情報更新

last update 02/18 21:45

ツイート検索

 

@inutaku_
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

Stats Twitter歴
3,556日(2009/05/26より)
ツイート数
54,883(15.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年02月16日(土)5 tweetssource

2月16日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

弊社、自分より一回り年下でもどう考えても同い年の頃の自分より優秀で人間的にもできてるスタッフが何人もいる。
今は自分も少しは成長して、彼らがついて行きたいと思ってくれるだけの何かを備えられているのかもしれないけど、そういうのって「全ては縁とタイミング…!」と思わずにいられない。

posted at 01:08:07

2月16日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

今日は #日本猪祭り という猪肉の食べ比べができるイベントに来てます。

うちの美観地区のカフェ『有鄰庵』や春にオープンする日本料理店でもおいしい岡山の猪肉をお出ししてるんだけど、日本全国でいろんな猪肉を食べられるのが面白い。 pic.twitter.com/tMa1IgS7fb

posted at 15:39:21

2月16日

@hirokim21

望月優大@hirokim21

大切なお知らせ。はじめての本を出版します。

講談社の現代新書で『ふたつの日本』という本をつくりました。発売は3月ですがアマゾンなどでは予約可能です。応援よろしくお願いします。RT大歓迎です。

望月優大『ふたつの日本ーー「移民国家」の建前と現実』amzn.to/2DHpex7 #ふたつの日本 pic.twitter.com/q8qF5vB1QQ

Retweeted by いぬたく

retweeted at 15:39:37

2月16日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

こんな感じで合計20ほどの産地による猪肉を焼いてくれてて、食べ比べできる。

ちなみに猪肉が美味しいかどうか、臭みがどれだけ残るかどうかは、その猪(だいたい野生)が食べている食料と、あとは血抜きのタイミングや技術によります。
特に後者がめっちゃ大事。 pic.twitter.com/8nFXbHyUqZ

posted at 15:53:47

2019年02月15日(金)3 tweetssource

2月15日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

経営者として社員全員を平等に扱おう、扱わなければ、と思ったことはない。
社員のことは全員とても大切に思っているけれど、ただ同時に世の中は不平等なものでもある。
「自分は誰にでも平等に接してる」というのって、それはその人の思い込みなんじゃないかな、と思うよ。

posted at 20:16:50

2月15日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

例えばバレンタインで社員からチョコをもらって、その中にはエスコヤマもあればブラックサンダーもある中で、みんなに等しく同じお返しをするのはなんかしっくりこない。
自分が一番おいしかったもの、もしくはしっかり考えて(時間をとって)贈ってくれた人の方がしっかりしたお返しをしたいと思う。

posted at 20:20:20

2019年02月12日(火)3 tweetssource

2月12日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

今日は弊社新卒採用のインターンの日。
実践的な企画を考えてもらい、その企画に対するフィードバックも対社員と同じレベルで行った。

すると終了後ほとんどの学生が一番よかったと言ってくれたのがちゃんとしたフィードバックがあること。
採用担当者はまずそこを本気でやることをおすすめします。

posted at 20:26:54

2月12日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

学生の話を聞くと、インターンで企画や提案をしてもほとんどの会社は「おっ、いいねえ」となんとなく褒めてくれるだけで、どこが良くてどこが改善できるのかの話はしてくれない、と。
でもそれは学生が求めてることとは違うってことなんだよね。

posted at 20:30:26

2月12日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

もちろん、学生に対してマウントを取りたい気持ちがあるとか、高圧的なフィードバックは論外。
マウンティング心があって言っているのかどうかとか、学生でなくても人はすぐに見抜いてしまいますよね。

posted at 20:32:01

2019年02月11日(月)3 tweetssource

2019年02月08日(金)3 tweetssource

2019年02月07日(木)4 tweetssource

2月7日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

松山城!
迫力と入念に練られた構造がすごくて、めっちゃ興奮しながら回ってしまった。

特に登り石垣というこの石垣!
地面の近くは傾斜が緩やかで、徐々にせり上がっていく形がかっこよすぎる。

城でこんなに興奮したのは初めてかもしれない。 pic.twitter.com/2AjaF7a5Hq

posted at 17:04:16

2月7日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

松山城に興奮できたのは事前に本で予習していったのも大きいのかも。

ただ、城の歴史や作られた経緯、建て方は予習することはできても、「城の見方」に慣れていないから、設計者や城主の視点ではぜんぜん見られてない。

posted at 17:08:46

2月7日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

そういう「城の見方」に慣れてくると、きっとその城が侵攻者に対してどこまで侵入させていいのか、どこに追い詰めて一網打尽するのか、みたいな設計戦略を城主の視点で見ることができて、なんなら逃げ惑う数百年前の侵攻者の姿まで目の前に見えてきて、もっと興奮するんだろうな。

posted at 17:11:39

2019年02月06日(水)1 tweetsource

2019年02月03日(日)1 tweetsource

2019年02月02日(土)1 tweetsource

2019年01月26日(土)1 tweetsource

2019年01月25日(金)2 tweetssource

2019年01月14日(月)1 tweetsource

1月14日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

部屋で寝ていた3歳児が這うように起きてきて、トイレに行きたかったらしく、母親と一緒にトイレに行ったはいいもののパンツを脱いだところで漏らしてしまった。
でもトイレに行きたいなと思って眠い中起きてきてくれたんだねと思って、涙ぐむほど感動した。

posted at 23:48:29

2019年01月04日(金)2 tweetssource

1月4日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

「とんかつを無理なく食べられるぐらいの稼ぎがあればいい」みたいな意味の言葉を書いてる人がいて(誰だったかな)、わたしはその言葉をとても素敵だと感じて今までずっと覚えてるんだけど、最近それはただ自分がとんかつ好きだからなだけなのではという気がしてきた。

posted at 14:22:59

2019年01月02日(水)1 tweetsource

2018年12月31日(月)17 tweetssource

12月31日

@yuurin_an

有鄰庵(ゆうりんあん)@yuurin_an

2018年もあとわずか😃

今年も有鄰庵にたくさんの方が来ていただきました☀️

特に7月は西日本豪雨に見舞われましたが、その後でもボランティアさん向け宿泊プランも含めてたくさんの方々とのご縁が生まれました🤝

倉敷のゲストハウスとして、心から感謝いたします。 pic.twitter.com/tTbRyQt5TC

Retweeted by いぬたく

retweeted at 20:05:06

12月31日

@yuurin_an

有鄰庵(ゆうりんあん)@yuurin_an

私たちは「えんをひろげる古民家」をコンセプトにしているので、2019年もますますたくさんのえんをひろげる場所でありたいと思っています☺️

来年もぜひ倉敷と有鄰庵に遊びに来てください〜⛩🌅

Retweeted by いぬたく

retweeted at 20:05:10

12月31日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

大晦日だし、普段あまりTwitterで話せてない経営のことをテーマに少し連投しようかな。

前提として、倉敷の美観地区を拠点にした株式会社有鄰という会社の代表になり、「心の豊かな暮らしを創る」ということを企業理念に掲げて、2年半ほどが経ってます。

posted at 20:12:27

12月31日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

2018年の弊社を一言で振り返ると、人が揃ってきた一年でした。

インハウスのデザイナーも初めて入り、20代半ばの成長意欲あふれる奴らも入り。この2年間の採用活動が一つの実を結んだ。
自分の考えとしてまじで「会社とは人である」と思っているし、一番に投資すべき対象の一つが人材だと思ってます。

posted at 20:16:04

12月31日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

おかげで売上や粗利に対してやや人件費割合が高くなってきているけど、それは2019年に必ず実を結ぶと思ってます。

というかすでに新しいスタッフが入って社内の雰囲気がより良くなっているのも感じるし、それが私たちの目指す社風を生む土台にもなると確信してます。

posted at 20:17:52

12月31日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

個別の事業ごとに話そうとしたら、弊社はまだ小さい会社な割にけっこう色んな異なる事業・店舗をやっていて(事業数で7つ)、それぞれ全くステータスが違うので、めっちゃ細かく&長くなっちゃうんだけど。

でもやはり事業の改善のキーは「人」だとも強く感じます。

posted at 20:21:09

12月31日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

一つの例で言えば、うちの中で宿部門(3つの宿を運営)の社員は4人ともこの1年半以内に加わってくれて、スタッフ総入れ替え状態なんだけれど、完全に事業として好転してます。

宿は不動産や運営方法を変えるのがとてもコストと労力がかかるので、人が替わる(もしくは変わる)のは有効な方法。

posted at 20:25:39

12月31日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

でもその宿部門にしても、課題自体はもう2年以上前から分かってはいたこと。

それを改善しようとして、実際に人を採ろうとしても、特に現在の日本全体の人手不足の中だと採用による変化(人の入れ替え)にはすごく時間がかかる。
でも2年かけてそれがやっと成果として表れてきた。

posted at 20:28:14

12月31日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

もちろん人材が云々よりも前に、まずは勝ち目のある土俵で勝ち目のある勝負を事業としてやれているかは、経営側や事業責任者側の大事な仕事。

ただそれありきで、次に人材の部分をどうするか(どう採るか、どう育てるか)ってのも経営のめっちゃ大事な仕事だと思ってます。

posted at 20:31:10

12月31日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

それでいうと、働いてくれてる人たちが納得できる、頑張った人が馬鹿を見ない評価制度と給与体系もよりブラッシュアップしなきゃいけないし、より人を育てていける会社になるための仕組みや取り組みも増やさないといけない。

特に後者は、やっとやり始めることができた2018年。

posted at 20:33:21

12月31日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

ただそういう評価制度や人材育成についても、最近は社員たちから「こういう風にやるのはどうでしょう?」って提案してきてくれるようになった。
それも最初に書いた「人が揃ってきた」っていう部分につながる話。
そういうのはめっちゃ嬉しいんだよねー。

posted at 20:35:29

12月31日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

弊社としてやりたいこと、創りたい世界のためにやらなきゃいけないことはまだまだあるんだけど、2019年はそこに向かうための土台を整える一年にしたいと思ってます。
(と言いつつ日本料理屋という新規事業も春に始めるけど)

そのための人材っていうマストなピースが揃ってきたことが嬉しいですね。

posted at 20:40:43

12月31日

@inutaku_

いぬたく@inutaku_

というわけで、この年末年始は来年以降の数字面を含めた計画とビジョンを確かにしつつ、いろんな本も読むという至福の時間を過ごしております。
(美観地区での現場のお仕事は頼れるスタッフたちに任せつつ)

皆さんもよいお年を!

posted at 20:42:52

2018年12月30日(日)1 tweetsource

2018年12月27日(木)1 tweetsource

このページの先頭へ