情報更新

last update 10/19 22:28

ツイート検索

 

@kamematsu
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kamematsu

Taro Kamematsu@kamematsu

Stats Twitter歴
4,464日(2009/08/01より)
ツイート数
19,747(4.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年10月18日(月)2 tweetssource

2021年10月17日(日)1 tweetsource

2021年10月15日(金)4 tweetssource

10月15日

@kamematsu

Taro Kamematsu@kamematsu

記者会見のスピーカーに対して、共同通信の記者が「こんな内容では記事にするのは厳しい。このままでは見出しが立たない」と、不満を述べる動画が話題になっている(1時間10分すぎから)。ネットで生中継されているのに、会見者に向かって「それでは駄目だ」と説教しているのは、ある意味すごい。 twitter.com/nottoday_777/s

posted at 17:17:04

10月15日

@kamematsu

Taro Kamematsu@kamematsu

金曜の午後4時すぎ。公園のベンチでスマホをいじりながら、傾きかけた西日を背中で受ける。近くで学校帰りの子供達が駆け回り、ボールを蹴る音も聞こえる。

傍目には「おっさんが仕事もしないで暇を潰している」と見えるかもしれないけれど、とても開放的で最高に幸せな気分。テレワークで良かった。 pic.twitter.com/0IwX2W3zOS

posted at 16:21:30

2021年10月14日(木)4 tweetssource

2021年10月13日(水)7 tweetssource

10月13日

@kamematsu

Taro Kamematsu@kamematsu

<ニュースを見つける手がかり、ニュースの「種」とも言えるものは…自分自身の「心の動き」です…「えっ」「そうなの?」「へー」「面白い!」こんな風に、驚いたり、ワクワクしたり、自分の心が動いたら、それがニュースの種です>

『ローカルジャーナリストガイド』より

posted at 20:46:22

10月13日

@kamematsu

Taro Kamematsu@kamematsu

DX白書に掲載された、日米の企業のアンケート結果。DXを推進するために「リーダーに求められるマインドとスキル」が、日米で大きく異なっているのが興味深い。日本企業は「リーダーにテクノロジーリテラシーがなくてもよい」と考えている傾向が強いといえそう。

(元資料)
www.ipa.go.jp/ikc/publish/dx twitter.com/insidesales_jo

posted at 14:51:00

2021年10月12日(火)3 tweetssource

10月12日

@kamematsu

Taro Kamematsu@kamematsu

NHK世論調査。衆院選で最も重視する政策課題として「経済・財政政策」が33%に対して、「環境・エネルギー政策」は6%。世界的には欧州を中心に、気候変動対策を意識した環境・エネルギー問題が重視されるようになっているが、日本の有権者の関心はまだあまり高くないようだ。
www.nhk.or.jp/senkyo/shijiri pic.twitter.com/rrpTX0qRwu

posted at 10:55:49

2021年10月11日(月)2 tweetssource

2021年10月10日(日)1 tweetsource

2021年10月09日(土)2 tweetssource

10月9日

@kamematsu

Taro Kamematsu@kamematsu

<国連の人権理事会(UNHRC)は「清潔で健康的で持続可能な環境」に対する人権を、賛成43票、反対0票、棄権4票(中国、インド、日本、ロシア)で初めて認めました>

UNHRCのサイトにも記述あり。
www.ohchr.org/EN/HRBodies/HR

なぜ日本が「棄権」したのか気になる。 twitter.com/johnhknox/stat

posted at 11:20:37

2021年10月08日(金)1 tweetsource

2021年10月07日(木)6 tweetssource

10月7日

@kamematsu

Taro Kamematsu@kamematsu

これは多くの人が共感する点でしょう。ただ、僕も含めた大半の人は、嘆きつつも何か具体的な行動を起こすわけではない。和田さんが凄いのは、自分から政治家に「対話させてほしい」と働きかけて、最初は断られたのに粘って「対話」を実現させたこと。その過程が見えるのが、和田さんの本の大きな価値。 twitter.com/tj_paki/status

posted at 14:30:19

10月7日

@kamematsu

Taro Kamematsu@kamematsu

今月から事業者登録が始まった「インボイス制度(適格請求書等保存方式)」に関する記事。記事下の識者コメントが興味深い。「インボイス」という英語は本来、単なる「請求書」という意味であって、今回の場合は「タックスインボイス」と呼ぶべきだと。たしかにそうだと思う。
www.nikkei.com/article/DGXZQO

posted at 09:34:18

2021年10月06日(水)1 tweetsource

10月6日

@kamematsu

Taro Kamematsu@kamematsu

<浦上玉堂!私の感じに従えば、この人こそ近代日本の生んだ最大の天才である。彼は『自分のために』描いた、そうせざるを得なかったからである。彼は日本美術の空に光芒を曳く彗星のごとく、独自の軌道を歩んだ…ゴッホに比することができるであろう>(ブルーノ・タウト)
urakami-gyokudo.jp/appeal/

posted at 11:54:37

2021年10月05日(火)3 tweetssource

10月5日

@kamematsu

Taro Kamematsu@kamematsu

5年前の今日おこなわれた朝日新聞社の事業説明会のレポート。現場で取材した。

当時の渡辺雅隆社長は「朝日新聞単体の売上を2015年度の2700億円から5年後に3000億円まで引き上げていきたい」と発言。

だが、売上は年々減り、20年度は2100億円で赤字に転落。厳しい世界だ。

lite.blogos.com/article/193004/

posted at 17:56:35

10月5日

@kamematsu

Taro Kamematsu@kamematsu

Incident.ioは、企業が障害やデータ侵害に直面した際に、問題について社内外に発信し、可能な限り迅速に解決するための適切なフレームワークを提供するスタートアップだ>

インシデント発生時の情報共有システムに特化したサービス。確かにニーズがありそう。
jp.techcrunch.com/2021/10/01/202

posted at 07:58:07

2021年10月04日(月)2 tweetssource

2021年10月03日(日)3 tweetssource

2021年10月02日(土)10 tweetssource

10月2日

@kamematsu

Taro Kamematsu@kamematsu

@usausa_sekine なるほど。ちなみにアルムナイというのは具体的にどんな活動をしているのでしょうか。アワードの説明は拝見しましたが、何か対外的な活動もやっていたりするのでしょうか。
(アワードを見るといろんな会社が活動しているんですね)

posted at 11:31:10

10月2日

@kamematsu

Taro Kamematsu@kamematsu

@usausa_sekine 今の大学生にとっては、外資系企業に就職するのがごく自然の選択肢になっていますが、そういう世界では「ずっと同じ会社にいる」ことのほうがむしろ不自然です。そういう世界とのギャップが大きいなと感じます。人の流動性が上がることで同質性が薄まると良いなと思いますが。
president.jp/articles/-/253

posted at 11:16:47

10月2日

@kamematsu

Taro Kamematsu@kamematsu

@usausa_sekine 正直なところ、僕自身は全然そういう発想がなくて、ビックリしたんですが、そうなんですね。。。「定年まで会社にいるのが当然」と思っているから、「会社を辞めたら裏切り者」という発想が生まれてくるんですかね。転職が当たり前の時代になっているのに、不思議です。

posted at 11:01:25

10月2日

@kamematsu

Taro Kamematsu@kamematsu

NHKの「逆転人生」に登場した西岡壱誠さんのインタビュー記事。番組の中でも、東大生は「なぜ」を繰り返すと言っていたが、それと同じ趣旨の指摘でしょう。

<僕は「地頭がいい」というのは思考が深いことだと思っています。1つの問題に対して、簡単に答えを出さない>
liiga.me/columns/654

posted at 00:25:29

このページの先頭へ