情報更新

last update 10/19 08:28

ツイート検索

 

@kenichiromogi
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

Stats Twitter歴
3,615日(2009/11/26より)
ツイート数
109,789(30.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年10月19日(土)18 tweetssource

3時間前

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

無意識で見るためには、自分の中に情報や知識の集積が必要になってきます。何もないところからは何も生まれないのですから。そのような意味でも、日頃から「思考のリフティング」を続け、「世界に問いかけていく」ことが大切です。

#脳HACK大全

amazon.co.jp/%E8%84%B3HACK% pic.twitter.com/o1oFkXmnDk

posted at 07:47:33

3時間前

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

以上、連続ツイート2358回「IOCによるオリンピックマラソンの札幌開催の決定は、ガバナンスの設計がうまくいった見事な事例である」をテーマに5つのツイートをお届けしました。

posted at 07:37:20

3時間前

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

今回のIOCによるマラソン、競歩の札幌開催の決定は、ガバナンスの見事な事例だと思う。組織の自律的な力学ではいつまで経っても変えられないことがある。オリンピックのマラソンだけでなく、いろいろな組織、社会で、ガバナンスの最適設定でうまく動かせることはたくさんあるはずだ。

posted at 07:36:07

3時間前

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

ガバナンスというのは、つまりは組織がどのように動くかという力学のことであり、そのシステム構成やパラメータで、できるものはできるし、できないものはできない。だから、組織の構成員の善意やベストエフォートでは乗り越えられない壁を、組織の力学をうまく設計して乗り越えればいい。

posted at 07:34:57

3時間前

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

マラソンを東京から札幌に移すという決定は、東京の組織委員会にどれほど能力があって善意に満ちていても(実際に能力があって善意に満ちていると思うが)、自分たちで決定することは組織の慣性の法則や人情でできない。だからこそ、IOCという「外部」がその決定に関わる必要があった。

posted at 07:33:52

3時間前

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

東京でオリンピックを開く準備をしてきた方々にとって、マラソンが東京以外の開催になるということはおよそ考えにくい。暑さでアスリートファーストだということはわかっていても、東京開催を前提に、時間をずらしたり舗装したりして対応をしようとするのが人情というものである。

posted at 07:32:34

3時間前

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

「ガバナンス」という言葉をよく目にするけれども、それが、組織がきちんと筋を通す、みたいな意味で使われている限り、意味はあるけれどもそこには本質がない気がする。今回の東京オリンピックのマラソンの札幌開催の決定こそ、見事なガバナンスの事例であろう。

posted at 07:31:32

3時間前

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

ニューロンの発火の「相互依存関係」を通してクオリアの起源の理解に成功したとしても、それは、「私」によってクオリアが感じられるための、必要条件に過ぎない。クオリアがクオリアであるためには、それを感じる「私」が必要なのだ。

#脳とクオリア

講談社学術文庫

amazon.co.jp/%E8%84%B3%E3%8 pic.twitter.com/oEXOK0rLc4

posted at 07:28:15

3時間前

@tokoroten510

概念主義者 ニートリアージ 我輩は猫以下@tokoroten510

茂木健一郎 kenichiromogi  
認識の要素の形成過程における、興奮性シナプスと抑制性シナプスの意味は何か? 最も本質的なことは、抑制性の結合がある場合、それは、たとえある認識の要素の特徴を決定する上で貢献したとしても、その認識の要素の一部とはならないということである。

#脳とクオリア

Retweeted by 茂木健一郎

retweeted at 07:26:46

2019年10月18日(金)4 tweetssource

10月18日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

あー今朝はとっても早くて、仕事も山積していて、朝のもろもろおやすみします。ごめんなさい。

「クオリア日記」は時間があったらぜひ書きたいです!

posted at 05:35:56

2019年10月17日(木)23 tweetssource

10月17日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

自動運転に関するアンケートにご協力ください!!!

1月、4月、7月、10月生まれの方はこちらからー>
docs.google.com/forms/d/e/1FAI

2月、5月、8月、11月生まれの方はこちらからー>
docs.google.com/forms/d/e/1FAI

3月、6月、9月、12月生まれの方はこちらからー>
docs.google.com/forms/d/e/1FAI

Retweeted by 茂木健一郎

retweeted at 11:32:54

10月17日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

IOCの今回の提案には、やはり先日の世界選手権での衝撃があったのだと思う。東京でマラソンや競歩が見られないのは残念だが、逆に札幌の街を選手たちが走るところを見られる。結論がおそらく避けられない以上、早く頭を切り替えて、対応を考えた方が良いのではないかと私は考える。

posted at 09:29:49

10月17日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

IOCからの提案の理由が、アスリートの健康という誰も反対できないことである以上、今後、東京でマラソンや競歩を開催する可能性をいろいろと議論したとしても、結果として、アスリートの健康を十分に考慮していないという印象が残る。だから、結論としてはIOCの提案に従うしかないと思う。

posted at 09:29:49

10月17日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

東京オリンピックのマラソンや競歩の開催地を、札幌に移すという提案がIOCからあった。東京の街を走るところを見たかったし、組織委員会の方や関係者も、いろいろ準備してきたところだとは思うけれども、一度IOCからこのような提案があった以上、最終的には札幌で開催するしかないように思う。

posted at 09:29:49

10月17日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

以上、連続ツイート2357回「型やスタイルがあるからこそ変化に適応できる歌舞伎の力に学ぶ」をテーマに6つのツイートをお届けしました。

posted at 07:50:10

10月17日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

型やスタイルがあるからこそ、変化に適応できて、融通無碍に新しいことができるという歌舞伎の強さは、まさに激動の中にある現代の私たちにとって、大きなインスピレーションだと思う。来年の團十郎襲名公演が楽しみだ。

posted at 07:49:20

10月17日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

さかのぼって、江戸時代の歌舞伎は、臨機応変にその時々の世事を入れた趣向を取り入れていたはずで、そのような自由が効いたのも、歌舞伎の「型」がしっかりと存在していたからで、型があるがゆえの自由ということが大きかったのだと思う。

posted at 07:48:00

10月17日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

来年の市川團十郎襲名公演は三ヶ月連続で歌舞伎座で昼夜やるんだと思うけれども、これだけの演目を成立させられるのも、歌舞伎の型のちからで、ゼロから立ち上げる現代演劇ではとてもそのようなことはできない。

posted at 07:46:52

10月17日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

歌舞伎は、型や所作が確立しているからこそ、その分自由がある。市川海老蔵さんが以前おっしゃっていたけれども、一つの演目の稽古をたとえば2−3日でやって作品が成立してしまうのは、役者の卓越した能力に加えて、型のちからが大きいと思う。

posted at 07:46:00

10月17日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

歌舞伎のすごいところは、一方で勧進帳のような本寸法の古典を演じ続けつつ、「ワンピース」や「初音ミク」のような新しいモティーフも入れてそれを歌舞伎にしてしまうことで、つまり時代とともに革新しつつ伝統も守るという離れ業をやっている。

posted at 07:44:20

10月17日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

歌舞伎はいろいろな意味で「奇跡」の芸術だと思う。なによりもすごいのは、未だに大衆的な人気を誇っていて(みな、「勉強」のために歌舞伎に行くのではなく、ほんとうに楽しむために行っている)その一方で高い芸術性があるという、そのバランスが素晴らしい。

posted at 07:43:04

2019年10月16日(水)8 tweetssource

10月16日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

幕内の取り組みの前に、行司さんが次の日の取り組みを発表するときに、拓郎さんが時々土俵に出てきて、「とざいとーざい」という、その呼吸が大好きで、そろそろ拓郎さんかな、と思うとドキドキしてしまう。

posted at 22:22:00

10月16日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

拓郎さんは、自分の出番ではない時も、土俵から少し離れたところから様子を見ていて、その眼差しが大相撲に対する愛に満ちていて、拝見しているだけで幸せになる。

posted at 22:21:59

10月16日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

ぼくは、大相撲の立呼出の拓郎さんが好きで、その立ち姿が粋で、美しいし、何よりも相撲への愛を強く感じる。相撲界の至宝だとずっと思っている。

posted at 22:21:59

10月16日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

おはようございます。今朝は、脳なんでも相談室、連続ツイートおやすみします。すみません。。。「クオリア日記」はもし時間があったら、書きます。みなさま、よい一日を!

posted at 06:01:38

このページの先頭へ