情報更新

last update 11/24 05:37

ツイート検索

 

@kentaro666
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

Stats Twitter歴
4,025日(2009/11/18より)
ツイート数
95,942(23.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年11月23日(月)41 tweetssource

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

作中でばるぼらがホームレスの爺さんと仲良くしているシーンがあったが、今の若い観客にはフーテン族と言ってもホームレスと見分けが付かないだろうから、意識的にホームレスと見えてもいいという演出だったのかも。ばるぼらの正体から考えても、そのあたりは実は本質的な問題ではないわけだし。

posted at 15:20:17

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

手塚治虫が「ばるぼら」を描いた時期は、まだ新宿のフーテン族の記憶が新しかったので漫画として成立したのだと思う。手塚眞監督の「ばるぼら」は現代なのか60年代なのか俄かには分からないように作られているが、もしかするとこの辺りを考慮したのかもしれないと思った。

posted at 15:16:57

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

ではフーテンはどこに行ったのかというと、多くは実家に戻って堅気になったのだろうが、とても社会復帰出来ない連中は信州の田舎や北海道、離島に行ってそこでコミューンを作り、エコに走ってヒッピーになったというのが私の仮説。

posted at 15:13:21

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

70年に新宿の歩行者天国実施に合わせ東口の二光前(現在のアルタ前)の歩道に寝転がっていたフーテン族を警察が強制排除したことで、路上のフーテンは姿を消したようだ。手塚治虫が「ばるぼら」を連載したのが1973年から4年にかけてだから、実はその時点でフーテン族はほぼ消えていたことになる。

posted at 15:10:22

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

その理由はまず1969年6月に新宿西口地下の広場で反戦コンサートを開いていたフォークゲリラを取り締まるため道路交通法が改正されて地下広場は道路扱いになり、機動隊が出動して強制排除されたことと、

posted at 15:06:18

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

昨日の「ばるぼら」の絡みでフーテン族について書いたが、そこで私は60年代から70年代初頭にかけて新宿にたくさんのフーテンがたむろしていたと書いたけれども、ちょっと調べたら新宿の路上でシンナー吸って寝転んでいたフーテンの全盛期は67年から8年で、70年代に入ると姿を消したことが分かった。

posted at 15:01:45

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

安冨歩氏だけでなく、本間龍・今一生・烏賀陽弘道・平田悠貴氏の動画を毎日制作して放映している。清水氏は鬱病だそうだが、鬱でなければ一月に千冊くらいの本を読むそうで、まあ異常な人と言うより他はない。インターネット時代ならではの「紙の本の売り方」として、全く新しい試み。

posted at 13:03:04

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

この企画の肝は連日複数回放映するYouTube番組だが、基本は長野県在住の安富氏と東京の清水氏とで交わすzoom収録の動画。一回だいたい45分くらい。今は政府や都のコロナ対策に対する時事放談が多いが、動画制作は殆ど清水氏が一人でやっているようで、労力はかかっているが費用は殆どかかってない筈。

posted at 12:56:40

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

実際、「複雑さを生きる」の復刻本は売れているらしい。何冊最初に作ったかは知らないが、例え100冊でも売り上げは430万円で、私は待たされて増刷分を買った。安富氏には、初版本を遥かに上回る印税が入っているとか。間に取り次ぎも書店も入っていないので、版元の利益率は高い。

posted at 12:50:57

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

つまり書店流通を最初から断念したことで実現した販売方法なのだ。3万数千円もする本が売れるのか? と全ての出版業界人は疑問に思う筈だが、そこで連日のYouTube放送が効いてくる。安冨氏の話はまことに面白く、毎日聴いているうちに本の内容が気になり始めて、とうとう本を買ってしまった。

posted at 12:46:15

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

「複雑さを生きる」のオマケだが、安冨歩氏のトーク動画が10時間分も付くのだ。それの宣伝を兼ねた著者の時事放談をYouTubeで毎日、ヘタをすると一日2回も3回も放映。これがもう一年近く続いている。書店コードを取ってない本なので、全て清水氏の会社に代金を振り込んで郵送してもらう購入形式。

posted at 12:35:36

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

そんな中、清水有高氏が主催するYouTube番組「一月万冊」で売っている東大教授・安冨歩氏の「複雑さを生きる」には注目している。岩波で絶版になった同名書の復刻版だが、価格がなんと3万4千円、しかも時価(販売時期によってオマケが増減、価格も変動)という、出版界の常識を逸脱した販売形式。

posted at 12:29:21

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

大学講師と言っても、専任と非常勤では天地ほどにも待遇は違う。非常勤の収入はコンビニバイトと変わらないと考えた方がいい。五つくらい講義を掛け持ちしないと最低限の生活もできない。ただし学内人事とか政治とは無縁なので気が楽。

posted at 12:21:37

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

@kingbiscuitSIU オタク第一世代と呼ばれた人達もそろそろ老境に入ってきた頃ですし、歴史をまとめるなら今かも知れません。試みている人は何人かいますが、出版需要は無いみたいですし、大学がやるしかないかもしれませんね。

posted at 11:53:52

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

@kingbiscuitSIU しかし新人類の中心人物はまさに「オタク」という言葉を提唱した中森明夫氏で、ほかにウルトラマンネタでライターとして売り出した野々村文宏氏がおり、それ自体がオタクとぴったり重なっているのです。なので、私はオタク・サブカル対立は近親憎悪に基づく内ゲバの一種だと理解しています。

posted at 11:06:39

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

@kingbiscuitSIU そのとき私はまさに大月さんのようにオタクはサブカルの1派閥だと考えていたので、岡田氏のサブカル嫌悪の理由がわかりませんでした。あとになって、ああ、岡田氏は80年代に一世を風靡した「新人類」が嫌いのだとわかりました。

posted at 11:03:00

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

@kingbiscuitSIU オタクとサブカルの区別って90年代に岡田斗司夫氏が「政治的」に言い出したものですよ。私、90年代に岡田氏と「アクロス」で「オタク・サブカル大放談」という対談連載をやりましたが、このタイトルを決めるとき、最初「サブカル放談」だったものを岡田氏が強硬に嫌がってこうなったのです。

posted at 10:59:05

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

フーテンのメンタリティって、いまの引きこもりに極めて近いと思うのだが、路上で、しかも集団で引きこもっているのが全然違うね。開放性引きこもりとでもいうか。

posted at 06:49:36

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

フーテンネームというのがあって、それぞれ「ガリバー」とか「キリスト」と呼ばれていた。漫画家永島慎二は自らフーテンになって漫画「フーテン」を描いた。フーテンには「コートさん」というフーテンが出てくるが、この人は実在するらしい。 pic.twitter.com/F458OkZ9an

posted at 06:13:31

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

フーテンとヒッピーは重なってる部分もあるが、基本的には別人種。ヒッピーって思想があるというか、ポジティブじゃん。フーテンはただゴロゴロしてる。俺はフーテンのほうにシンパシーを覚える。

posted at 05:57:24

11月23日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

もともと「ばるぼら」のモデルって60年代末から70年代初頭の新宿にたくさんいたフーテン族だからね。いま、ああいう女がいたらホームレスにしか見えないだろう。原作が描かれた当時はいたのよ。新宿の街頭や深夜喫茶で睡眠薬やシンナーでラリって寝転がっていた男女が。

posted at 05:13:53

2020年11月22日(日)21 tweetssource

11月22日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

80年代に手塚眞監督の「エスフィ」を上映会で観て、新宿の地下街の撮り方が印象的だったが、今回の「ばるぼら」も新宿が舞台で、ちょっとそれを思い出した。精神に変調を来している作家の孤独を演じる稲垣吾郎がハマり役。

posted at 18:17:43

11月22日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

なんでスーダラ節に引っかかったかと言うと、全体的に時代背景が不詳な映画に思えたからだ。もう少し言うと、かなり60年代から70年代の新宿を思わせる映画で、それは監督の狙いなのかもしれない。

posted at 18:07:58

11月22日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

ばるぼらが美倉のマンションでシャワーを浴びるシーンでスーダラ節を歌うので、てっきり原作が描かれた70年代初頭を舞台にしているのかなと思ったが、映画にはパソコンが出てくるし新宿の街頭も現在の新宿なのでそれはなさそう。原作でもスーダラ節を歌うのかなと思ったが、確認したらそれはなかった。

posted at 18:05:07

11月22日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

話は原作にかなり忠実だが、映画にする都合上、登場人物をかなり省略してあり、しかも原作にある主人公のモノローグが割愛されてるのでラストの展開が少し分かりにくい。モノローグというのは映像的には省略したいのは分かるが、もう少しあっても良かったかも。撮影はなかなか良かったと思う。

posted at 17:58:09

11月22日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

「ばるぼら」を観終わって帰宅中。前半やたらと女性が発情して稲垣吾郎に襲いかかる映画でお得な感じ。原作は随分昔に読んだだけなので途中でばるぼらの母親が出てきて「そうそう、こんな話だった」と思い出した。ラストが少し違和感あったので、終わってから原作の電子書籍をDLして読みながら帰宅。

posted at 17:55:03

11月22日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

国民皆保険制度が日本で発足したのって1961年なんだな。俺が生まれてからだとは知らなかった。それ以前はみんなどうしていたのか。これだけは日本が世界に誇れる制度だよね。

posted at 13:00:18

11月22日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

100年前と異なる部分は、世界経済が比べ物にならないほど肥大していることで、経済への打撃を考えると向こう10年は世界が立ち直れないくらいの打撃を被る可能性がある。進展次第では、強権的にコロナを抑えた中国が米国を抜いて世界一の経済大国になる可能性も。ある種の人には悪夢かもしれないが。

posted at 12:13:39

11月22日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

100年前のスペイン風邪パンデミックは第3波まで来て第2波以降から重篤化し、収束に4年かかったそうだが(世界で5億人が罹患し5000万人が死亡)、今回のパンデミックも収束まで同じくらいかかるのではないだろうか。死者は流石にそれよりは少なくなると思うが、医学の進歩とは何かを考えてしまうな。

posted at 12:07:07

11月22日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

新しいMacのM1チップの評判がものすごく良い。まだ一部のMacに採用されているだけだが、iMacの新調を考えている人は、たぶん来年出るだろうM1チップ対応iMacまで待ったほうがいいようだ。最低の8ギガメモリで、エミュレータを通してもフォトショップとイラストレーターが同時にサクサク動くらしい。

posted at 05:34:27

11月22日

@kentaro666

竹熊健太郎《地球人》@kentaro666

@karaagesyokunin しばらくやり取りして、この人と話しても時間の無駄だと感じましたので、貴方とのやり取りは中止しますと通告したら、「論理的な話ができない人とは対話しても無駄だとわかりました」と言われてしまいました。

posted at 05:28:41

このページの先頭へ