としています。それでも疑問があるならまず天心流さんに直接質問されたらどうですか?

posted at 01:49:19

2019年05月18日(土)16 tweetssource

5月18日

@toshi52074

The Drake@toshi52074

一番体鍛えてた時期にヤギと戦ったことあるけど、こっちは本気でやってるのに相手は遊んでもらってると勘違いして押し倒されてボコボコにされたよ

よく考えたらがらがらどんでトロール倒すくらいヤギって強いんだから、人間が敵うはずなかった

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 23:39:59

5月18日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@tohumental2017 はじめまして。現代の居合刀ではそんな傾向があるのですか?
私の書いた江戸川時代や名人の昔の居合刀は飾り気もない金属板を巻くような形式で、現代の居合道の世界中では粗末とかカッコ悪いとか言われそうです笑

posted at 15:16:16

5月18日

@hakoiribox

ノザキハコネ@hakoiribox

デスゲーム主催者「こうして追いつめられれば仲間でも裏切り殺し合う……これが人間の真の姿なのさ」
査読役「これはこの生物の生活環境からかけ離れた状態下に観察者の手で追い込んだ結果なので、参考にはなりませんねえ」

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 14:32:59

5月18日

@Akita_Archives

秋田県公文書館@Akita_Archives

明日5月18日(土)五城目神明社の祭典で山内番楽が披露されます。山内番楽はおよそ400年の歴史を持つと伝えられ、五城目町の無形民俗文化財に指定されています。当館所蔵『県政ニュースNo.133(S44.5)』(DVD-00116)には五城目町雀館公園で披露された番楽が収められています。g-aruco.net/group/group_ba pic.twitter.com/vG16GyavYW

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 07:52:10

5月18日

@ogugeo

Oguchi T/小口 高@ogugeo

植物の枝(茎)を折って樹液を出し、シャボン玉を作っている動画。ストローや石けん水を使わない自然の材料による遊び。植物は中南米原産の低木のナンヨウアブラギリで、油分が多くバイオディーゼルの原料として世界各地で栽培。日本では「シャボン玉の木」と呼ばれることも。 pic.twitter.com/QZHT6sxyMN

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 07:51:46

2019年05月17日(金)32 tweetssource

5月17日

@mon_emon

三増 紋右衛門(G.W.の御依頼お待ちしております!@mon_emon

【参加者募集!】週末の昭島道場では
🇷🇺ロシア武術システマ
🇮🇹イタリアナイフ術L.K.F.S.
🇮🇩インドネシア武術シラット
🇵🇭フィリピン武術アーニス
+フィリピン武術のナイフ術&カランビット
を学べます( ´ ▽ ` )ノ武術の稽古を通して、世界旅行気分を味わえる…かも?
🙆‍♀️全くの未経験でも大丈夫です🙆‍♂️ pic.twitter.com/qWfRW4XQ1m

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 12:51:42

5月17日

@beadriver

river@beadriver

池の水を抜いたら外来種消えた ブラックバスやブルーギル駆除 東京・井の頭公園(毎日新聞/東京都/有料記事) bit.ly/2HmrdtM |「「かいぼり」を繰り返した後、約1000匹いたブラックバスは3年以上、1万匹を超えていたブルーギルも1年以上見つかっていない」

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 12:50:45

5月17日

@gengen719

たなべげん@gengen719

@inuchochin 中村民雄も後に舞台芸術として剣舞が大成した、みたいな書き方をどこかでしてましたが、自分は日比野雷風や長宗我部林馬が新時代の武術として、もう少し言えば食っていくためにというのもありますが、そういう事情を背景に、諸々組合せ、工夫の中で生まれてきたのかと考えております。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 08:07:06

5月17日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

流派によりますけども、緩い帯で稽古する流派、長い刀で稽古する流派、はげしく飛び違いをする流派などは流派の形の上で、床にコジリが当たることが避けようが無い場合があります。なので稽古道具が長持ちするように対策していたと考えられます。

posted at 08:01:23

5月17日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

寝て起きて心も落ち着いたので昨日のツイートに追記。
昔(戦前以前)の居合刀(居合稽古用の真剣)で鯉口周りや鐺を金属板で巻いてる例や、古文書の居合刀の拵で同様の指定があるのは、居合の稽古の中でどうしても床に当たったり擦ったりするからです。
これはうまい下手に関わらず、です。

posted at 07:58:46

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

5月17日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@gengen719 とすると、撃剣興行と剣舞云々は榊原鍵吉が協力していたという点からのちに作られた創始伝説という可能性も結構ありそうですね。
まったく知らない分野なので勉強になりました。

posted at 07:37:39

5月17日

@gengen719

たなべげん@gengen719

@inuchochin しかし、だとしても榊原鍵吉という特定の人物が撃剣興行でやっていたのを真似して流行るなんてことはあるのかな?と思います。なので、榊原鍵吉がやっていた説は、あまり当てにならないなと思っている次第です。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 07:33:28

5月17日

@gengen719

たなべげん@gengen719

@inuchochin それと壮士たちがやり始めた時に、新聞に批判記事が書かれたりもするのですが、そこでも武士の文化みたいな書かれ方はなく、専ら奇異な扱いだった記憶があります。確かに、では壮士たちがなぜ漢詩と剣による舞をくっつけたのかという疑問もあり、何か元になるものがあったとも考えられるのですが。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 07:10:30

5月17日

@gengen719

たなべげん@gengen719

@inuchochin それに、榊原鍵吉以外にも興行やっているのにも関わらず、彼以外が剣舞をやっていたことが語られないことや、1880年代あたりから壮士たちがやたらと剣舞をやり始めるまでまったく登場する機会がないのも変だと思うのですよね。もし武士一般がやっていたのなら、もう少し関連する史料があってもいい。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 07:10:25

5月17日

@gengen719

たなべげん@gengen719

@inuchochin その記述、自分も見た記憶があるのですが、確か『剣舞の歴史』を書いた大野正一がそう書いていたんでしたかね?あと中村民雄も書いていましたっけ?
少なくとも自分が調べてきた新聞記事や日記の類(日記はほとんど存在しませんが)には、初期の撃剣興行でやっていた様子は見られないんですよね。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 07:10:20

5月17日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@IsaoMachii 左様でございますか。
なぜ先師の方々が居合刀をそのようにしたのか考えも回らず、ご自身の発言が非難になることも理解できていない方にこちらから言う事はございません。

posted at 02:16:31

5月17日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

RT、安土桃山や江戸初期の古い剣術伝書を読んでいると、「どこどこを切る」という表現より「切とむる(切り留める)」と表現していたり、「どこどこを打つ」ではなく、「何々切りに勝つ(何々切りで勝つ)」と書いている。
切るのが目的ではなくて、敵の攻撃を留める、勝つ事に焦点があるのでは?

posted at 01:57:39

5月17日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@IsaoMachii 本来痛みやすい場所ですから、金具を付けるのですよね。
私は師から聞いたのですが、居合の稽古で損傷する事が多いので、明治大正頃までの伯耆流の居合刀はコジリを金属板で巻いていたようですね。今はやらないみたいですけども。

posted at 01:49:29

5月17日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@mon_emon まぁ、私が試験受けたのは技術屋さんの方ですから、文系の人達に比べたらそんなに難しくないです。私が行ってた大学の研究室は結構官僚になる人がいたので、試験勉強するには非常に有利だったんですよw

posted at 01:46:28

5月17日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@gengen719 とすると、榊原鍵吉が撃剣興行で剣舞をやっていた、というのは榊原鍵吉が剣舞に関係していたことにあやかって後の人が作った話の可能性があるという事でしょうか?
この分野も非常に奥が深そうですね

posted at 01:43:43

5月17日

@jibatsukyo

自伐型林業推進協会@jibatsukyo

【国会情報】
ほとんどメディアでは取り上げられない森林に関する法律改正案が国会で着々と。それも国民の財産「国有林」を舞台に。日本農業新聞5.16の朝刊。
「考える会」が設立、自伐協の林業家らも呼びかけ人に。大規模林業により里山に被害も。来週参議院に送られ、月内に法律成立か。困りました。 pic.twitter.com/3vSH7YhhrS

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 01:03:33

このページの先頭へ