情報更新

last update 09/21 06:30

ツイート検索

 

@itzk_k
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@itzk_k

itozaki_kei/イトザキ ケイ@itzk_k

  • 373フォロー
  • 694フォロワー
  • 73リスト
Stats Twitter歴
3,094日(2011/04/03より)
ツイート数
213,514(69.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年09月20日(金)14 tweetssource

15時間前

@midoringchan

みどりんぐたん@midoringchan

Bリーグ及び国内のバスケファンは代表が世界では強くないことに優しすぎるのでは?もっと批判すべきでは?みたいな意見を時々見ることがあるけど、批判して強くなるなら阪神タイガースは20連覇くらいしてるだろ
ファンが批判するしないは強さに関係ございません😗

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 20:58:15

2019年09月15日(日)208 tweetssource

9月15日

@azukki_

azukKi@azukki_

「ハイルヒットラー」と声を上げるユダヤ人通訳の怯えた表情を見やるまーちゃん。表彰台で日本国旗が掲げられ日本国歌を聴くことになった孫選手と南選手を「どんな気持ちだろうね」と思いやるひとこと。このドラマのこんな目線が好きです。
#いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 22:03:43

9月15日

@Lazyrose_1999

rose@Lazyrose_1999

悪化する政治情勢にもかかわらず「アジア五輪」を選択した王正延の思いを重く受け止める治五郎先生。
日本人として表彰台に立たされる孫選手たちの気持ちを切なく思う金栗さんと播磨屋の面々。
自分たちの勝利の裏で誰かが踏みつけられていることをちゃんと汲み取る人々がいるのが救いだ。 #いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:48:32

9月15日

@netinago99

カカオ99@netinago99

なんかもう今回のいだてん、視聴者のみんなー!生きてるー!?着いてきてるー!?って感じだよね。次は日中戦争来るよー!太平洋戦争来るよー!っていうメンタルレース前哨戦みたいな。

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:42:53

9月15日

@atohz_chiri

二塁@atohz_chiri

金栗足袋の開発過程で、「これは足袋か?」と繰り返し、足袋屋が作るなら足袋だと言われ納得した辛作が、国に関係なく応援すると叫んだのも、一つの補助線ですよね…
紐つけてもゴム底になっても、製作者にとって足袋は足袋。では、出場国名が変わっても選手本人にとっては?という問い。 #いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:42:13

9月15日

@atohz_chiri

二塁@atohz_chiri

今回は恐らくどう描いても難しい問題で。ただ、彼らが履く金栗足袋を無邪気に誇る清さんも、どの国でも関係ねえと喜ぶ辛作も、そっと慮る勝蔵も、きっと当時あった声のはずで。
それをポンと投げるのは、選手の周囲の声が祝福にも呪いにもなると繰り返し問うてきた #いだてん でこその信頼だと思う。

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:42:10

9月15日

@netinago99

カカオ99@netinago99

時代と国家と民族という複雑で繊細な中で、孫さん南さんが四三さんに憧れて播磨屋で足袋を作って、その足袋で五輪メダルを取った事実がシンプルで、血と土による民族を超えた部分でもあり、足袋を愛好するハリマヤ族という民族の祭典でもあり、そんで日中戦争はこの翌年っていう、うん。しんどい。

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:41:19

9月15日

@shakononigiri

しらたま@shakononigiri

#孫基禎 は当時より民族意識が強く、世界最高記録樹立時の表彰式でも「なぜ君が代が自分にとっての国歌なのか」と涙ぐんだ。また長男の孫正寅は父の死後、講演にて「あのマラソンで日本は勝った。でも日本人が勝ったわけじゃない。それがどういう意味なのかを考えてほしい」 と述べている。 #いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:36:56

9月15日

@385_mnkd

こば@語り用@385_mnkd

あったことを描き、時代の結末から逆算させて正義ぶらないけど居心地の悪さをにじませる、それは題材となる時代に対してとてもフェアだと思うのです。感想も見る人が何を見たくて読み取った話なのかはっきり出るから、正直怖い。絶対が無いんだと思う。 #いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:35:42

9月15日

@385_mnkd

こば@語り用@385_mnkd

視聴率が低い、ていうのはこれはもうはっきり「人気がない時代」だからで、何で人気が無いかと言えば「無かったことにしたい時代」なんだと思う。悲劇も失敗も傲慢も。扱いにくい時代を甘くもせず、闇雲な否定でもなく、描いていく強さが本当にうれしい。 #いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:35:31

9月15日

@do294

℃294@do294

まあ見ているワシらにしてみれば、この先がアレで今日出てきたあの人やこの人もコレなんだよなぁと知って(教えて)もらってるんで、今回の勝利や成功のアレコレへのエモーショナルなふり幅は、より一層深くなっているのは確かだろうな。ホンマえぐい話だぜ(サムスアップしながら)
#いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:22:31

9月15日

@shinchoku_Life

寝ぼけのななし@shinchoku_Life

その場その場のエピソードは感動的で、でも総合して未来(令和元年)から見ると何てグロテスクな話なんだろうと…。グロテスク?いい表現が思い浮かばないけど、ハリマヤさんや四三さんはあれで良いんだ。でも私はこの話を、ただイイ話と受け取ってはいけない気がする。#いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:21:05

9月15日

@hervorruf

ルルフ@hervorruf

>RT
>ナチスのプロパガンダ映画であると批判の対象になりました

「それでも」IOCは公式記録映画としてカウントし続けている。というところに、IOCの深さを感じますわ…。
さすがは「歴史に忠実であればオリンピックの負の側面を描いてもよい」との免罪符を #いだてん に与えた組織だよ…。

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:18:15

9月15日

@hideakisasaki

佐々木秀明 Hideaki Sasaki@hideakisasaki

#いだてん 日本語が出来たのは、日本での留学経験によるもの。東京に票を投じた背景には、確かに域内平和や政治的なバランスを念頭においたこともあっただろうが、それ以上に、かつて辛亥革命の時に、身銭を切って清国からの留学生を守った嘉納治五郎に対する尊敬の念があったことは想像に難くない。 twitter.com/nonomaru116/st

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:14:28

9月15日

@drops2012

HS@drops2012

いだてん
ぶっちゃけ、最後の足袋屋さんのシーンは、これぞピエールさんを配役した意味だったというか、非常にデリケートでどう描いても微妙な部分をピエールさんの勢いで押し切ろうと設計されていたように見えたので、三宅さんほんっっっとうにお疲れ様ですと、ますます頭の下がる思いでした

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:13:08

9月15日

@kappajiji23

河童弾正天狗@ スッスッハッハッ@kappajiji23

ハーケンクロイツを意図的に
見切れさせたり、ピンボケ背景として映したり、そのシーンの主要人物の隣に映したりとその演出でまーちゃんの感じてる違和感嫌悪感を視聴者にも味あわせるなんて演出なんだ…
井上チーフ、恐ろしい…
#いだてん #いだてん最高じゃんねぇ
#宮藤官九郎 #井上剛

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:12:09

9月15日

@raizou5th

酒上小琴【サケノウエノコゴト】@raizou5th

ユダヤ人に与えられたオリンピックの間だけの期限つきの自由。
しかし選手は違った。女子走高跳のグレーテル・ベルクマンは世界で競うことの出来る選手であったが、ユダヤ人という理由で1933年にドイツのクラブを追い出され、36年のベルリンオリンピックではドイツ代表からも外された。 #いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:11:20

9月15日

@do294

℃294@do294

今回の印象が苦い肌触りなのは、出てきた人物それぞれが「今」を一生懸命生きているが故に「先」が見えない事を情感たっぷりに、笑える話、感動する話の幅を大きく描いているからと思う。
ヒトラーは時代の寵児だし、苦々しく思う一部の人を除く人々にとっちゃあカッコ良いと見えるからな。
#いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:10:21

9月15日

@tenkawa_shinji

天河真嗣@人呼んでカクヨム界のコンデ・コマ@tenkawa_shinji

ロス五輪はロケ撮影も多く開放的な画が中心で、″ナチス政権下の″ベルリン五輪はスタジオ撮影と合成、記録映像を駆使した閉塞的な画。ライティングまで含めて何もかもが対比になっているんですよね。説明ではなく直感的に歴史の恐ろしさを伝えるという、極めて高度な映像設計です。凄すぎる。 #いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:07:25

9月15日

@tsukasafumio

司史生@がんばらない@tsukasafumio

ここでスポーツに人種や国境は無いなどと言うのは、白々しい偽善なわけで。ドラマの終わりに、はじめて彼らの思いについて投げかけられた問いにみな口ごもる中、だた播磨屋さんの「どの国の人間だろうとうちの足袋を履くやつを応援する」だけが、筋の通った回答になる。

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:06:30

9月15日

@kakamatsukk

かかまつ@kakamatsukk

棒高跳びで銀と銅を獲得した西田修平と大江季雄。
帰国後2つのメダルを繋ぎ合わせた逸話は、「友情のメダル」として東京五輪の際に有名となり、教科書にも取り上げられました。
5年後に戦死された大江選手は私の母校の先輩で、子供の頃から存じています。あまりにも身近。それが近代大河。
#いだてん pic.twitter.com/HEga8NLgZJ

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:06:08

9月15日

@drmatsuki

院長@ときメモGSはいいぞ@drmatsuki

しかし五りんの「父親は顔も覚えないうちに戦争で死に、母親も亡くし、双方の親族もろくに分からない」という1話の発言を考えると…これから小松勝に待つ運命、シマちゃんに続きりくちゃんとしても死亡する中の人、「親族」である増野さんの行く末…つらぁ…

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 21:04:56

9月15日

@motohetakuso3

せ(Chihiro)@motohetakuso3

あ、しんどい人たちに宣伝するよ!レニ・リーフェンシュタールの民族の祭典はYouTubeにあるよ!字幕ないけど名前と国名出てくるだけだから大丈夫!サッカーではしゃぐイタリア人や、選手村でラジオ体操してる人たちとか、プールサイドで変な動きしてる人とかいて、ちょっと和むよ!#いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 20:57:50

9月15日

@satohi11

さとひ(渡辺裕子)@satohi11

「民族の祭典」というタイトルにこめられた皮肉、「民族、ってなに?」という問いかけ。
差別される黒人選手、怯えるユダヤ人スタッフ、日本人として日の丸を見上げる朝鮮の選手、「ハイルヒトラー」とふざける日本選手。
重苦しさを「どの国の人でも応援するよ」と言う播磨屋が救う。
#いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 20:57:36

9月15日

@akami_tori

大河@akami_tori

我々は歴史を知ってるからあの時代のあの雰囲気に嫌悪を覚えることができるし、ポップにハイルヒトラーと繰り返す若者に眉を顰めることができる。でもそれが理解できても現代にもそういう侵食が止まらない現実があるのも知ってるから尚のこと何とも言えない気持ちになるんだろう #いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 20:56:21

9月15日

@tsukasafumio

司史生@がんばらない@tsukasafumio

ナチスのプロパガンタバリバリのベルリン五輪にユダヤ人問題までぶっ込んで主人公を辟易させる一方、前半見てきた視聴者だからこそ金栗と一緒に感涙するマラソン金メダルというクライマックスが、朝鮮出身選手によりもたらされるという史実展開の妙。

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 20:56:00

9月15日

@natsu_shigure

夏時雨@natsu_shigure

#いだてん 日本のマラソン初金メダル、でもそれは朝鮮の選手が勝ったこと、でも上がる国旗は日本のもの、という複雑で重い状況を少しでも緩和させるためのオリンピックは選手をサポートする人たち(この場合はハード面で)の祭りでもある、という光の当て方をする苦さ。

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 20:55:11

9月15日

@motohetakuso3

せ(Chihiro)@motohetakuso3

レニ・リーフェンシュタールの方の民族の祭典では、ニュージランドはニュージランドの国旗だけど国歌は神よ国王を守り給えだったしカナダも前の国旗だった。南アフリカやインド、フィリピンも出場してた。まだオーストリアも出てた。孫さん南さんのことも含め、あの時代のあたりまえの怖さ。#いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 20:52:40

9月15日

@hervorruf

ルルフ@hervorruf

「開催期間中各地に配置」された「期限付きの平等」のユダヤ人。
ナチの動向に神経を尖らせ、彼らの足音一つにびくつく青年。
五輪が終われば再び迫害に遭う。そんな期限付きの自由。五輪に確かに存在した理不尽、まーちゃんはそれを目の当たりにしていた。こんな史実まで赤裸々に見せる。 #いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 20:52:17

9月15日

@hervorruf

ルルフ@hervorruf

「彼ら」に一言も語らせないところは舞台劇のようだったし、TVドラマとして相当気をつけながら軟着陸したんだろうと思うけど、あらゆる方向にため息をつきながら見るしかないような、凄まじい緊張感のお話を、ここまで作り上げてくれた制作陣に敬意を評したい #いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 20:52:11

9月15日

@DeepSnowStrike

庵ドーナツ@DeepSnowStrike

1940年の東京オリンピック決定回。何時もそうだけど、脚本・演出共にとても繊細に造られたエピソードと感じた。コントラスト強めに描写されるベルリンオリンピックに圧倒され、IOC中国代表に握手を拒まれてなお「謝謝」と告げる役所治五郎の人間力に絆され。役者の白眉は和田正人さんかな。 #いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 20:51:28

9月15日

@hervorruf

ルルフ@hervorruf

「あの」オリンピック馬鹿まーちゃんが「俺、このオリンピック好きじゃない」なんて言ってしまうほど、彼にとって生理的にダメなベルリン五輪。
けどそんな大会にだって彼の選手達が出てる。大切な選手達が。人生を競技に捧げ切っているアスリートにとってはどの国でだってオリンピックだ。 #いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 20:48:45

9月15日

@netinago99

カカオ99@netinago99

民族の祭典というエピタイで、国籍は日本だけど民族は朝鮮の孫さん南さんが台乗りして、民族の葛藤がゴバッと出てきた所で、日本人たちもどう言っていいか分からない中、シンプルに足袋の勝利と変えるの、うまいな。ある意味で足袋を愛好する集団、その民族の勝利みたいな。四三さんから始まる血脈。

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 20:46:40

9月15日

@netinago99

カカオ99@netinago99

孫さん南さんは、優勝した選手の国歌が歌われ国旗が掲揚されることを知らなかった。国歌も国旗も日本もので朝鮮ではない。二人とも朝鮮の人だからと小松君が複雑な状況を代弁して、自分が作った足袋をはいた選手は応援するし勝ったら嬉しいとシンプルに帰結する播磨屋さんマジ播磨屋さん。

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 20:46:29

9月15日

@hinocchi

ヒノッチ@hinocchi

あー!「日本人」としてマラソンを走る孫さんや南さんと、「期間限定の特別待遇」で選手村で「ドイツ人」として働いているユダヤ人のスタッフなんだな。彼らはどういう気持ちで「君が代」を歌い、「ハイルヒットラー」と言うというのか。 #いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 20:45:18

9月15日

@gesszm_1030

szm@gesszm_1030

やたら豪華で照明も無闇に明るくしてあっても、ヤーコプが引きっつた顔で「ハイルヒトラー」と唱えるだけで、もうそこから闇が滲んでくるようで。彼の未来も我々は知っている。正直、見ていて息苦しい。
#いだてん

Retweeted by itozaki_kei/イトザキ ケイ

retweeted at 20:44:55

残り108件のツイートを見る

このページの先頭へ