情報更新

last update 12/13 20:41

ツイート検索

 

@inuchochin
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

Stats Twitter歴
3,251日(2010/01/20より)
ツイート数
59,923(18.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年12月13日(木)5 tweetssource

8時間前

@r_kikyoya

桔梗屋@r_kikyoya

ジビエブームの背景に日本人の肉食文化の成熟があるという論点は興味深い。狩猟者の高齢化や流通ルートが未整備である問題などにも触れ、その解決を目指す一般社団法人日本能率協会の取り組みを紹介している点が、単なる狩猟・ジビエブームを紹介した記事とはひと味違うと感じた。 twitter.com/gendai_biz/sta

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 16:05:29

2018年12月12日(水)59 tweetssource

12月12日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

指導員で三段、師範で五段とか六段だから、やっぱ免許皆伝が五段くらいでよいのでは?
もう上が無い十段が免許皆伝というのは違和感ある。

posted at 23:58:17

12月12日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

もうだめだ、他のページも突っ込みどころばかりで。

箇条目録が本目録で師範代クラス、六段、中目録が八段、大目録が十段というのは一刀流(というか古武道)の感覚から言うとおかしいのでは?
昔の記録を見ると、一般的には流派の内容を全部身につけた免許皆伝で五段くらいと言われてるし。

posted at 23:56:12

12月12日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@mumeinokatana よくわかりませんけど、一刀流系や直心影流など比較的稽古人口の多い流派は明治から現代までいわゆる剣道家の人たちが伝承の中心だと思います。鞍馬流や立身流、甲源一刀流や神道無念流、二天一流もそうですね。
試合しないとか剣道と無関係というのは示現流やシントウ流、柳生新陰流とかくらいでは。

posted at 23:33:59

12月12日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

他人にこんな挑戦状を出して
「期限内に御返信なき場合には御辞退なさったものと判断いたしますのでご了承下さい」
とは失礼極まりないと思うのですけど、どうなんでしょう??
試合や稽古を申し込む時はもっと心遣いがあるのでは??
なんだか詐欺メールみたいな文面やな。
hokushinittoryu.jp/%e4%bb%96%e6%b pic.twitter.com/IzbATvanWf

posted at 23:04:17

12月12日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@has_k80 マスター初見先生ですよ!NINJAでも良いですけど。
文化ゾーンにも実戦ゾーンにも入れるのは迷ったのでw
先生自身もその会派も、古流を元に独自の境地に達してますし

posted at 22:55:56

12月12日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

一般的には花法とは形や組太刀のことで、花法剣法は主に形のみの剣術。
道場剣術は竹刀打ちや組太刀など、道場の稽古の強さだけで実戦はいまいち、という剣術の事で意味が違うのでは??
北辰一刀流などは道場剣術と呼ばれがちな流派の最右翼だと思うけど。 pic.twitter.com/FNBCQ4N5ld

posted at 22:33:19

12月12日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@mumeinokatana 反応ありがとうございます。
試合の有無ではなくて、「実戦」という言葉に思いがあるか否かを基準にしました。
剣術だと、昔ながらのところだとだいたい試合稽古ありますし、剣道と一緒にやってるのも普通ですし。

posted at 22:22:10

12月12日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

いや待て、もしかしたら中西忠兵衛が四割竹刀を発明したと書いてある本を参考にしたのかもしれんから、これは要確認やな。
(四割竹刀は大石進が発明したという記録はある。中西忠兵衛没後二十年くらいあとの柳河藩での話)

posted at 21:49:11

12月12日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@SUISITHU 東武館や玄武館を「伝統的撃剣をしない」「中身が現代武道のネオ古流」とか誹謗してますね。
私から言わせれば、歴史的経緯を考えると剣道やってない北辰一刀流の方がおかしいんじゃないかと思います。

posted at 21:33:45

12月12日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

たかだか剣術の試合の行司に対する物言いで切腹!?
この辺の事情(流派間の決闘的他流試合)が記録に残ってるのか知らないから、何にこの話が載ってるか知りたい。公式の試合、といわれるのもなんの事なのかわからん。
「流派破り」という言葉もよく知らない。
hokushinittoryu.jp/%e4%bb%96%e6%b pic.twitter.com/IZwO4lpEol

posted at 21:30:03

12月12日

@gishigaku

原田 実@gishigaku

子供の頃は『南総里見八犬伝』開巻から大団円まで28年かかったと聞いて昔の人は気長に待っていたんだな、と思っていたが、今は30年越えの作品はざらで、それも完結すればまだいい方、なんてことになってる。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 20:50:27

12月12日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@nodoguroame33 たしかに、剣道、柔道、弓道、銃剣道とかやっていたら時間がたくさんいりますね笑

古流の総合流派の場合、素手も剣も棒なども体捌きを共通させた上で色々な武器を使うので、専門家には負けますけど色々な武器は使えるようになりますよ。

posted at 19:24:46

12月12日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@SagamiNoriaki そのあたりよくわからないのですけど、どんな農村でも字の読み書きできる人はいたみたいです。農家の記録なんかもたくさんありますし。武術に限れば農村の棒術や柔術の目録なんか結構ありますよ。ただ、紙の質も悪いのか保存状態良くないものが多いですけど

posted at 09:11:02

12月12日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@SagamiNoriaki これが江戸時代中期以降になると上下階級ともに剣術は学ばれています。たぶん平和になって親や一族から簡単な使い方を学べるほど切り合いが一般的では無くなったこと、武士らしく身体を鍛えるために若年者から青年層が剣術を学ぶのが一般的になったことあたりがありそうです。

posted at 08:59:08

12月12日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@SagamiNoriaki 武士階級の発生には弓と馬が関係していた、といわれてますけども、たしかに刀や槍、薙刀は習わなくても殺傷能力が高いですよね。
なので、兵法(剣術槍術)の登場がおそく、登場してからも無用論みたいなのがあるのは真っ当な理由があると思います。戦争するのに剣術や槍術はいりませんし。

posted at 08:55:40

12月12日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@SagamiNoriaki 調べてみればわかりますが、鉄砲も伝書の種類、量は多いです。
棒術はすくなくとも江戸時代中期以降はかなりたくさん流派もあり、百姓から武士まで学ばれていましたが、ほとんど伝書が残ってなく、あっても目録くらいです。剣術も殿様が学んでいたような流派はたくさん伝書があるはずです。新陰流とか

posted at 08:37:29

12月12日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@SagamiNoriaki それは弓と馬が高度な技術と知識が必要で、さらには礼法や故実と深い関係があって書物にしないと伝えきれない大量な要素があったからだと思います。歴史も兵法より長いですし、学ぶ階層も上層の武士ですから。
剣術等は体で覚える事がほとんどで、伝書いらんですし、上下の階層が学んでますから。

posted at 08:34:27

12月12日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@h_rokuyou 「なに!?手をひとふりしただけで触れてもいない敵が突然竜巻に吹き飛ばされたかのような…」
「あ、あれはまさか。信じられん。まだ存在して(以下略

いや、元ネタわかりますけど上のような会話が脳内で

posted at 07:02:56

12月12日

@mahoisono

磯野真穂|文化人類学者@mahoisono

なぜ人は占いをするのか?

人類学者のMoore Khayamは、「一定のパターンで動きがちな人間の行動を意図的にランダム化するのはたらきを持つのが占い」と、カナダに住むナスカピの人々のフィールドワークを元に推論する。狩りで獲物が取れない時の最終手段として占いが現れるのだという。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 06:59:16

12月12日

@RodinaTP

ロージナ茶会 JK 国立院 旭霜@RodinaTP

歴史や物語といったものが生み出している経済的価値について推計したような研究ってあるんだろうか。私たちの評価する「価値」なるものの大半はそこから生み出されていると私は考えている。そうであるならば文科系の学問というか営みが経済的に無価値なんていう世迷いごとは言えないはず。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 06:58:25

12月12日

@RodinaTP

ロージナ茶会 JK 国立院 旭霜@RodinaTP

江ノ電。多くの作品の背景として重要要素として描かれる。だいたい青春の物語。これらの物語らが形成している、江ノ電沿線の幻想が現実の江ノ電沿線の意味や価値を大きく持ち上げているんだろうなあ、と思う。

こういう文化から価値が生み出されているってことを全然理解できない人がいるんだよな。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 06:58:21

このページの先頭へ