情報更新

last update 02/17 05:19

ツイート検索

 

@kuujigen
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

Stats Twitter歴
3,101日(2010/08/23より)
ツイート数
28,331(9.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年02月14日(木)1 tweetsource

2019年02月13日(水)3 tweetssource

2月13日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

全ての事象は“私”を知る為だが

“私とは誰か”と観ていけばそこに現れるのは真我でしかない。

posted at 11:21:35

2月13日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

ありがとう。

真我の現れであるひとつひとつの個は尊い。

穏やかなときも そうでないときも

全ては真我が個を通して

“私”を観る “私”に気づく “私”を知る

その為に創造し

そしてまた同時に体験している。

posted at 11:21:29

2019年01月30日(水)3 tweetssource

1月30日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

個人という幻想が全体に溶け去り真我が現れても、

真我から生まれた個としての視点もまた使えるんだ。

posted at 14:41:00

2019年01月29日(火)3 tweetssource

1月29日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

*ˊᵕˋ) 。oO(1月のぴょすくぅはお休みを頂いておりますが、また2月の後半辺りから活動する予定でおります。皆さまありがとう ありがとう)

posted at 18:08:08

1月29日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

しかし理論的理解があることと、体感で腑に落ちそれをベースにその個体(人体)を通した体験を進めるというのはまた別だ。

勿論なにが良い悪いはないし、優劣もないけれど、状態を明確化して行くことは時に多角的スムーズさを生む。

と、いうような事が浮かんだ夕方のスタバ。独り言。

posted at 18:02:37

1月29日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

相対的な体験の中で“知る”ということを繰り返したなら、

全ての意味(付け)は体験、理解と共に変わってゆくことが分かる。

つまり不変性を持つ意味は実在しないということ。

空(悟り/真我)は理論的にも分かることだ。

posted at 18:02:20

2019年01月24日(木)1 tweetsource

2019年01月23日(水)4 tweetssource

1月23日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

迷いすらいっ時のうつくしさだと思うよ。

体験しつくしたならそれもまた移ろいゆくもの。

実体なんてないんだ

いっ時現れる雲みたいなもの。

posted at 12:16:51

2019年01月03日(木)3 tweetssource

1月3日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

*ˊᵕˋ)੭ あけおめ

精神と身体のバランス、

知恵と行動のバランス、

観察と体験のバランス、

そこにアルケミーがある。

posted at 10:00:41

2018年12月30日(日)2 tweetssource

2018年12月28日(金)4 tweetssource

12月28日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

本日の個人セッション@新宿にお越しくださいました皆々様、ありがとうございました🍀

とても良きひと時でした。感謝です✨

ゆっくりお休みくださいませ*・゚゚・*:.。..。.:*

posted at 00:25:46

2018年12月23日(日)2 tweetssource

12月23日

@yutorian_rie

ぴょすこ@yutorian_rie

昨日のアロマWSでも少し触れましたが、

精油をどのように扱うかでその精油の周波数は変化してゆくし、

自身の体にどう触れるかに、自分が自分をどう扱っているかが現れます。

それはイコール、他者からどう扱われることを許しているのか、と言うこともできます。

全てが毎瞬の中に、現れています。

Retweeted by くぅ。

retweeted at 12:25:46

12月23日

@yutorian_rie

ぴょすこ@yutorian_rie

自分が世界をどのように見て、どのように扱っているか。

自分が自分をどのように見て、どのように扱っているか。

まさにそのように、自身の世界は立ち起こります。

Retweeted by くぅ。

retweeted at 12:25:43

2018年12月22日(土)1 tweetsource

2018年12月21日(金)4 tweetssource

12月21日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

いつかある友が神秘体験良いなぁ、俺も体験したい、と言うので伝えた。

「その執着を捨てることだよ。」

何を体験しようとしなかろうと、全ては無常。

求めた時点で今を無意識に否定している。

否定は抵抗で、それは苦だ。

ただ今に在ることだよ。

posted at 00:24:14

2018年12月20日(木)5 tweetssource

12月20日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

積み重ねてきた観念、溜め込んだ感情、そのひとつひとつを丁寧にほどいてあげよう。

自分自身をジャッジなく受け入れるとき、そこに安らぎがある。

posted at 22:59:20

12月20日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

優劣という幻想に縛られなくなるだけでも、人は随分とリラックスした在り方になると思うのです。

posted at 22:56:58

2018年12月19日(水)1 tweetsource

2018年12月18日(火)1 tweetsource

2018年12月16日(日)2 tweetssource

12月16日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

内的観察や瞑想を重ねると、実際に体験する現実が変わってくる。

結果を期待(執着)せずに、ただただ観ていくこと。

posted at 16:11:48

2018年12月13日(木)2 tweetssource

12月13日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

目覚めの過程で精油を通して内観していたぴょすこちゃん( ˊᵕˋ )

精油も人も奥深いですね‥!

ご興味のある方は是非ご参加お待ちしています*・゚゚・*:.。..。.:*

posted at 13:58:37

2018年12月10日(月)7 tweetssource

12月10日

@yutorian_rie

ぴょすこ@yutorian_rie

思考と感情が

新たな思考と感情を掴み、

またさらに掴むを繰り返してゆく。

思考と感情をほどいていったなら、

果たして

「自分」は

どこだろう?

:

思考と感情は流れ流れて

境い目がない。

流砂のようなそれらは、

果たしてあなたでしょうか?

Retweeted by くぅ。

retweeted at 23:48:39

12月10日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

全てに意味がないことが腑に落ちれば、安心して意味づけ遊びをできるよ。

意味がないことが腑に落ちていれば、事象に飲まれないからね。

そもそも現段階の地球の言語は“意味ある前提”の会話だから、意味づけをしてるように見える表現しかできないのよ。悟ったとしても。

posted at 15:51:13

12月10日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

( ˘ω˘ )oO(このお話書き出したら本当はすごくすごく長いお話なんだけれどね。悟り後の環境や国の集合意識や、表面の状態だけを見て悟りの深さははかれないとか、表れてる全てが悟りの表れだとか。様々な側面でのケースバイケースのお話に発展して今日はちょっと書ききれないので割愛しました。)

posted at 12:08:17

12月10日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

悟り後も内観することは出てきたりするけれど、内観もやり尽くすと観ることがなくなってくる。

その場合にはただ“真我”を意図して、背骨(又は脊髄)を感じてあげれば一瞬でエネルギーが回復したりするよ( ˊᵕˋ )

posted at 11:58:46

12月10日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

どんな状態もいいね。一時の表れ。体験しつくしたなら、感じつくしたなら、その体験、その感情は終わる。有るのに無いフリをする時、長引くだけ。

楽しい時はただ楽しめばいいし、やる気が起きない時はやる気が起きない、を感じつくしたらいい。

posted at 11:11:31

2018年12月09日(日)2 tweetssource

12月9日

@kuujigen

くぅ。@kuujigen

本日の瞑想会もとても良きひと時でありました🍀

お越しくださった皆様ありがとうございます( ˊᵕˋ )( ˊᵕˋ )

ゆっくりお休みください・゚゚・*:.。..。.:*

posted at 22:53:03

このページの先頭へ