情報更新

last update 01/29 14:29

ツイート検索

 

@kagayam
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

Stats Twitter歴
5,058日(2008/03/26より)
ツイート数
12,506(2.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2022年01月29日(土)2 tweetssource

2022年01月28日(金)1 tweetsource

2022年01月27日(木)2 tweetssource

1月27日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《およそ何事につけ、「汝はこれをもう一度、ひいては無数回にわたって欲するか」という問いが、最重量級の重みで君の行為にのしかかってくることだろう》ニーチェ『愉しい学問』(森一郎訳、講談社学術文庫)、p.349。
amzn.to/3KLmKj2

posted at 00:08:44

1月27日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《万事にわたって、「お前はこれをもう一度、さらに無限回にわたって欲するか」という問いが、最大の重石となって、君の行為にのしかかるだろう!》ニーチェ『喜ばしき知恵』(村井則夫訳、河出文庫)、pp.355-6。
amzn.to/3IEgN5n

posted at 00:03:17

2022年01月26日(水)5 tweetssource

1月26日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《何事をするにつけてもかならず、「お前は、このことを、いま一度、いな無数度にわたって、欲するか?」という問いが、最大の重しとなって君の行為にのしかかるであろう!》『ニーチェ全集8 悦ばしき知識』(信太正三訳、ちくま学芸文庫)、p.363。
amzn.to/3rMvzAi

posted at 23:59:30

1月26日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《勇気は最高の殺し屋である、攻撃する勇気は。死をも打ち殺す。勇気はこう語るからだ。「これが生だったのか。よし、もう一度」と》ニーチェ『ツァラトゥストラかく語りき』(佐々木中訳、河出文庫)、p.270。
amzn.to/3tXTv6B

posted at 23:54:15

1月26日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《勇気は、最高の殺し屋だ。勇気は攻撃する。死をも打ち殺してくれる。勇気はこう言うからだ。「これが、生きるってことだったのか? よし! じゃ、もう一度!」》ニーチェ『ツァラトゥストラ(下)』(丘沢静也訳、光文社古典新訳文庫)、p.22。
amzn.to/3H8bScE

posted at 23:50:28

1月26日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《勇気にまさる殺し屋はない。すすんで攻める勇気、それは死をも打ち殺す。なぜなら勇気はこう言うからだ。「これが生きるということであったのか? よし! もう一度!」》ニーチェ『ツァラトゥストラはこう言った(下)』(氷上英廣訳、岩波文庫)、p.19。
amzn.to/3nZPGKn

posted at 23:45:57

1月26日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

『梨泰院クラス』も最後まで見た。勝手に『美味しんぼ』的な対決を期待したのもあるせいか、終盤なんだかスッキリせず……。天才少女チョ・イソが、仲間に詩を読んであげる場面とニーチェ『ツァラトゥストラ』の〈永遠回帰〉の箇所を引用する場面とが、本屋的ツボではあった。
www.netflix.com/browse?jbv=811

posted at 23:17:11

2022年01月24日(月)1 tweetsource

2022年01月23日(日)1 tweetsource

1月23日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

『愛の不時着』2周…。結局、才能&才覚にも恵まれた良家の御子息&御令嬢がカネ&コネと地位&権力にモノ言わせ38度線を超越する異世界転生的貴種流離恋愛譚。

で、一句。
芒種とやククスを茹でる中隊長
(「中隊長」に「リ・ジョンヒョク」とルビ。ククス=麺。2,9,16話参照)
www.netflix.com/browse?jbv=811

posted at 16:31:44

2022年01月21日(金)1 tweetsource

1月21日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

北大の新型コロナウイルス感染者報告は単発の記事(しかもPDF)だが、道内の他大学では時系列順にまとめて推移をたどれるようにしているところもある。
北海学園大学→ www.hgu.jp/info/news/COVI
札幌大学→ www.sapporo-u.ac.jp/covid-19/
札幌学院大学→ www.sgu.ac.jp/information/co
twitter.com/kagayam/status

posted at 18:31:00

2022年01月20日(木)2 tweetssource

2022年01月13日(木)2 tweetssource

1月13日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

カント『永遠の平和のために』(講談社学術文庫)。丘沢静也による新訳。「訳者あとがき」の、従来の訳では「敵意」と訳された Hostilitäten をめぐる話がおもしろい。岩波文庫と光文社古典新訳文庫も持ってるが、いま見当たらないので、レクラム文庫版の原書を持ってることをアピールしておく(未読)。 pic.twitter.com/a5SXXI0tJt

posted at 23:23:06

1月13日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

デカルト『方法叙説』(講談社学術文庫)。小泉義之による新訳。私の手元には、岩波文庫の落合太郎訳・谷川多佳子訳、ちくま学芸文庫の山田弘明訳、角川ソフィア文庫の小場瀬卓三訳がある(中公の「世界の名著」版もどこかに)。なお、今回の新訳の小泉義之は、角川ソフィア文庫版に解説を書いている。 pic.twitter.com/uaRPdDGP8Y

posted at 23:04:40

2022年01月11日(火)2 tweetssource

1月11日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

『イカゲーム』、解説・考察などに深入りするつもりはないが、一箇所だけ、2話に出てくる本(画像右下の顔写真表紙。字幕で題名『欲望の理論』と)を雑にググって調べてしまった。ラカンのセミネール第6巻らしい。背表紙、左から2冊めはニーチェ? オレンジ色はサリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』。 pic.twitter.com/yVxSvXmgHd

posted at 22:57:08

1月11日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

『世界』2022年2月号、「岩波俳句」。
自由題。
池田澄子選佳作。

ちちろちちろここに立ってていいですか

「ちちろ」はコオロギのことで秋の季語。「ちち」「ちち」「ここ」「てて」「いい」と同音繰り返しを5回。ひらがなのようなやさしい鳴き声に囲まれて、漢字のようにひとり立ち尽くすイメージ。 pic.twitter.com/uhA1lusLuI

posted at 22:17:48

2022年01月10日(月)5 tweetssource

1月10日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《今までも小さく悔いてきた
 進学や就職
 そういう人生の岐路で
 その判断を他人に委ねてきたことを思い出す
 これはオレの性癖なのだ
 苦しく難しい決断になると投げちまって
 それを他人に預ける
 自分で決めない
 そうやって流され流され生きてきた》
 福本伸行『賭博黙示録カイジ1』 pic.twitter.com/TRwirsExoz

posted at 13:31:56

1月10日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《きみは形を持たない水で、誰かが用意した斜面を流れてゆくだけだ。あるいは、記憶もなければ熟慮もしない魚だ。水槽で暮らしている間ずっと、一日に百回、ガラスにぶつかる魚だ。いつまでもガラスを水だと思い込んでる》プルースト『失われた時を求めて2』(光文社)、p.262。
amzn.to/3n7iXlB

posted at 13:17:20

2022年01月09日(日)4 tweetssource

1月9日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

『イカゲーム』見ながら・見終わってしたTwitter検索は、「イカゲーム バトル・ロワイアル」「イカゲーム カイジ」「イカゲーム 大泉洋」「イカゲーム 星野源」「イカゲーム ロバート秋山」「イカゲーム セビョク」「イカゲーム 6話」「イカゲーム 藤原竜也」などです。ネタバレしてないよな。

posted at 23:46:32

1月9日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

どんなものか、ちらっと確認しようと思って今日の朝に見始めた『イカゲーム』を、一日で全9話見終えてしまった。

posted at 22:07:45

1月9日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

【虫短歌3首】 この虫も永遠とかいふところまで行つちまひたさうに這ひ急ぎをる(前川佐美雄)  昆蟲は日日にことばや文字を知り辭書から花の名をつづりだす(塚本邦雄)  「美」が虫にみえるのことをユミちゃんとミナコの前でいってはだめね(穂村弘)  #3tanka

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 18:46:24

2022年01月08日(土)3 tweetssource

1月8日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《手をつないでずっと歩いた
 笑ったままでずっと歩いた
 あの公園が大好きだった
 あの青空が大好きだった
 あなたがとても大好きだった
 あなたがとても大好きだった》
 GO-BANG'S 「BYE-BYE-BYE」
(作詞・作曲:森若香織)
youtu.be/MLuN-hCO9Nk

posted at 21:13:31

2022年01月06日(木)1 tweetsource

2022年01月05日(水)4 tweetssource

1月5日

@inabatsuyoshi

稲葉剛@inabatsuyoshi

「住まいは人権」。”ハウジングファースト”型住宅支援を実現するために必要なこと - BIG ISSUE ONLINE bigissue-online.jp/archives/10798

コロナ禍での各団体による #ハウジングファースト 型支援の実践を報告したオンラインシンポより。つくろい東京ファンドとビッグイシュー基金からの活動報告です。

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 22:31:12

1月5日

@tawaki79

Tatsuya Shirahase@tawaki79

アメリカでは公共の場での寝泊まり、座り込みなどが罰せられるようになっている。記事はホームレスの犯罪化は費用対効果の面からも非合理的と指摘する。むしろ手頃な価格の住宅、薬物治療、教育支援、就労支援等を組み合わせたハウジングファーストのアプローチがコスト面でも効率が良いとのこと。

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 22:31:02

1月5日

@tawaki79

Tatsuya Shirahase@tawaki79

アメリカにおける「ホームレスの犯罪化」を問題視する記事。とても読み応えがある。2020年の調査では58万人のホームレスが確認されており、今後4年間で約50%増加する見込み。主な要因は家賃の高騰に対する適切な住宅政策の欠如。ハウジングファーストの重要性を指摘している。
www.forbes.com/sites/forbeseq

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 22:30:59

1月5日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《馬は実在します。それは現実のものです。しかし二人の家庭における「五郎という存在」は妄想に根ざしています。それは「僕」の妄想とトキ子の妄想を持ち寄って付託するためのひとつの装置なのではあるまいか》村上春樹『若い読者のための短編小説案内』(文春文庫)、p.87。
twitter.com/kagayam/status pic.twitter.com/qGJHFmDMOW

posted at 22:22:06

2022年01月04日(火)6 tweetssource

1月4日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《まったく当時の私は、人生をただの手順としてしか理解できなかった。父親が死に、母親が死に、味噌汁やお新香と同じように私の生活に限りなくひっついていると思えるものたちが順々に居なくなって、そうして私も死ぬのだと思っていた》色川武大「百」『昭和の名短篇』270
amzn.to/3qPFODm

posted at 19:44:07

1月4日

@aglossia_

ren yoshida@aglossia_

ウィトゲンシュタインの著作がすべてパブリックドメイン入りしたので The Ludwig Wittgenstein Project でテクストが利用できる。ただし『文化と価値』や『哲学的文法』のように編集者の寄与の創造性を否定できない著作は、確実な結論が得られるまでは公開しないらしい。
www.wittgensteinproject.org/w/index.php?ti

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 09:43:47

1月4日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《いまの出版社は、売れる作家をどこかから探し出してきて、一発当てることしか考えていないように感じます。読者=観客を育てるという発想を、出版人は忘れてしまったのではないでしょうか》東浩紀『ゲンロン戦記 「知の観客」をつくる』(中公新書ラクレ)、p.127。
amzn.to/3aMng0w

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 09:19:51

1月4日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《才のともしきや、学ぶことの晩(おそ)きや、暇のなきやによりて、思ひくづをれて止(や)むることなかれ。とてもかくても、つとめだにすれば出来るものと心得べし。すべて思ひくづをるるは、学問に大きにきらふ事ぞかし》『本居宣長「うひ山ぶみ」』(講談社学術文庫)、p.54。 pic.twitter.com/VorOWYz3OH

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 09:16:44

1月4日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《眠りから起きるのがつらいときには、つぎのことを思い起せ。社会に役立つ行為を果すのは君の構成素質にかなったことであり、人間の(内なる)自然にかなったことであるが、睡眠は理性のない動物にさえも共通のことである》マルクス・アウレーリウス『自省録』(岩波文庫)145
amzn.to/2X2wNbE

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 09:14:46

2022年01月03日(月)7 tweetssource

1月3日

@donadona958

Ryusankun『左川ちか全集』今春刊行@donadona958

馬の小説といえば、古井由吉編『馬の文化叢書9巻 馬と近代文学』にたくさん収録されていますね。「新冠御料牧場」の小説とか読みたいなあ。向井豊昭の傑作「御料牧場」1965があるけれど、馬小説ではないし。
dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid
twitter.com/donadona958/st twitter.com/kagayam/status

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 21:49:34

1月3日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《僕はトキ子を真似てとび乗ると思いきりピシリと鞭をくれた。いくら強い打撃でも、馬であればこれで文句は云えまい。五郎は勢よく走り出したが、どっしりした、かたい胴のかんじは、これにトキ子が乗っていたかと思うと、僕に嫉妬をかんじさせる》小島信夫「馬」
amzn.to/3qHvFbV

posted at 10:25:14

1月3日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《私も夜も昼もけじめのつかない、夜昼ばかりでなく自分の主体というものにもけじめを失ったまま、浮遊するように生きている。五十年の間、あれこれやってきたことは、ただ伸びひろがって拡散していくばかりで、少しもまとまりがつかない》色川武大「百」『昭和の名短篇』270
amzn.to/32HY1Lc

posted at 09:24:58

2022年01月02日(日)6 tweetssource

1月2日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

一月一日を鶏日、二日以降を狗日、猪日、羊日、牛日、馬日、人日と呼ぶことにつき、山本健吉『基本季語五〇〇選』(講談社学術文庫) amzn.to/32E0iXC の記述(p.925)。典拠は『荊楚歳時記』 ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%8A 。《それぞれの家畜をその日は屠殺しない日であり、人日は死刑を行わない》 twitter.com/kagayam/status pic.twitter.com/MyHrXvxiWH

posted at 08:07:18

1月2日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《つまり、深く考えすぎるというわけですよ。真理はかならずしも、井戸の底にあるわけじゃない。それに、真理よりももっと大切な知識ということになると、こいつは常に表面的なものだとぼくは信じるな》「モルグ街の殺人」『ポー名作集』(丸谷才一訳、中公文庫)、p.28。
amzn.to/3o8VI9h

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 00:17:45

このページの先頭へ