情報更新

last update 07/20 13:30

ツイート検索

 

@kenkyukan
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

  • 284フォロー
  • 569フォロワー
  • 43リスト
Stats Twitter歴
3,610日(2008/09/02より)
ツイート数
84,520(23.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年07月20日(金)18 tweetssource

12時間前

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

とりわけ公式の記事だと、広く一般の人にも分かるように書くことも多いけど、これはそんなことはまったくない。分かる人にだけ分かるようにしか書かれてない。百合好きとしてはもちろん、コンテンツのコアユーザー(オタク)の内面録としてこれは貴重な記録ですよ(笑)。

posted at 12:58:48

12時間前

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

短いツイートだと無茶な放言をしても、まとまったテキストや発言、対談だと真面目に書く傾向になるじゃないですか。それがこのインタビューにはない。普段オタクがどんなこと考えて作品を消化してるか、外からの批判や感想をどう思っているかそのまま書かれている。

posted at 12:54:32

12時間前

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

ところで昨日取り上げた「百合が俺を人間にしてくれた――宮澤伊織インタビュー」、冒頭の部分だけ引用したけどその後はもっと凄まじいので一度通して読んでみてほしい。個々の発言だけだとTwitterでよくあるオタクのイキリ放言にも思えるけど、全部合わせるとその圧力がすごい。www.hayakawabooks.com/n/n0b70a085dfe0

posted at 12:47:38

12時間前

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

しかし今年はきららアニメずっと続きますねえ。ゆるキャン△・スロウスタート(冬)→こみっくがーるず(春)→はるかなレシーブ(夏)→アニマエール!(秋) 毎回楽しみが続くのはいいことだ。

posted at 12:39:28

23時間前

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

「百合とレズは違う」→そんな区分はない
「男が出たら百合ではない」→男の出る百合も成立する
「結局ルッキズム(見た目かわいい子を愛でてるだけ)」→そうでない作品も多い
「男の描く百合は違う」→反対にすると「女の描くBLは違う」となりそもそもナンセンス

posted at 01:57:15

23時間前

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

「(百合は)お姉様的な関係」→昔は流行ったけど今はもっとバリエーション多い
「百合の間に挟まりたい」→殺されます
「思春期の一過性のもの」→殺されます 気の迷いだと言い張る輩は男女恋愛観から一歩も出られてない
「同性同士という葛藤が必要」→別に必須ではない

posted at 01:52:32

23時間前

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

言ってることがいちいち攻撃的でやばすぎる。普通ならあえて言わなかった(文句を言ってくる人にいちいち反撃する必要はないので)ことを全部言ってくれている。

posted at 01:48:38

7月20日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

そういえば今こそこれをリツイートするべきだと思った。
1コマ目の魔理沙の「そうか こわいな 何やってんだお前」というセリフが辛辣でつぼにはまる。pixivで絵を見るたびに昔の絵まで遡って見ているアカウントがこちらになります。

posted at 01:08:58

7月20日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

あと試合時のBGMがかなりいいことに気付きました。クライマックスでちょっと曲調が変わって盛り上がるところ最高。これはテンポよくて乗れる。

posted at 00:33:54

7月20日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

初心者が一段ずつステップアップしていく練習風景と、本番の対戦でのひとつひとつのプレイの意味を丹念に見せていくスポーツものとしても、あるいは過去のしがらみをじっくり見せるドラマとしても、あるいは百合作品としても(?)改めて見ても非常に濃厚な2話でしたわ。

posted at 00:30:07

2018年07月19日(木)44 tweetssource

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

「なんでもするって言ったわよね?」
「なんでもするって言ったわよね?」
大事なことなので二度模範解答するアニメは。エロマンガ先生の同じネタを超えている。

posted at 23:23:19

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

ところで、この3作品には見た目で分かりやすい共通点があり、それはいずれの作品も「出てくる管理人(大家さん)がでかい」というものです。こうしたマンガの作者(読者)が、アパートや寮の管理人のお姉さんにどんなイメージを抱いているか、それが分かるようで面白いと思いますね。 pic.twitter.com/uuBT9HbQCk

posted at 22:48:57

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

さらに原作初期からその内容に反応していた伊東ライフ氏をエンドカードに起用するなど、あらゆる意味で注目を集める作品になってしまいました。ここに来てついにとんでもないアニメが出てしまったという感じです。

posted at 22:44:17

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

そして、今回満を辞して(?)アニメ化された「すのはら荘の管理人さん」。これはもう原作が始まった時点でとんでもないと思える作品で、すでにその時から話題になっていました。これがしっかり30分枠でアニメ化され、しかものっけからエロシーンと意味深な発言を連発する驚きの内容。 pic.twitter.com/Ygbeo1Lkzl

posted at 22:43:23

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

とりわけ、9話の放送はいわゆる水着回となっていたのですが、原作ではただ部屋で水着で過ごすだけのエピソードだったのが、アニメでは本当にプールで泳ぐ話になっていて一気にそういうシーンが倍増。「新鮮なライチ」というパワーワードまで飛び出してこれが大いに反響を招きました。

posted at 22:40:54

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

次に、今年の冬に放送された「スロウスタート」。これは、原作はそこまでエロさばかりを強調した作品ではないと思うのですが、しかしフェチズムを感じる描写は多々あり、それがアニメ化に際してやはり強調される形となりました。 pic.twitter.com/16uegiKezq

posted at 22:40:21

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

まず、昨年春と少し前に放送された「ひなこのーと」。これは原作の絵と内容からかなりのものですが、アニメ化に際してさらにその路線がヒートアップ。特に毎回最後に表示される次回予告(エンドカード)のイラストが、原作にもないようなエロを押し出したものばかりで、これは大いに話題になりました。 pic.twitter.com/jRZENwmZFw

posted at 22:39:24

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

しかし、そうした作品がアニメ化された場合、原作以上にエロ要素を強調したものになることが多く、やたら強い印象を残すことも多い。このところ、そうした作品が続いていることも興味深いです。

posted at 22:37:40

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

そもそも、いわゆる萌え4コマ、日常4コマと呼ばれるジャンルにおいて、エロ要素を強く押し出した作品はそれほど多数派ではないと思います。かわいい絵柄やエピソードを中心にした作品が中心で、一方でエロさを強調した作品もありますが、全体の中では少数派ではないかと。

posted at 22:37:18

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

今季夏アニメの一角「すのはら荘の管理人さん」が、(一部で)えらく話題になっているようですが、個人的にはついに萌え4コマ発のエロアニメの本命が来たと思いました。「ひなこのーと」や「スロウスタート」も大概すごいと思っていましたが、ついにとんでもないものが来たという感じです。

posted at 22:36:08

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

この話、前にも何度かしたけど杞憂ではないと思う。芸能人がコミケに参加しようとするだけで難色を示す人がいるくらいなので。しかし参加者に自分の考える必要条件を殊更に求めると、ジャンルの広がりが妨げられる。子供でもスタンドで観戦するのがメジャーリーグで、それが野球少年を生むわけですよ。

posted at 22:22:47

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

こういうイベントは寛容でいいんですけど、しかし同人誌即売会の参加者の中には、低年齢の来場者が来ることに懸念、反対を示す人は案外多いように思えます。まだこうした文化に通じてない、理解と責任を持てる年齢ではないとか18禁の頒布物があるとかそういう理由でね。でもそれは正しくないと思う。

posted at 21:53:11

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

この前の例大祭の話なんですが、小学生くらいの女の子の来場者をあちこちで見かけて驚いたんですよね。あれっと思って見渡すと周囲のあちこちにそういう親子連れの姿がある。東方に小学生のファンが増えてるという話は本当だったのかと改めて知りましたね。

posted at 21:38:57

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

どんなイベントでも出来る限り幅広くファンを受け入れるべきだと思うんですよね。将来もっと熱心なファンになってくれる子供や若い人ならなおさら。「子供にはまだ早い。危ないからこういうところにいるべきではない」と否定しないのが素晴らしい。gotch.info/post/176022673

posted at 21:14:53

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

アジカンのゴッチさんのブログ記事(ライブに子供連れてきていいよーでも耳が悪くなるからイヤーカフつけてねーとかそんな内容)見てちょっと感動してしまった。ドイツのケルンで開かれたコンサートで思っていた以上に親子連れが多くて驚いたという話も含めて。

posted at 21:09:39

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

@GOD_JULAS レス遅れましたすみません。ルパンがあそこまで唐突にピンチに陥るのはかなり珍しいというか意外に思いました。エピソード2では五ェ門、今回は不二子に助けられていますが、今回は頼れる仲間のバックアップを見せていく方針もあるのかなと。次元のサポートを受けるシーンも多いですし。

posted at 19:50:05

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

あのタツノコッソ先生までMAXに掲載されるとは・・・。百合姫の方でも読み切りの掲載とコラムイラストも描いてるしこれは始まったかも。

posted at 11:56:57

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

いよいよ中国日本合作アニメが本気を出してきた(笑)。なんというか今の日本のコンテンツではありえなさそうな微妙で適当な設定がいちいちツボ。日本でも昔のマンガならこういうのあった気がするし、やはり中国のコンテンツは発展途上の真っ最中なのかもしれない。

posted at 00:55:28

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

今回のトネガワは割と色々面白かった。なんで焼き土下座用の鉄板が保養地にあるんだとかもう突っ込み待ちのギャグでしかない。もうそのまま焼肉用の鉄板でいいんじゃない?

posted at 00:28:46

7月19日

@kenkyukan

たかひろ@研究館@kenkyukan

今月は既に最終回が告知されていた「はんどすたんど!」以外に連載終了の告知がなくてほっとしてる。もう2巻乙が恐怖の対象になってますね・・・。なんとしても「のけもの少女同盟」は終わってほしくないな。

posted at 00:26:06

このページの先頭へ