情報更新

last update 12/04 06:41

ツイート検索

 

@libertypressjp
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

  • 242フォロー
  • 1,279フォロワー
  • 82リスト
Stats Twitter歴
3,789日(2010/07/22より)
ツイート数
19,804(5.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年12月04日(金)4 tweetssource

11時間前

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

もし政府が国債の元利保証をしなければ、人は国債を買うはずだったお金を消費に使うか、生産に回すかのどちらかだろう。なぜこれら二つの選択肢は、政府の官僚にお金を使わせるよりも、経済にとって悪いことだと言えるのか。ケインズ経済学はこの問いに答えることができない。
buff.ly/3lCSR6B

posted at 06:03:00

11時間前

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

インターネットの発達とともに、社会の変化はボトムアップで起きつつある。この事実はアダム・スミスの市場経済思想に合致し、エドマンド・バークの反革命思想にも通じる。国民国家の命脈が尽きるとともに、トップダウンの革命という大いなる実験は終わりを迎えるだろう。
buff.ly/3mAa4yZ

posted at 06:02:01

11時間前

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

マルクスにとって分業とは諸悪の根源だった。人を仲違いさせ、階級格差を生み、人類の団結を破壊する。しかし実際には分業は、人に集団的な画一性を強いることなく、社会の統合を促す。人や地域には違いがあることを認め、人間の根源的な条件を直視して最善の解決法を探る。
buff.ly/39Q1XLd

posted at 06:01:00

11時間前

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

オーストリアの経済学者ミーゼスは1920年の論文で社会主義が本来不合理であることを示した。社会主義者で経済思想史が専門のロバート・ハイルブローナーはベストセラー『世俗の思想家たち』でミーゼスを無視。だが1990年、ソ連崩壊に直面し「ミーゼスは正しかった」と認めた。
buff.ly/2VwXogs

posted at 06:00:11

2020年12月03日(木)6 tweetssource

2020年12月02日(水)5 tweetssource

12月2日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

フランスは欧州で最も厳しいロックダウンを長く続けているにもかかわらず、コロナによる百万人あたりの死者数は急増している。チェコも同様で、世界でも最も速いペースで死者が増えている。他の東欧諸国も同じく死者が増えているが、ロックダウンはチェコほど厳しくない。
buff.ly/2Jp0ZdU

posted at 06:03:00

12月2日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

病原菌の多くは目に見えず、謎めいているため、歴史上、伝染病の予防は儀式的な振る舞いに頼ってきた。同意しない者は他人の健康まで脅かすとされた。現代でも、公の場でのマスク着用は自他をコロナ感染から守る証拠がないにもかかわらず、団結の名の下に支持されている。
buff.ly/3qrYvMC

posted at 06:02:01

12月2日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

人間生活の社会的側面はそれなしで済む贅沢品ではなく、人間生活そのものだ。休日の家族での食事、教会での礼拝、結婚式はもちろん、日常のありふれた付き合いでもそうだ。人がコロナ禍を乗り切る方法は自由でなければならない。自分しか知らない身近な情報はその武器になる。
buff.ly/37sP46I

posted at 06:01:01

12月2日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

政府のコロナ感染症対策で人の命が救われるとき、必ずその引き換えに、経済・社会への悪影響などで犠牲になる人がいる。これでは「公共善(common good)」の促進とは言えない。公共善とはその名のとおり、国民全員に共通の(common)善でなければならないからだ。
buff.ly/3mEeBQE

posted at 06:00:19

12月2日

@doiken1020

Kentaro Doi@納税者の自由@doiken1020

@oypIOKACx62U6iH 国民から税金で取り上げておきながら国民を助けるためにお金をバラまく。

しかも途中に中抜き連合がたくさんいるため国民のところに届く頃にはむしろ増税通知になっている。

この茶番に早く気づくべき。
バラマキ理論は理論であって現実では茶番。

#税金下げろ規制をなくせ歳出削減しろ twitter.com/libertypressjp

Retweeted by 木村 貴

retweeted at 03:29:44

2020年11月30日(月)6 tweetssource

11月30日

@ichigobatakekak

苺畑カカシ@ichigobatakekak

保守派の人はみんなQなんちゃらの陰謀論を信じ切ってると思い込んでる左翼の人に限って、主流メディアが何の裏も取らずにまき散らしていたロシア・ウクライナ疑惑陰謀論を未だに信じ切っている。そしてロジャー・ストーンやマイケル・フリンが悪者だと本気で思っている。偏見って怖い。

Retweeted by 木村 貴

retweeted at 14:38:31

11月30日

@doiken1020

Kentaro Doi@納税者の自由@doiken1020

控除、免除、クレジット、転送の複雑なセットを持つ現在の税制は、富裕層に利益をもたらすことは事実である。結局のところ、この複雑な迷路をナビゲートするために会計士や税理士を雇う余裕がある人はいないだろう。(本文より)

富の再分配のために富裕層を痛めつけてるつもりが現実はこう。 twitter.com/libertypressjp

Retweeted by 木村 貴

retweeted at 11:02:31

11月30日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

20世紀初め、米国では銀行制度が大混乱だった。預金準備金を一部しか積まずに貸し出しを増やしたせいで、銀行は取り付け騒ぎに見舞われた。連邦準備銀行の創設(1913年)で通貨の供給が柔軟になり、取り付けは減った。すると銀行業界は一斉に貸し出しを増やし、目一杯稼いだ。
buff.ly/3o8mXRg

posted at 06:03:00

11月30日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

米連邦準備銀行は毎年、通貨発行の利益を財務省に納付しており、政府の重要な財源となっている。もし納付金がなければ、議会はフードスタンプの支給をやめ、NASAを解散し、社会保障の給付を減らさなければならないだろう。大きな政府に反対なら、中央銀行の納付金を止めよう。
buff.ly/36eqeIu

posted at 06:02:01

11月30日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

米国では1973年を境に99%の人々は実質所得の増加が止まり、1%の富豪は所得が急増し始めた。その原因は1971年のニクソンショック(金本位制廃止)だ。連邦準備銀行が創造した大量のお金は、まず官僚や銀行家など1%の人々が手にし、99%が受け取る頃には物価高で価値が薄まった。
buff.ly/2JhQgBX

posted at 06:01:01

11月30日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

金融政策による所得再分配は勝者と敗者を生む。中央銀行がお金を増やすと物価が上がる。物価上昇は一様ではなく、お金の供給元の近くから波状に広がる。最初にお金を受け取った人々が最初に使い、すると物価が上がる。最後の人が受け取る頃には収入増が物価高で帳消しになる。
buff.ly/3miP8wj

posted at 06:00:00

2020年11月29日(日)1 tweetsource

2020年11月28日(土)2 tweetssource

11月28日

@history_theory

歴史bot@history_theory

なぜニーチェは、ポスト・マルクス主義の位置を占める20世紀の新思想の源泉としてクローズアップされたのか?

国家の死滅を叫び、国家権力を解体しようとして現れたマルクス主義思想が、自ら巨大な権力国家を作り上げてしまったこと。

Retweeted by 木村 貴

retweeted at 14:33:54

2020年11月27日(金)7 tweetssource

11月27日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

日本で自殺者が急増している。コロナ感染症そのものよりも、感染症の経済や社会にもたらした影響が大きかったとみられる。日本は死亡者を2000人未満に抑え、他の多くの国よりもうまく対処してはいるものの、自殺者数は10月だけで2153人に急増し、4カ月連続で増加した。
buff.ly/2UZyZQ6

posted at 06:04:21

11月27日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

米コロラド州のいくつかの郡でコロナ感染の警戒水準が上がり、州はレストランやジムなどに対する規制を強めると発表した。これを北部のウェルド郡が拒んだ。同郡は住民と事業主に対し、個人としての責任で決断し、自分と家族、地域、仕事を守るよう促すにとどめると表明した。
buff.ly/3l9aUB0

posted at 06:03:01

11月27日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

この春、米国でコロナ対応のロックダウンが広がった際、25州で展開するレストランチェーン、ワッフルハウスは700店舗を閉鎖。2万8000人の時間給労働者が職を失った。ある調査によれば、コロナで最も失業しやすいのはヒスパニック女性、移民、若者、教育水準の低い人だという。
buff.ly/35O1NkR

posted at 06:02:01

11月27日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

最近の調査によれば、ロックダウンの実施もその厳しさも、コロナによる死亡率には関係ない。死亡率の高さに最も関係があるのは寿命だという。ロックダウンでグローバルな不況、多数の企業倒産、失業、精神衛生の悪化、自殺の増加といった多大な犠牲を払ったにもかかわらずだ。
buff.ly/3m0glDx

posted at 06:01:00

11月27日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

デンマークの大学がコロナ感染で実験を行い、半数の人にはマスクを与え戸外で着用するよう、残り半数にはマスクをしないよう指示した。実験を終えた4860人のうち、感染したのはマスクをしたグループが42人で1.8%、しないグループが53人で2.1%で、統計上有意な差はなかった。
buff.ly/38WKKPI

posted at 06:00:04

2020年11月26日(木)1 tweetsource

11月26日

@dr_reiji7

後藤礼司@正しい知識で正しく立ち向かう@dr_reiji7

気の緩みで感染を語ること自体がナンセンスですよね。事象には必ず理由がある、何故そうなったかを分析して初めてですね。
精神論で片付けようとするところは最終的にやぶれかぶれな証拠ですね😣そこまで混乱している人、責任をなすりつけたい人がいるのも事実ですが。

Retweeted by 木村 貴

retweeted at 19:55:56

2020年11月25日(水)3 tweetssource

11月25日

@paravola

paravola@paravola

(甲子園に女子選手が普通に出られるようになるかもしれないし、男子選手も女子テニスに出られるようになるかもしれない)また、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの... / “履歴書から「性別や写真欄」の削除を | LGBT | NHKニュース” htn.to/3NXsEq7GXX

Retweeted by 木村 貴

retweeted at 15:59:09

2020年11月24日(火)2 tweetssource

11月24日

@YahooNewsTopics

Yahoo!ニュース@YahooNewsTopics

【国連 ゴーン氏逮捕は「不当」】
yahoo.jp/u0RBBQ

国連人権理事会の「恣意(しい)的拘禁に関する作業部会」は23日までに、日産元会長のゴーン被告の日本での勾留について、「4度にわたる逮捕と勾留は根本的に不当だ」などとする意見書を公表。日本政府はゴーン氏に賠償すべきだとしている。

Retweeted by 木村 貴

retweeted at 12:03:02

11月24日

@ban_hideaki

?ı̣ʞɐǝpı̣H?@ban_hideaki

小泉進次郎環境大臣「政策的にはほとんど意味がないが、国民の意識を変えるためにやっている」

意味のない上実質増税など国民への侮辱以外の何物でもない。おまけに中井徳太郎環境事務次官の炭素税言及。こんな連中を野放しにする国民ではありたくない。 twitter.com/naito_yosuke/s

Retweeted by 木村 貴

retweeted at 08:31:45

2020年11月23日(月)4 tweetssource

11月23日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

ペプシコ、シティバンク、ネットフリックスなどのCEOは嬉々として、BLM団体はおろか、過激なアンティファにまで多額の寄付をしている。流行の「目覚めた資本家」を演じている。ゴールドマン・サックスにならい、従業員にheやsheではなくtheyを使うよう命じるかもしれない。
buff.ly/3378yN2

posted at 06:03:01

11月23日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

米ディズニー社は、社会正義を推進するという極左団体に500万ドルを寄付した。創業者ウォルト・ディズニーが生きていたら激怒したことだろう。彼は長年にわたり保守派の共和党支持者であり、共産主義者による反政府活動を調査したジョセフ・マッカーシー議員を支援していた。
buff.ly/2UP5Mr1

posted at 06:02:01

11月23日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

保守系の米FOXニュースは今や多くの黒人ゲストを出演させている。彼らは、白人ホストなら人種差別、性差別と非難されかねないような発言を自由に行う。女性評論家キャンディス・オーウェンズは、警官に殺害された黒人ジョージ・フロイドには長い犯罪歴があるなどと述べた。
buff.ly/35VDW2V

posted at 06:01:00

11月23日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

共産主義者は同性愛や性不一致に対し保守的な態度だった。伝統的な左翼は今のLGBT運動を「ブルジョア的退廃」と呼んだことだろう。共産主義諸国でゲイは強制収容所送りとなり、カストロやゲバラら共産主義革命家は同性愛者に激怒し、ゲバラの場合、黒人にも怒りを燃やした。
buff.ly/3pRz6LW

posted at 06:00:00

2020年11月22日(日)3 tweetssource

11月22日

@takavet1

Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸)@takavet1

普段しっかり感染対策をしている方は狼狽せずに生活をして下さい。不安に思うかもしれませんが、感染対策して普段通りに生活すれば良いのです。うるさくないレストランで静かに食事したり、ショッピングしたり、散歩したり、ジムに行ったり、音楽聴いたり、映画見たり。

Retweeted by 木村 貴

retweeted at 04:29:30

2020年11月21日(土)10 tweetssource

11月21日

@takavet1

Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸)@takavet1

大局的に考えずに、自殺者の無念さに思いを馳せないで、目先のPCR陽性者で右往左往して、結局他人を傷つけてします。それで本当に良いのでしょうか?一般の人はとてもまじめで善良で、一生懸命努力して、店を潰さないようにと「過剰な」感染対策をしています。涙がでます。その人たちをさらに苦しめる

Retweeted by 木村 貴

retweeted at 16:41:00

11月21日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

現代において、お金は中央銀行によって無から生み出され、非生産的な活動を促す。非生産的な活動で実物資産の蓄積は消費されるばかりで、増えることはない。ちょうど偽金造りが物を買うと、その商品の需要を支えることになるのと同じだ。偽金が増えると、商品の需要も増える。
buff.ly/333GbiK

posted at 07:10:33

11月21日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

バブル経済にはいつも物価高を伴うとは限らない。もしも商品の増加率が通貨供給量の増加率と同じなら、物価は変化しないだろう。重要なのはバブルが物価高を起こすかどうかではない。バブルが非生産的な活動を活発にし、富の作り手から実物資産を奪ってしまうことだ。
buff.ly/35NgB34

posted at 07:10:22

11月21日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

中央銀行が金融を緩和すると、一時の好景気が起きる。実物資産の蓄積が、富の作り手から、自由な市場では助長されない非生産的な活動へと向かうからだ。中央銀行が引き締めに転じると、この流れが止まる。好景気を終わらせるのは中央銀行であり、何か不思議な要因ではない。
buff.ly/2UH0az4

posted at 07:10:13

11月21日

@libertypressjp

木村 貴@libertypressjp

中央銀行による通貨供給は、無価値なものを価値あるものと交換するのと同じで、経済成長に必要な実物資産の蓄積を枯渇させる。1930年代に大恐慌が起こったのは、1920年〜24年の米連銀による金融緩和で、実物資産の蓄積が失われたからだ。緩和が不十分だったせいではない。
buff.ly/3pTU3WL

posted at 07:09:56

このページの先頭へ