情報更新

last update 10/21 21:02

ツイート検索

 

@manyosouken
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@manyosouken

まにょ総研野球研究部@manyosouken

  • 357フォロー
  • 1,278フォロワー
  • 35リスト
Stats Twitter歴
3,828日(2010/04/30より)
ツイート数
40,201(10.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年10月21日(水)3 tweetssource

14時間前

@nikkan_furukawa

古川真弥 日刊スポーツ@nikkan_furukawa

ドラフトを前に、早大の早川投手にインタビューを受けてもらいました。
上下2回です。
今秋は無双の働き。まずは、成長までの軌跡を語ってくれました。

早大・早川、マツコの一言で無双に/インタビュー上 www.nikkansports.com/baseball/news/ #早大 #早川隆久

Retweeted by まにょ総研野球研究部

retweeted at 09:29:29

2020年10月20日(火)2 tweetssource

10月20日

@manyosouken

まにょ総研野球研究部@manyosouken

ドラフトのくじ引きの代わりに、フレンドパークみたいに指名球団数で等分された回転ダーツに選手が自分で投げて刺さったところに入るとかだったら、自分で当てた結果だから納得しやすいし練習次第で行きたい球団行ける可能性少しupするかもだし面白いかも。 #ドラフト会議

posted at 12:54:44

2020年10月19日(月)43 tweetssource

10月19日

@manyosouken

まにょ総研野球研究部@manyosouken

(つづき)打率上位選手の多い慶應、立教はともに、投手陣の良い早稲田、法政戦を残しており、.423を残していれば首位打者の可能性は十分ある。実際はフル出場するとして、3本打てば8-3で.387であり可能性はありそう。明治で.346を打つ1年生4番の上田選手はラストカードでの直接対決だけに抑えたい。

posted at 21:12:15

10月19日

@manyosouken

まにょ総研野球研究部@manyosouken

早川選手は明治戦もフル出場するに違いないのでただの机上の空論だが、早川選手はあと3打席でシーズンの規定打席に到達するので、仮にあと3打席しか入らないとしたら最低でも.346を残せるし、3打席で2本打てば規定打席到達確定で.423となる。

posted at 21:06:37

10月19日

@manyosouken

まにょ総研野球研究部@manyosouken

武隈選手は119打席で.187、岡選手同様明治戦3安打ならクリアの可能性大。笠原選手は154打席で.185、クリアにはあと4安打必要か。前述梅山選手は現在石元選手に次ぐ打率をキープも通算90打席と2試合で10打席回らないと100打席に到達しないため、上位打順でないと達成が難しい。

posted at 20:16:26

10月19日

@manyosouken

まにょ総研野球研究部@manyosouken

※東大では通算100打席以上で打率2割以上を残した選手はまだ100人いないので、ここをクリアすることは一つの勲章。今年の4年生では、石元選手が123打席で.211、明治戦で1安打すればクリアはほぼ確実。2試合連続マルチと調子を上げてきた岡選手が187打席で.194。明治戦3安打すればクリアの可能性大。

posted at 20:12:44

10月19日

@manyosouken

まにょ総研野球研究部@manyosouken

4年生梅山選手は昨日の殊勲の同点打に続き今日もチーム唯一の適時打となる二塁打。今季のチーム5本の長打(いずれも二塁打)のうち2本を打っている。あと2試合での100打席到達は下位の打順ではやや厳しいが(野球部史の通算打率ランキングには100打席以上の人が載っている)、通算打率も2割台に復帰した。

posted at 20:05:17

10月19日

@manyosouken

まにょ総研野球研究部@manyosouken

4年生捕手の澁谷捕手は9回裏に代打で今季初登場、見事にリーグ戦初安打を放った。4年生春(8月)にリーグ戦デビュー、秋は3年生の奥田捕手に開幕ベンチ入りを譲ったが、第4週早稲田戦からベンチ入り。リーグ戦出場はいずれも代打での4打席目、少ないチャンスをものにした。 #東大野球部

posted at 19:56:47

10月19日

@manyosouken

まにょ総研野球研究部@manyosouken

雨中の立教2回戦は総力戦となり22人が出場。
4年生外野陣では宇佐美選手と伊津野選手がリーグ戦初打席。宇佐美選手は犠打を決めた。宇佐美選手のリーグ戦初出場は2年生春の開幕戦での青山選手の代走。それから実に2年半を経て、リーグ戦出場14試合目での初打席となった。 #東大野球部

posted at 19:46:30

10月19日

@manyosouken

まにょ総研野球研究部@manyosouken

この間TVの対談で小沢健二があいみょんの音楽を「エモエモにエモい」と評していて、自分より年上の人が「エモい」という言葉を使っているのをたぶん初めて聞いた気がした。存在自体がエモいオザケンだから使えるのかなとも思うけども、それでも昨日今日の試合は「エモエモにエモい」って言いたくなる。

posted at 19:12:49

10月19日

@manyosouken

まにょ総研野球研究部@manyosouken

近年の東大で制球の良かった投手でいうと、鈴木翔投手が122回1/3で与四死球55、辰亥投手が122回2/3で同56。与四死球数が投球回数の半分を切って入れば(東大では)かなりよいと言え、イニング数は少ないものの、投球回の1/3を切っているのは素晴らしい。

posted at 12:37:04

10月19日

@atsukikokoro1

気象予報士・熱き心の若人@atsukikokoro1

明日月曜日の天気予報は悩む。今のところ東京は「昼頃から昼過ぎに雨」「夜に雨」という感じだけど、明日は前線や気圧の谷の位置が少しでもずれると予報が変わる。東京六大学野球は、第1試合の慶応対明治の試合中に雨がさーっと降って、第2試合の立教対東大の間は何とかもつかな、というイメージ。

Retweeted by まにょ総研野球研究部

retweeted at 00:46:00

10月19日

@shakaijin_base

社会人野球のミカタ@shakaijin_base

仙台六大学最終日、東北大は東北学院大に3-7で敗れたものの、今季通算5勝5敗で21年ぶりに3位となった。優勝は東北福祉大で5季連続73度目。
今季は、京大が関西学生リーグで同志社大に勝ったり、東大が東京六大学リーグで立大と引き分けたりしているが、同じ旧帝大の東北大のAクラス入りは偉業だぞ😱

Retweeted by まにょ総研野球研究部

retweeted at 00:45:27

2020年10月18日(日)79 tweetssource

10月18日

@manyosouken

まにょ総研野球研究部@manyosouken

本日の打のヒーロー梅山選手、2年生秋にリーグ戦デビューし、3年生春までの2シーズン40-12で打率.300の高打率。しかし3年生秋の慶應戦でリーグ戦初本塁打含む2安打を放って以降、今日の第2打席まで実にリーグ戦31打数ノーヒットが続いた。今日の7、9回に2打席連続でヒットして復活ののろしを上げた。

posted at 23:57:01

10月18日

@manyosouken

まにょ総研野球研究部@manyosouken

1試合総当たり制だった春(8月)のリーグ戦でも明治との直接対決に勝てば最下位脱出という決定的試合があったのだが、今季のルールも東大には追い風。なんとしても明日ポイント1を獲得したい。

posted at 23:41:36

10月18日

@manyosouken

まにょ総研野球研究部@manyosouken

これが東大にとっては有利に働いている。通常は2勝しなければ結果相手に水を開けられることになるがゆえに、勝ち星がなかなか最下位脱出に結び付きにくい状況がある。事実02年秋に勝ち点を獲得してから、17年秋に勝ち点を獲得するまで19度3回戦に敗れて勝ち点を逃している。

posted at 23:38:31

10月18日

@manyosouken

まにょ総研野球研究部@manyosouken

しかし今季はコロナ禍にあって2試合総当たりのポイント制が採用された。このルールでは引き分けた段階でポイント0.5を獲得することができる。さらにもう1試合に勝つことで自身はポイント1.5、相手はポイント0.5ということになり、1勝1分でも順位争いで勝ち点獲得に近い成果を挙げることができる。

posted at 23:33:59

10月18日

@manyosouken

まにょ総研野球研究部@manyosouken

あくまで結果から見た話であるが、引き分けることは勝ち点獲得になかなか結び付いていない。そのあたりが勝ち点を取るなら3,4回戦にもつれ込まずに17年秋のように連勝で取りに行け、と言われる所以でもある。

posted at 23:31:07

10月18日

@manyosouken

まにょ総研野球研究部@manyosouken

通常の勝ち点争いにおいては、試合展開によっても「ともかく負けなくてすんだ」という意義ある引き分けもあると思われるが、東大の場合、引き分けありで勝ち点を取ったケースというのは60年秋の明治戦で1回戦引き分けたのちに2、3回戦に連勝して勝ち点を取ったケースを最後に60年間ない。

posted at 23:25:35

10月18日

@manyosouken

まにょ総研野球研究部@manyosouken

通常の勝ち点制のリーグ戦では、引き分けは実質ノーカウント。引き分けが続けばどちらかが2勝するまで4回戦でも5回戦でも戦う。引き分けは冷めた見方をすれば「くたびれもうけ」とも言える。

posted at 23:19:25

10月18日

@tohoku_bbt

東北大学硬式野球部@tohoku_bbt

【仙台六大学野球秋季リーグ戦】
最終節②
東北大学4ー7東北学院大学

東北大|000 001 003|4
学院大|000 004 30×|7

二:石川原、桐生、佐藤達(学)
三:なし
本:太田(東)

バッテリー
(東)谷口、瀬戸、鈴木彬●、中尾、小池、福岡-藤原
(学)鈴木○、佐藤尽-伊藤

Retweeted by まにょ総研野球研究部

retweeted at 14:10:21

10月18日

@kyushubig6

九州六大学野球連盟@kyushubig6

【令和2年度 秋季リーグ戦 第5週2日目@田尻GF】

《第1試合》 終了
西南大|001 020 020 120|8 H11
九州大|100 002 200 124x|12 H15

(九)児玉、神戸、蓑毛、〇梅津-八和田、室岡
(西)霜上、●北方-木実、郷地、白石

◎本
木下(九):12回満塁

◎三
安部(九)

◎二
ラワ(西)、三重野(九)

Retweeted by まにょ総研野球研究部

retweeted at 13:44:33

このページの先頭へ