情報更新

last update 06/04 13:56

ツイート検索

 

@kamefuji
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kamefuji

かめふじ@ハイアイアイ臨海実験所@kamefuji

Stats Twitter歴
3,731日(2010/03/19より)
ツイート数
45,260(12.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年06月04日(木)4 tweetssource

8時間前

@kamefuji

かめふじ@ハイアイアイ臨海実験所@kamefuji

修士新卒の新入社員氏が「いずれは自分の幅を広げるためにも社会人博士課程に行きたいですね」と仰ったので、「幅を広げたい程度のモチベならもう一回修士をやればいい、博士に行くなら何かしらの世界一を獲りにいくだけのモチベがなければ行っても無駄」と老害ムーブをキメてしまった。

posted at 12:18:59

9時間前

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[蒐書日誌]Stephen B. Heard『Charles Darwin’s Barnacle and David Bowie’s Spider: How Scientific Names Celebrate Adventurers, Heroes, and Even a Few Scoundrels』(2020年3月, Yale University Press yalebooks.yale.edu/book/978030023 )※最近はほんとうに “生物名の新刊本” が多いなあ. pic.twitter.com/g0FWhTMrTq

Retweeted by かめふじ@ハイアイアイ臨海実験所

retweeted at 11:23:44

21時間前

@kamefuji

かめふじ@ハイアイアイ臨海実験所@kamefuji

それにしてもこれだけ模様の違うオスメスをどうやって『これ同種です』って合わせるのかね。今回は同じところによくいたからオスメスかな?とハエトリハンドブックで確認する前にも思えたけど。こんなんじゃ未記載に出会えてもオスメスセット揃えられる気がしないや。

posted at 00:13:42

2020年06月03日(水)5 tweetssource

6月3日

@kamefuji

かめふじ@ハイアイアイ臨海実験所@kamefuji

うおおお 生態学会オンライン開催決定かー 判断早いな 結局今年の中止判断も今となっては十分に支持できる内容だったよなと後出しジャンケンができるので、残念ではあるけどよい判断をされていると思います。

posted at 14:20:00

2020年06月01日(月)1 tweetsource

2020年05月31日(日)8 tweetssource

2020年05月30日(土)4 tweetssource

5月30日

@kamefuji

かめふじ@ハイアイアイ臨海実験所@kamefuji

北杜夫が「中学生のころ」ということはおそらく1939~1942年の頃の出来事ですから、まだ国際動物命名規約が整備される前のことですね。1905年に整備された、日本語では『旧規約』と呼ばれるルールの時代で、このような事例に対応できないのでICZNが整備された、ということなのかもしれません。 twitter.com/umineko22/stat

posted at 11:55:31

5月30日

@umineko22

うみねこ博物堂(店舗休業中)@umineko22

話は少し違うのだけど、北杜夫のどくとるマンボウ昆虫記にこういう挿話があり、印象に残っている。これも一種の虚言癖のようなものか。
学問というのは「嘘をつかない」という性善説が根本にあるので、確信犯のでっち上げにはなかなか打つ手がない…というか、反証にすごくコストがかかるので大変。 pic.twitter.com/Zw63NLncfD

Retweeted by かめふじ@ハイアイアイ臨海実験所

retweeted at 11:54:27

2020年05月29日(金)7 tweetssource

5月29日

@kamefuji

かめふじ@ハイアイアイ臨海実験所@kamefuji

リンネ本を読んでたらリンネの母方のひいひいおばあさんが魔女として火刑にされたとか書いてあって、生物学も世界史の中の出来事なんだなぁと改めて感じ入るなど。こういう知識のつながりがあれば中高の授業も大学入試対策以上のモチベで取り組めたかもしれんなぁと思う。

posted at 00:42:31

5月29日

@kamefuji

かめふじ@ハイアイアイ臨海実験所@kamefuji

10年後くらいにはhiseqクラスのものが新品でこれくらいの値段で手に入るかもしれないんだよな。そういう世界で分子でバリバリ成果を出していくイメージは持てないから、やっぱり浜でカメをひっくり返して磯でフジツボ剥がしてそこらへんで虫を捕ろう、といつもの結論に落ち着く。

posted at 00:33:49

2020年05月28日(木)5 tweetssource

5月28日

@kamefuji

かめふじ@ハイアイアイ臨海実験所@kamefuji

「~を断言できると思う」という表現は断言しているのかいないのか問題。僕はしていないと感じる。断言できるなら「と思う」はつけるべきでないし、断言できないのであれば「断言」という単語をつけなければいいのでは。

posted at 12:08:32

2020年05月27日(水)8 tweetssource

5月27日

@kamefuji

かめふじ@ハイアイアイ臨海実験所@kamefuji

積読本のおかげで「積みは罪ではない」という確信を得て、ついでにゆるふわ非常勤でお小遣いができたので、YouTuberマツケン先生のおすすめ書籍、未購入だったトトロ本を何冊か、非常勤講義の資料にリンネ本を何冊かかめふじ亭の積読ビオトープに放流。さらに豊かな生態系が構築されつつある。 pic.twitter.com/eyeRM67oCe

posted at 18:20:36

2020年05月26日(火)10 tweetssource

5月26日

@lonicela

るてえる@lonicela

今朝のウミガメは、頭が大きいことや甲羅の分かれ方などから、多分アカウミガメ。付いていたフジツボは2種類で、カメフジツボの仲間なんだろう。体長1m近いかなり大型個体だったので、カメは成体だろうけど、とりあえず雌雄は不明。しかし、一人じゃ運ぶの無理…。 pic.twitter.com/fHOZbaBjtw

Retweeted by かめふじ@ハイアイアイ臨海実験所

retweeted at 12:23:17

5月26日

@kamefuji

かめふじ@ハイアイアイ臨海実験所@kamefuji

@kimun_ekasi 今更ですがリスト、上野益三じゃなくて磯野直秀でした。『日本博物誌総合年表』 (日本語) 磯野 直秀 (著) 高いのでとりあえず国立国会図書館いって索引からヘビの記載があるところだけコピーするといいと思います。www.amazon.co.jp/gp/product/458 手元に欲しいなぁと思いつつまだ僕も手に入れていません。

posted at 12:15:51

5月26日

@kamefuji

かめふじ@ハイアイアイ臨海実験所@kamefuji

この最初のツイをしたときには2部残っていて、そのあとすぐ在庫が消えたのでどなたかも残り一冊を注文されたのだと思うけど、これ著者に「カール・フォン・リンネ」って書いてありましたよね?今ドルバックになってるけど。

posted at 11:01:10

このページの先頭へ