情報更新

last update 03/26 19:50

ツイート検索

 

@keisoshobo
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

このユーザーはTwilogに登録されていません

最新100件のツイートのみを表示しています。
自動的にツイートを記録するには、こちらから新規登録してください。
現在表示されているツイートは、取得してから1時間だけTwilogのサーバに保持されます。最新のツイートを取得したいときは、右上の「最新の情報に更新する」ボタンを押してください。

 

@keisoshobo

勁草書房@keisoshobo

  • 1フォロー
  • 11,134フォロワー
  • 664リスト
Stats Twitter歴
3,213日(2010/06/09より)
ツイート数
13,758(4.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年03月26日(火)23 tweetssource

2時間前

@s_vjsl

えすぺろ@s_vjsl

というか、教科書≠歴史学者の見解(特に最新学説とは一致しないことが多い)、歴史学徒としては当たり前すぎて、論じるまでもないと思ってたのが正直なところ。

…が、「だって教科書に書いてあるじゃん!歴史学の通説なんだろ!」と言い出す人がここまでいるとは…うーん…。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 17:39:12

2時間前

@s_vjsl

えすぺろ@s_vjsl

本文より、

「教科書に載せられた出来事は、そこに、『と考えられている』『と伝えられている』などといった言葉がなければ(中略)、『史実』として専門家が確定したものと見えるのである。しかし、現実はそうではない。少なくともそうではない例が少なくないのである。」

教科書≠歴史学者の見解。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 17:39:08

2時間前

@s_vjsl

えすぺろ@s_vjsl

この「高校教科書の記述と歴史学の見解は必ずしも一致してない」、わかりやすいのがこないだ買った『歴史学者と読む高校世界史』。1本目が出エジプト記の話。

確かに、高校世界史では出エジプト記をまるで史実のように教えるんだけど、アレがガチンコ史実だと考えてる歴史学者はいないよな…。 twitter.com/s_vjsl/status/

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 17:38:35

2時間前

@s_vjsl

えすぺろ@s_vjsl

教科書、もちろん歴史学者も関与してるんだけど、原則指導要領に従って記述されるので、指導要領に載ってない内容は盛り込まれにくいんだよ。だから、飛鳥時代の頻回遷都については「高等教育の教養科目の内容としては不必要とされてるから教えない」だけ。高校物理で相対性理論は教えないでしょ。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 17:38:23

6時間前

@kbc_koganei

くまざわ書店 武蔵小金井北口店@kbc_koganei

【新刊】『男たち/女たちの恋愛 近代日本の「自己」とジェンダー』田中亜以子(勁草書房)明治期の「恋愛」という新たな観念の登場は、異なる歴史的・社会的文脈のもとにあった男女に、それぞれ何をもたらしたのか。恋愛という観念の男女による形成過程の違いを分析する。 pic.twitter.com/ytsbMpRjh3

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 13:41:53

7時間前

@satoshinr

Satoshi Narihara@satoshinr

第二東京弁護士会情報公開・個人情報保護委員会(編)『AI・ロボットの法律実務Q&A』(勁草書房)。委員長の大島義則先生にいただきました。AI・ロボット法についてQ&A形式で現行法に即した解説を行うという、研究者による類書とは一味違った、実務家の先生ならではの企画。www.keisoshobo.co.jp/book/b432312.h

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 12:41:17

7時間前

@georg_logic

Ryota Akiyoshi@georg_logic

授業後半の参考書はライカンの『言語哲学―入門から中級まで』(荒磯 敏文,鈴木 生郎,川口 由起子,峯島 宏次訳,勁草書房).www.amazon.co.jp/%E8%A8%80%E8%A

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 12:03:05

7時間前

@satoshinr

Satoshi Narihara@satoshinr

松尾剛行=山田悠一郎『最新判例にみるインターネット上の名誉毀損の理論と実務[第2版]』(勁草書房)。動きの早い領域なので最新の裁判例等をアップデートしてくださり助かります。それにしても、松尾先生から今年に入ってからすでに3冊ほどご著書をいただいているような。www.keisoshobo.co.jp/book/b432305.h

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 11:59:51

9時間前

@keisoshobo

勁草書房@keisoshobo

【近刊】『政治において正しいとはどういうことか』(田畑真一・玉手慎太郎・山本圭編著)4月27日(土)発売予定です。
いかなる究極の価値も真理も前提にできない現代、「政治における正しさ」をどのように語ることができるか。気鋭の研究者らが挑む!
www.keisoshobo.co.jp/book/b450332.h

posted at 10:04:10

11時間前

@transzendenzsan

MaE@transzendenzsan

サールは言語の進化によって発話行為に義務論的コミットメントが伴うと言ってるけど、これ拡張したら規範倫理の進化シナリオは義務論におちつくってことかな?

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 08:11:08

11時間前

@transzendenzsan

MaE@transzendenzsan

サールの『社会的世界の制作』4章、言語能力の進化が如何に制度的事実の創出につながるかという議論だったしまさしくhsmt研にドストライクなお話しだった

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 08:11:02

11時間前

@pooneil

Masatoshi Yoshida (吉田 正俊)@pooneil

@ShigeruTaguchi これは重要な論文だと思います。さっそく印刷して読んでます。著者は「計算論的精神医学」www.keisoshobo.co.jp/book/b383336.h の著者です。先日山下祐一さんが主催しているCPSYコロキウムresearchmap.jp/jozxm65x8-19699/ で片平さん含めFEPの話をしたばかりでした。もうすぐまた機会があるので色々聞いてくる予定です。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 08:05:25

11時間前

@OchadaiNews

お茶の水女子大学@OchadaiNews

【NEWS&INFO】『女性リーダー育成のために―グローバル時代のリーダーシップ論』刊行。
『女性リーダー育成のために』第3章は、野田朱美・元サッカー日本女子代表・ノジマステラ神奈川相模原新監督が語る「女子スポーツ界におけるリーダーシップ」。www.keisoshobo.co.jp/book/b432319.h … twitter.com/OchadaiNews/st

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 07:57:31

2019年03月25日(月)27 tweetssource

3月25日

@motodarekanano

元誰か。@motodarekanano

読書アカウントだからたまには僕がオススメなサイコーの本を。

予言がはずれるとき
レオンフェスティンガー他

学術書ってよりもドキュメンタリーっぽいからマジ面白いですよ卍

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 16:57:10

3月25日

@nakanoi_miaki

中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

人類滅亡、地球消滅を予言したものの外してしまった8の予言 www.excite.co.jp/news/article/K
ドロシー・マーティン(シスター・セドラ)が1954年に唱えた終末予言の顛末が、フェスティンガーの『予言がはずれるとき』に出てくるのか。
予言が当たらなくても信者は変わらずついて行くんだよな。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 16:57:03

3月25日

@Yamacha611

YAMASHITA, Takashi@Yamacha611

酒井泰斗・高史明「行動科学とその余波ーニクラス・ルーマンの信頼論」(小山虎編著『信頼を考える』)は、『信頼』だけではなく、その他のルーマンの著作を読み解くにあたって、とても参考になる。本論文のような「読み方」を論じたものは珍しいんじゃないかな。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 16:47:42

3月25日

@AmberFeb201

ねりま@AmberFeb201

牧野智和『自己啓発の時代』をぱらぱらめくっているのですが、就活の際の「自己分析」の話題があり、就活ってこういう茶番をやらなきゃいけないのか〜つって勉強になりますわね

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 16:34:26

3月25日

@TOTB1984

たぬきち@TOTB1984

これ。
"ダメな統計学"という書籍によると、医学と心理学の論文では統計の不適切な使用が非常に多いらしい。
ちなみに物理学や数学の分野では適切に使用している事が多いとのこと。

Natureなどの一流紙の問題点やメタアナリシスの落とし穴などにも触れており、非常に面白い本でした。 twitter.com/koro485/status

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 16:28:12

3月25日

@tsurumarubozu

Osamu@tsurumarubozu

「危機の領域」を読み始めた。国の政策も、個人の日常生活も、不確実な事象に対しては、(少なくともなんとなく)確率計算をしてそれに備えるものだと思っていたけれど、どうなんだろうか。冷静にまわりを見ていると、人間は確率計算というか、そういう思考がかなり不得意なんじゃないかと思えてきた。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 12:47:37

3月25日

@TTI_JAZZ

TTI_JAZZ@TTI_JAZZ

勁草の冷戦史が大学教科書に採用されるらしいけど、確かに日本語で読める学術書なら現状あれ一冊で大体辿れるみたいな感じではあった

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 12:28:37

3月25日

@kino_keno

きの@kino_keno

岸政彦が好きなんですが、『マンゴーと手榴弾』の「はじめに」からめちゃくちゃ面白くて、頭の中で勝手に対話篇が始まり、一旦脇に置くことにした。もうちょっとじっくりしっかり読み込む時間が出来てから読む。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 08:46:06

3月25日

@mizuhikoy

三月の水@mizuhikoy

ーアメリカの革命をモデルに「自由の創設」をめざして始まったはずのフランス革命が、早々に「恐怖政治」へと転化して「悲惨なコース」を辿ったというアレントの見取り図は、スタール夫人の切実な体験にもとづく理解も と完全に符合する。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 08:36:09

3月25日

@mizuhikoy

三月の水@mizuhikoy

工藤庸子『政治に口出しする女はお嫌いですか?』
アンシャン・レジーム、ナポレオン帝政、王政復古の時代を生きたスタール夫人を通じて政治/女たち/サロンについてを、一方では、ハンナ・アレントも召喚しつつ語るというスリリングな論考。続く時代を扱った蓮實重彦/帝国の陰謀も読み返さ たくなる pic.twitter.com/L4v47Pdgu2

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 08:36:06

3月25日

@HosakakazushiO

hosakakazushi.official@HosakakazushiO

この1回のみが、過去から未来へとつながる正当な現実であり、それ以前の15,531回の出来事は宇宙の歴史の外に消えてしまいます。
…………虚構と現実があらかじめ分離しているのではなく、成功した試みのみが、事後的に現実という位置を得るのです。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 08:34:22

3月25日

@HosakakazushiO

hosakakazushi.official@HosakakazushiO

古谷利裕「虚構世界はなぜ必要か?」p.27
🤠繰り返される脱出の試みは15,532回目に成功し、ようやく9月1日がやって来ます。過去から未来へつづく時間がループせず1本のながれとなります。この時に、15,532回目の8月17日から31日のみが確定された「現実」となるのです。 pic.twitter.com/UjPByLQFqv

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 08:34:19

3月25日

@masahirosogabe

曽我部真裕@masahirosogabe

【新刊】第二東京弁護士会情報公開個人情報保護委員会 (編)『AI・ロボットの法律実務Q&A』(勁草書房)。民刑事法、行政法、知財法等々、分野横断的に具体的な問題が検討されています。新しい問題の研究に熱心な単位会とそうでもないところがありますが、弁護士会選びのポイントの1つでしょうか。 pic.twitter.com/BlLYzTO8zI

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 08:26:20

3月25日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[欹耳袋]Togetter -「筑波大学 緑川先生 最終講義「HIMAGINE THE FUTURE~もうすぐ暇人~」まとめ」 togetter.com/li/1330608 ※お会いしたことは一度もないが,緑川信之『本を分類する』はワタクシの著書や論文で何度も引用した.図書分類学を超えてもっと一般的な “分類” について論じた本だった.

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 08:22:35

3月25日

@cpsy_j

CPSY_J@cpsy_j

能動的推論における新たな要素を提案したプレプリントが公開されました。「計算論的精神医学」(勁草書房)の第7章の例をもとに,自由エネルギー原理に基づく行動選択に対して新しい解釈を試みた論文になります。psyarxiv.com/jtnqg/

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 08:19:47

2019年03月22日(金)3 tweetssource

3月22日

@keisoshobo

勁草書房@keisoshobo

【近刊】4月16日(火)発売予定の『出会いと結婚』(石田浩監修 佐藤博樹・石田浩編)の目次をホームページに掲載しました→ www.keisoshobo.co.jp/book/b283190.h
若者の結婚に関する希望は依然として強いものの、その希望の実現が難しい現実がある。未婚化の背景要因でもあるこの現実を読み解く。

posted at 15:24:57

2019年03月20日(水)19 tweetssource

3月20日

@mobius774

メビウス@mobius774

政治的戦いがしばしば殺し合いに発展するのに対し、哲学的戦いはそうはならない(もしそうなったら哲学的戦いではない)。政治的戦いは利益を巡るものだが、哲学的戦いは真理を巡るものだからだ。前者の戦いでは相手を殺せば利益を得られるが、後者の戦いでは相手を殺しても真理は得られない。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 13:14:49

3月20日

@mobius774

メビウス@mobius774

哲学では賛同者からは何も得るものがないが、批判者からは得ることが多い。私が過去一番優れた批判だと思ったのは、信原幸弘が『心の現代哲学』で展開していた観念論批判で、この批判の影響から私はバークリー的な観念論から離れることになった。哲学の戦いは実りが多いのだ。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 13:14:45

3月20日

@vitawan

いぬ@vitawan

濁流みたいな情報は簡単に友達だった人たちを憎しみ合いの中に放り込むけど、真理はそんなんじゃなくて拍子抜けするほどシンプルで、今日食べる一個のパンの中にあったりする。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 12:44:14

3月20日

@vitawan

いぬ@vitawan

なるべく今わたしの生活にある普通のテンションの物を食べて読むのが正解だと思った。読み終わったらセルビア料理を作ってみようと思う。
今日は豚キムチです。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 12:43:53

3月20日

@vitawan

いぬ@vitawan

山崎佳代子さんのパンと野いちごを読み始めている。
ユーゴスラア内戦時、人々は何を食べていたのかというのを聞き取って翻訳した本。セルビア料理のレシピも載っている。
初日何を食べてからこれを読んだらいいかわからなくて晩飯を抜いたけど、読んでるうちにそういうことじゃないとわかった。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 12:43:30

3月20日

@sayo_tsurugi

紗代@sayo_tsurugi

本日の収穫
『社会学史』社会学「全体」の見取り図・人物と事項の位置づけが確認できるのが欲しかった
『メタ倫理学入門』永井均氏の著作でこの分野に興味を持ち、メタ倫理学専門で扱っている本があるのをTwitterで知って
『ハンナ・アレント』アレントの著作への手がかりとして思想の内容が濃そうなの pic.twitter.com/y7ga5zxuOg

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 12:28:31

3月20日

@keisoshobo

勁草書房@keisoshobo

【フェア】ジュンク堂書店池袋本店4階にて『ムカシのミライ』特集フェア開催中。昨日19日の阿子島香先生によるミニトーク「本棚会議」にご来場いただいた皆様、ありがとうございました。フェアはひきつづき4月下旬頃まで開催しています。選者のコメント付小冊子も無料配布中。ぜひ店頭でご覧ください。 pic.twitter.com/LKaztYT6jm

posted at 11:28:01

3月20日

@transzendenzsan

MaE@transzendenzsan

サールの『社会的世界の制作』を3章まで読んだけど、これはhsmt研のみんな読んでほしい。特に制度の進化に興味のある学生。あと協力行動に興味のある若手認知科学研究者も。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 08:17:03

3月20日

@ttt_cellule

白江幸司@ttt_cellule

オタク内右派媚びの源泉/指標と見ているんだろうが、岡田斗司夫がパトレイバーを「本来アウトローで個人主義的なオタクが、秩序管理側に回るという意識的な変化」と昔語っていたのを思い出した。これ二重に仕込まれた身振りで、お前は元から国家に関わりたいやつだろっていう(堺屋太一ポジで)

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 08:11:48

3月20日

@ttt_cellule

白江幸司@ttt_cellule

これはつまり、言外に中上健次の批評的ポテンシャル失効を想定しているわけ。体制内アウトローというのは、オタク古参が定期的にやる「後藤隊長」礼賛身振りの政治的機能にかんするコメンタリーとなっているわけだ。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 08:11:41

3月20日

@ttt_cellule

白江幸司@ttt_cellule

古谷利裕『虚構世界はなぜ必要か』、個々の作品読解とは別に序章が単独で読ませる。中上『岬』における父殺しによる自立の見立てが力を失い、70-80sにおいては私立探偵型のアウトローが主人公を担い得たが、それもあぶない刑事を挟んで、パトレイバー的体制内アウトローに回収されるとする筋書き。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 08:11:36

2019年03月19日(火)4 tweetssource

3月19日

@satsuki_sat

Satsuki@satsuki_sat

後瀉桂太郎『海洋戦略論』(勁草書房)読了。領域拒否、制海、戦力投射という3つの評価枠組みに基づき、1980年頃から現在までの6か国の海洋戦略を分析している。2010年頃以降の日中を、領域拒否と制海双方への投資が必要、という同一のカテゴリに入れているのが興味深い。 twitter.com/keisoshobo/sta

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 08:56:01

3月19日

@OTeenMUBT20

埼 @読書日記@OTeenMUBT20

メタ倫理学入門/佐藤岳詩 読了

「そもそも善や正しさは存在するのか?」
「そもそも私たちは道徳的に善くふるまう必要があるのか?」
規範倫理学や応用倫理学の暗黙の前提にあるものを疑う1冊。

僕が長らく考えてきたことについて1種の答えをくれた本。こういう本を探していた。興味深かった。 pic.twitter.com/EuKljFnXxe

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 08:55:22

2019年03月18日(月)15 tweetssource

3月18日

@studious_kick

Yutaka Kikuchi@studious_kick

この辺は武谷三男先生の三段階理論でいう、現象論的段階(精神障害)と本質論的段階(生物学的基盤)の間を繋ぐ実体論的段階にそれぞれ符合するのかも。久々に武谷先生の弁証法の諸問題を読み直してみよう。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 12:38:03

3月18日

@studious_kick

Yutaka Kikuchi@studious_kick

今思いつくmultifinal性の典型例はMSAで、同じ病理学的基盤に基づいて異なる表現型のOPCA、SND、SDSになってるということなんだけど、異なる表現型は何が規定してるの?という疑問が残る。multifinal性は同一の生物学的基盤を持ちつつも表現型に影響する因子の影響を受けているもの、とも。うーん。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 12:37:52

3月18日

@studious_kick

Yutaka Kikuchi@studious_kick

一見類似してみえる現象が異なったメカニズムに基づいて起きているときに、そのメカニズムの違いをどうやって同定するのか。同じメカニズムから異なる現象が起きている、とした時にどうやってそれらを鑑別するのか。実臨床でメカニズムに対して介入するとなった場合には大きな障壁に。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 12:37:44

3月18日

@studious_kick

Yutaka Kikuchi@studious_kick

計算論的精神医学で指摘されているequifinal性、multifinal性の問題は精神障害だけでなく、神経障害にも同様にありうる問題。ニューロリハでも大きな問題になってくると思われる。先の公開講座でこの問題意識を共有しようと質問したけど、僕の理解が十分ではなくイマイチ質問になってしまった。

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 12:37:08

3月18日

@keisoshobo

勁草書房@keisoshobo

【近刊】3月29日(金)発売予定の『応用経済学研究 第12巻』(日本応用経済学会編)表紙のデザインをホームページに掲載しました。
現代の学問的潮流を踏まえ、経済学の様々な応用分野の研究を促進することを目的とし、現実の経済社会の課題の解決を目指す学術雑誌。
www.keisoshobo.co.jp/book/b440403.h pic.twitter.com/jOciKmzQ0k

posted at 12:18:37

3月18日

@keisoshobo

勁草書房@keisoshobo

【フェア&イベント】ジュンク堂書店池袋本店4階にて『ムカシのミライ』特集フェア開催中。明日3月19日19時より本棚会議「ムカシのミライ 考古学の理論・方法と現場はどこに行く?」(講師:阿子島香先生)を開催します。定員残りわずか。参加ご希望者はお早めにご予約ください。www.keisoshobo.co.jp/news/n28763.html pic.twitter.com/ZBtLABEMRX

posted at 11:40:11

3月18日

@books_plug

本屋プラグ@books_plug

【新入荷】
岸正彦『街の人生』(勁草書房)

外国籍のゲイ、ニューハーフ、摂食障害、シングルマザーの風俗嬢、西成のおっちゃん。

彼・彼女達の口から語られる“普通の生活”。劇的な展開や、教訓もない、ただ、それぞれに様々な困難を抱えながらも、毎日を生きている、そんな人生の断片。 pic.twitter.com/8n3DSmUx68

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 08:37:07

2019年03月15日(金)2 tweetssource

2019年03月14日(木)5 tweetssource

2019年03月13日(水)2 tweetssource

3月13日

@100000t_A

アローントコ@100000t_A

京都で、古谷利裕さんのトークイベントします。お相手は、哲学者の西川アサキさん。「虚構世界はなぜ必要か?」刊行記念トーク 古谷利裕×西川アサキ 3/25(月曜)「ボンジュール現代文明」にて19時〜21時。参加費2000円。予約は、メールinfo@100000t.com か電話 090-9877-7384 担当(加地)まで。 pic.twitter.com/8bMPZR0SpM

Retweeted by 勁草書房

retweeted at 17:24:20

このページの先頭へ