情報更新

last update 10/18 18:30

ツイート検索

 

@kagayam
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

Stats Twitter歴
3,860日(2008/03/26より)
ツイート数
9,690(2.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年10月18日(木)2 tweetssource

21時間前

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

勤め先では出荷履歴を記録してることとカガヤの粘着的な記憶とにより、重複発注に気づくケースが多いが、連絡・確認のコストを勘案し大抵そのまま出荷する。K書店WEB課はあまりにも重複多いのでイヤミまじりにビニール包装してメモ添付したら、やっぱり重複でそのまま返品してくれた。ありがとー(怒) pic.twitter.com/58vvmcbgeR

posted at 10:57:41

10月18日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

dCprG are
菊地成孔
坪口昌恭(Keys)小田朋美(Keys. Cho)大村孝佳(Gt.)アリガス(Bass)千住宗臣(Drums)田中教順(Drums)大儀見元(Per. Cho)津上研太(Sax)高井汐人(Sax)類家心平(Trumpet)

>dCprG『Franz Kafka’s South Amerika』試聴用Special Edit Part.2 youtu.be/DByJLOnUE7Q

posted at 00:46:21

2018年10月17日(水)3 tweetssource

10月17日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

dCprG are
菊地成孔
坪口昌恭(Keys)小田朋美(Keys. Cho)大村孝佳(Gt.)アリガス(Bass)千住宗臣(Drums)田中教順(Drums)大儀見元(Per. Cho)津上研太(Sax)高井汐人(Sax)類家心平(Trumpet)

>dCprG『Franz Kafka’s South Amerika』 試聴用Special Edit Part.1 youtu.be/v07GgLDLmFU

posted at 21:03:35

10月17日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

猫舌SHOWROOM「豪の部屋」。ゲスト:ゆるめるモ!あのちゃん。「吉田豪とハミダシ女」あのちゃん回はお蔵入りなのでうれしかった。ほめられるたび豪さんにお菓子あげるあのちゃん最高。共演した掟ポルシェさんを「いい人止まり」と評するあのちゃん最高。生きて動くあのちゃん見られるだけで最高だが。

posted at 00:02:44

2018年10月16日(火)1 tweetsource

10月16日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《抑圧された人びとが実効的な影響力をおよぼしうる集団の構築を試みるたびに、その集団は、政党と命名されるにせよ労働組合と命名されるにせよ、自身が改革または打倒の対象とみなしていた旧制度のあらゆる欠陥を、そっくりそのまま自己の内部に再生産した》S.ヴェイユ『自由と社会的抑圧』(岩波文庫) twitter.com/ray_fyk/status

posted at 15:34:20

2018年10月15日(月)1 tweetsource

10月15日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

『小説野性時代』2018年11月号「野性俳壇」。
兼題「運動会」。
長嶋有・夏井いつき両先生によるダブル選外佳作(ただし、複数句だしたので、どれを採っていただいたのかは不明)。
このままいくと、「鹿っぽい」の句が代表作になってしまうので、かっちょいい句で、もういちど特選とりたいですな。 pic.twitter.com/0qJ3jOdbNm

posted at 20:21:04

2018年10月14日(日)5 tweetssource

10月14日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

最近は、悪夢ばかり。今日は、坂道の多い街で強風と高波に包囲され、次の波でもう駄目だと観念した瞬間に目覚めた。先日は、手荷物の中身が殺した女の頭部で、バレそうになった瞬間に目覚めた。波の冷たさ、頭部の重さ。眠るのが怖いので、誰かやさしく抱いてほしい。魂を抱いてくれ(©氷室京介)。

posted at 21:29:08

10月14日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《人によると、花よりも新緑が好きだという。新鮮好み、さわやか好みなのだろう。私は両方とも好きだが、細かくいえば、咲きだそうとする花、ひろがろうとする葉に一番心をひかれる。〔……〕花はきしむようにしてほころびはじめるし、葉はたゆたいながらほぐれてくる》幸田文『木』(新潮文庫)、p.84。 pic.twitter.com/o8xo6r905S

posted at 12:26:56

10月14日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

言葉の誤用については、意味・意図が伝わる範囲ならいいじゃないかと思うのだが、このところわりとよく見る「所収する」という用法は、漢文の句法(為A所B「AノBスルトコロトナル」)を学んだせいではなく廣松渉の「所与」「所識」に毒されてるせいで、能動・受動のこんがらがりに引っかかってしまう。

posted at 10:09:17

2018年10月13日(土)6 tweetssource

10月13日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

個人的な註釈を追加しとくと、ぼくは、ももいろクローバーZでは有安杏果さん推しで、でんぱ組.incでは夢眠ねむさん推しでした。かつ、夢眠ねむさんは、ももクロでは有安杏果さん推しであって、2018年は、その二人のグループ卒業、およびアイドルネッサンス解散とバニラビーンズ解散で、もう……(涙) pic.twitter.com/q6bWP0NSm1

posted at 21:26:51

10月13日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

夢眠ねむさんが、でんぱ組.inc卒業&芸能界引退を発表したタイミングで、これ↓とかさらしておきますかね……。2012年8月22日HMV札幌でのチェキ(最上もがさん欠席)。いいVサインをするカガヤ……。なお、着用しているTシャツは、メンバーの写真がプリントされているものです(@ JAMのVol.1のやつ)。 pic.twitter.com/WdAcGhgt9R

posted at 18:30:30

10月13日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

カガヤの2018年は、有安杏果さんのももクロ卒業で始まり、夢眠ねむさんのでんぱ組.inc卒業(2019年1月7日ラストだが)で終わる、と。夢眠書店開店したら、バックヤードの検品・返品係としてでも雇ってほしい…

>でんぱ組.inc夢眠ねむが1月の武道館公演で卒業、芸能界も引退
natalie.mu/music/news/303

posted at 18:08:17

10月13日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《木は口もきかず歩きもしない慎しみ深いものだが、なじみ親しむばかりが木との交際ではない、地を隠すもの、広さをまどわすものとしても、心得ていなくてはなるまいと思う。生きていのちあるものは大概が、どこか、なにか、はたからは思いのほかの、あやしい一面をもっているらしい》幸田文『木』 pic.twitter.com/ggLK98sV5V

posted at 14:54:36

10月13日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《あなたは梢の葉っぱばかり見るから、わからなくなっちゃう、幹の色、木の肌の様子も見てごらんといわれた。つまり、高いところにある葉や花にだけ、うつつを抜かすな、目の高さにある最も見やすい元のほうを見逃すな、ということである》幸田文『木』(新潮文庫)、p.76。 pic.twitter.com/1ZYaRNIyba

posted at 11:28:03

10月13日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《木に逢いに行く〔…〕なるほど木は、住居を留守にすることがないのだから、こちらが行きさえすればいいわけで、ごく簡単なことなのだが、調子よくいかないことだってある。縁だの運だの時だのと、古めかしくいえば笑われるが、私は古人間だから、出逢いということにはそれがあると思う》幸田文『木』 pic.twitter.com/SjEyQp4z4w

posted at 08:56:10

2018年10月12日(金)2 tweetssource

10月12日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《彼らには、それぞれ決まった体の位置があった。例えば、首の角度、顔の向き、手の位置、膝の折れ具合などがピッタリ合っていない場合、彼らは苦痛の時間を過ごさざるを得なかった。〔…〕患者にとってのこの1センチの意味が、いかに大きいか》西村ユミ『語りかける身体』(講談社学術文庫)、12-3頁。 pic.twitter.com/tj2YvGbY91

posted at 20:35:03

10月12日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

札幌。14.5°C。雨がざっと降って上がり、さわやかな光。いちょう並木は色づきはじめたところ、枝先の葉はかなり黄色くなっているものも。イチョウは好きな木だが、葉っぱの色や形より、枝の出方が私的見所。空間を刺し貫いてく感じ。だから、冬の、葉が落ちたイチョウ(枝打ち前)も、眺めてたのしい。 pic.twitter.com/cBUUdMzKJV

posted at 14:37:34

2018年10月10日(水)1 tweetsource

2018年10月09日(火)3 tweetssource

10月9日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《ある天気のよい午後、ゆったりと憩いながら、地平線にある山並みや、憩っている者に蔭を作っている木の枝を眼で追うこと、それがこれらの山々や木の枝のオーラを呼吸するということである》「技術的複製可能性の時代の芸術作品」『ベンヤミン・アンソロジー』(山口裕之訳、河出文庫)、p.305。 pic.twitter.com/StUcyhUa3o

posted at 21:15:06

10月9日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《夏の午後、静かに憩いながら、地平に連なる山なみを、あるいは憩っている者の上に影を投げかけている木の枝を、目で追うこと──これがこの山々のアウラを、この木の枝のアウラを呼吸することである》「複製技術時代の芸術作品」(久保哲司訳)『ベンヤミン・コレクション1』(ちくま学芸文庫)p.592 pic.twitter.com/6b0fTWyrmM

posted at 21:08:48

10月9日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《ある夏の午後、ゆったりと憩いながら、地平に横たわる山脈なり、憩う者に影を投げかけてくる木の枝なりを、目で追うこと──これが、その山脈なり枝なりのアウラを、呼吸することにほかならない》(野村修訳、多木浩二『ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」精読』(岩波現代文庫)のp.144より) pic.twitter.com/135vKOZdS2

posted at 21:00:35

2018年10月08日(月)1 tweetsource

10月8日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《セザンヌ:ねずみ色を一つも描いたことのないうちは画家じゃないんだ。あらゆる絵画の敵はねずみ色だ、とドラクロワは言っている。でも違うんだ。ねずみ色を一つも描いたことのないうちは、画家じゃないんだ》ガスケ『セザンヌ』(與謝野文子訳、岩波文庫)、pp.233-234。 pic.twitter.com/H0d3QcLZoB

posted at 10:45:52

2018年10月07日(日)2 tweetssource

10月7日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

バニラビーンズのカバー曲だとまずは「東京は夜の七時」で、バニビ版は《本当に愛してるのに/とても淋しい あなたに逢いたい》の「のに」がいっそう切なく響く気がする(当社比)。『VANILLA BEANS Ⅱ』所収のスピッツ「おっぱい」カバーもよいです。

>「東京は夜の七時」
youtu.be/VIEzfEkX_6E

posted at 19:15:34

2018年10月06日(土)11 tweetssource

10月6日

@jugoya029

jugoya@jugoya029

エルンスト・ユンガー「パリ日記」(月曜社)
軍事や政治の話題以上に膨大な量の読書の記録が目を引く。書店をまわり図書館に行き、届いた本を紐解き読みふける…音楽や映画などほかの諸芸術の話題はほとんどなし。出会う人士もコクトーやセリーヌら文学者。この人は徹頭徹尾、本の人なのだなと感嘆… pic.twitter.com/5hHGdwWgTk

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 21:49:36

10月6日

@clnmn

吉川浩満@clnmn

『ゲンロンβ』の連載も終わってしまったので、「人文的、あまりに人文的」の続きをYouTubeとかでやってみたいなあ。山本貴光くん @yakumoizuru とチャンネルをつくってVTuberデビューとか……。キャラクターはエピクロスとエピクテトスとか……。哲劇漫談……。

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 21:49:14

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

10月6日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《さよなら。ニコラ ニコラ
 もう バスが来たから ・・Time to go, now
 この手 離そう アデュー

 そう いつの日か 私 見つけたら
 そのままで きっと 笑って》

 バニラビーンズ「ニコラ」
 (作詞:Chang Jung、作曲・編曲:阿部靖広)
youtu.be/dwNuBaF4FFU

posted at 21:23:15

10月6日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

@_mimibana 記録更新です!「北海道の、本を紹介するサイトで、ゆっふぃーのCD……」と話したら、名乗る前に「あー! 見ました! 本の? カガヤさんですね」という反応で感激。CDのくだりも記事化していただけたおかげです。感謝。(ま、実在するデート相手で、ツーショット写真記録は更新したいものですが…)

posted at 20:19:05

10月6日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

こまかくチェックしてはいないので他社の状況はわからないが、角川文庫につづいて、PHP文庫も10月新刊からスリップ(書店店頭の書籍に挟まってる書誌情報の書かれた紙。レジで抜く。『本の雑誌』2018年10月号のスリップ特集参照のこと)を入れないようになったらしい。スリップレス化は進む流れかな? pic.twitter.com/mDQfpnSBmI

posted at 19:20:19

10月6日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

HMV札幌にて、3年ぶりに寺嶋由芙さんにお会いしてきました(新曲「君にトロピタイナ」もうすぐ発売イベント)。北海道書店ナビ( www.syoten-navi.com/entry/2018/06/ )のお話をして、生身で〈本屋のカガヤ〉と認知してもらえました。ゆっふぃーは、ぼくが生涯で最も多くツーショット写真を撮った女性です(笑) pic.twitter.com/x99ZAyco3I

posted at 18:55:49

10月6日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

しまった! 手元の合同出版『ドイツ・イデオロギー』が、これ↓だったので、合同新書って新書を名乗ってるけど新書サイズじゃないと思ってた! この「新版」以前に出てたのは新書だったのね……。無知と調査不足は罪……。ちなみに、柄谷行人が引用する『ドイツ・イデオロギー』は、この花崎皋平訳。 pic.twitter.com/CgcWDj1UGc

posted at 09:50:06

2018年10月05日(金)3 tweetssource

10月5日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

そして今日も羊を見に行った(もちろん配達途中ですよ。最末端労働者の職務を全うしてますよ)。牛と同じフレームに収めてみた。それにしても羊たち、草に夢中で小生には無関心。ホーミーかなんか習得して、全員こっち見てる写真とか撮りたい。いつか。来世ででも。来世の羊たちがいっせいに振り向く。 pic.twitter.com/acb8AaM7yX

posted at 21:02:01

10月5日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

岩波新書創刊80年記念『はじめての新書』。丸山真男『日本の思想』とカー『歴史とは何か』がやはり人気。合同新書『ドイツ・イデオロギー』を選んでる人が! ぼくも、おすすめの文庫で東洋文庫をあげるような人間になりたい(笑) pic.twitter.com/wbTOUp4gTI

posted at 14:14:38

10月5日

@skkzm

上妻世海@skkzm

【拡散希望】
僕の初めての単著『制作へ』の表題エッセイである「制作へ」がエクリのウェブページで全文無料で公開になりました。学生などで関心はあるけど今は著作を買うお金が無いという方にも是非読むだけ読んで欲しいです。

よろしくお願いします!!!

ekrits.jp/2018/10/2760/

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 00:24:18

2018年10月04日(木)3 tweetssource

10月4日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《カレンダー加工(calendering)=紙に光沢をつけたり、紙厚を制御するために、強圧下で塗工後の紙を金属ロールの間に通すこと。マット系やグロス系など製品の内容により、マシンカレンダーやスーパーカレンダーなどそれぞれ異なったカレンダー処理を行う。》
>印刷用語集
www.jfpi.or.jp/webyogo/index.

posted at 21:39:47

10月4日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

街角校正。書店エスカレーター脇の掲示ゆえブレブレですが、「calender」表記は見てとれるかと……。calendar と grammar は、つづり注意です。なお、「calender」は、ぼくの手元の『ジーニアス英和辞典』によると、「カレンダー《紙・布用の光沢機》」「(トルコ・イラン・インドの)托鉢修行僧」と。 pic.twitter.com/0zky0rEybO

posted at 20:01:25

2018年10月02日(火)8 tweetssource

10月2日

@akishobo

亜紀書房@akishobo

【予告】岡崎乾二郎『近代芸術の解析 抽象の力』、11月下旬に刊行予定です。『ルネサンス 経験の条件』から17年、待望の批評書がついに刊行!〈「美術の力」理解のための絶好の案内書〉(高階秀爾)〈読み終えたとき、あなたと世界は完全に更新されているだろう〉(浅田彰)www.akishobo.com/book/detail.ht

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 23:59:55

10月2日

@skkzm

上妻世海@skkzm

僕は企画を奇跡が起こることを前提に進める。何故か。語義矛盾のようだが、奇跡は必ず起こるからである。もちろん、ビジネス的な視点からいうと、それは計算出来ないのでダメである。僕はここから説明する。この説明は言い訳ではない。この説明は知恵である。偶然性を共に受け入れるための準備運動。

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 23:59:20

10月2日

@skkzm

上妻世海@skkzm

【告知】
10月16日に僕の初めての単著『制作へ』が発売になります。帯は落合陽一さん、奥野克巳さんに書いていただきました。応援する意味でも拡散して頂けると嬉しいです。今後の活動にも繋がります。投げ銭感覚で一冊、いや友達用に二冊、よろしくお願いします!!
#制作へ

ekrits.jp/towardforming/

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 23:58:10

10月2日

@yamauchishiro

山内志朗@yamauchishiro

中沢新一の『はじまりのレーニン』、誤っているところを指摘するのは楽ですが、それを指摘するのが「不適切」であるぐらい、よい本です。事実を事実としてしか語れない本は大したことがなくて、新しい事実を作り、探求を励起するのがよい本です。

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 23:57:50

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

このページの先頭へ