情報更新

last update 09/20 14:52

ツイート検索

 

@kono_chiha
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kono_chiha

チハ@麒麟を待つ@kono_chiha

Stats Twitter歴
3,921日(2009/12/27より)
ツイート数
59,690(15.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年08月16日(日)2 tweetssource

2020年06月07日(日)17 tweetssource

6月7日

@fukuyoken3daime

fukuyoken3daime(お店は休業中)@fukuyoken3daime

住居探しでは面倒なので最初から名乗って国籍言って在留資格も言ったのだけど、帰ってくる言葉は「大丈夫です。外国人でも紹介できる物件はいっぱいあります。」みたいな感じ。「そういう情報は必要ないです。関係ないです。」みたいな感じではない。そういうとこから既に見えている事はある。

Retweeted by チハ@麒麟を待つ

retweeted at 22:13:57

6月7日

@kmovie

小野寺系@kmovie

アメリカで「黒人の命は大切」って声をあげると、差別主義者が「全部の命が大切だろ」とヘリクツで対抗するのと同じように、日本でも「あの民族は特権がある」とか「障がい者が優遇されてる」とか「日本は男性が差別されてる」とか主張してる差別主義者がたくさん存在してるのは全く同じ構造だよ。

Retweeted by チハ@麒麟を待つ

retweeted at 21:24:57

2020年04月12日(日)2 tweetssource

2020年02月16日(日)3 tweetssource

2020年02月09日(日)1 tweetsource

2020年02月02日(日)15 tweetssource

2月2日

@kono_chiha

チハ@麒麟を待つ@kono_chiha

@nanbara そういえば、斉藤道三のあだ名は「まむし」でしたっけ。全体的に彩度が高すぎな画面に対し、マムシの本領発揮のシーンは不穏に暗かった。照明さん頑張ってますよね。なんかワクワクしてきした。

posted at 21:22:20

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

2月2日

@kono_chiha

チハ@麒麟を待つ@kono_chiha

@nanbara なるほど。謀反は命掛かってますし、相当なことですもんね。道三が主人公だった「国盗り物語」でさえ義龍は出来損ない扱いっぽかった、というより原作がそうだったわけですが。今日の義龍は火縄銃の音にビビッて後ずさりしたところがリアルで面白かったです。

posted at 21:02:53

2月2日

@kono_chiha

チハ@麒麟を待つ@kono_chiha

@nanbara 負けた。わたしはまだ3回しか見ていません(違・・毒に苦しむ頼純とどっしり構えて歌ってる道三のコントラストは、ゾクゾクするほどかっこよい演出だったと思います。

posted at 20:58:57

2020年01月30日(木)1 tweetsource

2020年01月26日(日)1 tweetsource

2020年01月19日(日)21 tweetssource

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

1月19日

@asahicom

朝日新聞デジタル編集部@asahicom

高崎山のサル、半世紀ぶり異変 理由不明の仁義なき分派
www.asahi.com/articles/ASN1M

大分市の #高崎山 自然動物園で、 #サル の群れに異変が起きています。一部のサルが群れから分派、新しいグループを構成しました。本格的な新しい群れの誕生なら、実に半世紀以上ぶり。仁義なき勢力争いが勃発? pic.twitter.com/5ljt3yURle

Retweeted by チハ@麒麟を待つ

retweeted at 23:43:12

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

1月19日

@dragoner_JP

dragoner@dragoner_JP

中田敦彦YouTube大学問題の核心について文春オンラインに寄稿致しました。要は… → オリラジ中田敦彦を「フェイク問題に警鐘を鳴らす芸能人」扱いしたNHKの罪
「YouTube大学」問題の核心は、内容の誤りではない #フェイクニュース #文春オンライン bunshun.jp/articles/-/273

Retweeted by チハ@麒麟を待つ

retweeted at 21:45:25

このページの先頭へ