情報更新

last update 09/22 21:01

ツイート検索

 

@manaview
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@manaview

碇本学@manaview

Stats Twitter歴
4,310日(2009/12/05より)
ツイート数
68,803(15.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年09月18日(土)3 tweetssource

9月18日

@manaview

碇本学@manaview

『君は永遠にそいつらより若い』パンフレット。シナリオが掲載されているのもうれしいけど、内容が濃すぎる。いい意味でパンフを作成した編集者の熱意が暴走してとてもいい形に纏まった感じ。原作者の津村記久子さんのインタビューから、この作品に影響を受けた竹宮ゆゆこさんという流れも入ってる。 pic.twitter.com/IECBvjGe9B

posted at 12:52:18

9月18日

@manaview

碇本学@manaview

『君は永遠にそいつらより若い』 テアトル新宿にて鑑賞。パンフが分厚かったから購入。シスターフッド的な部分もあるけど、他人に自分の秘密や抱えているものを話す、理解されたい、それが叶うのは一瞬、刹那かもしれない。相手が同じでも次はないかもしれない。だからこそ、ふたりの時間はやさしい。 pic.twitter.com/otFoQfjcfF

posted at 11:54:26

2021年09月17日(金)2 tweetssource

9月17日

@manaview

碇本学@manaview

PLANETSから新創刊された『モノノメ 創刊号』が届いた。いろんなテーマとそれに関して執筆者の方々がどんな風に物事を考えているのかを読むがとてもたのしみ。ネットワークとその速さではなく、雑誌だからこその遅さとネットワークから飛び出ていくものについてしっかり考えるきっかけになりそう。 pic.twitter.com/ZtdlyvKcNj

posted at 21:33:39

2021年09月16日(木)6 tweetssource

9月16日

@manaview

碇本学@manaview

「COTOGOTOBOOKS」で注文していた宮内悠介著『偶然の聖地』文庫版が届いていた。特典の深緑野分さんと宮内さんの同期ライバル対談が見れるようになるのがたのしみ。 pic.twitter.com/lhkbWVkVe7

posted at 23:16:47

9月16日

@manaview

碇本学@manaview

「幻視の作家」ということでアメリカの作家のスティーヴ・エリクソン氏と古川さんが東大で対談したあとのツーショット写真を。そういえば、エリクソンの作品って映像化されていない気がする。 pic.twitter.com/80cvXUKVDy

posted at 14:48:27

2021年09月15日(水)3 tweetssource

9月15日

@manaview

碇本学@manaview

@yukiyosimasima 急にファンタグレープが飲めなくなった時期があって、オレンジ飲んだらうまっとなったんですよね。たけのこの里も気がついたら移行してました。どっちも大人になってからですが。

posted at 21:16:25

9月15日

@manaview

碇本学@manaview

幼少期はファンタグレープ派だったが今はファンタオレンジ派に、同じく幼少期はきのこの山派だったが今はたけのこの里派になったのは何が変わったんだろう。

posted at 21:11:59

2021年09月14日(火)3 tweetssource

2021年09月13日(月)1 tweetsource

9月13日

@manaview

碇本学@manaview

後藤正文×古川日出男トーク。からのNUMBER GIRL。人の話を聞くこと、文章をしっかり読むこと。なにもかもがインスタントな表現になっていく中で、もっと長期的な視野で流れを掘り起こしたものを長い射程で放つ。 RT TOPPAN INNOVATION WORLD ERA | J-WAVE | 2021/09/12/
radiko.jp/share/?sid=FMJ

posted at 21:16:00

2021年09月12日(日)2 tweetssource

2021年09月11日(土)3 tweetssource

9月11日

@manaview

碇本学@manaview

散歩がてら行った書店で北村紗衣著『批評の教室 ――チョウのように読み、ハチのように書く』(ちくま新書) が平台に積んであったので購入。
以前、北村さんが「BOOKSTAND.TV」に出演されて水道橋博士さんと原カントくんさんとトークをされていた様子はこちら↓
video.yahoo.co.jp/c/454/4d58acd4 pic.twitter.com/pffXWJ7OpI

posted at 11:10:38

9月11日

@manaview

碇本学@manaview

「個人的には『アラビアの夜の種族』と『ベルカ、吠えないのか?』と『MUSIC』の3作はアニメーションで観てみたいと考えていた。まあ、私がそんなふうに考えたからといって、即アニメ化、になるわけは全然ないのだけれども。」
『犬王』『平家物語』の先にあるといいな。
furukawahideo.com/blog/20210910/

posted at 10:25:45

2021年09月09日(木)1 tweetsource

2021年09月08日(水)2 tweetssource

9月8日

@manaview

碇本学@manaview

『曼陀羅華X』は連載中に物語を再生、再び産み落とすために作者によってある意味でなかったことになったパートのひとつである「Y/y」の物語はかなり好きだった。単行本になるときにはカットされるだろうから、なにか違う形であのパートが転生すればいいのになと思う。 twitter.com/manaview/statu

posted at 23:24:50

9月8日

@manaview

碇本学@manaview

『新潮』掲載の古川日出男連載『曼陀羅華X』最終回を読む。『LOVE』『MUSIC』、『ゴッドスター』『ドッグマザー』に通じる東京湾岸(埋立地)を舞台にし(京都には行かないが)、犬が活躍するという共通点がある。「十」が「X」になるのがその終わりか!と驚いたラストだった。 pic.twitter.com/3CH9i5sdui

posted at 23:14:54

2021年09月05日(日)9 tweetssource

9月5日

@manaview

碇本学@manaview

その時に男性性や女性性ではなく両性具有的な視野や負担や気持ちに触れる。そうするとケアの概念やものの捉え方が変化してくる。一回読んだからケアについて理解できたり、わかるわけではないので、今後も読むことになるだろうなと思う。

posted at 22:56:32

9月5日

@manaview

碇本学@manaview

濱口竜介監督『ドライブ・マイ・カー』の家福の妻が亡くなり、二年後にみさきの故郷に行ったときに吐露する気持ちも、「男は人前で泣くな」的な教えにある種支配されていたことに起因していると思う。男性自身も知らないうちに擦り込まれたものに、ある瞬間気づくことがある。

posted at 22:56:15

9月5日

@manaview

碇本学@manaview

夫婦別姓を認めず、同性婚などを認めない現政権と自民党、すでに古くなりシステムとしても機能していない「古き良き日本」という幻想を未だ追い求めている。そこには家父長制的なものがありき、なのだから夫婦別姓や同性婚は認めるはずもなく、公助すべきところでしない。

posted at 22:55:27

9月5日

@manaview

碇本学@manaview

小川公代著『ケアの倫理とエンパワメント』を読む。コロナ禍になったことでよりあらわになってきたのがケアの問題であり、自助ではまかないきれないケアの問題は当然ながら、公助として国が担うしかない。そうしなければ貧しい人たちはより貧しくなっていく。 pic.twitter.com/Qh0CeEWmvZ

posted at 22:54:12

9月5日

@manaview

碇本学@manaview

村上春樹訳「フィリップ・マーロウ」シリーズ一作目読了。1/7なのであと六冊。『大いなる眠り』が出たのが1939年。禁酒法時代の話も出てくるし、先月読んでいたフォークナー作品も禁酒法時代だったりする。そう考えるとコロナ禍の東京ともシンクロする。 pic.twitter.com/3td8H34nIM

posted at 22:39:13

2021年09月04日(土)1 tweetsource

9月4日

@manaview

碇本学@manaview

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』鑑賞。マーベル×カンフー×中華神話的なエンタメですごくおもしろかった。継承について、冥府下りモチーフ、予告編には出てこなかった巨大なあいつら、冒頭は移民問題における祖国と二世以降のアイデンティティ問題もあり現代的だった。
marvel.disney.co.jp/movie/shang-ch

posted at 13:03:59

2021年09月03日(金)6 tweetssource

9月3日

@manaview

碇本学@manaview

『怪獣8号』4巻。10〜15巻ぐらいでまとまるといいな。久しぶりに一巻から追いかけて買っているジャンプ作品。主人公が一度夢破れた中年になりかけというのが自分には入りやすく、シンパシーを感じやすい。怪獣と巨大化、世界的な自然災害のメタファ、それを乗り越えるための超越した力とチームワーク。 pic.twitter.com/QiXcLvt7fa

posted at 23:47:31

9月3日

@manaview

碇本学@manaview

西島大介著『世界の終わりの魔法使い 4 小さな王子さま』発売。年内に5巻と6巻が出て完結するみたい。「せかまほ」は版元が3つ目だけど、この完全版でひとつにまとまってよかった。 pic.twitter.com/FzKfMh9XrZ

posted at 22:46:26

9月3日

@manaview

碇本学@manaview

『犬王』と『平家物語』のアニメ化もたのしみだが、まず『曼陀羅華X』の最終回を見届けたい。

posted at 11:42:05

9月3日

@manaview

碇本学@manaview

古川日出男訳『平家物語』がシリーズアニメに、『犬王』がアニメ映画で来年公開。「宇治十帖」は偽物だと紫式部の亡霊が語りだす『女たち三百人裏切りの書』もやりそうな勢い。ノンフィクション『ゼロエフ』にも震災文学として『平家物語』の話も出てくるのでこの機会にぜひ読んでほしい。

posted at 10:19:19

2021年09月02日(木)3 tweetssource

9月2日

@manaview

碇本学@manaview

『ショック・ドゥ・フューチャー』をば。主役の女性はアレハンドロ・ホドロフスキー監督の孫娘らしい。となるとホドロフスキー作品に出ていた監督のあの息子のお子さんなのかしら。 pic.twitter.com/CRMnwjPNV1

posted at 13:16:48

2021年09月01日(水)1 tweetsource

9月1日

@manaview

碇本学@manaview

おお、最新作『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』公開前に園監督が。映画にも出演しているマシュー・チョジックさんも出てほしい、「世界まる見え!テレビ特捜部」で武さん繋がりにもなるし。水道橋博士さん×園子温監督は高円寺のライブ懐かしいけど、8年も前なのか。 twitter.com/s_hakase/statu

posted at 21:59:26

2021年08月31日(火)3 tweetssource

2021年08月30日(月)1 tweetsource

8月30日

@manaview

碇本学@manaview

Paraviにあるので『来世ではちゃんとします』を前シーズンから見始めて、今クールに追いついた。おもしろくて、いろんな性への興味や登場人物それぞれのセクシャリティについても丁寧に描かれている。きちんと今を描いていて素晴らしい。
www.tv-tokyo.co.jp/raisechan2/

posted at 11:53:27

このページの先頭へ