情報更新

last update 01/22 21:37

ツイート検索

 

@kamiyakousetsu
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

Stats Twitter歴
3,499日(2009/06/26より)
ツイート数
3,266(0.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年01月22日(火)2 tweetssource

2019年01月21日(月)4 tweetssource

1月21日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

子どもを保育園に預けていた時、保育士が発達の専門家であり、集団での保育が人間発達に大きなプラスであることを保育士から学びつつ、同時に保育士からは「延長や土曜保育はできればしないでください」として、子どもの安定のために親と過ごす時間の十分な長さが必要だと言われた。

posted at 17:01:31

1月21日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

最近BIと時短の話をした時、学生から「保育士志望だけど、子どもの安定と成長のためには同じ保育士が同じ子を保育をした方がいい。であれば時短できるのか」と聞かれたことがある。当面延長保育分を人員増でカバーしつつ、長期的には、子のいる親は3時に帰れる社会にして、保育士も時短した方がいい。

posted at 16:56:57

1月21日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

「長時間労働を前提とした保育園増設一辺倒でなく、時短に進め」という主張を、人をイラつかせ、考えざるを得ないように言うのが赤木流。かつて格差是正を「希望は戦争」という表現で煽った赤木らしい言い方。 / “自分たちで産んだ子供をどう…” htn.to/xzuSQm

posted at 16:51:52

2019年01月19日(土)1 tweetsource

2019年01月17日(木)2 tweetssource

2019年01月16日(水)4 tweetssource

1月16日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

(続き)自治体とは言えない。そうなると本当に手間もカネもコストがかかる。安上がりを狙ってやる気かもしれないが、本当に民主的にやる場合は逆に高いコストになる。報告書に設置手続の考えが書いてあるが実に危うい。

posted at 13:56:41

1月16日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

(続き)そんなに簡単には町内会をミニ自治体にすることはできない。第一に全員加入が必要になるし、第二に選挙や財政は本当に民主的にやらないといけない。今のようなボス支配がまかり通るやり方をチョイチョイと変えただけなら地獄だ。また異議申立てシステムや住民投票を入れないと(続く)

posted at 13:50:11

1月16日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

早い話、これは町内会などに行政サービス実施機能を持たせようというものだ。行政の下請になるか、ミニ自治体になるかで天と地との差が生じる。前者は戦前の町内会がその究極モデルで、後者は戦後に市川房枝が考えた町内会の徹底民主化の道である。後者ができれば実は悪くない話ではある。だが(続く)

posted at 13:46:39

1月16日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

今日付「赤旗」で自治体問題研究所理事長の岡田知弘が、地方政策の民主的改革方向について「大都市の場合は自治体内に『地域自治組織』をつくり、財源や権限を移していくなどの工夫をすべき」と述べていた。だが「地域自治組織」は総務省で検討が始まっているがヤバいと思う。www.soumu.go.jp/main_sosiki/ke

posted at 13:42:43

2019年01月15日(火)1 tweetsource

2019年01月14日(月)5 tweetssource

1月14日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

(続き)『この世界の片隅に』の映画に関連して片渕須直がその方法をそこかしこで語っているのを聞いて、「ああ、自分たちでよく調べて、その時代を『体験』すればいいのか」と思い直した。運動としても「面白そう」(というと語弊があるが)だし。

posted at 00:38:16

1月14日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

1995年ごろに「被爆体験伝承者の養成ということが運動として必要では」と思ったことがあったが、結局実行しなかった。「体験していない世代が被爆者に代わって語ることなんかできるのか?」という思いがあったせいだが、ここ数年、公的にこういう養成事業が進んでいる。(続く)

posted at 00:35:43

2019年01月13日(日)7 tweetssource

1月13日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

心当たりがあるので今日雇用保険のダイヤルにかけたが「2004年8月以降に受給した人が対象となります」ということ以外は何もわからないし、何も決まっていないということだった。「厚労省のホームページを今後確認してください」。電話担当は大変そうだが、今ダイヤル設ける意味はあるのか、これ…。 twitter.com/jcp_cc/status/

posted at 17:41:14

1月13日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

(続き)行政が言い出して住民同士の問題に「介入」するのは明らかに行政自身の従前の言明と矛盾することになる。少なくとも論理のグレーゾーンであり、マンガのネタとして優れている。実際「第二自治会」「独立自治会」はリアルでやっちゃった地域を見聞きしている。

posted at 12:08:53

1月13日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

(続き)今わかっている情報だけで予想を勝手に書く。防犯灯とごみ収集のためだけなら新自治会を立ち上げるやり方は奇策としてアリだと思う。もともと市側は「住民の任意団体には介入できません。住民同士で話し合え」という立場なんだから、新自治会を建設したからといって「それはダメ」と(続く)

posted at 12:03:59

1月13日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

ブラック企業は一見市場原理で駆逐されそうだけど(求人に誰も応じなくなって)、現実はそうなってない。むしろ低廉な人的コスト・無茶な納期で、良質な地域企業をより早く駆逐していく。地域経済全体が焼き尽くされる。そして高島市長のメンタリティがこれにぴったりなんだ。 kamiyakenkyujo.hatenablog.com/entry/20110307

posted at 11:44:20

1月13日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

(いつもの通り敬称は略す)上西が指摘しているように「やりがいがあろうが働きすぎで人は死ぬ」。「ベンチャーを支援してくれるから今の市長がいい」という若い人がいた。しかしそれは行政がやるべき一側面しかやっていない。むしろ規制や監督こそ行政の仕事だけど、それは全く問題意識がないよね。

posted at 11:38:33

1月13日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

これこれ。これですよ。福岡市が「起業」の街ということでもてはやされていて、市政は支援一辺倒。行政は起業家側に一方的に立って事実上の「解雇指南」とか特区使ってやっちゃってる(雇用労働相談センター)。むしろブラック企業根絶条例こそ必要なはずなんだけど、完全に逆を向いている。 twitter.com/mu0283/status/

posted at 11:31:11

2019年01月11日(金)1 tweetsource

2019年01月10日(木)2 tweetssource

1月10日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

西日本新聞の1月13日付(日曜日)の「随筆喫茶」というコーナーにエッセイが掲載される予定です(1200字程度)。「幻の生物」というタイトルですので、ご覧になれるかたはぜひ。

posted at 22:06:47

2019年01月08日(火)4 tweetssource

1月8日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

吉澤文寿「『徴用工』判決にどう向き合うか」(前衛19.2)。
・日韓請求権協定は日韓間に解釈の合意がない。曖昧なまま。
・最近公開された議事録で解釈合意なしが判明。
・韓は“協定は『合法』的支配下での適法行為のみ。不法支配の不法行為の個人請求権は協定の対象外”という解釈。
…ってことか。

posted at 10:05:39

1月8日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

膨大な文書が出された際に呆然としてしまうんだけど、それを読み解いていくうちに「法則」のようなもの、つまり不要なものと、必要なものがわかってくる、というあたりが結構大事。

posted at 03:53:46

1月8日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

日下部聡『武器としての情報公開』。情報公開をやったことのある人なら書かれている苦労がすごくよくわかる。そして技術にも目ウロコ。請求文面とか参考になる。あと、企業にも自分の個人情報の開示ができるんだ! と知った。他に、共産党都議団のワザらしいが電子メールの情報公開は気づかなかった。

posted at 03:52:32

2019年01月04日(金)1 tweetsource

2019年01月03日(木)1 tweetsource

2018年12月31日(月)3 tweetssource

12月31日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

@gessanyokoyama 対馬での兵隊生活を描いた大西巨人『神聖喜劇』で見たことがある(下図は大西・のぞゑのぶひさ・岩田和博のマンガ版第4巻p.20とp.28)。主人公が精米に使う「踏臼」を餅搗きに使うのはこの地方(対馬)の風習か、それとも戦時で男手がないことの代用かを考えているシーンが出てくる。 pic.twitter.com/5tiboXYdUq

posted at 01:12:09

2018年12月27日(木)1 tweetsource

12月27日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

最近福岡市内のいろんな中学校を回る機会があったが、やはり「毎月10日は、いじめ0の日」というのぼりがあった。「お、今日は10日か。いじめを控えておくかな!」みたいなイメージがどうしても…。 / “愛媛)毎月10日は「いじめ0の日…” htn.to/wA9kVYEb

posted at 12:41:59

2018年12月22日(土)5 tweetssource

12月22日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

『大砲とスタンプ』8。全体がギャグやドタバタのテイストなのに、ここにきて戦争や軍隊についてのシリアスな展開、セリフが。拙著『マンガの「超」リアリズム』で述べた「戦争を描くマンガ」と「戦争を楽しむマンガ」の区分についていろいろ考えるものになった。

posted at 12:02:12

12月22日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

いろいろ思ったが、やっぱりある程度の公正さを求めれば、面倒臭いけど、これくらいのコスト・手間は必要じゃなかろうかと思わざるを得ない。

posted at 10:29:51

12月22日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

(続き)「2円」のために電話代やガソリン代や先生の労働時間が空費されている気がするが必要なコストかも。間違ったぼくが悪い? 娘に返しそびれた担任が悪い? PTAに入らず余計な手間を増やすぼくが悪い? 公正を求めすぎる風潮が悪い? それとも誰も悪くなくルール通りやればこれくらい必要?

posted at 10:27:57

12月22日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

小5娘の自然教室(臨海学校)にはPTAから87円補助が出ている。ぼくはPTAを退会しているので担任から「87円ください」と言われた。間違って89円渡し2円お釣りが出て、その2円を返しそびれた担任が「自宅に来て返す」と言うので、いやそれはさすがにと学校にぼくが行くことに。(続く)

posted at 10:20:14

2018年12月18日(火)3 tweetssource

12月18日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

(続き)政治と生活の距離が再び縮まった2010年代、特に311以降は逆に90年代前半から中葉の『ラブ&ポップ』の頃が「のどかな時代だったんだね」と言われることになるかもしれない。

posted at 04:58:26

12月18日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

岡崎京子『リバーズ・エッジ』の3年後に出された村上龍『ラブ&ポップ トパーズ2』には援助交際をする女子高生が「神田川」を聞いて「のどかな時代だったんだね」と嘲笑的に言及するシーンがある。「政治の季節」を嗤い、「終わりなき日常」を生きる過酷さを書いたものだが、(続く)

posted at 04:56:06

12月18日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

ぼくも読むなり『リバーズ・エッジ』の返歌であろうと思った。『リバーズ・エッジ』の時代よりも政治が生活に入り込んでいる。しかし作者はそこに「ついていけなくなった」と述べている。 / “「退屈な日々」の終わり、「生活」の尊さ、そして…” htn.to/PCdi6q

posted at 04:46:56

2018年12月17日(月)1 tweetsource

12月17日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

火野葦平『花と龍』。選挙で推薦をお願いした人が「福岡県といえば…」と言ってあげた小説。まだ上巻しか読んでないけど、むちゃくちゃ面白いな。若松の沖仲仕の親分だった金五郎・マン夫婦の物語。夫を「あなた」と呼ぶ人、今もう誰もいないのかね。

posted at 11:25:00

2018年12月15日(土)2 tweetssource

12月15日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

『神聖喜劇』で「軍隊内務書」の「兵営ハ軍隊成立ノ要義二基キタル特殊ノ境涯ナリト雖(イエドモ)社会ノ道義ト個人ノ操守トニ至リテハ軍隊ニ在ルガ為ニ其ノ趨舎ヲ異ニスルコトナシ」を引用して主人公が「軍隊と一般社会は地続きだ(真空地帯ではない)」と主張するのに似ている。

posted at 11:09:49

12月15日

@kamiyakousetsu

紙屋高雪@kamiyakousetsu

「暴力団の中にはその答えがある。一般の社会にはない哲学と、それを実践するすごい人物がいるんじゃないかなと思っていた。それを探していたところはあるんですよね。でも本当に、一つも無かった」 / “「タバコと同じく将来絶滅する」 暴力…” htn.to/zRnbFP

posted at 11:05:58

このページの先頭へ