情報更新

last update 01/21 20:18

ツイート検索

 

@kenichiromogi
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

Stats Twitter歴
3,709日(2009/11/26より)
ツイート数
112,718(30.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年01月21日(火)27 tweetssource

11時間前

@hori_fes

ホリエモン万博2/1-2【公式】~節分まつり~@hori_fes

スマホが増えた時代、
絆ホルモンであるオキシトシンが減少気味..

🎤怒濤のトークショー
2/2 16:30~
ゲスト:脳科学者 茂木健一郎氏 @kenichiromogi

ストレス対策が現代を
生き抜く鍵🔑

チケット:ゴールド/シルバー/優先/一般

チケット🎫➜expo.horiemon.com

@takapon_jp pic.twitter.com/IUQlc1yyA1

Retweeted by 茂木健一郎

retweeted at 09:52:54

13時間前

@kensukeniitsu

にいけんちゃんねる@学びを発信+借金返済中!@kensukeniitsu

茂木健一郎(@kenichiromogi )さんのYouTubeよりシェア♪

・自分のなかに確実性があるから、不確実なことに挑戦できるお話。
→ちょっとやすんだら偶有性の海にこぎだしてみます♪

無理してリスクをとらなくて、引きこもってもいい。「偶有性」のなりたち youtu.be/3pXcRtcO_SY @YouTubeさんから

Retweeted by 茂木健一郎

retweeted at 07:49:42

15時間前

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

以上、連続ツイート2438回、「ゲーム時間規制はナンセンス。MMOGをやって異彩を放つような人がもっと日本に出てきてよい。」をテーマに、6つのツイートをお届けしました。

posted at 06:25:16

15時間前

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

ゲームに関連する規制とかいろいろな議論を聞いていてあきれるのは、議論しているおじさんたちが現代のゲーム空間の広がりを把握していないということだ。ITや人工知能の最先端はほとんどゲームと地続きである。MMOGをやって異彩を放つような人がもっと日本に出てきてよい。

posted at 06:24:22

15時間前

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

ゲームって、こんなに多様で、MMOGを始めとしていろいろなのがあるよ、ビジネスの現場でも、地域を超えて協力したり、響き合わせたりしてできるこんな可能性があるよ、ついでに、そんなゲームを自分たちでつくることもできるよ、ということを子どもたちに教えてあげればいい。そしたら日本が変わる。

posted at 06:23:07

15時間前

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

相変わらず、ゲーム時間とかゲームをすることの是非がいろいろと論じられているが、ゲーム自体が進化していて、そのようなゲーム文化を子どもたちに教えることの方が、ゲームを禁止するよりも有意義だと思う。単純なゲームで時間をつぶしている子どもたちがいたら、ゲーム世界の見取り図をむしろ教える

posted at 06:21:48

15時間前

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

その方は、国際的な国別対抗戦でMMOGの将軍役というかリーダー役をつとめて、200人のプレイヤーを指揮して対戦し、見事勝った日本代表だったということである。すげえな、ということになって見かけが地味だけど話すと異彩を放つ理由はそのあたりにありそうだった(笑)。

posted at 06:19:43

15時間前

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

昨日、ある会合で話していて、ひとり、見た目はちょっと地味なんだけど(笑)、口を開いたら、おっ、と異彩を放つような方がいらして、それでいろいろ雑談していたら、その方が実はMMOG(超多数プレイヤーオンラインゲーム)の日本代表だったということが発覚した(笑)

posted at 06:18:35

2020年01月20日(月)18 tweetssource

1月20日

@kenmogi

Ken Mogi@kenmogi

The more I think about it, the whole ideas of mind uploading and whole brain emulation as means of propagating, copying, and immortalizing life and consciousness appear to be just fashionable nonsense. Core observations are lacking.

Retweeted by 茂木健一郎

retweeted at 08:44:57

1月20日

@Tak_Lion_Suzuki

すずけん?️2020@Tak_Lion_Suzuki

やっぱり、一人ひとりが「行動」するのが一番だと思うのですが、SNSが発展した今、サイレントマジョリティーへの接触機会が多いと思われるその界隈の方々の行動も必要なのではないでしょうか。
より楽しくより良い世界を求めての活動が、他者(フォロワー)への鏡になるといいと思うんです。 twitter.com/kenichiromogi/

Retweeted by 茂木健一郎

retweeted at 08:07:46

1月20日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

以上、連続ツイート2437回「政治の懐古趣味を沈黙多数の眠りが支える今の日本、どうしますかね」をテーマに6つのツイートをお届けしました。

posted at 07:14:56

1月20日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

議会制民主主義がある以上、沈黙多数の眠り、特に世界的に見ても顕著でレアな若年層の保守化、お眠りモードに働きかけなければ世の中は変わらないと思うけれども、それも有効手はない。いずれにせよ、単に政治のあり方を開明的、知的立場から批判するだけでは眠った日本は動かないフェイズにあるようだ

posted at 07:13:34

1月20日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

今の日本は、沈黙多数が停滞気分で、政治も懐古趣味で、それが連動してすっかり動きがとまっている。一部の進歩派は政治のあり方を批判し続けているけれども、なにしろ沈黙多数が一回おやすみ、ねむりのモードなので国政選挙は相変わらずの結果である。その間、経済はどんどん置いていかれる。

posted at 07:11:57

1月20日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

「ええじゃないか」のような社会運動というか流行を見ていると、民衆の沈黙多数の中にも、このままだと日本はまずい、という気分があったのかもしれないけれども、当時は選挙はないから、維新の志士たちの志しと行動力が引っ張っていった。沈黙多数がそれを支えたわけではないだろう。

posted at 07:10:46

1月20日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

幕末はどうだったのかなと思う。明治維新はあの時だから成功したのであって、同じことを今やっても無意味だが、なにしろ近代化に成功したあの時のパトスは、一部の志士たちは目覚めていたのだろうけれども、日本の一般大衆の沈黙多数はどんな気分でいたのだろうか。

posted at 07:09:33

1月20日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

自動運転や人工知能など、新しいイノベーションをどんどん取り入れて、教育のあり方も根本から変えようというよりは、口先ではそのようなことを言うけどマインドセットが古い方々が政策に影響を及ぼしている。そして、そのようなあり方を、国民の沈黙多数が支持している。

posted at 07:08:39

1月20日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

今の世の中を見ていると、客観的には日本は停滞していて、教育でも経済でも、思い切った改革というか新しい視点を必要としているのに、政界はどちらかというと懐古趣味というか、昔に戻ろう、守ろうとしている気がする。そして、そのような気分を、国民のかなりの部分が支えているようだ。

posted at 07:07:42

2020年01月19日(日)31 tweetssource

1月19日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

「イデオロギーよりも雑談を」のシリーズ名は、シャワーを浴びているときに思いついたんだけど、「イデザツ」という四文字の略もいいやすいし、ぼくは気まぐれだからいつまで続くかわからないけれども、しばらく実験的にやってみようと思う。

posted at 07:17:49

1月19日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

また、現代は、政治でもなんでも、ある立場、思想、つまりはイデオロギーが事実の選択や主張の内容も決めてしまって、それが交錯しないことも多い。融合させるためには雑談がいい。イデオロギーよりも雑談をというテーマには、そのような思いが込められている。

posted at 07:16:52

1月19日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

ぼく自身もある程度そうだし、反省することもあるが、ユーチューブなどでも、コンテンツがなにかの方向やテーマを決め打ちして、それに絞って発信されたものが多い。しかしそれだと世界の多様性を反映しないfactoidになってしまうし、何よりも自分の人生の経験のごく一部しか託せないものになる。

posted at 07:15:48

1月19日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

大学時代も、それからの長い大人としての生活でも、いちばん楽しいし知的に刺激されるしなによりも世界の多様性を反映できるフォーマットは雑談のような気がする。雑談をしていると、連想で、いろいろなものを引っ張ってこられる。ドットとドットを結ぶことができる。

posted at 07:14:29

1月19日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

ぼくが大学の時にとっていた西洋史の木村尚三郎さんの授業は第一回から最終回まで、一貫して雑談で、そりゃあフランス中世のちゃんとした話もあるけれども、現代の風俗から先生が見聞きしたことまで、いろいろな森羅万象を引っ張ってきて雑談にしていた。それが一つの芸であり、知性だった。

posted at 07:13:25

1月19日

@kenichiromogi

茂木健一郎@kenichiromogi

ユーチューブで「イデオロギーより雑談を」(略称イデザツ)という新しいシリーズを始めたきっかけは、ヴァーチャルでもリアルでも、たのしい雑談の時間が減っていると感じているからで、たとえば大学の授業はなんだかシラバスがどうのこうのとかずいぶんうるさくなっている。

posted at 07:11:39

このページの先頭へ