情報更新

last update 09/22 15:52

ツイート検索

 

@jai_an
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@jai_an

芦田宏直@jai_an

Stats Twitter歴
3,626日(2009/10/19より)
ツイート数
147,598(40.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年09月22日(日)3 tweetssource

8時間前

@jai_an

芦田宏直@jai_an

日本の大学院進学率が上がらず、全体に低学歴化しているのは、学歴(学位)が職業資格として機能していないからだ。職に就くことより、〈会社員〉になることの意識の方が高いから、とも言える。だから、学部教育においてもカリキュラム意識が生じない。何を学んだかはどうでもいいものになる。

posted at 12:32:59

9時間前

@jai_an

芦田宏直@jai_an

「人生の日曜日」とは、日曜日のために平日があるとしたヘーゲルのことばだが、だとしたら大学とは日曜日そのものである。だから、大学の先生たちは、日曜日に家族と遊んで写真なんかSNSなどにアップしてる場合ではないのだ。と、ヘーゲルの言葉を噛み締める今日この頃。

posted at 11:52:57

10時間前

@jai_an

芦田宏直@jai_an

最近は、貧乏人ほど太るらしい。貧乏人は、炭水化物を食べることが多いから。そして炭水化物は安いかららしい。そんなレポートを読む今日この頃。

posted at 10:38:19

2019年09月20日(金)2 tweetssource

2019年09月15日(日)1 tweetsource

2019年09月14日(土)5 tweetssource

2019年09月13日(金)1 tweetsource

2019年09月12日(木)7 tweetssource

9月12日

@jai_an

芦田宏直@jai_an

iPhoneの3カメラのデザインがしっくりしない。最近のHUAWEI、Galaxy、LGのデザインを見慣れたわれわれにとっては、レンズの突起の処理も含めて、もはや、iPhoneはダサいとしか言いようがない。

posted at 09:17:30

2019年09月11日(水)5 tweetssource

2019年09月10日(火)5 tweetssource

2019年09月09日(月)11 tweetssource

9月9日

@jai_an

芦田宏直@jai_an

「乗務員の確保ができず」、定期便が50分遅れるとは、どういうことかな。乗客は、この台風の中、必死に羽田まできて、6時過ぎから4時間も待っているのに。

posted at 10:10:15

9月9日

@jai_an

芦田宏直@jai_an

伊丹空港行きは少し遅れて運航するのに、松山空港行きは欠航というのは、差別なような気がする。

posted at 07:07:11

2019年09月07日(土)2 tweetssource

2019年09月04日(水)1 tweetsource

2019年09月03日(火)15 tweetssource

9月3日

@jai_an

芦田宏直@jai_an

一方学術文庫版編集部の連中はサイテーだった。自分たちの出版物にあたりもせず「わかりませんねぇ、図書館でも行って初版あたっていただくしかないですねぇ」と。冷たくあしらわれる。出版社って自分たちが誰に何を頼んで書いてもらっているか把握できていないらしい。天下の講談社、どうかしている。

posted at 21:35:22

9月3日

@jai_an

芦田宏直@jai_an

例の鶴見俊輔の柄谷行人文庫版における「解説」の件。本日、講談社に問い合わせました。講談社の柄谷行人文庫版は二種類あって、文芸文庫版と学術文庫版の二つ。まず文芸文庫版の方は編集部の方が丁寧に出版物にあたっていただき、5分ほど待って「ないですねぇ」とのこと。かなり丁寧な対応だった。

posted at 21:35:21

9月3日

@jai_an

芦田宏直@jai_an

今日の『ジェーン・スー 生活は踊る』は、肝心のジェーン・スーが急な発熱で休んでしまい、別の女性アナウンサーが出てきたのだが、その娘がとても楽しそうに出てきて、急で大変だったと言うばかりで、一切ジェーン・スーのことを気遣うトークなし。こういうのをジェーン・スーは決して聞き逃さない。

posted at 20:55:21

9月3日

@jai_an

芦田宏直@jai_an

〈試験〉というものは、

①学んだ時間からある程度時間が経っていること 

②できるだけ広範囲に出題されること

この両者を満たす事なしには効果が出ない。観点別評価は、この観点からも間違っている。

posted at 13:54:58

9月3日

@jai_an

芦田宏直@jai_an

工業大学の数学でさえ、こんな感じだから、文系科目になるともっとひどいものになる。〝学力低下〟を本気で心配するのなら、この科目履修評価における期末試験の比重を100%にしてから考えるべきなのに。

posted at 13:34:17

9月3日

@jai_an

芦田宏直@jai_an

昨年末に始まった文科省の「教学マネジメント特別委員会」でも、まだなお金沢工大のシラバス書式が推奨され議論されているが、このシラバスこそ、「観点別評価」の張本人のようなシラバス。「線形代数」の科目さえ、期末試験は30%の評価しかない。

posted at 13:34:17

9月3日

@jai_an

芦田宏直@jai_an

先生たちは、この評価のおかげで、なにもしなくなった。知力を上げることに注力する必要がないのだから。先生の仕事の大半がなくてもよいのと同じ。

posted at 13:34:17

9月3日

@jai_an

芦田宏直@jai_an

この仕組みが、中等教育や高等教育の教育力が上がらない元凶。約30年間続いているのだから、かなりの大病だと思う。

posted at 13:34:16

9月3日

@jai_an

芦田宏直@jai_an

紙試験割合がたとえ40%あったとしても、その試験が零点でも、〈意欲〉評価で60点取れるわけだから、この学生は〝合格〟になる。

posted at 13:34:16

9月3日

@jai_an

芦田宏直@jai_an

これではなにも身につかない。意欲評価と並んで自発性、創造性、応用力などを紙試験とは別評価にするとはどういうことか。それを問うのがそもそも紙試験だったはずなのに。

posted at 13:34:16

9月3日

@jai_an

芦田宏直@jai_an

わたしは、「関心・意欲・態度」の「観点別評価」自体に反対しているのではなくて、それを教科評価の実体的項目として、紙試験(期末試験)の評価の割合を下げることを反対しているのです。大学などでは、紙試験の期末試験割合が20%~30%の大学がゴロゴロ存在している。

posted at 13:34:15

このページの先頭へ