情報更新

last update 12/08 13:27

ツイート検索

 

@iwatyan1963
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

  • 51フォロー
  • 1,512フォロワー
  • 103リスト
Stats Twitter歴
3,699日(2009/10/23より)
ツイート数
72,617(19.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年10月22日(火)1 tweetsource

2019年10月18日(金)1 tweetsource

2019年08月07日(水)1 tweetsource

2019年05月23日(木)1 tweetsource

2019年05月08日(水)1 tweetsource

2019年04月23日(火)1 tweetsource

2019年02月23日(土)1 tweetsource

2019年01月26日(土)1 tweetsource

2018年09月27日(木)1 tweetsource

2018年09月21日(金)1 tweetsource

2018年08月25日(土)1 tweetsource

2018年08月19日(日)1 tweetsource

2018年08月14日(火)1 tweetsource

2018年08月01日(水)2 tweetssource

2018年06月26日(火)7 tweetssource

6月26日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

@gobilaugh 代理権は曲者です。
当事者は、自分で手続きする事の煩わしさから安易に代理権を考えがち。保佐人や補助人の側も業務を楽にする事から設定しがち。
代理権が持つ意味をきちんと理解しなければですね。

posted at 19:34:32

6月26日

@to_dried_bonito

ねこ@to_dried_bonito

@gobilaugh @iwatyan1963 それは、士業申立ての時が殆どです。
今、社会的に問題になっている事件は、殆ど士業か支援者の仕業です。
親族申立でそういう意見は反映されにくいです。
それと、士業や介護系支援関係者関与の申立については
医師も危機感を既に持ってますよ。
mainichi.jp/premier/health

Retweeted by 岩ちゃん

retweeted at 17:44:40

6月26日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

@gobilaugh はい。見ています!
「本人申立」で進めています。なので、どこまで「申立人の思い」になるか?
本人は、主治医に依頼するという言葉通りの解釈で、手続きを行う弁護士に、診断書作成依頼の委任状にサクッとサイン。とりあえず、依頼に際しては弁護士と私とで主治医の下に伺う事になっています。

posted at 12:57:22

6月26日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

成年後見制度の申し立てに際しての医師の診断書。
医師は、個人の状態から診断書を書き、
申し立てたい人は、あくまで生活上の事が診断書に表されていると思う。そして、間で申立手続きを行う者はそのズレに気づかず、
裁判所は、出された診断書によって類型を判断する。
なのであらぬ結果が生まれる?

posted at 11:47:31

2018年06月25日(月)25 tweetssource

6月25日

@takonokibot

たこの木BOT@takonokibot

聴く耳を持たない支援者に語り続けてもますます耳を閉ざすだけなので、しばし間を開けようと思う。ただ、間を開けている間も支援は続き、その負担は当事者が負うという事態を思うと語り続ける必要が生まれる。でも、語る側も決して正しいとは限らず悩ましい。 #takonoki

Retweeted by 岩ちゃん

retweeted at 21:29:01

6月25日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

今日の家主は、介助者がいるキッチンと自分が陣取る居間との間の襖を閉めて一人だけの空間を作る。時もあれば、襖を全開にしている時もある。
あたりまえの事なんだけど、その判断はいかに?
一貫性があるようなないような・・・。

posted at 21:21:28

6月25日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

あれこれやり終えふと家主をみれば、いつもはこちらが声掛けするまで見続けてるユーチューブを消し、PCの電源も落としてこちらをみている。
「もう帰ろうか?」と言えば、即動いてヘルパーが変える間際のルーチンに取り掛かる家主。早く帰って欲しかったみたい。

posted at 21:19:34

6月25日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

夕方からの介助終了。今日は一緒に買い物に行ったのだが、私はお腹が空いていたので、あれやこれやと買い込んでしまった。なので、冷凍にするなど保存のための作業に結構時間がかかった。

posted at 21:17:15

6月25日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

@naganoeiko 行政は、こちらが必要ないと言っているのに、「万が一のために」と支給しようとする。「そんなことするなら居宅介護の時間を増やして」と言えば、「ヘルパーさんだって疲れる事はあるでしょ」という行政職員。
あと、「入所する時の練習を兼ねて」という職員もいた。

posted at 21:10:27

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

6月25日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

夕方介助の前にちょっと休憩。
家主は仕事帰りの途中かな?
さっき、電車が止まっていたけど動き出したみたい。
最近よく電車が止まるけど、家主はどう対処しているのだろうか?謎

posted at 16:23:56

6月25日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

PDF版たこの木通信368号並びにねじり草111号をUPしましたのでダウンロードよろしくお願いします。
又、記事に対するコメントがありましたら #たこの木 でのツイートをよろしくお願いします!! #たこの木

posted at 14:37:26

6月25日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

本人のあるがままを受容できない周囲の問題かと。
体制に影響がないと放置。体制に影響があると判断されたら障害児として分ける事を指向する。クラスの一員として認め皆で解決を図る事を常とし、個別に費用が掛かるならその運用も皆でともに考える。分けるから余計にお金がかかるように思います。 twitter.com/afcp_01/status

posted at 12:48:47

6月25日

@springbankmalt

ぼうずα@springbankmalt

スタッフの有給休暇の理由が「子供のため」から「親のため」に変化している。「自分のため」に休みを取るには、有給休暇はまだまだ少なすぎるのね。

Retweeted by 岩ちゃん

retweeted at 11:54:14

6月25日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

@ttsubasa 自立生活をする事をゴールとするのと、その先の自立生活が孤立生活にならないようにするのとでは、前者も本当に大変ですが後者はそれ以上に大変。
何が大変かと言えば、常に「互いに築く」という事が、油断するとどうしても健常者社会に合わせる暮らしになってしまうからのように思います。

posted at 11:39:39

6月25日

@ttsubasa

takahashi tsubasa@ttsubasa

「2003年に、『支援費制度』が『選択の自由』をうたい文句に始まり」、介助派遣事業を行うかどうかの議論が行われたとありますが、介助派遣事業所として出発している僕たちの自立生活センターは、制度の変更がある度に、より安定した事業運営を行うためとして議論もせずに形を変え続けてきました。 twitter.com/ttsubasa/statu

Retweeted by 岩ちゃん

retweeted at 08:49:51

6月25日

@takonokibot2

たこの木ボット@takonokibot2

「解る」事と「判る」事とは違う。理解できなくても、とりあえず判断するとか、他人に判断を委ねる事はある。しかし、障害当事者たちは理解した上での判断を迫れるか、解らなければ判断させてもらえない。 #takonoki2

Retweeted by 岩ちゃん

retweeted at 08:48:45

2018年06月24日(日)34 tweetssource

6月24日

@takonokibot2

たこの木ボット@takonokibot2

「私たちだって大変なのに、障害者だけ何故?」と思う人へ。
その想いは決して間違いではない。ただ、「健常者だけ何故?」という事が私たちが想像する以上に、障害者の側にあるという現実に目を向けて欲しい。 #takonoki2

Retweeted by 岩ちゃん

retweeted at 23:41:40

6月24日

@skumagaya

熊谷晋一郎@skumagaya

ついに刊行!「ダルクー回復する依存者たち」(明石書店)。ダルク第2世代、第3世代の担い手たちが、制度化以降の自助グループの現実と課題、受け継ぐべきものと変えていくべきものについて、書き尽くしています。自助活動の羅針盤となる不朽の名著がまた一つ誕生しました!!
www.akashi.co.jp/book/b370846.h

Retweeted by 岩ちゃん

retweeted at 23:38:10

6月24日

@kumakumakuma311

熊倉陽介@kumakumakuma311

「ダルクー回復する依存者たち」(明石書店)
ようやく買って読みはじめたが、面白すぎて依存性がある本。まさに対人支援の羅針盤。
「仲間だけの支援だけでいいわけでないし、制度にまかせればいいわけでもない。フォーマルとインフォーマルな支援が共に補完し合うことが重要である。」(第2章より) twitter.com/skumagaya/stat

Retweeted by 岩ちゃん

retweeted at 23:37:46

6月24日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

了解です。そして、その危機感は理解できます。理解できる故に、私はこれまで一人暮らしの重度知的当事者に行政は、市長申立てもちらつかせ成年後見制度の利用を求め、私は阻止してきましたから。
とは言え、個別の状況を誤解されては良くないので、他方の現実としてつぶやいてください。 twitter.com/to_dried_bonit

posted at 22:47:50

6月24日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

ねこさん。申し訳ないですが、私は私の現実の中でのつぶやきです。他方について論じているわけではありません。一握りなんだとも思います。ねこさんの指摘もとても参考になってます。他の状況を教えて頂ける事は大いに参考になりますが、それをもってこちらの状況の否定や説得されても・・・です。 twitter.com/to_dried_bonit

posted at 22:26:19

6月24日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

@to_dried_bonito 言わんとする事は解ります。なので、決して誰彼なしに勧めるつもりはないし、利用するなら後見類型を排除し、それ相当の地域の関係を築いていく事が重要に思います。そうでなければ利用しない方が良い。
既に被後見人となっている人は、支援の輪の中に後見人を入れ、勝手させない取り組みも必要

posted at 22:11:51

6月24日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

@to_dried_bonito 後見人の裁量は理解しています。後見人が決めた事にお墨付きを与える家裁の存在も。
ただ、当事者の周囲にいる人たちが後見人の裁量のみで執行していく事を許さない関係。後見人も巻き込んで当事者の支援を展開するという事は実際にあります。

posted at 22:07:33

6月24日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

「教育的意図」があれば、暴行も脅迫もOKとなれば、
「療育的意図」があれば、監禁も拘束もOKとなり、
「恋愛感情があった」と言い張れば、セクハラもOK。
「指導的意図」があれば、パワハラもアカハラもOK。
裁判っていったい何なんだ?
力ある側にお墨付きを与える場なのか?
と思ってしまう twitter.com/iwatyan1963/st

posted at 20:47:33

6月24日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

「ある日突然現れる後見人」
当事者との関係もないままに業務として担われる事はおかしいですよね。
後見業務は、あくまでも当事者が暮らす上で必要となる支援の一つでしかないはず。願わくば、当事者の周囲の人たちとともに支援にあたれる状況が生み出されると良いのですが・・・現実は厳しいですね twitter.com/sushisukiyo/st

posted at 19:50:29

6月24日

@takebata

竹端寛@takebata

この記事関連のツイで、患者の暴力が多いのは事実、と平気で書く病院関係者。でも、そもそも患者が暴力的になるのは、閉鎖病棟で本人の思いが否定される、病棟空間や支援環境の暴力性が引き越した可能性はないのか?→「精神科医にも拳銃持たせて」病院協会長が機関誌で引用 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-

Retweeted by 岩ちゃん

retweeted at 11:15:22

6月24日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

言葉化や体系化の研究ではそうかもですが、関係の中で起こっている状態として発達障害を捉えた時、「人が暮らす」場面では常に関係性が伴う東洋の方が、基盤の違いはすぐれていると思います。ただ、その関係性の維持が権力者によって利用され排除する事で成り立たせている点が問題に思います。 twitter.com/out_of_range13

posted at 11:09:33

6月24日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

「大変」という面ばかりが取り上げられますが、その手前にある「どうってことない」と思える事には無関心。大変な状態を問題にする手前にある「どうってことない状態や小さな違い。日々「肩の力を抜いて付き合い」些細な事も一緒に過ごす中で解決していけば大変が大変でなくなるように思います。 twitter.com/0an3262c17p610

posted at 10:53:12

6月24日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

「私は、不思議ちゃんと呼ばれていて、発達障害と診断された途端、これまで仲良しだったクラスメイトが離れ、いじわるしていた人が近づいてきた」と。
TVによる障害の理解は進むかもですが、そういう個人の存在が周囲に届くというのとはかなり開きがあるように思います。 twitter.com/afcp_01/status

posted at 09:48:24

6月24日

@takonokibot2

たこの木ボット@takonokibot2

きちんと計画を立てて支援するという事は必要だが、その場その時の状況で臨機応変に支援する事も同様に必要な事。ただ、後者は一般化できない分意識的に大切にする必要があるかもしれない。 #takonoki2

Retweeted by 岩ちゃん

retweeted at 09:36:09

6月24日

@takonokibot2

たこの木ボット@takonokibot2

成人した後、親の願いと自分の想いが違えば、袂を分けるという選択肢が私たちにはある。しかし、障害当事者たちは、親の願いと異なる想いを抱いた時、いかに親の願いに当事者の想いを合わせようと周囲は思う。 #takonoki2

Retweeted by 岩ちゃん

retweeted at 09:30:47

6月24日

@iwatyan1963

岩ちゃん@iwatyan1963

まぁ~。炊き立てにこだわらなければ、タイマー解除はどうってことないですね。
動画も観て楽しむならばそれも良し。ただ、興奮して音をバンバン鳴らすこともあり、以前上の階の住民から苦情並びに退去を求められた経緯があり、介助者がいない所で何が起こっているか解らずという悩みが・・・ twitter.com/ukigumo226/sta

posted at 09:29:49

このページの先頭へ