情報更新

last update 09/25 13:53

ツイート検索

 

@kankimura
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

Stats Twitter歴
3,858日(2008/03/04より)
ツイート数
138,308(35.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年09月25日(火)41 tweetssource

2時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

とはいえその一方で「西宮北口の喫茶店でいいですか」「わかりました。じゃあ、例のSOS団の集合場所で」という東国からのお客様もいたので、なかなか世の中、侮れない。

posted at 13:42:12

2時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

しかし、この20年間で一番困ったのは「六甲駅まで来たら迎えに行きますので連絡してください」と言ったら、なぜか「神鉄六甲駅」に到着してしまったお客様である。

posted at 13:31:28

2時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

因みに「西宮北口に来てください」「わかりました。西宮駅の北口ですね」「違います。阪急の西宮北口ですね」「あっ、阪神の西宮駅の北口ですね」という類の会話はもう何十回としたので、最近は諦めて何もないJR西宮駅の北口に行くことにしている。

posted at 13:28:05

2時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

わが近所も「西宮北口で会いましょう」というと「(主としてJRの/たまに阪神の)西宮駅の北口」にお客さんが来てしまうというトラップや、「今津線に乗り換えて甲東園にお願いします」というと、今津線で今津方面に行ってしまうというトラップがあるので、なかなか複雑怪奇である。

posted at 13:24:33

3時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

まあわが神戸も、市内で飲み会の待ち合わせする際に「とにかく神戸駅に行けばいいんですね」というお客様に、「いえ三宮に来てください!」と連呼しないといけないので、結構大変である。

posted at 13:08:52

6時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

よく考えたら「今の大学改革は若手によって支持されている」という人の考え方は、どのあたりにエビデンスがあるのだろうか。ポストの削減や年俸制の導入、更には任期制の導入で一番割を食っているのは年輩者ではなく若手なのは明確なのに。

posted at 10:14:11

6時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

うちの今の授業負担状況も、もはや明らかに持たないので、数年以内にはまた「改革」しないといけないんだろうなぁ。現執行部が自分を15年ぶりに教務委員長に引きずり出したのもその辺に意図があるのかも知れん。

posted at 09:31:43

7時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

@odg1967 ちゃんと書くと、部局設立直後の過渡的な措置が終わって非常勤講師枠が大幅削減され、合わせて外部資金受け入れの関係で「英語での教育を前提とする留学生」が大挙入学するようになり、結果、講義への満足度も教育の効率も大きく低下したので、コースを日本語と英語に分離させた、という経緯でした。

posted at 09:20:00

7時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

@odg1967 英語コースができたので単純に2倍になったが大きかったですね。日本語と英語ちゃんぽんで講義する人がいて、苦情が続出したので、そうなりました。

posted at 09:14:13

7時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

おかしい、22年前の講義負担の話を書いた瞬間、みんな冷たい気がする。だから頑張ってその後、30代で執行部に入って、全員年間8コマ担当必須になるように「改革」したのに。

posted at 09:07:25

7時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

まあああいうのは、子供が親に「俺はあんたに育ててもらった覚えはない!」というようなものなので、親的立場としては、「そうか立派になったな、よしよし」と温かく見守ってあげるべきものである。

posted at 08:38:48

8時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

実際、大学では「研究分野でも凄い人」が執行部に着いた時に過激な改革が進む事も多いんだよね。そしてそういう人は「若い人」じゃないんだよ。

posted at 08:15:46

8時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

こういうのは「自分は他人より仕事してる」と自分で思っている人(←当社比)がやりがちな行為で、時に研究でそれなりの業績を上げていたり、外部資金をガンガンとっている、それなりの年齢の人が、まだ実績を挙げていない若手に無理を言う、という展開になる事も多い。注意しましょう(>俺)。

posted at 08:08:36

8時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

因みに甞て(そして多分今も)自分が「改革派」なのは、自分が真面目に仕事しても何の見返りもないのに、仕事しないで安穏としている人がいる(いた)からですね。だから英語講義も全員出動にしたし、自分が管理する資金は基本「競争資金」化した。後はガバナンスの観点からの徹底した制度整理。

posted at 08:03:25

8時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

文科省からの改革案が若手から歓迎されないのには理由がある。有力国立大学の昔のシステムでは、助手や助教授の講義や行政事務の負担は教授より遥かに少なく設計されていたのだけど、所謂改革は彼らにも多くの講義や行政事務の負担を負わせる方向に働いている。助手が助教になったのが典型。

posted at 07:51:12

8時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

自分の四半世紀の観測範囲では、「若手が文科省さんの改革案を支持して執行部と対立する」というシチュエーションは見たことがない。若手が求めている改革は、例えば業務負担の均衡化とか、在外研究の機会の獲得とか、もっと彼らの利益に直接沿ったものが多い。

posted at 07:47:00

8時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

部局の執行部の立場からすれば、文科省さんの指導に沿った改革をすれば、当座、何らかの予算が降りて来て、部局の制度的安定も得られるので、改革がしたい。どちらかというと、現状のシステムを守る為に改革志向。若い人は研究時間が欲しい。研究成果が出れば、もっと良い大学に移れるからね。

posted at 07:40:30

8時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

というより、今の大学では「文科省さんの意に沿った改革案」は、大抵の場合、本部を通じて執行部から提案されるものだよね。それに、大学のシステムは世代別代表から構成されているわけではないので、「若手グループによる提案」などという状態になることはまずないのではないだろうか。

posted at 07:31:40

2018年09月24日(月)55 tweetssource

22時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

@esumii 探せばそういうところもあるとは思いますが、そもそもそんな力を持っている「守旧派」がもう少ないと思います。というよりどうやったらそんな力を教授会が持てるのか、という気もします。

posted at 18:13:24

22時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

@micky1359 何回でも書いてあげるけど、大学内に改革に反対する人がいる、と言うのと、文科省の下らない規制が改革の障害になっている、という話は「両立する」わけで、前者を殊更に言っても、後者を否定する効果は何もないんだよ。単なる八つ当たり。そういう事してるから改革が進まない。

posted at 17:54:47

22時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

@micky1359 他人の大学の話をされても困りますし、うちの大学で自分がその「若手改革派」であるかも知れない、という可能性は何故想定しないんでしょうか。他人を介さず、直接お答え下さい。誹謗中傷になりますよ。

posted at 17:39:54

22時間前

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

試合前のグラウンドルールの説明で、近藤が出てきて「火、消せよ」というシーンは毎回シュール過ぎると思うのは、自分だけなのか。

posted at 17:23:08

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

官庁の人だって、やる気のない大学教員が突然現場に来て偉そうなポストに座って、仕事サボり倒したら嫌でしょ。それと同じです。

posted at 15:52:02

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

@UzxIbNmRdMtvXN1 繰り返しになるけど、行政から来る人も民間から来る人も優秀な人はたくさんいるし、自分のようなヘボ教員は叶わない人も多い。ただスクリーニングをかけないとそれ以上に「外れ」のケースが出てしまう、という話です。

posted at 15:49:22

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

官庁も民間も一定数「私のxx 経験」みたいな事を話して講義になると思っている人がいるけど、それって一回きりの講演ならともかく、15回の講義ではダメなんだよね。体系だったシラバスを作れない人に講義を任せたら「教育の質保証がなっていない」と怒られてしまう。大学に来る人には分かって欲しい。

posted at 15:43:35

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

結局、お互い相手の仕事を知らない状態で、何も知らない人を交換し、受け入れるのは、ただコストが大きく、受け入れる現場に負担がかかる。特に年配者は序列上、有難い地位に就きたがるので、弊害も大きい。加えて退職までいくらもない人を交換しても、後に残るものもほとんどない。

posted at 15:30:26

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

そういや人事交流で来た人の中には「大学に来てる間にゆっくりさせてもらう」みたいな人もいたなぁ。「給料もらってんだから、ちゃんと授業準備して研究して、行政事務もやれよ、この仕事はそうやって自ら動いてやるもんなんだよ、人に言われずとも仕事しろよ」、という感想しかなかったなぁ。

posted at 15:25:48

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

難しかったのは、2010-2014に書かれた元の文章に、改定段階での新しい情報を加えると、時に矛盾を来たしてしまうこと。図表も日本語版執筆で使用したデータベースの仕様が変わっていたり、データベースそのものがなくなっていたりして、更新できたものと更新できなかったものがあり、苦労しました。

posted at 14:27:49

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

ということで個人的には日本語版を訳してもらった、というだけでなく、アドバイスをいただきながら英語版の書籍を新たに作り上げた、という感じの作業でした。なお最終校正のゲラはまだ私の手元にあるので(^^;、お手元に届くのは来年になると思います。

posted at 14:18:04

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

で、わかったことは本当に優秀な翻訳者や翻訳チームにお願いすると、自分が直接英語を書くよりもはるかにクリアに意図が伝わる、という事。英語版読者に向けた書き直しへの有意義なアドバイスもたくさんいただき、大変勉強になりました。

posted at 14:13:44

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

とある資金がついたので、プロの翻訳家の方に訳して貰ったのですが、やはり日本語と英語ではオーディエンスが全く異なるので、全面的に書き直し、章立ても変えているので、日本語版とはかなり異なるものになっています。また、原著にはなかった注釈も加えています。

posted at 13:58:37

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

序に書いておけば、「そんなに言うんだったらお前が官僚やってみろよ」的に言うのは、我々が「だったらお前が国際学術雑誌に査読論文書いて見ろよ」、というようなものなので意味があるとは思いませんし、良い結果が出るとも思いません。

posted at 12:02:02

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

正直、年輩者の人事交流は官庁も大学も「現段階で自分の組織に必要な人」は出さないし、出せないので余り良い結果にはならない。40代前半くらいまでの、まだ組織運営に必須ではない段階の人の交流なら多少は意味があるかもしれないけど、今の大学にその余裕があるかな。

posted at 11:56:23

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

個人的には「大学に来たら給料凄い下がっちゃったよ」とか「何で秘書とかいないの」とか「准教授にコピー頼んだら怒られっちゃったよ」とか「何で院生は僕の講義取らないんだ」とかいう話を聞かされた経験は多いので、制度的な人事交流には否定的です。企業や行政から取るなら若い人が絶対に良い。

posted at 11:50:37

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

わかっていないのか、わからないふりをしているのかが不明だけど、大学内で改革がしたい人たちからすれば、その改革を阻止している規制は邪魔。それだけの話。

posted at 11:34:38

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

当然の事ながら、両者は矛盾するものではなく、経営陣の判断で改革が却下される場合もあれば、経営陣が主導で改革が行われる場合もある。そして、その改革が文科省の規制により実現されない場合もある。「大学内部の改革の意図」と「それを実現する規制の問題」は当たり前だけど、別の問題。 twitter.com/micky1359/stat

posted at 11:32:21

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

実際、過去に官庁との人事交流で受け入れた人の中には、「俺にコピーさせるのか」みたいな人もいて、そういう人については二度と絶対に受け入れたくない、のが本音です。

posted at 11:03:10

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

自分が見ている限りだと、ネット上で発言している大学教員は自分同様に各々の大学では「改革派」に属する人が多いと思う。いずれにせよ、「教授会で守旧的な意見ばっかり言っている人」、って、現在の大学ではその存在自身、少数派になってきていると思いますよ。

posted at 10:40:45

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

例えばうちの部局はもう10年以上も前に自分が一回目の教務委員長にした際に、独立の英語コースを設けて、教員には全員英語での講義を義務付けたから、英語で即戦力で講義ができない人は常勤として採用できない。教育の改革は真面目にやるとこういう感じになります。

posted at 10:32:20

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

@shayasak08301 いや単純に講義や研究ができない人を雇うと、大学本部や文科省さんに送る各種指標が下がりますので、自分の首を絞める事になるんですよ。文科省さんに怒られます。

posted at 10:21:17

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

で、様々な改革を行う際に困るのは、官庁側の規制の結果として教育内容が自由に変えられない事や、官庁側の指導がコロコロ変わる事。目玉的に資金をつけたプロジェクトが5年もしない間に大きく格下げになり、予算もなくなる、という事態が続くと、何もできない。

posted at 10:18:22

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

こういう改革を真面目に進めてると、教育や研究の経験がない人は雇えないですし、況してや部局の教育内容と関係ない仕事をして来た官僚さんの雇用は全く不可能になります。ただ当然ビンゴの人もいて、普通に競争を勝ち抜いて教員になる。うちの前学長はそういう経歴の人だった筈。

posted at 10:15:09

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

因みに陰でいろいろ言われているようですが、自分自身は大学内ではかなり過激な改革派です。例えば、うちの大学で最初に英語だけで教える大学院のコースを立ち上げたのは自分ですし、国際化の競争的資金を複数とって、回してるのも自分です。

posted at 10:08:48

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

なお外部からの教員の任用については、うちの部局は極めて活発で、毎年様々な人を客員教授等としてお迎えしてます。専任にも実務家出身の人も複数いますよ。ただ飽くまで即戦力として教育ができる人に限られます。だってそうしないとうちの部局の指標上の評価が下がりますからね。

posted at 10:02:59

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

大学教員は「外部」との接触がない、というのはステレオタイプじゃないかなぁ。ついでに書いておくと官僚さんが接触している「外部」も偏っている気がするし。そして異なる「外部」から聞こえてくるないようが違うのだと思う。

posted at 09:57:49

9月24日

@kankimura

Kan Kimura (on DL)@kankimura

朝からMステの録画を見ている娘から、歌詞や漫画では漢字にいろいろなフリガナが打たれているけど、大学の入試ではどこまで認めてるのか、と聞かれて途方に暮れている。確かに「我が強敵(とも)よ!」みたいな答案が出てきたらどうするんだ。

posted at 09:27:36

このページの先頭へ