情報更新

last update 01/26 15:23

ツイート検索

 

@kmizu
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

Stats Twitter歴
4,675日(2007/04/10より)
ツイート数
98,496(21.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年01月26日(日)2 tweetssource

7時間前

@kanaya

Ichi?️‍?@kanaya

文科省(やその委託先)から時々、研究時間は何時間確保出来ていますかみたいな調査が来るのだけれど、細切れの時間を合計してもあんまり意味がない。連続した時間がどれだけ取れるかが重要なの。5分の中断は5時間の手戻りと思って欲しい。 pic.twitter.com/qHvFIBm3Xn

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 11:31:57

2020年01月25日(土)3 tweetssource

2020年01月24日(金)15 tweetssource

1月24日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

今使ってるLenovo Tab4 8 Plusが挙動不審なので乗り換えたいものの、乗り換え先候補(8インチ)が全部性能劣化したものしかないの、ほんと困る。Huaweiのは性能的には近いのがあるけど、指紋認証ついてないし(指紋認証あるやつは、性能が今のより低い)。ほんと需要ないのね。10インチはでかい。

posted at 18:13:28

1月24日

@designpatterngf

ogiwara@designpatterngf

プログラミング言語25コ、Webフレームワーク3つ、Webサーバフレーク4個くらい、ドメイン駆動、デザパタ、iOS, Android, React Native, Flutter, WPF, Windows Forms, Win32API, 自作OS、自作ドライバ、物理エンジン、OpenGL、型システム、計算論、機械学習、マイクラPHP、マイクラJava、文字数

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 17:44:53

1月24日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

今月の「1言語」何にしようかなと思っていたけど、「行志向」ってのをテーマにしてみようかなと思った(考えがコロコロ変わるやつ)。

posted at 15:39:47

1月24日

@chokudai

chokudai(高橋 直大)???@chokudai

結構強めに言うけど、ABCのCくらいのコードがめちゃめちゃぐちゃぐちゃになる人が、業務のコードでぐちゃぐちゃにならないとはあんまり思えなくて、実際、経験上かなりの確率でちょっと複雑なロジックが出ただけでぐっちゃぐちゃになってるのよね……。

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 15:38:05

1月24日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

@chokudai その辺り、感覚じゃなくて、もうちょっと詳しく言語化できると面白いことが言えそうな気がしました。Cくらいのを普通にかけるってあたりが、最低限の問題解決能力を持っている、みたいなことを示唆しているとか?

posted at 15:37:51

1月24日

@u_1roh

てらだ@u_1roh

弊社がどのくらい Rust を使っているかというと、若手社員に「Rust と TypeScript って世間的にはどちらの方が多く使われてるんですか?(純粋な目)」と訊かれて絶句する体験ができるくらいです。

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 01:31:01

2020年01月23日(木)1 tweetsource

2020年01月22日(水)17 tweetssource

1月22日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

まあ、いずれにせよ、データが不足し過ぎているので、もう何作品か連載してみて、その反応とか踏まえて、色々考えてみたい気はする。

posted at 18:08:22

1月22日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

量が多いと切られがちというりりろじさんの話、自分も書く前に聞いた覚えあったんだけど、日常系ぽいジャンルだからか、むしろ、長くなればなるほどブクマ数とか増えてるような実感はある(なろうの方では)。

posted at 18:06:45

1月22日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

@lyrical_logical 趣味で書き始めたばかりなので、当然、最初の方が色々構成的にも拙いし、最近連載始めた奴の方が自分でもまだよく出来ていると思うので、カクヨムの方が読者がちゃんと細部の描写を見ている、ような気がします。

posted at 17:53:56

1月22日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

@lyrical_logical 今のところ、その二作品で見る限り、量が多いことによって、一作品の方は評価を得られている、ような気がします(ブクマ数 and PV and ポイント比較)。で、連載開始したばっかりのもうひとつの方は量でいえば圧倒的に少ないものの、カクヨムでの評価は最初の方よりだいぶ良いです。

posted at 17:52:51

1月22日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

こういうと反感買いそうな気がしなくもないですが、主に「カクヨム」読者層の方が目が肥えている、ような気がします。集まってる層が違う、というか。

posted at 10:18:39

1月22日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

実は別アカウントで創作活動(二作)をしているのですけど、なろう/カクヨムで、はっきりと読者層というか評価の傾向に違いがみられるのは興味深いです。なろうの方は何はともあれ量が評価につながりやすいのに対して、カクヨムはよりジャンルとか描写重視で評価されてるような感じが。

posted at 09:43:07

1月22日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

@undo6502 アセンブリまで行くと、別の意味での難しさ(通常の算術式すら、複数の命令の組み合わせで書かなければいけない)ってのが出てくるんじゃないかと。ネタにマジレスだったらすいませんw

posted at 00:57:46

1月22日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

@naka_aki_spl 私も確固たる基準はないのですが、昔、HSPが流行ってたころに「なんであれが(構造化言語が普通のご時世に)流行るんだろ」と考えたことがあります。で、理由として、ネストした構造がなくてフラットだったから、ってのがあるのかなと。

posted at 00:56:18

1月22日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

知人何名かからは聞いたことがあるのだけど、色々な人の、博士号取ったとき(博論前後)の想い出を聞きたいと思うことがある(いや、話したくないけど、とか言う人も多そう)。

posted at 00:50:19

2020年01月21日(火)70 tweetssource

1月21日

@gakuzzzz

がくぞ@gakuzzzz

面白い問いですね。guavaはListを生成するメソッドはListsに、Mapを生成するメソッドはMapsに定義してましたし、標準APIでもCollectorsとか見ると生成対象にあわせて置いてる様に見えます。ただLombokのExtensionMethodやKotlinの拡張関数的なのを使う場合ListOps的なソース側に定義したい気もしますね twitter.com/wwJww/status/1

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 19:32:42

1月21日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

ライブラリが単機能なのでどこかで完成するって話、自分もなんか理想的にはそうあるべきだなって考えてるところがあった。ずっと改修を続けてるとしたらアプローチがどこかしら間違ってるのでは、みたいな。

posted at 17:35:55

1月21日

@t_yano

t_yano@t_yano

Clojureの基本言語仕様だけ使ってるライブラリは言語バージョンアップでもそうそう壊れず、むしろJavaのクラスパス解析してるとかクラスの動的ロードしてるとか、Javaフル活用してる系のやつが、jvmバージョンアップに伴い壊れる印象。

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 17:33:19

1月21日

@t_yano

t_yano@t_yano

clojureでのHTMLテンプレート、俺はenliveを使っており、これはバージョンアップがかなり長い間されてないんだけど、ぶっちゃけ完成されてるのでこれでいいしたまに依存ライブラリバージョンアップされてるので放置ではなく、Clojureライブラリはそういうの多い。単機能なのでどこかの段階で完成する

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 17:33:13

1月21日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

考えてみると、「木」を編集する理想のエディタ、自分の中でGUI部分作り込むのが手間かかりすぎてあきらめてたけど、Blocklyの実装流用して、代入のset x to y を x = y ぽく表示させたりするようにすれば、ある程度理想に近いのができるかもと思い始めてきた。

posted at 16:46:30

1月21日

@nobkz

はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー)@nobkz

@TakamiChie @kmizu そうすることで、まずは、「キチンと写経」ができるようになるレベルになると思います。そもそも写経ってレベルがたかいんだなと。プログラムをどうやって組み立てるかってってのは先の先の先の話しだなーってほんとによく思いまう。その意味で、Scratchはその努力をすっ飛ばせるから良いと思います

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 16:40:26

1月21日

@nobkz

はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー)@nobkz

@TakamiChie @kmizu Scratchがある程度慣れた子どもたちに、小学生にテキスト言語を教えるとき日常言語の話をして、文章にある句点や鉤括弧などの記号やタイトルや段落がないバージョンとあるバージョンで違いを比較することで、記号の重要性を伝えプログラミングでも同じなんだってことを先ずつたえるように努めてますね

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 16:40:18

1月21日

@TakamiChie

高見ちえたん@TakamiChie

@kmizu 初学者というのがどのレベルを指すのかによっても変わると思いますが、わたしの周りではプログラミングのプの字もわからないという方が多く、本人が実用レベルの技術を求めているとも限らないのでなおのことですね。
構文エラーがあったりすると、「じゃあやーめた」につながってしまうリスクも高い

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 16:39:55

1月21日

@nobkz

はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー)@nobkz

@TakamiChie @kmizu これ、私もすごく同意です。一部のプログラマと会話していると、「構文エラー」っての「簡単に直せるつまらないエラー」と甘くみる雰囲気というかそういうこと思っているらしいですが、初学者は「重大なバグ」と認識して、セミコロン一つに30分かかったりみたいなことがあったりするんですよね。

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 16:39:52

1月21日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

最近,論文の提案手法実装をGitHubで公開してる例が増えてきたように思うのだけど(そして,それは良いことなんだけど),タグが付加してあると,論文中の実装が一意に特定できるので,より良いなあと思ったりすることがある.

posted at 16:14:27

1月21日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

@TakamiChie さらにやっかいなのは、間違ったインデントをした場合に、場合によって、妙な風に「動いちゃう」ので、構文誤りをしたのか、論理的なミスをしたのか、初学者当人にも、教える当人にもわかりにくいところなのかなあと。

posted at 13:43:09

1月21日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

@TakamiChie 「それがPythonの文法だから」は、「じゃあ、どうすれば正しくなるのか」の説明になってないのが問題なのかなあと。「こうインデントすれば」は、「}」を挿入すれば、より、「正しくするため」の手順としてどうにも複雑(インデントベース文法が本質的に文脈依存だから、当然なのですが)だなあと。

posted at 13:41:01

1月21日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

@kuromoyo 私もそう思います。偏りがある、という証拠も薄い気がしますし(同性からの強制が(ほとんど)ないという暗黙の仮定を持っている人がいるのかもしれません)。

posted at 13:35:09

1月21日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

プログラミング教育については、色々思うところはあるのだけど、ずっと考えているだけだと机上の空論なわけで、どっかで時間をとって、意欲のある人相手に教えるのやってみたいと思ってる(connpass…は募集場所として不適切かもなので、いいところがあれば)。割と本気で。

posted at 13:31:59

1月21日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

@TakamiChie それも一理あるかと思うのですが、実際に、インデント関連でエラーが出たときに、困ったという話を先日、教える側複数から聞いて「やっぱり向いてないんじゃ」という思いを強くしています。というか、教える側が「なんでインデントしないと動かないか」を文法的な観点で説明できないことも。

posted at 13:25:57

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

1月21日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

初心者は、関数とか再帰とか、「ネスト」の概念を理解しづらいという仮説を持っている(なので、BASICとかHSPとかが簡単という話がったのかなと)。で、それがもし正しいのなら、最初はループとかも、gotoから始められつつ、順次発展していけた方がいいのかなとか思うことがある。

posted at 13:09:35

1月21日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

@aono_ex_parrot そうですね。文章的と数式的の方がしっくり来る気がします。数式も人間(数学になれた人なら)が読みやすいように書くので、もうちょっとうまい表現がある気はするのですが。

posted at 13:06:11

1月21日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

インデントセンシティブじゃないPython(endで終わるとか)だとちょうどいいかもだけど、ただ、それだと、Pythonでの実用プログラミングに移行しづらいというのはあるか。

posted at 13:04:09

1月21日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

プログラミング入門に何を使うかは、最終的には教える人が得意であること(ちゃんと入門者がつまづいた点を細部まで把握できること)が最重要だと思うんだけど、Pythonみたいなインデントが影響与える言語、不可視要素がエラーの原因になるという点で、向いてない部分あると思ってる。

posted at 13:04:08

1月21日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

「数学脳」と「プログラミング脳」って分け方は違和感があるのだけど、なんか相容れない可読性の基準を持っていて衝突する事例ってのはしばしば見かけるので、その辺については考えてみたいと思う。 >RT

posted at 12:03:13

1月21日

@hmkz_

はま@進捗の数だけ進捗を出す@hmkz_

さて、確率論の記法に話を戻すと、p(x), p(y)とかは機械はおろか人間にも読みにくいと思うし、数式界におけるHaskell的な記法を作ることはできると思う。でも、Haskellのように記法以外にも色々と乗換えにメリットがあるケースでさえ乗換えが進まないから、数式も記法だけで流行らせるのは難しそう。

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 12:02:30

1月21日

@hmkz_

はま@進捗の数だけ進捗を出す@hmkz_

一方、人間可読性は「人間の作業記憶が(計算機に比べて)とても小さい」という性質に依存している。よく使う変数の名前が冗長だったり、同じ内容が何度も繰り返されると、それだけで認知能力が圧迫される。DRY原則を突き詰めた結果、よく使う変数は1文字でグローバル定義こそが至高ということになる。

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 12:02:27

1月21日

@hmkz_

はま@進捗の数だけ進捗を出す@hmkz_

たとえば、Javaがプログラミング理論的にはそれほど堅牢な言語でない(優れた型システムをもつわけでもない、etc.)にも拘らず、実用上はミッションクリティカルな用途に堪える堅牢さをもっているのは、このverbosityが大きな理由だと思う。

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 12:02:25

1月21日

@hmkz_

はま@進捗の数だけ進捗を出す@hmkz_

個人的には、機械可読性とはだいたい識別子の文脈非依存性(周辺の情報を使うことなく識別子自体に備わった情報だけで一意特定可能か?)だと思っている。これを徹底するのは技術的には簡単だけどやればやるほど人間にはうるさい記法になる。反対に簡潔にするほど文脈依存性が高まって変更に弱くなる。

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 12:02:22

1月21日

@hmkz_

はま@進捗の数だけ進捗を出す@hmkz_

プログラムの書き方は機械可読性に基づいているし、数式の書き方は人間可読性に基づいているから違ってくるんだと思う。そもそも読みやすさの定義が異なるので、一方の流儀を他方に持ち込むと「読みづらい」書き方になる。

(Haskellはかなりうまく両立してると思うんだけど、流行らないんだよなあ)

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 12:02:21

1月21日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

「プログラムを実行するといっても、「どこから実行が始まるかを定めておかないといけない」よね。で、その「どこから実行が始まるかは言語によって異なるんだけど、Javaだとpublic static void main...なところから、始まるんだ」ってのをうまく優しく言えるといいのかなと思った。

posted at 11:58:59

1月21日

@kis

きしだൠ(K8S(Kishidades))@kis

「開けゴマ」を「ゴマに開けと命令する」と説明しても岩が開く理由の説明にならないように、public static void main(String[] s)を「文字列配列を受取り戻値を返さないpublicでstaticなmainメソッドの定義」といっても、ここから実行が始まる理由の説明にならんのよな。その意味でこれはおまじない

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 11:57:34

1月21日

@1011_yy

ゆら@腐向け@1011_yy

そもそも「なまけ病」って俗称で広げてるのがダメなのでは…?
身近で覚えやすい言葉に置き換えたくなる気持ちはわかるけど、病名に関しては差別的な意味合いで使われる可能性のほうが高いんだし、メディアくらいは売れる見出しとかクソなこと言ってないで記事タイトルからちゃんと正式名称で扱いなよ

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 11:48:27

1月21日

@kamiesu

上江洲康司 Yasuji Kamiesu@kamiesu

3月のライオン15巻より。「人は情熱を失うとせっかちになる」「次から次へと成果が欲しくなり近道を探し始める」「しかも近道を選びがちで歩いていないので基礎体力が落ちている」「するとますますもっとお得な道を探したくなる」学力が伸びない人の陥りやすい負のループ。野蛮な勉強をさせたい。 pic.twitter.com/aMU9z6ridv

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 01:02:33

1月21日

@kmizu

Kota Mizushima (on a diet)@kmizu

最近、色々な「味」を味わうことを楽しむことになった、ということがあります。コーヒー、豆乳グルト、ウィスキーチーズ、ホタテとナンプラーを合わせたり、カカオ90%チョコとか。味覚で、今まで経験したことのない味を味わうのが楽しくなったといいいましょうか。

posted at 00:59:26

1月21日

@kazakura_22

こぴーらいたー作家@風倉@kazakura_22

なろうとかでも、完結した「後」でもポイントガンガン伸びるやつと、止まるやつってそういう差がある

そういうのは「衝撃的なエンド」ではない
ただ単に「雑なエンド」ってだけだ
衝撃うけたとしたら、雑さに衝撃を受けたんだ

矛盾するようだが、衝撃的エンドこそ、丁寧な下準備が大事

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 00:56:56

1月21日

@kazakura_22

こぴーらいたー作家@風倉@kazakura_22

ゲームでも超面白いシリーズの次の作品がクソゲーだと「なかったこと」にされるじゃん
原作つきがクソアニメ化されると「なかったこと」にされるじゃん。定番ネタじゃん

同じことが「それまで良かったけど最後だけクソ」と認定された作品にも起こる

なぜ作者になった途端に、それを忘れるのかねー

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 00:56:54

1月21日

@kazakura_22

こぴーらいたー作家@風倉@kazakura_22

「衝撃的エンド」を与えたら、読者が悲鳴と悲哀を覚え、トラウマ化し、マイナス方向とはいえ畏敬と共に一生覚えてくれる……と考える作者は多い

だが、現実はその方向にいった作品の9割は

読者に起こるのは、呆れや怒りや虚無であり、記憶に残るどころか「読まなかったこと」にしようとする
最悪だ

Retweeted by Kota Mizushima (on a diet)

retweeted at 00:56:37

このページの先頭へ