情報更新

last update 03/02 10:36

ツイート検索

 

@kaorun6
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

Stats Twitter歴
4,167日(2009/10/05より)
ツイート数
74,088(17.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年03月01日(月)15 tweetssource

3月1日

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

ニュース番組なので、その日によって急に放送が変更になることあります。家にいてお時間が合うなら何となく流しておいてください。

posted at 18:22:34

3月1日

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

昨日目玉焼きにお湯かけただけのスープを作りましたが、今朝のスープもうまみや塩味を抑えて、出汁については白湯の延長というイメージでやっています。この感じのスープは食べ疲れなくていいんですよね。

posted at 10:42:30

3月1日

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

小松菜と油揚げの塩スープ。細かく刻んで昆布だしと塩。味噌汁を作ろうとしていたのですが、小さく切ってみたらなんだか塩味が合うような気がして路線変更。淡いうまみですが、朝のスープはこの軽さがちょうどいい。青菜とおあげがサラサラ口に入ってくる気持ちよさを感じられます。#スープ365 pic.twitter.com/38hTXOVRui

posted at 10:32:20

2021年02月28日(日)14 tweetssource

2月28日

@note_PR

note@note_PR

2021年の気分にぴったりくる調理器具、大同電鍋

台湾で60年にもわたってロングセラーを記録する電気炊飯器「大同電鍋」。さまざまな調理に使える鍋として、今人気が急上昇しているそう。スープ作家の有賀 薫さん@kaorun6が、器具の魅力とおすすめの使い方を解説しています。

note.com/kaorun/n/nab3b

Retweeted by 有賀 薫

retweeted at 22:28:33

2月28日

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

@furandon_pig 聞いたことがなかったスープなので調べたら、ポルトガル中部のご当地スープみたいですね。卵スープというよりにんにくのスープに近いようで、スペインのにんにくスープで、パンが入るのが特長です。ソパ・デ・アホに似ている感じがしました。作り方も非常に近いです。

posted at 22:26:02

2月28日

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

@mac5sv さっそくやってみたんですね。これ、黄身が流れている状態ですよね。焼き加減はいいんじゃないでしょうか。お湯の量は器によります。卵1個で200mL弱ぐらいでいいのかなと。

posted at 10:37:14

2月28日

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

目玉焼きスープ、台湾通のしょうこさんに教わった。台湾の家庭料理は簡素で十分なものが多くて、本当に学ぶところが多いなあ。もっと知りたい。

posted at 09:53:26

2月28日

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

目玉焼き湯。台湾料理に目玉焼きにお湯を注いだだけのスープがあるそうです。たっぷりのごま油に生姜を入れて、揚げ焼きするように両面の目玉焼きを作ります。器に卵を入れてお湯を注ぎ、塩ぱらり。香りの油と塩、焦げた卵のうまみがお湯に移って、コクはあるけれどさっぱり食べられます。#スープ365 pic.twitter.com/DZvyoNw7eR

posted at 09:51:06

2021年02月27日(土)6 tweetssource

2月27日

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

@copingu アラ汁もいいですよね。ハラスはちょっぴり脂が多いなと思いますが、残り物をちょっと入れたら汁にコクが出ました。おいしかったです。

posted at 20:56:07

2月27日

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

鮭のハラスとキャベツの粕汁。そろそろシーズンも終わるので、季節最後の粕汁を。鮭のハラスの塩焼きが少し残っていたのを刻んでキャベツと一緒に蒸し煮しました。酒粕は水と一緒にレンジにかけるとすぐ緩みます。味噌も混ぜて鍋へ。やっぱり粕汁はあったまります。#スープ365 pic.twitter.com/l70bA4rI5W

posted at 10:52:21

2021年02月26日(金)38 tweetssource

2月26日

@tanakamiho_tw

台湾在住ライター・田中美帆@tanakamiho_tw

@kaorun6 いろんな捉え方がありますが、お皿ごと入れられて、なおかつそのままテーブルに出せるので大きいのを買ってよかったと思ってます。ちなみに、これはサバヒーの半身で、容器は野田琺瑯の浅型ですが、うちはこのまま出しちゃいます。内鍋で出汁とって、その週分のベースにしたりもします。 pic.twitter.com/kLxO3ctpMm

Retweeted by 有賀 薫

retweeted at 21:57:57

2月26日

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

@aso0035 こういう状況じゃなかったら、即イベント立てるんですけど…やっぱり鍋は実際に大きさなんかも見たいですよね。

posted at 13:31:38

2月26日

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

電鍋のサイズは、確かにユーザーは10合をすすめますよね。なんでだろう。やっぱりよく料理する人たちだからかな。

posted at 13:18:32

2月26日

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

電鍋はかなり自由な鍋で、説明するときにホットクックや日本のハイテク炊飯器などの自動調理器を引き合いに出してしまうことも多いんですが、全然コンセプトが違うし、どちらにもちゃんと需要があります。豊かさとは万人に向くものができることじゃなく、万人が自分に合ったものを選べること。

posted at 13:12:04

2月26日

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

@mougyu_dasen ホットクックとは真逆な感じですよね(笑)とはいえ、ホットクックにはホットクックの良さがあると思います。普通の方はいくつもの鍋を使いわけることはできないし、パートナーとして選んだ鍋をしっかり使いこなすことが幸せにつながるのかなと。

posted at 11:43:40

2月26日

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

@mougyu_dasen ははは、なんか、スイッチをポンと押した瞬間、一撃!って感じがしました。実際には肉のタレ作ったりしてるんですけど、気分的に。

posted at 11:38:04

2月26日

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

@tokyo_ayano そうなんです。おそらくゆっくりと温度が上がることと、ボコボコ沸騰しないので対流が起こりづらいことが味に関係しているのではないかなと思うんですが。綾乃さんは、電鍋買った方がいいよ絶対…

posted at 11:33:16

2月26日

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

うちにあった網を置いてみたら外釜のふちにかかってしまう大きさで、フタがピタッとしまらなかった。中の温度が上がりきらないとスイッチ切れないので重石代わりに手近にあったル・クルーゼのフタのせてみた。なんか、絵的にすごい。 pic.twitter.com/3P6gOdkP94

posted at 11:31:33

2月26日

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

そういえば、先日台湾料理に強いしょうこさんに電鍋の使い方をいろいろ聞き、教わった焼き網を使って2段にする方法やってみた。下でスープ作って上で鶏肉を蒸すと、鶏の蒸し汁が下に落ちて無駄なくスープのだしになるという電鍋tips。鶏の脇に野菜の切れ端ものせて蒸すと、一撃で夕ごはん。 pic.twitter.com/GsSQFjE83z

posted at 11:12:41

2月26日

@kaorun6

有賀 薫@kaorun6

スルメとだいこんのスープ。おつまみのスルメを、ハサミでチョキチョキ切って鍋に入れ、水を入れて冷蔵庫にしまっておくとよい海鮮だしがとれます。そこに大根やにんじん、青梗菜を入れて煮れば、なんだか帆立の貝柱でとったみたいな高級中華スープの味に。もちろんスルメも食べられます。#スープ365 pic.twitter.com/tG4widZdph

posted at 11:04:44

このページの先頭へ