情報更新

last update 09/29 15:28

ツイート検索

 

@kazuo_ishikawa
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

Stats Twitter歴
3,746日(2010/06/29より)
ツイート数
50,695(13.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年09月29日(火)4 tweetssource

7時間前

@meti_NIPPON

経済産業省@meti_NIPPON

家庭用の炭酸水メーカーに関する注意喚起です。
炭酸ガスを充てんしたシリンダーに、一般消費者が炭酸ガスを再充てんする行為が、インターネット上の動画投稿サイトに掲載されていますが、刻印等のない容器への高圧ガスの再充てんは法令違反です。漏洩、爆発等の危険性が高く、安全を確保できません。 pic.twitter.com/u21QTLnfEH

Retweeted by 石川和男(政策アナリスト)

retweeted at 12:03:26

2020年09月28日(月)5 tweetssource

20時間前

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

国立公園地域と地熱有望地域が重なるのはその通り。

しかし、国立公園改変による開発可能地熱エネルギー量と、国立公園維持による利益を天秤にかけた場合、結局は国立公園維持の方が優位だという政策判断になってしまうという歴史です。

これはなかなか変更できないと思います、残念ですが… twitter.com/unionrocker081

posted at 23:05:13

21時間前

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

それ、どこの国の話???日本では、太陽光・風力は、原子力・化石燃料の代替にはなり得ない。可採資源量が桁違い過ぎて比較にならない。安定供給のための現実を直視すべし。
〜「原発コストは高く、世界のエネルギー市場で競争力を完全に失っている」と再エネの優位性を指摘
mainichi.jp/articles/20200

posted at 22:55:26

9月28日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

今回の電力自由化(電力システム改革)が需要家負担を軽減するものでないことは、最初っからわかっていたはず。

“自由化=価格低下”ではない。

需要家負担を軽減したいならば、
①総括原価方式の復活
②原子力・石炭火力の稼働率向上
しかない、実際。
news.yahoo.co.jp/articles/5b206

posted at 17:16:14

2020年09月27日(日)6 tweetssource

9月27日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

再エネがバカにされるのではない。

再エネ妄信記事がバカにされるのだ。

この見出しはその典型…

〜「石炭の2分の1という低コスト」「1プロジェクトで原発100基分の大出力」「欧州ではビジネスとして軌道に」未だに再エネをバカにする人が全く知らない洋上風力… headlines.yahoo.co.jp/article?a=2020

posted at 10:54:59

9月27日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

“脱原子力”を煽った後は“脱石炭”を煽ってるという話。

1970年代の石油危機以来の原子力・天然ガス推進を伴う“脱石油”でさえ未だこの程度。

長期安定安価供給を維持しながらの再エネ主力化には、原子力と化石燃料高効率化の随伴は必須。

r.nikkei.com/article/DGXMZO
民間取引が企業に脱石炭を迫ってる… pic.twitter.com/auMpMkz3C6

posted at 10:34:38

2020年09月26日(土)5 tweetssource

9月26日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

この場合の再生エネは水力以外で「地熱+風力+太陽光+バイオマス+潮力等」。

原子力は2012年以降に再び増加。廃炉増と新設増で、新陳代謝が始まっている。

全体的には、圧倒的に化石燃料が多い。

news.yahoo.co.jp/articles/d2d25
世界で再生エネ発電、原発超える コストも優位、欧米は廃炉進む

posted at 21:42:51

9月26日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

中国の原子力推進は止まらない。

日本は遅れに遅れる…

www.fepc.or.jp/library/kaigai
国務院で原子炉4基の新規許可。昌江原発第2期プロジェクトに51%を出資している発電大手の華能集団公司は、核工業集団有限公司、中広核、国家電力投資集団公司の3社に続き、中国の第4社目の原子力事業者となった…

posted at 11:57:34

2020年09月25日(金)7 tweetssource

9月25日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

新潟県知事の指摘は当然。

柏崎刈羽原子力発電所の正常化は、大規模・安価・安定電源の復活の象徴となる。

mainichi.jp/articles/20200
柏崎刈羽原発の保安規定が原子力規制委で了承され、花角知事は事故時の社長の法的責任について明記した東電に対し「しっかり履行し、実績と態度で示してほしい」…

posted at 22:05:30

9月25日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

避難計画は今後も随時レビューしつつ、経済効果を見込んだ原子力正常化が地域経済社会の持続にとって結局得策。
mainichi.jp/articles/20200
市議会には、原発反対15団体代表らが避難計画不備などを理由に再稼働に同意しないよう求める請願。地元商工会は経済効果を見込んで早期再稼働を求める陳情…

posted at 22:00:08

9月25日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

石油・ガス・太陽光・風力でも世界上位である米国のエネルギー長官曰く『エネルギー独立には原子力は不可欠』。

至極ごもっとも。

日本は尚更そうであることを、日本政権中枢はわかっているのに言わない…

You Can’t Have True Energy Independence Without Nuclear Energy
www.energy.gov/articles/you-c

posted at 21:22:50

9月25日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

再エネだけ強調するのは不適。

日本では、原子力・石炭・天然ガス・水力など再エネのベストミックスが結局肝要。

〜国内発電量に占める再エネ割合が20年上半期に23%に。政府は30年度までに再エネ比率を22~24%にする目標を掲げており、目標引上げを求める声が強まる可能性… www.asahi.com/sp/articles/AS

posted at 09:47:51

2020年09月24日(木)3 tweetssource

2020年09月23日(水)5 tweetssource

9月23日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

各自治体は、放射性廃棄物処分場の誘致を真剣に検討すべし。

安全上の問題はまずない。

脊髄反射的反対勢力が、有ること無いこと吹聴しているだけ…

誘致合戦が起き始める前に挙手した自治体の勝ち。

もっとも、次世代原子力発電所の建設誘致も地域経済にも極めて有望。
news.yahoo.co.jp/articles/719b5

posted at 16:44:55

2020年09月22日(火)1 tweetsource

2020年09月21日(月)2 tweetssource

2020年09月20日(日)1 tweetsource

2020年09月19日(土)8 tweetssource

9月19日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

これは結果的に原子力と再エネの共存共栄を目指すもの。

日本はいつまでも米国追従…

www.fepc.or.jp/library/kaigai
Natrium™原子炉。負荷変化追従運転が可能となり、再エネ変動で生じるピークを吸収可能。Natrium™技術は米エネルギー省の先進型原子炉実証プログラムを通じて多くの関心集め…

posted at 11:28:18

2020年09月18日(金)2 tweetssource

9月18日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

実際、これほど好い話はまずない。

www.enecho.meti.go.jp/about/special/
原子力発電の利用で避けて通れないのが「放射性廃棄物」の問題。このうち「高レベル放射性廃棄物」を地下深くの安定的な地層の中に埋める地層処分を実現するには、十分な時間をかけて、地域の理解を得ながら、処分地となる場所の選定を… pic.twitter.com/mbMxrpcaCz

posted at 11:43:14

2020年09月15日(火)2 tweetssource

このページの先頭へ