情報更新

last update 03/24 05:52

ツイート検索

 

@keisoshoboedit
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@keisoshoboedit

勁草書房編集部@創立70周年@keisoshoboedit

Stats Twitter歴
1,200日(2015/12/11より)
ツイート数
9,791(8.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年03月22日(金)4 tweetssource

3月22日

@keisoshoboedit

勁草書房編集部@創立70周年@keisoshoboedit

→本書に出てくる都市名や地名が明治~大正期の「からゆきさん」たちの行き先として覚えがあることにも、思うところがありました。歴史に翻弄されたパラオ研の研究者たちの軌跡を読みつつ、日本の近代化の基盤に積み重なる諸々を。(橋)

posted at 12:06:15

3月22日

@keisoshoboedit

勁草書房編集部@創立70周年@keisoshoboedit

日本の南方への経済進出は明治期に始まりますが、パラオ研を影に日に支えた南洋興発について、「同社が納める税が南洋庁歳入の過半を占め、なかば国策会社のような性格を有するコンツェルンとして日本統治時代のミクロネシア社会に君臨した。」と本書冒頭でその背景が説明されますが→

posted at 11:50:42

3月22日

@keisoshoboedit

勁草書房編集部@創立70周年@keisoshoboedit

日本統治下ミクロネシア、コロール島に1934年から1943年まで存在したパラオ熱帯生物研究所。サンゴ礁を中心とした熱帯生物研究で当時世界トップクラスの研究水準を誇ったパラオ研の活動と歴史に翻弄された研究者たちの軌跡を描く。坂野徹『<島>の科学史』初夏刊行予定。ご期待ください!(橋)

posted at 11:32:03

3月22日

@keisoshoboedit

勁草書房編集部@創立70周年@keisoshoboedit

数日かかりきりだった入稿だん。日本統治下ミクロネシアで進められた調査研究の展開を辿る研究書ですが、ワクワクするくらい面白い。交錯する研究者の情熱と帝国日本の目論見!暗躍する「海の満鉄」南洋興発!とか、作業中やっすいコピーが頭をぐるぐる…漫画・映画原作の打診お待ちしてます^^(橋)

posted at 11:29:38

2019年03月20日(水)15 tweetssource

3月20日

@keisoshoboedit

勁草書房編集部@創立70周年@keisoshoboedit

本日中に入稿すべく必死の作業中。資料図版の矢内原忠雄『南洋群島』原稿写真にみえるナンバリングの印影がいままさに私が手にしてるナンバリングと同じだったり、「偶数頁より起こす」とか「中扉入れる」とか、同じような指定赤字入れてて、時空を超え昭和初期の編集者とシンクロしている・・・

posted at 15:50:53

3月20日

@wieder_s

榊原 紘@wieder_s

錬金術の本にありがちな寓意(「貪欲な灰色のオオカミを手にとり、彼の名前をとなえながら好戦的な火星にあたえよ」みたいなやつ)を一語ずつ解き明かしてくれるプリンチーペ『錬金術の秘密』はすごいぞ

Retweeted by 勁草書房編集部@創立70周年

retweeted at 13:13:00

3月20日

@wieder_s

榊原 紘@wieder_s

@tos ローレンス・M・プリンチーペ『錬金術の秘密』(ヒロ・ヒライ訳)は、紀元後3世紀にギリシア語で書かれたライデン・パピルスの処方を現代で再現してくれるので、のっけからすごい
(材料の「強い酢か若者の尿」も、後者の方が有効ですって書いてくれている)

Retweeted by 勁草書房編集部@創立70周年

retweeted at 13:12:57

3月20日

@endBooks

科学に佇むサンクコスト@endBooks

『帝国日本の科学思想史』坂野徹,塚原東吾編 sciencebook.blog110.fc2.com/blog-entry-301 ←植民地にした土地を科学する帝国日本、朝鮮の暦と日帝圧力、アメリカによる琉球の結核制圧事業…汲めども尽きない歴史温故知新の面白さ。
『カブラの冬』『トラクターの世界史』の藤原辰史さんも参戦❣️🎌🌐

Retweeted by 勁草書房編集部@創立70周年

retweeted at 11:48:18

3月20日

@keisoshoboedit

勁草書房編集部@創立70周年@keisoshoboedit

昨晩ジュンク堂池袋本店で行われた、『ムカシのミライ』フェア企画・阿子島香先生によるミニトーク。同行した営業部からも「もっと聞いていたかった」という面白さだったそうです。くぅ。行けなくて残念。フェアは来月下旬まで続きます。みなさま、ぜひ。(ク) twitter.com/junkuike_jinbu

posted at 11:31:45

3月20日

@FURUTA_Tetsuya

古田徹也@FURUTA_Tetsuya

荻原理著『マクダウェルの倫理学――『徳と理性』を読む』(勁草書房)をご恵贈頂きました。
マクダウェル『徳と理性』(勁草書房、2016年)の別冊解説と呼びうるもの。ただし、同書の難解さを鑑みれば、この荻原さんの本から読むのが良いと思います。マクダウェルの基本情報を紹介する序章も有益です。 pic.twitter.com/dFV5xCqY8r

Retweeted by 勁草書房編集部@創立70周年

retweeted at 10:48:25

3月20日

@ttt_cellule

白江幸司@ttt_cellule

古谷利裕『虚構世界はなぜ必要か』、個々の作品読解とは別に序章が単独で読ませる。中上『岬』における父殺しによる自立の見立てが力を失い、70-80sにおいては私立探偵型のアウトローが主人公を担い得たが、それもあぶない刑事を挟んで、パトレイバー的体制内アウトローに回収されるとする筋書き。

Retweeted by 勁草書房編集部@創立70周年

retweeted at 09:12:55

2019年03月19日(火)15 tweetssource

3月19日

@FURUTA_Tetsuya

古田徹也@FURUTA_Tetsuya

吉川孝・横地徳広・池田喬(編著)『映画で考える生命環境倫理学』(勁草書房)をご恵贈頂きました。
多様な問題に対して種々の映画がもつ喚起力を原動力に、「…は許されるか」という線引き問題だけではなく、そもそも人間とは何か、自然とは何か、といった倫理的思考の根底へと読者を誘う論集です。 pic.twitter.com/OEChTs0ohO

Retweeted by 勁草書房編集部@創立70周年

retweeted at 19:04:57

3月19日

@studious_kick

Yutaka Kikuchi@studious_kick

計算論的精神医学で指摘されているequifinal性、multifinal性の問題は精神障害だけでなく、神経障害にも同様にありうる問題。ニューロリハでも大きな問題になってくると思われる。先の公開講座でこの問題意識を共有しようと質問したけど、僕の理解が十分ではなくイマイチ質問になってしまった。

Retweeted by 勁草書房編集部@創立70周年

retweeted at 13:09:07

3月19日

@keisoshobo

勁草書房@keisoshobo

【近刊】3月23日(土)発売予定の『男たち/女たちの恋愛』(田中亜以子著)カバーデザインをホームページに掲載しました。
恋愛は近代的な「自己」の実現のうえで、いかに意味づけられていったのか。恋愛という観念の男女による形成過程の違いを分析する。
www.keisoshobo.co.jp/book/b432316.h pic.twitter.com/GvtAzeTiE2

Retweeted by 勁草書房編集部@創立70周年

retweeted at 09:29:52

3月19日

@keisoshobo

勁草書房@keisoshobo

【近刊】3月23日(土)発売予定の『女子のたしなみと日本近代』(歌川光一著)カバーデザインをホームページに掲載しました。
近代日本において、音楽はいかに趣味/たしなみとして、女子に受容されていったのか。当時のジェンダー規範との関わりから分析する。
www.keisoshobo.co.jp/book/b427797.h pic.twitter.com/OSzC8ir5mK

Retweeted by 勁草書房編集部@創立70周年

retweeted at 09:29:32

3月19日

@akehyon

田畑暁生(Akeo Tabata)@akehyon

サンスティーン『リパブリック』勁草書房、読み終わった。これも名著と言える。ネット社会によって政治がどう変わったのか、サンスティーンお得意の分極化の議論や、サイバーカスケードの功罪、テロリズム、表現の自由などが慎重に論じられている。www.amazon.co.jp/dp/4326351764/

Retweeted by 勁草書房編集部@創立70周年

retweeted at 07:49:24

2019年03月18日(月)14 tweetssource

3月18日

@junkuike_jinbun

ジュンク堂池袋本店人文担当@junkuike_jinbun

【本棚会議】本棚会議の9回目は阿子島香先生をお呼びして3月11日から開始予定の「ムカシのミライ」フェアについてお話していただきます。実際のフェアを見ながらフェアのテーマにやフェアで並べている本についてお話いただく予定です。ご予約はお電話、03-5956-6111まで。honto.jp/store/news/det twitter.com/keisoshobo/sta

Retweeted by 勁草書房編集部@創立70周年

retweeted at 14:14:55

2019年03月17日(日)2 tweetssource

3月17日

@keisoshoboedit

勁草書房編集部@創立70周年@keisoshoboedit

→個人的には少し納得します。今でこそNIMBY(ノット・イン・マイ・バックヤード)という言葉はよく使われますが、まだ馴染みのない頃、私が最初にこの言葉を聞いたのは斎藤さんからだったからです。そんな斎藤さんが奄美に通い詰めてまとめられたご本、心して読みます。ありがとうございます。(ク)

posted at 17:20:05

このページの先頭へ