情報更新

last update 02/22 06:26

ツイート検索

 

@kei_sakurai
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

Stats Twitter歴
3,844日(2009/08/15より)
ツイート数
35,011(9.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年02月21日(金)16 tweetssource

2月21日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

本件ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパンの偉い方から「筆者の個人的見解」という返信が来たのですが…
・筆者の原文ではNEVと区別 www.breakingviews.com/considered-vie
・当局の発表とも矛盾
www.miit.gov.cn/opinion/notice
www.iyiou.com/p/121988.html
とお伝えしときました。

posted at 12:58:01

2月21日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

@ArrowsLibra 同感です。保守のことまで考えてあげて欲しい。
新しく大がかりな設備を足すより、断熱ついでに補修もすれば、普段の人的負荷も光熱費も軽減出来るだろうに、と思うのです…。まぁ外野があれこれ言っても詮無いですが。

posted at 00:13:27

2月21日

@ArrowsLibra

Arrows@ArrowsLibra

@kei_sakurai 設置する予算だけじゃなくて、末長く維持管理する予算も確保してほしいものです。

でもなー、太陽光パネルを直す金があるなら、教室を直してくれ、備品を買ってくれ、コピー機を取り替えてくれ、臨時職員を雇ってくれってなっちゃうんだよな。

Retweeted by Keiichiro SAKURAI

retweeted at 00:10:16

2月21日

@ArrowsLibra

Arrows@ArrowsLibra

@kei_sakurai かつてのグリーンニューディール政策で各地の学校に太陽光発電パネルが載せられた。
だが、公立学校はメンテナンスが悪くて、故障しても気付かない、気づいても放置、修理しようにも予算がない等、まともに稼働していないケース多数。。
学校に余計な設備置くと、ただただ現場が苦労するだけでは。。

Retweeted by Keiichiro SAKURAI

retweeted at 00:10:12

2020年02月20日(木)25 tweetssource

2月20日

@FujiwaraHideaki

藤原英明 / H. Fujiwara@FujiwaraHideaki

「ヨーロッパ(Europe)からお客さんが来ます」とすべきところを、うっかり「エウロパ(Europa=木星の衛星)から」という業務メールを送ってしまった。さっそく同僚から「地球への旅を楽しんでほしい」と返信があった。クヤシイゾ。

Retweeted by Keiichiro SAKURAI

retweeted at 21:44:04

2月20日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

@kikuyuta ご連絡ありがとうございます。残念ながらもう茨城まで戻ってしまっております…お会いしたかったです!(>_<)
今度また是非、取材させて下さい。スーツじゃなく、山の中まで行けるような装備でお伺いしたいと思います。

posted at 10:06:58

2月20日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

・面積が広いからという理由だけで「自然にやさしくない」と断定→確かに山林伐採したりしたらそうだけど、そんなことまでする必然性は、本来無い。
そもそも、再エネを使わなかった場合との定量的な比較も無い。

posted at 00:23:03

2月20日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

その他のツッコミどころとしては
・「エネルギー保存則」なんか破らなくても、再生可能エネルギーは人類が使えるエネルギーを増やせる。太陽(や地球内部の熱や月)を含めて考えれば、エネルギー保存則も保たれてる。
というか人類が太陽エネルギーの残りなぞ心配するには、十億年早いです。

posted at 00:21:58

2月20日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

というわけで、これから新設するなら、モジュール単体だけで考えるので無く、設備全体の信頼性の確保を。
また既に運用されているなら、定期的な点検を。

posted at 00:18:06

2月20日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

なんで今では、駄目な奴が2割もあったりはしないはず。むしろ、設備全体の設計・施工・保守運用あたりのリスクの方が大きいんじゃないかな…特に、急激に市場拡大させちゃった日本は。

posted at 00:16:29

2月20日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

そんな訳で古くからのメーカーの製品も信頼性が上がったし、中国製も然り。もちろん、油断は禁物だけどね。
全体的な効果がはっきりするにはもうちょっと年数かかるだろうけど(実際に20年とか使わないといけないので)、現時点でも、検査機関等では信頼性の向上傾向が見られるそうな。

posted at 00:13:39

2月20日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

最近は中国の企業も信頼性の重要性を認識して、積極的に規格に関わるように…というかIECのやり方じゃ遅すぎるってんで、最近はSEMIで規格をドンドコ策定するように。そのうち日米欧の代わりに、中国が先導するようになるのかも(汗)

posted at 00:10:02

2月20日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

今まで各社が秘匿してたノウハウがお互いに共有されて、トラブルの種はどんどん潰されていった。そのIEC規格が正式に改訂されるまでの過程で。規格の改訂は、まぁ、最後の儀式みたいなもんだ。あと、その後の再発防止。

posted at 00:04:46

2月20日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

そこで世界中の研究機関や企業がそれぞれノウハウを持ち寄って、試験規格をどんどん改訂していった。「こんな故障モードがあるんだが…」「それこれが原因ちゃうか」「じゃあこうすりゃ試験できるんちゃうか」ってアイデア出し合って、各国で実際にその試験を試してみて…って感じで。

posted at 00:00:35

2020年02月19日(水)33 tweetssource

2月19日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

実際一時期の中韓あたりの製品には酷いものがあって、
・数ヶ月で壊れた
・偽造品が欧州へ船便で到着。到着時点で既に壊れてて、怒った税関がそのまま返送
・モジュールの中に何故かコンドーム
・アフリカに納品されたパネル、何故か出力が表示の半分。よく見ると半分は印刷された絵
等々の伝説が。

posted at 23:57:16

2月19日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

んで2割も問題があるんじゃ困るってんで、太陽電池モジュール(パネル)の試験規格を厳しくしようってことになった。不良品が他国から流入しても困るしね。
日米欧が中心になって、2011年に国際的なプロジェクト(PVQAT)を立ち上げた。www.pvqat.org

posted at 23:52:06

2月19日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

一般論としては、2011年時点でのレビューで、当時までに調査された約2千の事例において、8割方の太陽電池モジュールは20年経過しても初期の8割以上の性能を保ってた。なので10年前の時点でも、寿命が「10年」というのは、少なくとも一般論としては誤りだったと言えます。一方、2割は問題があった。

posted at 23:45:01

2月19日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

2年前のこの掛谷氏の記事、何故かまた流布されてますが。president.jp/articles/-/252
・おそらく不良品を購入されたのでそこはお気の毒だし、もしもメーカーが対応しなかったのだとしたらお怒りは当然と思う。
ただ、限られた事例をもって世の中全ての製品に一般化するのは、不適切な論法。

posted at 23:40:22

2月19日

@ksmgsk55

若手の役人@霞ヶ関@ksmgsk55

霞ヶ関の官僚は無能だって度々批判される。無能な場合も多々あるでしょうね。でも本当にギリギリの体制でやっているんです。外から出向で来た人で『こんな人数でこれだけのことやってるとは微塵にも思わなかった。』と言う人も多いです。単に無能批判する前に、なぜできないのか考えてほしいところ。

Retweeted by Keiichiro SAKURAI

retweeted at 21:25:53

2月19日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

あとソーラーエッジのオプティマイザ、なんか最近認証が取れて、日本でも普通に使えるようになったそうですよ奥さん!(誰
導入コストは少し上がるけど、発電量も増やせるケースが多いそうで。何より安全性向上の利点が。 pic.twitter.com/KiVLRmOTxb

posted at 20:42:18

2月19日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

高知市の荒川電工さんにお邪魔。家庭向けシステムでパネルの全数をEL&出力検査されていて、専用機器も開発。コストにも留意しつつ必要な精度を確保。
中国製も品質上がってきたけど、やっぱ輸送中に壊れるケースもあるとのこと。これ、いいなぁ…。 pic.twitter.com/HsMzxQC4QO

posted at 20:38:59

2月19日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

現行の主なEV用バッテリ(SCiBとか除く)の充電はテスラ/パナの3.3Cがたぶん最高速だけど、これが全固体で8Cとかになるとガソリンスタンドの平均的な滞在時間で充電が終わるように。現行品でカバーが難しい”休憩時間が短い残り4割”をカバー可能になるはず。

posted at 10:27:09

2月19日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

出光興産:千葉事業所に次世代電池向け固体電解質の小型量産設備を新設、全固体リチウムイオン電池の実用化を加速|MotorFanTECH[モーターファンテック] motor-fan.jp/tech/10013664 …現行のリチウムは凄い勢いで工場が増える見込みだけど、全固体もなんとか間に合うかな?

posted at 10:03:19

2月19日

@kei_sakurai

Keiichiro SAKURAI@kei_sakurai

なんか太陽電池の時と色々と状況が似過ぎている気が。
・高くて他の技術の方が有望と見られていた→技術開発と量産効果でクッソ安くなって駆逐
・中国が人材や資金を一気に投入して席捲
・他国では環境性能に関するデマや「そんなに安くできるわけが無い」「使えない」系の主張が蔓延、出遅れる

posted at 09:13:33

このページの先頭へ