情報更新

last update 10/20 08:57

ツイート検索

 

@jiro57
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@jiro57

加藤治郎@jiro57

Stats Twitter歴
3,168日(2010/02/17より)
ツイート数
31,104(9.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年10月19日(金)22 tweetssource

13時間前

@smiki19631

鈴木 美紀子@smiki19631

思いがけず『風のアンダースタディ』を読んでくださった方とおしゃべりをする機会がありました。性差や年齢を超えて共感できたり、新たな発見があったり。誰かと出会うための歌集だったんだと改めて感謝💫ありがとうございました。 pic.twitter.com/1TaTK78kLw

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 23:51:04

14時間前

@ManabuOoi

大井学@ManabuOoi

「作品傾向」と、あえて書いてます。つまり、歌人の単位ではなく、歌として考えたとき、「ニューウェーブ」の方法論に触発された作品が、あの時代にはあったと思うんですね。例えば、これら。 pic.twitter.com/BIX4S1Qz6c

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 23:18:53

14時間前

@teao_ten

ティ@teao_ten

そういえば新幹線とまったっていう速報が入ってたな。いろんな出来事がつながっているんだな。
新幹線止まる→名古屋が人でいっぱい→平和園満席→ちゃありぃ原稿できない→治郎先生待つ

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 23:16:56

14時間前

@jiro57

加藤治郎@jiro57

@ManabuOoi ありましたね!
森本平は、典型的なニューウェーブの修辞です
巧いです
この作品傾向は、2012年の短歌研究新人賞受賞作品、鈴木博太「ハッピーアイランド」にも認められます

posted at 22:58:08

14時間前

@jiro57

加藤治郎@jiro57

@ManabuOoi はい。そうだと思います。東直子さんもそうでしょうね。ただ今年6月のシンポジウムまで、そういう思いは表明されなかったのです。
30年経過した後にそういう機運が生まれたというのが私の認識です。それは良いことだと思います。
「ポスト・ニューウェーブ」を含めて「ニューウェーブ」でもよいのです

posted at 22:40:23

15時間前

@jiro57

加藤治郎@jiro57

@batabata ありがとうございます。
当時、4人のほかに「ニューウェーブ」と呼ばれた歌人を私は知りません。そのまま30年経過しました。
だから、もう一度、1990年代を見直すことになると思います。それは賛成なんです。
それを「ニューウェーブ」と名付けるかどうかは別の問題です。

posted at 22:07:30

15時間前

@jiro57

加藤治郎@jiro57

@ManabuOoi 今の時点から1990年代の短歌史を見直すのは意味のあることです。あの時代の「ニューウェーブ」とは何だったかと。

ただ、今までの言説では栗木京子さんの書いた「ニューウェーブ」が、ごく一般的な見解だったと思うんだよね。捏造じゃないよ。短歌辞典って、厳密に査読されて刊行されるのです。

posted at 21:57:53

17時間前

@yu_RI_rita

内山佑樹/嘘@yu_RI_rita

『短歌往来』11月号が届きました。ありがとうございます。加藤治郎「ニューウェーブ歌人メモワール」では、短歌研究新人賞への構想をいかにして練ったのかを垣間見ることができます。
 
「まずは、受賞作・候補作を読むことからだ。」(『未來』2018年10月号、選歌後記より)
 
なるほど。 pic.twitter.com/2unwLpD9uj

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 20:24:33

17時間前

@jiro57

加藤治郎@jiro57

@musouan 読んでいただき、ありがとうございます

先行する歌人たちを意識しながら、一歩ずつ進んでいきました
この後、穂村弘に遭遇します

posted at 19:34:35

17時間前

@musouan

西田政史@musouan

短歌往来11月号。
ニューウェーブ歌人メモワール。
加藤治郎さんの最後の一言に強く共感する。
「口語文体で香り高い文学性のある作品。そう漠然と想い描いた。」

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 19:31:01

10月19日

@KamisinOkkk

かみしの@KamisinOkkk

あとこの連作がはじめにあって、かつ帯で内容の少女漫画性が取りざたされると、それ以降のすべての歌がその文脈に回収され、結果Ⅱ章のリアリズムもなんらかのシュミラークルととらえられて、せっかくの一回きりの生が反復可能なものとしてパッケージングされてしまうかもしれない、という恐れもある

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 00:13:05

10月19日

@KamisinOkkk

かみしの@KamisinOkkk

短歌の連作と漫画って確かにフラグメントの集成であるという構成の点では似通っているけれど、構造的には短歌のもつ物語と漫画のもつ物語って別物で、後者の形を前者にもちこんだ場合、手法は短歌界隈内で褒められるかもしれないけれど、作品としては漫画に勝ちえないのでは、という気がぼんやりとする

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 00:12:46

10月19日

@KamisinOkkk

かみしの@KamisinOkkk

『ライナスの毛布』内の連作「メリーゴーゴーラウンド」がデータベース消費的な連作であり、いわゆる少女漫画っぽさという記号消費のありかたって芸術活動と相反していないか、あるいはキャラ化する歌集、パッケージングの是非、連作と漫画というような話をしたかったのだけど会場発言の時間がなかった

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 00:12:13

2018年10月18日(木)5 tweetssource

10月18日

@ave123maria123

小川 ゆか@ave123maria123

円窓を花にてえかく如くにて中味はいづれ草の香りよ

意識は本体から発し、意識は本体があってわかる色即是空、空即是色のつながりをもつ、窓の障子をあけて、よく認識すれば手もとの花もいつしか玉手箱をあけた様に客へつながり、その思いの煙は弱水混沌にとけて…

堀宗凡「茶花遊心」

む、難しい… pic.twitter.com/wk0aiaaucm

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 23:01:18

10月18日

@1VMyY0jSDEYEXg8

真中北辰(まなほく)@11/3歌会☆しながわ水族館吟行@1VMyY0jSDEYEXg8

80年代の歌・穂村弘(エッセイ)
●K(加藤治郎)の言葉
「十回打席に立って六回打てればいいんだ。それは五回打席に立って三回打つってこととは違うよ。それでは駄目。十回打席に立つってことが大事なんだよ」
「いい歌が作れないことがあるのは仕方ない。でも、いい読みはいつもできなきゃいけない」

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 18:08:54

2018年10月17日(水)11 tweetssource

10月17日

@broom07714761

minami@broom07714761

「ねむらない樹」vol.1(書肆侃侃房)読了。現代短歌シンポジウム「ニューウェーブ30年」当日参加できなかったので、誌面で討議の内容を伺うことができること、有難い。林あまりさんと東直子さんの対談、後編もぜひ読みたい。山田亮太さんによる、加藤治郎さんの『Confusion』書評、頷きながら拝読。

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 23:15:25

10月17日

@suzukakeshin

鈴掛 真@suzukakeshin

クラウドファンディングで制作費を募った短歌のリリックビデオ『Cry』youtu.be/S5Eumul4sZc
ご支援いただいた歌人の加藤治郎さん@jiro57には最新歌集『Confusion』からの一首を刺繍短歌にしてお贈りしました。映像のエンドロールにご支援いただいた歌人の皆さんのお名前を記載しています。 pic.twitter.com/lqppIbv2hX

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 22:52:59

10月17日

@ave123maria123

小川 ゆか@ave123maria123

古里をはなれし椰子は花うけてはるばる来ぬる旅のねぎらい

どこに電流が通じているのか、ひょっこり椰子の実が手に入ってきた…テレビから海の鈴の音が聞こえてくる。椰子の花舟とみてほしい。こうした連想には夢遊してゆく遊心がある。心は雲に例えられ、マクロミクロ遠近自在に考えを流す。

堀宗凡 pic.twitter.com/PCS1TIy3H8

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 22:02:23

10月17日

@suzukakeshin

鈴掛 真@suzukakeshin

クラウドファンディングで制作費を募った短歌のリリックビデオ『Cry』youtu.be/S5Eumul4sZc
ご支援いただいた歌人の加藤治郎さん@jiro57には最新歌集『Confusion』からの一首を刺繍短歌にしてお贈りしました。映像のエンドロールにご支援いただいた歌人の皆さんのお名前を記載しています。 pic.twitter.com/lqppIbv2hX

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 18:15:15

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

2018年10月16日(火)19 tweetssource

10月16日

@Wanderer_Kazu

カズ@Wanderer_Kazu

「青山のブランドが落ちる」
「一等地なんだぞ‼」
「貧困世帯の子供なんて来るな」
「だから児童相談所反対‼」
「田町に作れ!(田町差別)」

「青山にはそぐわない」
「青山の夢がなくなる」
「青山の魅力が半減する」

“不幸な子供達を蔑む街 南青山” pic.twitter.com/aJcamcw2vB

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 23:29:36

10月16日

@suzukakeshin

鈴掛 真@suzukakeshin

クラウドファンディングで制作費を募った短歌のリリックビデオ『Cry』youtu.be/S5Eumul4sZc
ご支援いただいた歌人の加藤治郎さん@jiro57には最新歌集『Confusion』からの一首を刺繍短歌にしてお贈りしました。映像のエンドロールにご支援いただいた歌人の皆さんのお名前を記載しています。 pic.twitter.com/lqppIbv2hX

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 23:09:01

10月16日

@ave123maria123

小川 ゆか@ave123maria123

しゃこ舟も今は浮たり花のせて到る岸辺は安楽の島

もっこばらはとげがない。…しゃこ貝も、つって舟とするとけっこうつり舟になる。…とげは誰もとってくれる人もない。心のとげは自分でとるしか中々、方がないのである。…

堀宗凡『茶花遊心』

自分のとげは自分で抜かなくては
めざせ安楽の島 pic.twitter.com/Hl3YG6436C

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 22:58:49

10月16日

@jiro57

加藤治郎@jiro57

@kozakaipunks 🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦐🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚🦀🥚

カニ玉ばんざい

posted at 22:15:36

10月16日

@jiro57

加藤治郎@jiro57

2018年10月15日毎日歌壇

力にて街こわれたり(ちからをもいれずしてあめつちをうごかし)
登別市 松木秀

マナーモードを音出るように切り替えて道産子からの連絡を待つ
東京 真中北辰

思いがけずカバンに簡易撮影機証明写真の顔顔顔顔
大阪市 櫻井雅恵

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 20:12:32

10月16日

@jiro57

加藤治郎@jiro57

2018年10月15日毎日歌壇

虫ピンは虫を刺すこと前提の名前で怖いだろう 人ピン
上尾市 関根裕治

暗闇で私の腕を摑むものここより暗い場所があるよと
インド 須田覚

青色の小鳥にふれてたくさんのひとりぼっちのつぶやきを見る
東京 木下龍也

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 20:12:28

10月16日

@jiro57

加藤治郎@jiro57

2018年10月15日毎日歌壇

きっとそう何も言わずに死んでゆく貼らないカイロぎゅっと握って
京都市 小川ゆか

若者はすべるがごとく年配者は貼りつくごとくスマホの指は
高崎市 門倉まさる

Retweeted by 加藤治郎

retweeted at 20:12:23

10月16日

@jiro57

加藤治郎@jiro57

@yu_RI_rita 一人当たりの仕事を3割減らす
難しいけれど
・やらなくてもいい仕事、先に延ばせる仕事を棚卸し
・従業者を増やす
・アウトソーシングする

posted at 17:48:05

このページの先頭へ