情報更新

last update 06/28 08:08

ツイート検索

 

@kenji_kajiya
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kenji_kajiya

Kajiya Kenji 加治屋健司@kenji_kajiya

Stats Twitter歴
4,684日(2009/09/01より)
ツイート数
8,362(1.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2022年06月26日(日)1 tweetsource

6月26日

@kenji_kajiya

Kajiya Kenji 加治屋健司@kenji_kajiya

@H_YOSHIDA_1973 私も25号の未登録に気づいたので、当時の紀要編集長に連絡したところ、手続きするとのことでしたので、週明けには公開されると思います。22号以前の論文の掲載はうまくいってないですよね。ある年度の紀要編集委員会が意を決して遡及的にやるしかないですね。

posted at 07:46:46

2022年06月25日(土)2 tweetssource

2022年06月24日(金)9 tweetssource

6月24日

@ncam_Nagoya

名古屋市美術館@ncam_Nagoya

#名古屋市美術館#常設展 では、日本全国の美術館で唯一、メキシコ・ルネサンスの作品をまとめて見ることができます。ディエゴ・リベラや #フリーダ・カーロ の作品はもちろん、現在はアメリカからメキシコへ渡った2人の写真家、ティナ・モドッティとポール・ストランドの作品をご紹介しています。 pic.twitter.com/Mi2VecR4BY

Retweeted by Kajiya Kenji 加治屋健司

retweeted at 21:45:11

6月24日

@ncam_Nagoya

名古屋市美術館@ncam_Nagoya

「布の庭にあそぶ #庄司達 」展開幕!
愛知を拠点に50年以上活動を続ける作家・庄司達の個展を本日より6月26日(日曜)まで開催します。
美術館の壁や天井に、白い布が寄り添うようにして生まれた空間は、まるで”庭”のようです。作品の間を歩いて、座って、お楽しみください。
#名古屋市美術館 pic.twitter.com/On9PhZsDnR

Retweeted by Kajiya Kenji 加治屋健司

retweeted at 21:45:06

6月24日

@kenji_kajiya

Kajiya Kenji 加治屋健司@kenji_kajiya

7月7日12時から文化庁アートプラットフォーム事業シンポジウム「日本の現代美術を翻訳する:言説、文脈、歴史」をZOOMウェビナーで開催します。詳細・登録:artplatform.go.jp/ja/programs/20 登壇者は片岡真実、大舘奈津子、富井玲子、ウィリアム・マロッティ、中嶋泉、山本浩貴、大久保玲奈、加治屋健司。

posted at 21:17:03

2022年06月23日(木)1 tweetsource

2022年06月21日(火)3 tweetssource

6月21日

@kenji_kajiya

Kajiya Kenji 加治屋健司@kenji_kajiya

今日の授業で読んだ本に、ネオ・ラオホがベルリンの壁の崩壊よりも子どもが生まれたことのほうが大きな変化だったと述べる一節があった。額面通りに受け取ってよいか少し迷うが、昨日の田中功起さんの話を思い起こした。

posted at 14:31:35

6月21日

@kktnk

田中功起 koki tanaka@kktnk

途中からかなり早口ですが、コンパクトにまとまっていると思います。ぼくのこれまでの活動を、扱ってきたテーマにそって把握するのにはしやすい長さかもしれません。これを見た上でぜひシラスにも来てくださいー
田中功起「過去を編集する/方法としてのレトロスペクティブ」
youtu.be/VzBW5GIT8PQ

Retweeted by Kajiya Kenji 加治屋健司

retweeted at 12:14:33

2022年06月20日(月)2 tweetssource

2022年06月19日(日)2 tweetssource

6月19日

@akishmz

SHIMIZU Akiko(清水晶子)『フェミニズムってなん@akishmz

明後日なのですが、20日の月曜日、長島有理枝さんと二度目の対談になります。

フェミニズムの内部批判は大事だけれど、それで断絶しか残らないのもつらい。どうすれば良いんだろうか。正解があるわけではないけれど、その辺りのことを話せたら良いですね、と長島さんとはお話ししています。 twitter.com/book_and_beer/

Retweeted by Kajiya Kenji 加治屋健司

retweeted at 09:22:53

2022年06月17日(金)2 tweetssource

6月17日

@kktnk

田中功起 koki tanaka@kktnk

来週月曜日15時からです。
このくらい(↓)話せるといいですが、パワポ多すぎなので、しぼってます。。。これまでの関心の流れをコンパクトに語りたい。まさに「過去」を編集中です。
www.art.c.u-tokyo.ac.jp/activity/socia twitter.com/kenji_kajiya/s pic.twitter.com/G2P8MaNMY8

Retweeted by Kajiya Kenji 加治屋健司

retweeted at 13:45:08

2022年06月15日(水)3 tweetssource

6月15日

@kenji_kajiya

Kajiya Kenji 加治屋健司@kenji_kajiya

本日始まった「池田修を偲ぶ6日間「都市に棲む―池田修の夢と仕事」」を見に行きました。活動的でありながら温和で丁寧な物腰の池田さんのことを思い出しながら見ました。今にも池田さんがふいに現れて話しかけてきそうな空間で、すばらしかったです。ご冥福をお祈りします。 www.bankart1929.com/ikedaosamu/

posted at 01:46:02

6月15日

@kenji_kajiya

Kajiya Kenji 加治屋健司@kenji_kajiya

講演の後、日本におけるカラーフィールド絵画の受容について質問がありました。60年代、絵画の前衛が日本で受け入れられる余地は少なく、山口長男は時代が異なると答えてしまったのですが、山口の面的拡充は58年からなので、時代は同じだが文脈が異なると言うべきでした。失礼しました。

posted at 01:28:17

6月15日

@kenji_kajiya

Kajiya Kenji 加治屋健司@kenji_kajiya

日曜日の講演会にお越しくださったみなさまありがとうございました。カラーフィールド絵画一般の話が中心でしたが、近年の研究成果も織り交ぜてお話ししました。リヒターの絵画を近現代絵画史の中で考える際に、カラーフィールド絵画やその同時代の絵画の理解がとても重要だと改めて思いました。

posted at 01:28:17

2022年06月10日(金)4 tweetssource

6月10日

@fukutaka

FUKUTA Takanari 福田貴成@fukutaka

7月2日(土)3日(日)の両日、表象文化論学会第16回大会を、東京都立大学南大沢キャンパスにて開催します。会員によるパネル発表はもちろん、シンポジウムにパフォーマンス、ワークショップに特別企画パネルと盛り沢山の2日間です。プログラム詳細はリンク先をご覧ください!
www.repre.org/conventions/16/

Retweeted by Kajiya Kenji 加治屋健司

retweeted at 20:45:28

2022年06月09日(木)3 tweetssource

6月9日

@kenji_kajiya

Kajiya Kenji 加治屋健司@kenji_kajiya

『美術手帖』2022年7月号をお送りいただきました。近藤亮介さん、平倉圭さん、ありがとうございました。スミッソンの翻訳を事前に拝見してコメントしました。歴史的に重要な文章が『美術手帖』に載るのは久しぶりだと思いますが、とてもいいですね。今後も続けていただけるとうれしいです。

posted at 22:40:31

2022年06月08日(水)2 tweetssource

6月8日

@kenji_kajiya

Kajiya Kenji 加治屋健司@kenji_kajiya

リヒターは、特別展だけでなく、近美の常設、ポーラ美術館の「モネからリヒターへ 新収蔵作品を中心に」展、西美の「自然と人のダイアローグ フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで」展で見られますね。ワコウでもこれからドローイングと版画が見られるんですね。

posted at 00:20:21

2022年06月07日(火)6 tweetssource

6月7日

@kenji_kajiya

Kajiya Kenji 加治屋健司@kenji_kajiya

先行例をどう更新しているのか、考えてみたくなりました。ケリーやステラとの比較は、MoMAのカタログでストーがしていた気がしますが、カラーフィールド絵画とどう違うのか。週末の川村の講演ではそんな話もできればと思っています。

posted at 21:58:39

6月7日

@kenji_kajiya

Kajiya Kenji 加治屋健司@kenji_kajiya

本日は近美のリヒター展を見てきました。まとめて見たのは20年前のMoMAの回顧展以来でした。アメリカ美術研究者としては、グレイ、カラーチャート、ストリップ、アブストラクト・ペインティングといった、アメリカの画家たちが50年代後半から70年代にかけて取り組んだ絵画に一見似ている絵画が、

posted at 21:58:39

6月7日

@kenji_kajiya

Kajiya Kenji 加治屋健司@kenji_kajiya

教養学部のサイトでもご案内しています。アーティストの田中功起さんのオンライン講演会「過去を編集する/方法としてのレトロスペクティブ」を行います。6月20日(月)午後3時〜午後4時30分。参加費無料、事前登録制(先着順300名)学外の方もご視聴いただけます。 www.c.u-tokyo.ac.jp/info/news/even

posted at 21:31:56

6月7日

@kenji_kajiya

Kajiya Kenji 加治屋健司@kenji_kajiya

教養学部のサイトでもご案内しています。アーティストの田中功起さんのオンライン講演会「過去を編集する/方法としてのレトロスペクティブ」を行います。6月20日(月)午後3時〜午後4時30分。参加費無料、事前登録制(先着順300名)学外の方もご視聴いただけます。 www.c.u-tokyo.ac.jp/info/news/even

posted at 14:06:03

2022年06月06日(月)1 tweetsource

6月6日

@kenji_kajiya

Kajiya Kenji 加治屋健司@kenji_kajiya

研究室のサイトでもご案内しています。アーティストの田中功起さんのオンライン講演会「過去を編集する/方法としてのレトロスペクティブ」を行います。6月20日(月)午後3時〜午後4時30分。参加費無料、事前登録制(先着順300名)学外の方もご視聴いただけます。 repre.c.u-tokyo.ac.jp/2022/06/06/%e7

posted at 18:07:22

2022年06月03日(金)1 tweetsource

2022年05月29日(日)1 tweetsource

2022年05月25日(水)3 tweetssource

5月25日

@kawamura_dic

DIC川村記念美術館@kawamura_dic

【カラーフィールド展】
講演会「カラーフィールド絵画 その背景と展開」の受付を開始いたしました。
チケット販売サイトPassMarketより、聴講券付きの入館チケットをご購入ください。当日はお好きな時間帯にご入館いただけます。 passmarket.yahoo.co.jp/ticket/show/de

6/12(日)13:30~15:00
講師:加治屋健司氏

Retweeted by Kajiya Kenji 加治屋健司

retweeted at 14:49:04

2022年05月24日(火)1 tweetsource

2022年05月21日(土)1 tweetsource

5月21日

@kawamura_dic

DIC川村記念美術館@kawamura_dic

【カラーフィールド展 講演会】
本展カタログの寄稿者である加治屋健司氏に、カラーフィールド絵画という動向の全体についてお話をいただきます。

「カラーフィールド絵画 その背景と展開」
6/12(日)13:30~15:00
要予約|5/25(水)一般受付開始|定員30名
kawamura-museum.dic.co.jp/topics/2022/06

Retweeted by Kajiya Kenji 加治屋健司

retweeted at 23:28:53

2022年05月20日(金)1 tweetsource

2022年05月19日(木)15 tweetssource

5月19日

@kenji_kajiya

Kajiya Kenji 加治屋健司@kenji_kajiya

国会図書館の個人送信資料、古い美術全集入っていますね。世界美術全集は2種の平凡社版(20・30年代の36冊、50年代の30冊)、角川版38冊、河出版24冊(現代…16冊も)、集英社版18冊(現代…25冊も)がありました。リッツォーリ版と小学館版はなし。画集は大きくて図書館で苦労するので便利そうです。

posted at 12:42:25

5月19日

@kenji_kajiya

Kajiya Kenji 加治屋健司@kenji_kajiya

本日から始まった国会図書館の個人向けデジタル化資料送信サービスを試しています。『鹿島美術研究:年報別冊』が読めるようになってよかったのですが、2001年までですね。2002年以降はそもそも納本されていないようで残念です。

posted at 11:45:51

このページの先頭へ