情報更新

last update 09/29 05:05

ツイート検索

 

@ipfbiz
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

  • 595フォロー
  • 1,806フォロワー
  • 43リスト
Stats Twitter歴
3,923日(2010/01/03より)
ツイート数
2,075(0.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年09月16日(水)1 tweetsource

2020年09月07日(月)2 tweetssource

9月7日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

@Yutaka__Morita 今は、知財を事業性評価の一要素として用いて、担保ではなく事業を評価して融資・投資を行うという考えの方が標準かと思います。
担保にすると、知財を取られるとビジネスできなくなるし、そもそも貸した側からしても特許貰っても換金できないので。

posted at 16:42:16

9月7日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

@Yutaka__Morita 知財担保融資は、知財金融という言葉が流行り出したころに注目されていましたが、通常は使えないスキームだと考えています。数年前の知財金融フォーラムみたいなところでも、特許庁長官が知財担保融資はやるべきではないと明言してましたよ。

posted at 16:39:57

2020年09月04日(金)5 tweetssource

9月4日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

もちろん会社のフェーズによってはビジネスモデルと知財活動の目的の議論だけでほとんど終わっちゃうこともあれば、オペレーションの具体論まで作れることもあったり、違いはあると思うけど。
あと、綺麗なスライドで作るよりGドキュメントでテキストべた打ちとかの方が好み。

posted at 15:39:43

9月4日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

項目は例えば下記のような感じ。
知財活動の目的、事業内容とビジネスモデル、注力すべき事業・技術領域・強み、競合企業の設定、権利化の方針とオペレーション、出願基準、海外知財方針、クリアランスの方針とオペレーション、他社の侵害発見の方針とオペレーション、知財予算・・

posted at 15:36:46

9月4日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

たぶん、知財活動方針みたいなドキュメントを一緒に作っていくのがいいんじゃないかと思っています。知財戦略と読み替えてもいいけど、もう少し具体的な運用寄りの方が好み。

posted at 15:35:42

9月4日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

少ないメンタリング回数で結果を出すのは結構難しくって、つい場当たり的なアドバイスや個別の発明相談みたいになりがちです。
東京都アクセラのメンターや顧問企業との定例とかで場数を踏んできて、やっとなんとなく方法論も見えてきた感があります。

posted at 15:31:12

9月4日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

今期もIPAS(特許庁のアクセラプログラム)のメンターをやらせて頂くことになりました。
人気のプログラムになってきてるぽいので、結果をちゃんと出せるように頑張ります。

posted at 15:29:11

2020年08月26日(水)1 tweetsource

2020年08月23日(日)2 tweetssource

2020年08月12日(水)1 tweetsource

2020年08月03日(月)2 tweetssource

8月3日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

共通の雛形で契約実務したいなーというぼんやり願望は、法務に関わったことある人なら皆持ってると思うけど、
それを
・まずはNDAに特化して
・コンソーシアム型にした
という点が、練られてるなーと思いました。

posted at 12:26:01

2020年07月30日(木)1 tweetsource

2020年07月27日(月)3 tweetssource

7月27日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

私の知ってる限りだと、知財部のアウトソーシングというコンセプトを最初に打ち出したのはUSLFさん。当時はスタートアップというより中小企業向けの技術法務という切り口だった気もするけど、時代を先取りしてましたよね。最近はこのコンセプトよく見るし、確実なニーズを感じます。

posted at 17:47:25

2020年07月26日(日)4 tweetssource

7月26日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

@otsubo こんにちは。こちらのライトニングトークですが、ページに掲載するだけで、みんなでそれを見るイベントの開催予定はないですか?
特許を読もう会というオンライン勉強飲み会を隔週でやっているのですが、それの次回の題材にさせて頂くこと可能でしょうか?

posted at 18:09:50

2020年07月25日(土)2 tweetssource

2020年07月16日(木)8 tweetssource

7月16日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

@__okkun @takemoto_tw なるほど、アプリ側の動作に特徴ある場合は、プログラムクレームがいいかなーと思ってるんですよね。
サーバ側の動作に特徴ある場合は方法クレームで。
いや、でもやっぱり色んな意見あって勉強なりますね。

posted at 21:35:36

7月16日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

@__okkun @takemoto_tw 方法クレームのメリットは、竹本さん書いてくれてるのに加えて、海外サーバとか複数サーバとかの時に、単純な装置クレームだと突っ込みどころになり得るので、方法クレームの方が使いやすいかなと思ってます。

posted at 21:26:43

7月16日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

わ、たくさん意見来て嬉しい。
前に、皆さんどうしてますか?とオープンクエスチョンで聞いた時はレス少なかったですが、自分はこう思いますがそれに対して皆さんどうですか?と聞いたらたくさんのレスをしてくれる。
やっぱり自分の意見を晒さないと他人の意見はもらえないもんですね。 twitter.com/ipfbiz/status/

posted at 21:23:27

7月16日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

クレームのカテゴリー、いろんな人の話を聞くと、
物が流通する場合は装置クレーム、アプリが流通する場合はプログラムクレーム、流通しないWebサービス系は方法クレームがいいのかなーと思っているのですが、皆さんの意見どうでしょう?
一つの正解は無い話なので、いろんな意見が聞きたいです! twitter.com/ipfbiz/status/

posted at 16:36:08

2020年07月15日(水)2 tweetssource

2020年07月13日(月)2 tweetssource

7月13日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

大企業とスタートアップとの共同開発の際に参考となる契約書雛形だけでなく、その逐条解説まで付いている、非常に豪華で有益なものです。
ただ、ボリューミーなので、読まなきゃ読まなきゃと思いながら、私自身まだ読み込めていません。みんなで協力して理解しましょう。

posted at 17:21:41

2020年07月11日(土)2 tweetssource

2020年07月09日(木)6 tweetssource

7月9日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

@MasatoshiAdachi 特許出願中と書くことの:
メリット
・競合へのけん制
・クライアントや関係者へのPR
デメリット
・競合に特許出願中であることがバレて警戒される(けん制の裏返し)
・知財クラスタからもやられる

posted at 17:44:07

7月9日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

昨日は知財クラスタでオンライン人狼。
人狼殺というアプリとGmeet組み合わせて、結構円滑にやれました。ただ、9人部屋がやりたくて頑張って9人集めたのに、レベル上げないと9人部屋作成が解放されないという罠にはまってしまった。
昨日でレベル上がったので、またやります!

posted at 09:54:43

2020年07月07日(火)4 tweetssource

7月7日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

急ですが、明日19時から、知財クラスタでオンライン人狼(練習)をやろうとしてます。
参加できる方いらっしゃったらレスかメッセ下さい!初心者歓迎です。多分ぐだります。

posted at 12:22:48

7月7日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

考慮要素としては、権利行使のしやすさ、損害賠償額の取りやすさ、書きやすさ、
海外サーバ・複数サーバ対応、
発明の特徴がどこか、ビジネスモデルがどうなっているか、流通するのは何か、など?

posted at 11:41:13

7月7日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

IT系の分野で、請求項1のカテゴリーを何にするか(装置、方法、プログラム、システムなど)、皆さんどんな指針や基準で決めてますか?
別カテゴリーの独立項も後ろに作るのは前提として。

posted at 11:36:09

2020年07月02日(木)5 tweetssource

7月2日

@ipfbiz

安高史朗@弁理士会計士@ipfbiz

会計士の研修単位の計算間違って、昨年度足りてないことになってしまった。。単位足りてない人として、どこかに名前が載るらしいです、恥ずかしい。
弁理士と会計士、両方の単位を維持するの大変。

posted at 10:10:59

このページの先頭へ