情報更新

last update 02/21 05:03

ツイート検索

 

@kimurahayao
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

  • 813フォロー
  • 992フォロワー
  • 22リスト
Stats Twitter歴
3,846日(2009/08/12より)
ツイート数
55,036(14.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年02月20日(木)15 tweetssource

15時間前

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

ちなみに昨夏死んだディープインパクトは、クラシック路線の報知杯弥生賞・皐月賞・日本ダービーはすべてメジロライアンの枠で馬券になった存在。

というわけでメジロライアンとアイネスフウジンの1990年日本ダービーの目を予感するフェブラリーSだけど、はてさて。

db.netkeiba.com/race/199005030

posted at 18:46:55

15時間前

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

天皇誕生日ジャストの横山典にはメジロがお似合いだし、「初」の天皇誕生日である以上、横山典の「初」メジロであるメジロライアンは大事にしたいもの。

そして高市師がお亡くなった時のダートの管理馬であるファストフレンド(父アイネスフウジン)も忘れてはならず。

posted at 18:46:55

15時間前

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

@mariloveken2011 モズアスコットのルメールは天皇陛下御即位慶祝が付いた天皇賞(秋)の1着騎手ですものね。
天皇誕生日のフェブラリーSですから、自身か隣かは間違いなさそう。

サンライズノヴァは今年は2007年以上の暖冬のフェブラリーですから、あの時1着だったサンライズバッカス同様に可能性はあると思います。

posted at 18:31:17

20時間前

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

だから先週の共同通信杯、1998年(外)エルコンドルパサー時と同じ8枠右8番に1番人気を入れて馬券にさせず、それで否定してきたとも言えるわけだしね。

posted at 13:29:59

21時間前

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

「株がケーバを教える」のと同じように「ケーバが株を教える」というのも持論だけど、これはもう少し「出目の意味」を精査しないといけなかったね。
節分Sがスペシャルウィークの春のダービー、東京新聞杯が(外)エルコンドルパサーの秋のジャパンC。
反転があるとしてももう少し先と考えねばね。

posted at 12:18:34

22時間前

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

天皇陛下のお誕生日に行われるフェブラリーSは、お目出たいことに対する東西金杯の出目は1つぐらいは使われそう。
ただなあ、中山金杯のトリオンフは故障で引退だし、ウインイクシードの松岡は戦線離脱だからなあ。

posted at 11:12:48

2020年02月19日(水)5 tweetssource

2月19日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

昨秋菊花賞。ラグビーも日本シリーズもまだ何も決まっていなかったのに、南アにお似合いの母マンデラのワールドプレミアが勝ち、ホー【クス】にお似合いの5サトノルー【クス】が2着となり、そしてその出目がド一発でマイル【チャンピオン】シップに絡んだのは印象的だよね。

posted at 20:38:01

2月19日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

フェブラリーSの今年2月の一番のトピックはなんと言っても新型肺炎騒動に尽きるわけだけど、今週行われる京都牝馬ステークスの過去のレースで今年のこの騒動を絵に描いたようなレースがあるんだよね。

posted at 20:38:00

2月19日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

乗り換えで、少しでも時間があったら、うがい、手洗い。
2006年ディープインパクトのジャパンカップ週にノロに罹って、それに懲りて、以来なるべく実行していること。

posted at 18:12:17

2020年02月18日(火)4 tweetssource

2020年02月17日(月)3 tweetssource

2月17日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

au PAYを試そうかと色々と登録したら

「正しい2段階認証コードを入力したのに跳ねられる→2度目の入力で漸く成功」
「クレジットでチャージしようとしたらレスポンスがくそ遅い」
「挙げ句の果てに504 Gateway Time-outで入れない」

と全然使い物にならない。
これじゃ信用ならないのでポイっ

posted at 20:56:47

2月17日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

そろそろマスクの在庫が尽きてきたなあどうしようかなあと思いながら通勤時地元の100円ショップをのぞいたら、普通に使えるやつが30枚100円で箱買いできた。
ただし黒マスクだけど。
それでもありがたい、このご時世に上乗せしないで商売する心意気にも感じるものがある。
ダイソーさん、ありがとう。 pic.twitter.com/OQ1h130E1x

posted at 10:25:22

2020年02月16日(日)2 tweetssource

2月16日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

地元スーパー。
「この5日間だけお年寄りが使えるTポイント5倍シニアクーポンを是非お忘れなく」としきりに館内放送で言ってるので、そういやこの前今日あたりしか使えないクーポンもらってたなと思ってレジで出したら、それがシニアクーポンだった。。
うーー、シニア。

posted at 20:33:59

2020年02月15日(土)1 tweetsource

2月15日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

@fujitakaco 外で色んなとこ触って、それでスマホいじってるわけじゃないですか。だとしたら、手洗いがおすすめされるならば、スマホも消毒がおすすめだと思うんですよねー

posted at 07:57:48

2020年02月14日(金)23 tweetssource

2月14日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

洛陽Sの出馬をチラッと見てみたけど、武漢にお似合いの「ブで始まってンで終わる」武漢の姿煮のブラックムーン、プロディガルサンが出ているねえ。
特にプロディガルサンは東京新聞杯を唯一除外(えんがちょ)されて、洛陽(中国の市の名前でもある)に出てきた馬。
そんな角度で考えてみますかねえ。

posted at 21:27:06

2月14日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

ネタの品出しは大方済んだと思うから、あとは出馬を熟読して何が正解かを見極めることと、他に「あっ」と思えるようなネタを見つけられるかかな。

posted at 18:03:20

2月14日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

【2】もしくはイタリアの追悼なのだから、ベガの8番武豊を使いつつ、その8番武豊は馬名・騎手とイタリア色の強い7枠7番の隣なのだから、相手は「もう一方の隣を連れてくるのか」「イタリア自身なのか」。

うーん、【1】【2】どちらを採っても低配当だなあ。

posted at 17:57:07

2月14日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

【1】□1993年/桜花賞
1着 4枠左8番ベガ武豊
2着 1枠左2番(地)ユキノビジン安田富
3着 6枠右11番マックスジョリー柴田政

馬連で1点とかも考えるべきか。

posted at 17:57:07

2月14日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

そうするとつい最近イタリアにてトニービンの元オーナーがお亡くなりになったとニュースがあった時、このレースの大事な大事な1枠1番エンの2文字馬名と[地]はトニービン産駒で1993年桜花賞で相手に(地)を連れてきた2文字馬名の最高峰ベガを思い出すわけで。

posted at 17:57:06

2月14日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

共同通信杯(トキノミノル記念)はダービー馬の追悼レースだから6枠にイギリス産馬が置かれた以上、ダービー=荼毘の角度は考えねばならぬはず。

posted at 17:57:06

2月14日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

で、前回五輪年(但し冬)の1998年と同じ9頭立てにして、その1998年共同通信杯は枠連が日本ダービーにド一発だったのだから、今年も共同通信杯の出目・騎手・システムが、例の馬インフルの2007年有「馬」記念同様、人が罹る新型肺炎の日本ダービー(人のレース)に繋がる、と。
妄想は尽きぬ~

posted at 17:07:31

2月14日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

武漢発信源の新型肺炎が「本格的に日本に持ち込まれた」感がする時、共同通信杯の武漢の武であるマイラプソディ武豊は前走京都2歳Sと同じ8枠右8番。
初っぱなはモロでもOKだから、

●8枠右8番-6枠6番-4枠4番
●1番人気-2番人気-3番人気

が持ち込まれても文句は言えないよね。

posted at 17:02:52

2月14日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

というわけで半地下の貧乏人がキーワードであり、6枠が金持ちの邸宅である以上、馬券になるのは(地)や[地]にパラサイトされた隣のはず。

枠だか馬番だか判らないけど、そんな感じでいいんじゃないすかね。

posted at 16:34:11

2月14日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

8枠大外シコウは「棟方志功(芸術系)」「至高」だからアカデミー賞にはお似合い。
6枠(外)ダーリントンホールの馬名の意味は金持ちの邸宅だから、全体がどこかそんな趣。

posted at 16:34:11

2月14日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

共同通信杯のテーマは韓国映画「パラサイト」アカデミー賞4部門受賞記念じゃないかな?

大事な大事な1枠1番(外)[地]エンは外国にも関わらずローカルな[地]で極東にお似合い。
エン自体も「円」「縁」を意味するから「金」に関係し「縁」を頼りにするパラサイトにお似合い。

posted at 16:34:11

2月14日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

ならば共同通信杯、レッドイグニスの8枠右11番の枠or馬番は最低でもどちらかが陽の目を見てもおかしくはありませんよと。

8枠右ならばマイラプソディ武豊(1番人気)
11番ならばビターエンダー/ミナリク(4番人気)

こういう経験の積み重ねでケーバと株のキャッチボールの癖を覚えていきたい。

posted at 11:38:01

2月14日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

そうすると本日は今まで日陰者だったイグニス<3689>が相場になっているわけで(ストップ高前の安いところで売ってしまった……)、ということは一ヶ月前の京成杯当日の初富士Sにて2番人気で日陰者となったレッドイグニスのポジションが陽の目を見ることになるわけで。

db.netkeiba.com/race/202006010

posted at 11:38:01

2月14日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

「相場の要素がケーバのサインアイテムとして使われる」というのは株もケーバもサイン読みでやっている私が発見した「面白い遊び方」。
これは、生涯をかけて、ちゃんと究めたいよねえ。。

posted at 11:38:01

2月14日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

出馬の囲い込みである、

1枠1番カレンブーケドールの「ブーケドール」は黄金の花束
8枠大外ガンコは2018年日経新春杯3着馬&日経賞1着馬

は「チョイ前に金でブイブイいわしていたヤツ」を表現しているっぽいから、チョイ前ブイブイの元青汁王子は可能性は高いかな?

posted at 11:15:39

2月14日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

というわけで、京都記念に於ける『ダークサイド要素=アメリカズカップ』のサインは、

【1】1つはスジ目
【2】もう1つは隣

で機能して『先週までのやり方の合成』って可能性はあるんじゃないかなあと言うのが初見なんだけど、果たしてそれは正解でしょうか。

posted at 11:10:56

2月14日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

そこにプラスして元青汁王子はフルッタフルッタの仕手に関わっているっぽく(本人は否定するものの名前は出ている)、そういう仕手の株要素はケーバに於いては隣を指すときに今週お亡くなりになった野村克也氏の一番弟子は古田敦也氏の古田姓でありフルッタフルッタにはお似合いであることに気づく。

posted at 11:10:56

2月14日

@kimurahayao

キムラハヤオ@kimurahayao

最近の京都は「武漢馬名」の隣一発だったり、「武漢の武」のスジ目一発だったり、『ダークサイド要素』によるサインが目立つけど、京都記念にもダークサイドが出走しているよね。

4枠4番アメリカズカップ。
元青汁王子が馬主になろうとしてポシャったキングオブドラゴン(母ベガスナイト)の兄貴。

posted at 11:10:55

このページの先頭へ