情報更新

last update 07/14 11:08

ツイート検索

 

@k_matsumoto
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

  • 2,228フォロー
  • 936フォロワー
  • 26リスト
Stats Twitter歴
4,009日(2009/07/24より)
ツイート数
25,677(6.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年07月14日(火)6 tweetssource

5時間前

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

BMI(Body Mass Index)。

ちなみに私は、57/1.72/1.72=19.3です~。
なお、自宅の体重計によれば、体脂肪率約20%😅

BMIと体脂肪率は単純に比較できないですけど、体脂肪率のほうが数字が大きいのって、まずいような。

posted at 10:47:21

2020年07月13日(月)14 tweetssource

19時間前

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

・以上で済めば話は簡単なほうです。
が、まれにレポート本文にまったく赤字指導がなく、講評にさらっと酷評不合格みたいなケースがあります。このときは仕方なく教科書読み直しから始めて、真のゼロから書き直しなどしました。

参考になれば幸いです。

posted at 20:25:22

19時間前

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

反映させました。
・赤字指導を反映させたうえで、改めて自分の書いたレポートを添削者になったつもりで全部読みました。最初に書いた時よりも本人が成長していれば、今ならこう書く、みたいな部分が出てくるもので、そういった部分に修正を入れることで、全体を直した感を出すようにしてました。

posted at 20:25:21

19時間前

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

・再提出期限半年を見越して、いつ取り組むかスケジュールを決める。半年過ぎてレポート失効させないよう、新規レポよりも優先させました。
・本文に赤字指導があった部分は、とにかく最優先で取り組みました。赤字が直接入った部分だけでなく、その赤字指導が有効な個所を他に見つけたら、そこにも

posted at 20:25:21

19時間前

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

再レポート提出の件。
私が提出した22科目分のレポート、うち3科目は英語ですけど、再提出が必要だったのは英語1科目、専門科目が5科目でした。
英語は、間違ったところを直すだけだったのですが、そのほか、説明系、論述系のレポートの再提出時に注意したことは次のとおりです。

posted at 20:25:21

21時間前

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

@moe003b 再提出したレポートが、ちゃんと複数冊読んでるな、よしよし、と添削者が判断できるくらい書き直されてればOKです。
論述系のレポートの場合は、最低でも教科書以外に2冊以上参考文献を読んで、作法を守って参照または引用されている必要があります。科目によっては5冊以上要求されます。

posted at 19:16:57

7月13日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

@popopo_tyan 楽天カードとかヤフーカードみたいなのは、それぞれWebサービスをどれくらい使うか次第なので、純粋に好みです。
プロパーカードにこだわりないなら、楽天JCBカードみたいなのにして、ブランド3つを持っておけば、カード決済できるのに使えない、という状況はなくなると思います。

posted at 10:32:55

7月13日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

@popopo_tyan 私としてはアメリカをカバーするVISA、ヨーロッパをカバーするMaster。JCB、AMEX、Dinersは持つならプロパー(ブランドが直接発行するカード)で、という理解でいます。だから、クレカ3枚持ちまでは普通かなと思います。続く

posted at 10:31:15

2020年07月12日(日)7 tweetssource

7月12日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

私はカラオケ好きで、しかももっぱらいわゆるカラオケスナックで歌ってました。
が、新型コロナによる新しい生活様式が必要な状況では、カラオケスナックには行けない。怖い。
おひとりカラオケボックスでも、対策が出来てないところには行きにくいかな。

posted at 13:06:21

7月12日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

一般人でも同じ。どんな場所で夜通しパーティーだったのか、どんな場所でのカラオケだったのか? のほうが重要でしょう?

経済は回すべきですが、わざわざ3密に自分から向かってく状況はダメでしょう。

posted at 13:03:27

7月12日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

@shirokuma_nanda 論文構想次第。
担当してくれる指導員次第。
そして、どうしても日程の都合に制限がある旨、卒論指導申込のさいに書いておけば、集中日以外の日程になる場合がありますね。

posted at 00:51:43

2020年07月11日(土)2 tweetssource

7月11日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

・必要な資料が近所の公立図書館、大学のメディアセンターで手に入らない。
・国会図書館サーチで検索すると、ちょっと遠めの公立図書館に蔵書がある。
・念のためカーリルで近所の図書館をサーチしたら、隣の市の公立図書館に蔵書発見。
・市外の人でも著作権内コピーは可能。

往復してきました。

posted at 13:44:40

2020年07月10日(金)15 tweetssource

7月10日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

@mpPawHCWcqp192z 7月7日kcc経由の通知メール「3.kcc-Trackの推奨環境について」によれば、スペックとしては特に指示がないですね。指定の最新OSが動き、セキュリティが考慮された指定のブラウザならOKなのでは。
なお、私のPCは昨年末にメモリを4GBから8GBにアップグレードしまして、それ以来快適です。

posted at 13:38:20

7月10日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

ただ、いきなり秋の卒論指導申込で論文構想を提出するのが怖かったので、夏期スクーリング前の卒論オリエンテーションで開かれる個別相談に申し込み、そこに仮の論文構想を3本持ち込んで相談したりもしました。
以上を経て、なんとか19年秋は予備指導に滑り込みました。

posted at 10:20:55

7月10日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

構想再提出の指導内容が、テキスト科目西洋哲学史Ⅰのようなつかみどころのなさを感じ取ったことから、哲学、倫理学での論文執筆はあきらめました。
学問分野を絞った後、「文学部向け諸注意」に上げられた参考文献をできる限り読んで、新しい論文構想を考えました。

posted at 10:20:55

7月10日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

2019年3月の論文構想再提出となったあと、kccの卒業論文の手引の「作成上の注意」「文学部向け諸注意」「作成の手引」を全部読み直し、自分の履修科目を振り返り、今後何をすればせめて予備指導に進めるか、徹底的に考えました。

posted at 10:20:54

7月10日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

明確に文学部学生として、哲学、倫理学の論文を文献調査を元にして書きたい意志を強く押し出したので、だったらちゃんと文学部の学問領域に即した構想を作ってください、という指導でした。
ショックだったのは、入学時の志望理由時から温めていた内容では卒論が書けないことが確定した点です。

posted at 10:20:54

7月10日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

卒論指導申込時の論文構想再提出の件。7回の人の気持ちまではわかりませんが、1回くらった自分の範囲で。
私のときは、再提出理由を端的に言うと、取り上げたテーマが哲学、倫理学的なものでなく、取り上げたい思想家もテーマとの関連性が薄い、とのことでした。

posted at 10:20:54

2020年07月09日(木)24 tweetssource

7月9日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

@USChinaKeio @onji_keitsu71 予備指導には2種類あります。
まず、次回の本指導が同じ指導員で確約されたケース。
そして、次回の指導が同じ指導員で確約されてないケースです。予備指導を繰り返すケースはこちらです。実質テーマの却下もしくは方向見直しだと思います。
なお、予備指導からの本指導格上げはまた別物です。

posted at 21:37:10

7月9日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

@USChinaKeio @onji_keitsu71 質問箱の中身に対応させると、論文構想の提出回数は1回ってことですよね。1回で実質的に本指導に入ってる(ルールの問題で予備指導)人と、7回も論文再提出になる人は何が違うのでしょう? (質問主が誰なのかは知りません)

posted at 21:22:46

7月9日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

@onji_keitsu71 実際にはテキスト履修、スクーリング、卒論と切り替わることで気分転換できる人のほうが多いと思います。
私の場合は不器用だったので、結果的に卒業要件単位を取り切って卒論に専念することになったのですが、専念したからといって今後順調に進むのかは不安です(・_・💦

posted at 21:10:06

7月9日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

@onji_keitsu71 2017年5月に卒論指導登録。
17年夏の卒論オリ個別相談会で方向性確認。
17年秋、18年春、18年秋は単位獲得との平行に自信がなく見送り。
19年春の卒論指導は論文構想再提出。
19年夏の卒論オリ個別相談会再利用。
19年秋は予備指導。
20年春の代替指導でやっと本指導でした。

Retweeted by 松本 勝晴

retweeted at 19:37:50

7月9日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

@onji_keitsu71 2017年5月に卒論指導登録。
17年夏の卒論オリ個別相談会で方向性確認。
17年秋、18年春、18年秋は単位獲得との平行に自信がなく見送り。
19年春の卒論指導は論文構想再提出。
19年夏の卒論オリ個別相談会再利用。
19年秋は予備指導。
20年春の代替指導でやっと本指導でした。

posted at 19:37:44

7月9日

@mph_for_doctors

手を洗う救急医Taka@mph_for_doctors

若者は感染しても大丈夫とか、自粛など必要ないというつもりは全くありませんが、緊急事態宣言は無駄が多く経済的なダメージも大きいのは確実です。

適切な感染対策を徹底することができれば、理論上感染の拡大はかなり防げるはずです。

まずは個々人ができることから。

よろしくお願いします。

Retweeted by 松本 勝晴

retweeted at 15:14:07

7月9日

@mph_for_doctors

手を洗う救急医Taka@mph_for_doctors

東京は過去最多の感染者数となりました。

緊急事態の再宣言を議論する前に、まずはしっかりと感染対策を見直しましょう。

マスクで鼻は覆っていますか?

手を洗う前に顔を触っていませんか?

換気の悪い場所で大声で話をしていませんか?

東京都224人が感染 過去最多
news.yahoo.co.jp/pickup/6364913

Retweeted by 松本 勝晴

retweeted at 15:13:58

7月9日

@fshin2000

えふしん@fshin2000

医療崩壊を心配すると言うよりは、医療体制に余裕があるから、今のうちに陽性者を見つけて隔離しておけって話じゃないですかね。

Retweeted by 松本 勝晴

retweeted at 15:11:18

7月9日

@fshin2000

えふしん@fshin2000

少々熱が出てるくらいで真正面に行くと保険適用のPCR検査のハードルは未だに高いらしいが、夜の街の人とかは優先的に無症状でもPCRを受けられるらしく、母数が増えたのはその背景がある。陽性率が上がっても、重症化しにくいのは、重症化してない人を検査してるからというパラドックス。

Retweeted by 松本 勝晴

retweeted at 15:10:51

7月9日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

おまけ。慶應通信のレポート返却に関する裁判の件。

リンク張ろうとしたけど、何やら小難しいことが書いてあるので、グーグルから「慶應通信 レポート 裁判」あたりで検索してみてください。

posted at 13:37:17

7月9日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

テキストレポート返却期間の件その3。
通信教育部の立場としては、郵便事故の可能性のあるとき以外は、問い合わせを受けても対応できない、というのが本音のようです。
(塾生ガイド2020:p.77、上から10行目あたり)
問い合わせても定型の返事しかないなら、結局は待つしかないのでしょう。

posted at 13:19:13

7月9日

@k_matsumoto

松本 勝晴@k_matsumoto

在学1~2年目くらいまではけっこう慶應通信の人に直接会うことも重視してました。が、2018年くらいからは、自分の卒業のためには人と会うのは二の次、と思うようになりました。なので、リアルでの知り合いはあんまりいません。
そのあまりいないリアルな知り合いの卒業は、本当に励みになります。

posted at 09:47:55

このページの先頭へ