情報更新

last update 10/17 00:23

ツイート検索

 

@ishikawakz
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

Stats Twitter歴
3,642日(2009/10/28より)
ツイート数
450,999(123.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年10月16日(水)57 tweetssource

8時間前

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

これが過失でなくて何なのか。
空間線量でごまかすべきではない。

福島の除染ごみ10袋分、川に中身が流失「問題ない値」:朝日新聞
「廃棄物がなくなっていたため、中身が外に流れ出たと結論」
「市は仮置き場と川の下流域の空間線量率を調べたが、「問題ない値」という」 www.asahi.com/amp/articles/A

posted at 23:53:30

14時間前

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

小泉環境大臣にしても菅原経産大臣にしても更田規制委員長にしても、電力会社や官邸の考えをなるべく脅かさないように、ただポストに就いているだけで、東電や関電を監視し、必要なら強硬な指導をしますよという形ではない。
つまり政府と電力会社は相互補完関係だ。

posted at 17:09:06

15時間前

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

ある時点から私はそのような状況で言論は何なのかと考え込んだり、心身が疲れることはたくさんあり、セルフケアしたり活動を小さくしたりしている。
さすがに歳をとって反応が鈍ってきているというのもある。
いろんな人に申し訳ない気持ちはあるが、私の力はやはり微力なのだ。

posted at 16:42:39

15時間前

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

とにかく論点や互いの齟齬を埋めていくよりも、対立を極大化させていく。
本当はもっと丁寧であたたかい人だった人も、ツイッターの殺伐から身を守るため、非常に緊迫し強い言葉になる。
そこに非常にポレミックな話題が日本政府などから次々投下されてくる。

posted at 16:39:26

15時間前

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

それをずっと考えて、意思疎通がうまくいく場所になればいいなと思ってきたが、社会の差別的な風潮に違いが疑心暗鬼になり、対立のボルテージだけが上がっていき、しばき隊やツイッターレディのような人々が台頭して、ツイッターは北斗の拳みたいだと、ほとんど落胆しているのだ。

posted at 16:37:04

15時間前

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

私が父親と話していて、マッチョイズムの最大の問題は、間違いや弱さを認めないということで、本当になんでもないことでも会話が成立しないのを経験してきた。

理屈が入っていかない内面世界は深刻で、いかにして変えたらいいか、本当にわからないと思うことが増えてきた。

posted at 16:21:28

16時間前

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

なんと福島第1原発の敷地内で、高さ30メートルの崩落が、、

【台風19号】東電福島第1原発の6カ所で法面崩落 a.msn.com/01/ja-jp/AAIPQ
「陳場沢川(じんばざわがわ)河口付近や第2土捨場北構内道路などで崩落を確認。崩落は最も規模が大きい場所で高さ30メートル、幅15メートルに及んでいた」

posted at 15:35:14

18時間前

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

台風第19号による被災に関し被災者に対する支援活動に取り組むことの東京三弁護士会会長声明|東京弁護士会

「東京三弁護士会は、本日より、被災者の皆様から無料電話相談(03-3581-2233)を受け付け、生活再建・事業再建に寄り添って参ります。」 www.toben.or.jp/message/seimei

posted at 13:58:08

18時間前

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

汚染された山の土地や産物も河川氾濫や土砂災害で、散乱しているだろう。
東北や関東の山は汚染が激しいが、広大なため除染ができていない。
今は緊急対応で精一杯かもしれないが、自治体や国の調査は必要だ。
しかし、災害対応すらこんな感じの政府にできるのかだけが不安。 twitter.com/kochigen2017/s

posted at 13:46:02

18時間前

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

災害が連続して、私は大きな被害を受けていないが激しく動揺しウツっぽくなる。つまり、私も生き物だから様々な変化に感応しているのだろう。
同時に様々な人間の対立や問題を感じていると、目の前で起きていることが多すぎて、ふらふらと感覚が遠くへさまよいそうになる自分がいたりする。

posted at 13:39:56

18時間前

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

ある時から、ジェンダーや障害やその人がどこにいるかなどなど様々な文脈の中で、その歴史的な来歴を含みながら複雑に織り成されているのが、一人一人の言葉なんではないかと思うようになった。
言わなければならないこと、言う必要のないこと、それをめぐって内的な嵐が起きる。

posted at 13:18:46

10月16日

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

自分の障害とかジェンダーってことをかなり強く考えるようになってきて、するといろんなものをあれとこれとか、綺麗に分けれなくなった。
綺麗に分けれなくなることが、ある意味ぐずぐずして判断がつきにくくなることが、それゆえ、ぎりぎりのところで、決断していかないといけなくなった。

posted at 08:02:11

10月16日

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

ある時からいろんな種類の悪意のある者と戦いすぎて、SNSで。
で、しばらく非常に疲れていたし、今もその疲れはある。
それと判断の明晰さも失われたよね。自分も泥水につかってるかわかったから。どんどんいろんなものに流されそうになって不安になって疲れて。
頭も疲れやすくなったよ。

posted at 07:58:18

10月16日

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

人間の記憶は絶えず自分の都合の良い方に改ざんされがちです。
そうして、辛い現実や惨めな自己を私たち人間は隠したいのです。

だから言いたいのは辛いということをひたすら感じて、自分の感覚をいつわらなければ、次があるんじゃないでしょうか。

posted at 05:06:10

10月16日

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

なぜ自分がされて悔しかった、差別や決めつけを相手にし返す人がこんなに多いのか、腹立つとか間違ってるとかよりもひたすら悲しく私たちの無力を感じる。
正義のない日本。天皇制の日本の、ずるずると坂を滑り落ちていく不毛。

posted at 05:04:05

10月16日

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

自分は精神障害者だが、要は抱えてるカオスや寄る辺なさがでかいのだろうと。だから立派でもなんでもなくむしろ逆だ。
しかしそれで仕方ないし、それを隠すなと私に言いたい。カッコつけたってしかたない。
すごくカッコつけだから始末に負えない。

posted at 05:01:18

10月16日

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

人間はなぜ他をいたわれないかを考えている。まぎれもなく私がそうだからだが、それはやはりその人に沿うたやり方でケアされたことがないと、あるいは少ないといたわるやり方がわからないのだろうと、私自身に対しても思っている。
自分を含めて不毛な人ばかりの日本を考える。

posted at 04:57:15

10月16日

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

ある時期から、年を取ったからか弱気になったからかバカだからわからないが、だんだん他人にあなたはどうだこうだと言う気が少なくなってきた。昔はすごく言っていたし、今も権力に対してはどうこう言うが他人に対しては、あまり言うのが減ってきた。
自分にも他人にも期待が持てなくなってるのだろう

posted at 04:50:24

10月16日

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

私が私であること、あなたがあなたであること、これは否定しようがない。
それを否定して自分の意思を通そうとするから、呪いの言葉が出るのだ。
大事なのは、自分の意思に気を取られ、相手が見えなくなっているのだ。
これは他者の他者性の否定であり、あなたがあなた自身であることの崩壊だ。

posted at 04:45:29

10月16日

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

人間はたぶん破滅に向かってもっともっと、その強がりを解体され、逆に強がりを固定化する人も出てくるだろう。様々な決めつけに走る人もいるだろう。
その中で生まれてくる悲しみや孤独の声の原型から命を再生する必要がある。
滅びの中で滅びを担うことができるように。

posted at 02:47:01

10月16日

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

私はだから今、おそらく、自分の性別の持つ意味と、日本の歴史を見れば、誰にも上から話ができる人間ではないのかもしれない。

しかしこれだけは言える。
人間を選別し排除する思想を解体しなければならない。
解体して、弱さや苦しみや小さな言葉を聞き届けねばならない。

posted at 02:40:33

10月16日

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

こんな見方はぬるい、ロマンティックなものかもしれない。
私は日本に生まれ育ったから、日本という国が何をやってきたか知れば知るほど、体が張り裂けそうな気持ちになる。
反省し罪を知るという文化的な方法を日本という国を持ち得ていない。この場所から始める困難さ。

posted at 02:34:51

10月16日

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

自らの属性から離れることはできない。私の場合日本のシス男性であり、精神障害者である。

属性というものの奥にある私というものに、自らが話しかけ、その不完全さ、過ち、限界を感得すれば、いつか違う場所に出れるのではないかともがいている。

posted at 02:31:17

10月16日

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

何度も悩んでいます。
私のようなものはSNSや運動では、なかなか落ち着いて話せません。
落ち着いて話せたらと思うことはあります。
しかし心が破壊されないようにするには、神経をバラバラにしないように、刺激を入れすぎないようにしなければなりません。

posted at 01:32:01

10月16日

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

その中で生きる優しさや賢明さを知る必要がありました。
私はあちこちの壁にぶつかりながら、自分の弱さを感じることで、相手の心や辛さを知ることができるんだと思いました。
これは男らしさを一枚脱ぐことかなと思います。

posted at 01:29:43

10月16日

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

自分はナイーブな人間だったのに、男らしくという規範に囚われていたのでしょう。
本当は感覚的には違うものを求めていたのに、健常者らしく振る舞おうとしたのです。
そうしなくなってからも、心の真ん中にシコリや冷たい孤立を抱えていると思います。
それを緩めるには他人の苦労と

posted at 01:27:39

10月16日

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

自分のやり方で。
腐った社会、家族制度の中で人はずいぶん無理しています。
私も無理して意地張って病気になったと思います。
天皇制や資本主義やセクシズムのある世界で、私はシス男性ですから、抑圧者側ですが、たまたま感覚的にはマイノリティでした。

posted at 01:25:00

10月16日

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

私は精神障害者の当事者研究に参加しています。
プライバシーに関わるので、個人情報は話せませんがその中核にあるのが「弱さの情報公開」です。
病気とは、必死に頑張って適応してしまった傷のようなものです。
こわばり、頑なに、なったその弱さの芯を開いていくこと、強いられてではなく

posted at 01:22:06

10月16日

@ishikawakz

イシカワ(頑張らないし頑張れない)@ishikawakz

私は様々な属性のマイノリティの人々の苦労や悩みをちゃんとわかっているとは自分はとてもいえないです。
だけれど、だからこそ、いろんな人から教わるわけです。自分のしていない苦労や経験をしている人から学んで、例えその経験そっくりは理解できなくても、自分なりに知って考えることが始まりです

posted at 01:19:01

このページの先頭へ