情報更新

last update 04/27 07:11

ツイート検索

 

@mas__yamazaki
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

Stats Twitter歴
2,618日(2011/02/26より)
ツイート数
45,604(17.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年04月26日(木)43 tweetssource

19時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

東京が「3年後のオリンピック」の準備でいろいろ問題に直面していたのも、大阪市が自画自賛のPR冊子を刊行し、その中で「大阪府と大阪市の二重行政では無駄が多いので解消すべき」と主張していたのも、1937年の日本でした。そういった「戦争以外の話」も多数紹介しています。
twitter.com/KazuhiroSoda/s

posted at 20:17:03

19時間前

@KazuhiroSoda

想田和弘@KazuhiroSoda

山崎雅弘さんからいただいた新刊「1937年の日本人」。前書きによれば、「平和」から「戦争」へと切り替わった1937年を、「当時の人々が知らされていた情報」を分析しながら読み解いていく試みだそうです。面白そう。 pic.twitter.com/zlmprHcfJi

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 20:14:38

21時間前

@halproject00

相川晴(HAL)@halproject00

「りんごは果物です」

というようなツイートに対し、

「じゃあ、りんごじゃなければ果物じゃないっていうんですか」
「みかんだって果物です!」

みたいなリプがつくのを見ると、必要十分条件の概念は、義務教育でしっかりやるべきではないのかという気分になってくる。

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 18:51:21

21時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

(続き)重力や流れの速さを伴って、重さや鋭さを持って川下に届きます」「川上の人間は(略)川下からの反発を受けるとまず己の言動を反省したり論理的に状況を精査する以前に、『信頼関係の裏切りだ!』として『むしろ感情的にナイーブに傷つき』、責めるんです」

とても的確な構造の分析だと思う。

posted at 18:48:29

21時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

(続き)に安住する人間は、被害者の反発を自分への『裏切り』だと思うんだ。そこに信頼なんか存在しないのに、『相手は何を言っても唯々諾々と聞くはずという自分のおごり』を『信頼関係』だとゆがめて認識するんだ」「情報や権力のパワーバランスには、必ず川上と川下があり、川上にいる人間の発言は

posted at 18:37:25

21時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

河崎環「権力の『川上と川下』理論で露呈する思考停止のメカニズム」(日経ウーマン)wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15「なぜこのオジサンたちはセクハラの重大さが分かっておらず、『そんなことをバラして、常識がない』とまで説教するのか。私はハッと気付きました」「そうか、加害者側に所属し、その力関係

posted at 18:33:06

21時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚(毎日夕刊)mainichi.jp/articles/20180
「『女性活躍』を掲げながら、この国の政府の人権感覚は一体どうなっているのか」

人間の本性は、ふだん何を言っているかではなく、特定の出来事への反応の仕方によく表れる。これが首相や各組織幹部の本性。

posted at 18:29:35

21時間前

@yokyun68k

NAKAMURA Takashi@yokyun68k

そもそも日本は
・人種差別撤廃条約
・女性差別撤廃条約
・難民の地位に関する条約
を批准してるのですよね。で、ちっとも履行していないので委員会があるたびに勧告を受けているのが今の状況

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 18:27:26

21時間前

@hirokim21

望月優大@hirokim21

ハラスメントの正当化は端的にかっこ悪い。男性でも女性でも、セクハラでもパワハラでも。時代についてこれない、自分を制御できない、他者を自分と同じ人間として想像できない、そういう人なんだなと思うだけ。

そんなにハラスメントがしたいのか。その正当化でどこまで自分の価値を落とすのか。

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 18:26:59

21時間前

@hirokim21

望月優大@hirokim21

セクハラ、パワハラ、かっこ悪い。「○○ハラの線引きがわからない」的な言い訳は己の感度の低さを露呈しているだけ。かっこ悪い。「才能がある人は性欲もある」やら「若いうちは寝ずに働いた方が伸びる」やらエビデンスなしの謎の正当化。反時代ぶって時代遅れなだけ。かっこ悪いから普通にやめよう。

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 18:26:38

21時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

近現代史に関し、盧溝橋事件は「中国共産党にはめられた」、真珠湾攻撃は「ローズベルトやスターリンにはめられた」という、日本は何も悪くないという責任転嫁の妄想になじんだ人は、政府側の男性の性犯罪が告発されるたび「はめられた」「ハニトラだ」と責任転嫁することに、何の抵抗もないのだろう。

posted at 18:25:59

21時間前

@pinpinkiri

小川一@pinpinkiri

一面トップは辺野古の警備費過大請求の続報です。なんと沖縄防衛局は内部告発者の特定にもつながる告発内容を工事元請けに教えていました。公文書改ざん、公文書隠ぺいが相次ぐ中、今度は漏えい。何を誰にどう伝えるのか、この国の役所は考え方がすべて逆立ちしているのでは。 mainichi.jp/articles/20180

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 18:22:15

21時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

「公文書焼かれた国、歴史の空白生まれる」保阪正康さん(朝日)www.asahi.com/articles/ASL4Q
公文書の隠蔽や廃棄が当たり前のように行われるようになった国では、不都合な過去の教訓と向き合う態度は生まれない。不都合な過去は改ざんすればいい。反省という思考回路が欠落し、集団でまた自滅へと向かう。

posted at 18:21:35

21時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

自分の政治目的のために、戦地に送られた自衛官の生命のリスクを無視する一方で、国会でわざとらしく「感謝の拍手」をして見せたり、「違憲だと言われてかわいそうだから」と憲法変更に利用する。自衛隊員はよく見ておくといい。この最高指揮官が、実際には何をしているかを。
twitter.com/Beriozka1917/s

posted at 18:15:36

21時間前

@Beriozka1917

異邦人@Beriozka1917

今思えば、自衛隊が南スーダンPKOに派遣されている真っ只中に、首都ジュバで300人以上の戦死者を出す戦闘が起きていたのに、批判の回避を優先しPKO派遣ありきで「戦闘」を「衝突」と言い換えていた安倍政権に、自衛隊員を思い遣る気持ちなんて微塵もない訳だし、隠蔽が政権主導でも全く不思議はない。

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 18:12:53

21時間前

@kaz_fukuyama

福山和人@kaz_fukuyama

「戦争だった。部隊が全滅すると思った」「死ぬかもしれない」という
南スーダン派遣隊員の証言の前では、戦闘行為はなかったとの安倍答弁は空虚としか言いようがない。都合の悪い情報を隠す隠蔽内閣に国民と自衛隊員の命を預けられるか?! pic.twitter.com/55eHdxEiLO

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 18:01:20

21時間前

@torusano1124

佐野亨 Toru Sano@torusano1124

麻生太郎の記者に対する不遜な態度からは、自身は支配者であり記者はそのおことばを拝聴しに来る従属者であるというような特権意識が透けてみえる。本来この関係は対等であり、統治権力から市民へ情報を伝達する回路として不可欠なもの。つまり記者を愚弄することは市民を愚弄することにほかならない。

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 18:00:58

22時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

衆議院での審議はすべて「今次事変(盧溝橋事件で始まった日中戦争)には適用しない」という近衛首相の発言に基づいてなされたが、近衛はウソをついて法案を成立させたことになる。今の国会と比べてどうだろう。同法案には、国民に「自発的という体裁」で戦争への無償奉仕を強いる条文も含まれていた。 pic.twitter.com/fnyT6ZRYZO

posted at 17:52:21

22時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

この法案審議の過程では、斎藤隆夫や牧野良三議員らが「国民の権利を過大に奪う法案ではないか」「憲法にも違反しているのではないか」と批判したが、近衛首相は「今次事変には適用しない」と説明し、衆議院で成立させた。ところが貴族院での審議が始まると近衛は「今次事変にも適用する」と明言した。 pic.twitter.com/BtS7wabAPQ

posted at 17:48:00

22時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

国家総動員法という、先の戦争での政府と国民の関係を決定づけた重要法案については、『1937年の日本人』の終章で、議会での審議プロセスも含めて紹介している。軍人以外の国民も、戦争のシステムに問答無用で組み込む「法制度化」がなされた。佐藤賢了中佐の「黙れ事件」もこの法案審議で起きた事件。 pic.twitter.com/o6O4bgf2Ov

posted at 17:45:16

22時間前

@NOSUKE0607

清水 潔@NOSUKE0607

【BOT】「国家総動員法」は1938年に制定された。戦争のためにすべての人的・物的資源を政府が自由にできるという法律だがその名称に「戦争」という文字は無い。←ココ大事
で、「一億総活躍」+「緊急事態条項」=「国家総動員法」ではないのか?と私は思うのでここでちゃんと書いておく。

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 17:36:34

22時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

戦後の日本は、こうした教育から脱却した… と長らく思っていたが、今になって振り返れば、戦後のどこかの時点で、これと同じような「権威への服従を子どもの頭に刷り込む教育」が復活していたようだと思う。「軍国主義」的か否かというのは、皮相的な記号の差異でしかない。
twitter.com/HAL9152/status

posted at 17:31:43

22時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

(続き)反する事態を招くだろう」と警鐘を鳴らした。西園寺公望は、現代的な意味での民主主義者ではないが、日本人の弱点とその危険性を的確に理解していたと思う。どうしていいかわからない時に、強圧的な権威へ従属するのを選ぶ人間は、権威が強圧的であるほど、逆に安心感を得る。思考が倒錯する。

posted at 17:23:52

22時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

明治時代に教育勅語が制度化されたあと、西園寺公望はある学校の卒業式(1896年)で「国民の気性は、活発爽快で、堂々としてしているのがよい。苦しい逆境に耐えて頑張るような、悲壮感のある姿を国民の模範とする風潮が、昨今の社会に広がりつつあるが、そんなことをしていては、やがて国の隆盛に

posted at 17:15:11

22時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

こういう「一丸となって困難に立ち向かう」「そのために犠牲になれたら光栄」というパターンの多幸感は、日本人の心の一番柔らかいところに、スッと入り込んでくる。スポーツ観戦の分野でも、この種の「物語化」が盛んになされる。大河ドラマなどの時代劇でもこの図式が多い。
twitter.com/levinassien/st

posted at 17:04:45

23時間前

@levinassien

内田樹@levinassien

国民の人権を制限しようとする政治家を支持する人たちは「自分たちの市民的権利を奪ってでも実現すべき偉大な国家目標を持っている国の国民であるのがうれしい」というふうに考えているのです。落ち目の国の国民にだけに起きる現象ですけれど、たしかに人性の自然に触れてはいるのです。

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 16:54:37

23時間前

@levinassien

内田樹@levinassien

「お前は国のために何ができるのか。国のために何を犠牲にできるのか。私権や私有物のうちの何を差し出せるのか」と為政者に恫喝されると、国民は厭がるより先に「自分たちは『国民に犠牲を求めることができるくらいに偉大な国』の成員なのだ」と考えるようになって不思議な多幸感を覚えます。

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 16:54:22

23時間前

@levinassien

内田樹@levinassien

『月刊日本』のインタビューだん。国運が衰微すると国民は「重く強い国」の成員であることを絶望的に願うようになります。自国が「重く強い国」であると国民に感じさせるためには一つ効果的な方法があります。それは国が国民に向かって受苦と忍耐と犠牲を求めることです。

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 16:54:10

23時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

権威への服従が血肉化した人間、それが思考と行動の基本原理になった人間は、「本来あるべき状態」からかけ離れた行動を自分がとっていても、それを「おかしい」と自覚しない。権威への服従という基本原則が維持される限り、落差が断崖になっても気にしない。今の日本社会は、そんな段階に入っている。

posted at 16:53:17

23時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

総理大臣や国家公務員の「本来あるべき状態」が何なのか、それを考える習慣が、社会から失われていると感じる。総理大臣や国家公務員の「本来あるべき状態」と現状を比較すれば、今の総理大臣がまったくその職責に不適格であることは明白なはずだが、日々の変化に適応した人間は、そんな風に考えない。

posted at 16:51:54

23時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

総理大臣が堂々とウソをつき、権力私物化で身内に国の資産を配分する。それを隠すために国家公務員が公文書を改ざん・隠蔽・廃棄し、記憶喪失のふりをする。「本来あるべき状態」が何なのかという点を踏まえれば、現実の出来事とは思えないほど異常な状態だが、大手メディアの対応も異様なほどぬるい。

posted at 16:49:38

23時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

今の日本の政治状況は、「本来あるべき状態」が何なのかという点を踏まえれば、現実の出来事とは思えないほど異常な状態だが、政府や上司などの権威に服従する思考と態度が血肉化してしまった人間は、これをおかしいと思わない。日々の変化が小さければ、何かと正当化する理屈をつけて適応してしまう。

posted at 16:44:11

23時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

政府や上司などの権威に服従する思考と態度が血肉化してしまった人間は、「本来あるべき状態」が何なのかを考えない。考えるのは、昨日やおとといとの比較であって、その落差が小さければ許容してしまう。落差の積み重ねが、断崖に近いところまで増大しても、おかしいと思わなくなる。適応してしまう。

posted at 16:41:36

23時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

1930年代の日本やドイツの事例と、現在の日本社会には、似ている面と違う面の両方があるのは当然だが、自発的に権威へ服従する道を選んだ人間の言動に共通するのは、「本来あるべき状態」が何なのかという問題に関心を払わなくなり、現状と「本来あるべき状態」の落差にまったく目を向けなくなること。

posted at 16:39:18

23時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

ヴァンゼー会議の開かれた邸宅は、ヴァンゼー湖という湖の畔にある保養地で、静かで快適なこの場所で、ヨーロッパの数百万人のユダヤ人を死に追いやり、その他のユダヤ人にも地獄のような経験をさせる政策が決定された。T4作戦などの前例から段階的に進んだことで、政策の異常さは顧みられなかった。 pic.twitter.com/4s4eRWpSZc

posted at 16:33:11

23時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

同じくベルリン近郊にあるヴァンゼー会議の開かれた邸宅。ナチスのユダヤ人迫害は一足飛びにホロコーストに進んだわけでなく、いくつかの段階を経ていたが、1942年のヴァンゼー会議は優先政策としての「絶滅」へと転換する重要な出来事だった。ここで重要な役割を演じたのが、ハイドリヒとアイヒマン。 pic.twitter.com/rXedeoALpv

posted at 16:30:08

23時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

ベルリン近郊にあるザクセンハウゼン強制収容所跡。ナチス時代のドイツ国内に作られた強制収容所の一つで、内外の政治犯や捕虜などが収容され、人体実験も行われた。ニーメラー神父やゲオルク・エルザー、スターリンの息子ヤーコフらも収容されていた。現在は歴史学習の場として保存・公開されている。 pic.twitter.com/SnNX2YUSH3

posted at 16:25:23

23時間前

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

先日のドイツ・チェコ・オーストリア旅行では、三日目からレンタカーを借りて移動した。今回の相棒はホンダのシビック。私の年代ではコンパクトな大衆車のイメージがある車名だが、今どきのシビックはこんなにスポーティーで速くて、ベルリンからミュンヘン空港までの2000キロを快適に走破してくれた。 pic.twitter.com/gfsApYXDLb

posted at 16:22:21

2018年04月25日(水)32 tweetssource

4月25日

@Trapelus

KK@Trapelus

「戦前と酷似」と言われる安倍末期 歴史家・保阪正康氏も指摘 「強圧手法」「言論統制」「官僚腐敗」「ずさんな文書管理」「歴史への冒涜」「教育への政治介入」「反安倍狩り」・・・ 「無能」だけではなかった東条英機との共通項と繰り返される歴史(日刊ゲンダイ) pic.twitter.com/sWqKMikVNu

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 16:05:23

4月25日

@hanakija38

はな@hanakija38

朝日の社説で伊藤詩織さんが取り上げられています。テレ朝の女性記者がネットで中傷の嵐を受けてることを受けて、「男性の行いよりも、女性側の告発意図を無責任に勘ぐり、あざ笑う」と。それを政権の中枢にいる副総理が先頭に立って行っている美しい国ニッポン。 pic.twitter.com/CPMXKpqFQS

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 16:01:32

4月25日

@katepanda2

弁護士 太田啓子@katepanda2

福田次官の件で「ハニートラップ」「はめられた」という言葉を「可能性」というレベルでも口にしたことがある人は全員まとめてあらゆる組織の意思決定に関わる部署から退かせるべきだ。あまりに人権意識低すぎ、認知歪みきっている。事実認識能力低すぎるわ。

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 16:01:22

4月25日

@Hirosh_Suzuki

鈴木大志@Hirosh_Suzuki

柚木議員は百田尚樹を訴えるべきだと思う。

飛鳥新社もPHPも百田尚樹とのビジネスを考え直すべきだし、ジュンク堂書店も紀伊国屋書店も百田のサイン会をしないでほしい。

いくら放送作家としての実績や小説家としての人気があろうとも、公の場に出してはいけない類の男だ。 pic.twitter.com/vcVxbUOsuW

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 16:01:10

4月25日

@y800e

放芳置一@y800e

この発言も凄いよな。

下村博文「安倍支持を言うような人をテレビ局は使わない。安倍反対の人ばっかりを使う」

田崎史郎とか八代英輝とか古市憲寿とか松本人志とか小藪一豊とかロザン宇治原とか須田慎一郎とか、安倍政権を庇う人間なんていくらだってテレビに出てるのに。

dot.asahi.com/dot/2018042300

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 16:00:30

4月25日

@YoJungChen

YoJung Chen@YoJungChen

@KazuhiroSoda 職業柄、各国で様々な「偉い人」と関わってきて見出した万国共通の法則 : 自分の偉さに自信がない人ほど殊更偉そうに威張ってみせようとする。
本当に偉い人は威張る必要がない。その証拠 :お会いした世界のお偉方の中で最も優しく、礼儀正しく謙虚だったのは皇太子時代にお会いした今上天皇陛下。

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 15:56:34

4月25日

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

麻生氏はもともと傲慢な態度で記者に接する人だが、最近とくに傲慢さがエスカレートしているように見える。権威主義的な人間は、権威の土台が揺らいだ時、以前にも増して権威主義的に、威圧的・恫喝的に振る舞うことで、権威を保とうとする。醜悪な人間の見本が、ここにいる。
twitter.com/TomoMachi/stat

posted at 15:55:08

4月25日

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

「偉大な国家」という絶対的権威と自分を同一化し、自分を「国家の僕」だと思い込んだ人間は、その権威を守るという体裁で言動が攻撃的になり、最終的には「天誅」も許されると錯覚する。普通の人間でも危険な状態だが、自衛隊の幹部がそんな錯覚に囚われることはさらに危険。
twitter.com/yujinfuse/stat

posted at 15:51:52

4月25日

@yujinfuse

布施祐仁@yujinfuse

昔でいえば大本営参謀の少佐の地位にある現職自衛官が、国会議員に対して「俺は自衛官だ。貴方がやっていることは日本の国益を損なうことだ」と発言したことは、文民統制上許されないことだ。自衛隊の任務を決めるのは国会であり、自衛隊が自ら国益を判断して行動するようなことはあってはならない。 twitter.com/mainichi/statu

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 15:50:19

4月25日

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

逆に言えば、安倍政権が打ち出す政策は「改ざん、隠ぺい、ねつ造、虚偽まがいの答弁」がなければ通せないような、正常な議論に耐えられないほど欺瞞的であるということ。不正が無いことを証明する責任が自分たちの側にあるという認識もない。憲政史上の異常事態が起きている。
twitter.com/seiji_ohsaka/s

posted at 15:47:44

4月25日

@seiji_ohsaka

衆議院議員 逢坂誠二@seiji_ohsaka

改ざん、隠ぺい、ねつ造、虚偽まがいの答弁。こんな状態で国会審議ができるはずがない。政府与党は、この状況をどう打開するのか、言葉だけではない具体的な取り組みをする必要がある。それをせず形式的に委員会を開催しても真の審議にはならない。結局は、実質の審議を拒否しているのは政府与党だ。

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 15:47:21

4月25日

@rkayama

香山リカ@rkayama

今日、乗ったタクシーの運転手さん、ラジオのニュースで福田次官のこと流れたら、「あれはひどいね。あれだけひどいこと言っても辞めたら退職金出るんだって?私らがもしお客さんにあんなこと言ったのわかったら、すぐクビで退職金どころの話じゃないよ」と話してましたよ twitter.com/toshio_tamogam

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 15:44:19

4月25日

@Beriozka1917

異邦人@Beriozka1917

我が国の領域内における最大の暴力装置であり、その気になれば国家の転覆さえ容易な自衛隊において、幹部自衛官が公選の議員を「国民の敵」呼ばわりした事実に対し、容認するかのような発言をした防衛省幹部はそれ自体処分に値する。国会議員は国民である選挙民によって選ばれているのだから。

Retweeted by 山崎 雅弘

retweeted at 15:43:39

4月25日

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

自衛隊3佐 暴言「国民の敵だ」発言否定 防衛省が供述公表(毎日)mainichi.jp/articles/20180
これだけ連日「国家公務員のウソ」を聞かされた今、発言否定を信じろという方が無理だろう。メディアはなぜ3佐の実名を報道しないのか。国民の代表への暴言は国民への暴言でもある。実名報道が当然だろう。

posted at 15:42:48

4月25日

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

「派遣隊員の証言から浮かび上がるのは(安倍首相や中谷防衛相が語った説明とは)正反対の『真実』。PKO参加5原則は崩壊していたのではないかー。隊員は『そこは考えないようにしている。それを考え出すと何もできなくなる』と複雑な胸の内を明かした」(2018年4月23日付北海道新聞)これが現実。

posted at 15:37:43

4月25日

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

内閣法制局長官を、官邸の下僕のような人間とすげ替えて、腹話術のように官邸の意向に沿う憲法解釈を述べさせ、戦後の歴代内閣が「違憲」と判断していた行為を「合憲」と強弁するために、事実の歪曲とウソを並べた手法は、最近次々と発覚した文書隠蔽や改ざん等と質が同じ。自国の政府を信用できない。 pic.twitter.com/N801wgjeYx

posted at 15:32:39

4月25日

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

2018年4月23日付の北海道新聞。「政府説明と落差」というマイルドな表現だが、実質に即して表現すれば「政府はウソをついて国民をだました」。先の戦争当時の政府と、やっていることが同じ。

安倍首相は、自衛隊員の命を何だと思っているのか。ウソに基づく国会審議で行われた議決は全部無効だろう。 pic.twitter.com/XxOxjn9oNe

posted at 15:29:41

4月25日

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

戦後の教育では「戦争はいけない」という反戦教育は盛んに行われた反面、「上位者の言うことに盲目的に従ってはいけない」という反権威主義教育はされなかった。しかし現実には、戦時態勢が完成してから反対しても手遅れで、後者の反権威主義教育が、なし崩し的な戦争の回避に必要な教育だろうと思う。

posted at 15:20:49

4月25日

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

同書で当時の新聞や雑誌記事を引用して示した通り、日中戦争が始まった時の日本人には「主体的に戦争を選んだ」自覚は薄く、おそらく実感としては「政府の言うことに従っているうちに、気がついたら日常生活を戦争に乗っ取られていた」のだろうと思う。つまり「上位者の権威に従っていただけ」だった。

posted at 15:17:42

4月25日

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

『1937年の日本人』のあとがきの一部。日本では「上位者の権威に逆らわず、上位者の意向や命令に黙って服従する態度」を「道徳的」と歪曲する権威主義的な教育が復活しつつあるが、今現在の企業や官庁の中枢部にも、そんな下僕思考の人間が多いように見える。上位者が間違っている可能性を想定しない。 pic.twitter.com/ath3ajaGBe

posted at 15:15:37

4月25日

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

ベルリン中心部にある「トポグラフィー・オブ・テラー」という施設。ナチス時代にゲシュタポやSSなどの本部が置かれていた区画をいったん更地にして、これらの組織による非人道的行為を批判的に展示している。こうした施設を見れば見るほど、日本との「歴史との向き合い方の違い」を痛感させられる。 pic.twitter.com/Dw8vHFVzgO

posted at 15:03:07

4月25日

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

ベルリンのオリンピック競技場の敷地に展示されている、1936年のベルリン五輪で使われた鐘。亀裂が入り、ナチスのカギ十字は加工して消されている。当時と同じ石の柱が連なる、競技場の中と外の廊下を歩くと、レニ・リーフェンシュタールの白黒映画で観た1936年のベルリン五輪のイメージが脳裏に蘇る。 pic.twitter.com/TIIMOwANq2

posted at 15:00:21

4月25日

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

ベルリンの西部にある、オリンピック競技場。1936年のベルリン五輪のために建設されたメイン競技場で、屋根やフィールドは改修され、今も大きなスポーツイベントで使われているが、柱などは当時のまま。各競技の金メダリストを記した壁には、女子水泳の前畑選手など日本人の名前もいくつか並ぶ。 pic.twitter.com/KXnLzQc3s1

posted at 14:53:40

4月25日

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

私は10代の頃、この絵をテレビで見た。1985年に放送された「NHK特集 人間のこえ」という番組で、第二次大戦期の日米独ソ各軍の兵士たちの遺稿を紹介する内容だった。この番組の取材記録などを記した本『塹壕のマドンナ』が、翌年に日本放送協会出版から刊行された。帰国して、改めて読んでみた。 pic.twitter.com/pd7AFbMuHc

posted at 14:51:26

4月25日

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

カイザー・ヴィルヘルム記念教会の隣の「新教会」には、第二次大戦中の東部戦線でドイツ軍の軍医クルト・ロイバーが描いた「スターリングラードの聖母」という絵が展示されている。絶望的な包囲戦の最中、ロイバーは1942年のクリスマスを祝うため、捕獲したソ連軍の地図の裏に木炭で聖母子を描いた。 pic.twitter.com/Hqjv51uKao

posted at 14:48:08

4月25日

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

ベルリン中心部にあるカイザー・ヴィルヘルム記念教会。第二次大戦末期の連合軍の爆撃で破損したあと、戦争への反省から、眼窩が空洞のされこうべ(髑髏)のような状態で保存されている。教会としての機能は、隣接する「新教会」が担い、元の教会の一階部分は小さい博物館のような形で公開されている。 pic.twitter.com/LPclLgblCR

posted at 14:44:31

このページの先頭へ