情報更新

last update 11/20 07:37

ツイート検索

 

@masahirokoba
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

  • 42フォロー
  • 3,520フォロワー
  • 242リスト
Stats Twitter歴
3,227日(2010/01/20より)
ツイート数
21,162(6.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年11月14日(水)2 tweetssource

11月14日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

ムーンライトを見て映画の美しさを思い知る。素晴らしい映画🎬。本当に、素晴らしい。出会えたことに感謝。きみの気持ちが、よくわかる、

posted at 18:29:39

11月14日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

映画を見ればいろんなことを考える。考えたくないから映画を見てるのに、やはり考えてしまう。暗い気持ちの時に暗い映画に出会い、ほっとする。父親が息子を鍛える。突き放す。ダメ親父だからこそ息子に正しくあってほしいと望む。フェンスは、そんな映画、

posted at 18:13:05

2018年11月11日(日)1 tweetsource

11月11日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

ベストセラー、編集者パーキンズに捧ぐ(17)を観た。原題ははGENIUS。トーマスウルフのことをいっているのではない。編集者パーキンズ氏のことを言っている。コリンファース、ジュードロウ、ニコールキッドマンが、いい芝居をしてる。久しぶりに圧倒されたた。久しぶりに心に響く作品だった、

posted at 02:42:48

2018年10月18日(木)2 tweetssource

10月18日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

ザワイヤーを観た。全60回は、長大な時間だが、至福の時でもあった。02~08年制作のドラマ。その時間と共に、ドラマも進行していく。登場人物たちがそれぞれ年齢を重ね、汚濁にまみれていく。その姿が何とも愛しい。半日経った今でも、まだボルチモアの路上にいるような、浮揚感を味わっている、

posted at 00:55:52

2018年09月24日(月)1 tweetsource

9月24日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

@kouheikan ルメートルの新作、新作ではなかったね。悲しみのイレーヌの前に書いたもの。なんだかなあと言う感じの読後感。文庫になってからで、十分ですね、

posted at 19:03:54

2018年09月23日(日)3 tweetssource

9月23日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

これからベネチアグランプリなどの作品も配信されるのだろうが、今のところNETFLIXは、大体、観てしまったような。割と鳴り物入りで始まった「オザークへようこそ」は、ボクには、緊迫感に掛ける。今後どう補っていくのか?

posted at 02:38:54

9月23日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

ベタたーコールウルのジーズン4はエピソード7まで。10/2までは、先が観られない。映像的なも画面分割をつかったりして、現代的。でも、根っこにあるのは20世紀のB級映画。そこが、たまらなく郷愁を感じる、

posted at 01:30:18

9月23日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

@durhum2 東風とか、中国女、とかでね。みるものすべて難しい映画で、観たと言うことだけが、成果のような。劇場を出ると何時もの新宿で、少しほっとしましたね、現実に返れとたと言う安心感で。トップスで。お茶飲んで、余韻に浸っていました、

posted at 01:24:24

2018年09月22日(土)2 tweetssource

9月22日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

何が面白いかわからない。なのに、毎回、面白がって見ている。心地いいと言う方が当たっているのかも知れない。とても心地いい。ベターコールソウル、

posted at 00:48:13

9月22日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

ジャッキーコーガンが、結構面白かった。続いて、レヴェナントとバードマンを見直した。その前に、ゼログラビティ。初めて観た時から随分と時間がたった映画ばかりだが、二度目、三度目のほうが良く感じる。ジャンルものながらジャンルを逸脱した映画に強く惹かれる、

posted at 00:39:00

2018年09月19日(水)1 tweetsource

2018年09月10日(月)3 tweetssource

9月10日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

オリーヴキタリッジを観て、ノーバディズフールを思い出す。音楽の使い方など、影響が、わかる。原作のオリーヴキタリッジの生活とは、ちょっとテイストが、違っているが、名作に変わりはない。もう一度、観るかな、

posted at 13:02:40

9月10日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

オリーヴキタリッジを観て、しばらくの間、ドラマの余韻に浸っていた。無口で捻くれ者のヒロインが、終わった時から愛しい存在へと変わる。しかしまあ、フランシスマクドーマンドの演技たるや!見事と言うしかない、

posted at 12:55:42

2018年09月08日(土)1 tweetsource

9月8日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

@Zhongxi58 @YouTube ヒンダーランド、四話まで観ました。四話でいきなりトーンが変わってくるのが、何だか異様な感じで、主人公らの過去が、シーズンをまたいで、明らかになると言う訳ですね。いいものを紹介していただきました!感謝、

posted at 18:51:49

2018年09月07日(金)1 tweetsource

9月7日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

@Zhongxi58 @YouTube ヒンダーランドですか、観てみます。アイスランドのトラップというドラマ見ましたか?凄い雪の中での芝居ばかりで、何で車の中とかで、話さないのか不思議ですが、話はなかなかでした。今日、ジャックテイラー、見終わったところです、

posted at 11:01:48

2018年09月06日(木)1 tweetsource

2018年09月01日(土)1 tweetsource

2018年08月29日(水)2 tweetssource

8月29日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

そんなに傑作とは言えない「ゲットアウト」だが、最後まで観てしまった。こういうのもホラーと言うのかどうか判らないが、シャイニングみたいな気分になったり、ファニーゲームだったり、ローズマリーの赤ちゃんだったりしたが、そのどれもよりラストが甘いよと思うことしきり、

posted at 15:25:42

8月29日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

またもやベンステラーが出ている映画なので少しためらった。まあいい。俺好みただからな。トランプとトランプタワーが最初のアイデアらしく、それが何年間で、バーナードマドフに変わって、年金を騙し取られた男たちの復讐泥棒ものに変わった。近ごろ珍しいクライムアクションコメディ「ペントハウス」

posted at 15:16:27

2018年08月26日(日)1 tweetsource

8月26日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

ベンステラーの出てる映画について書いても誰も反応してくれないのは判っているが、それでも、ヤングアダルトニューヨークについては、書いておかなくちゃと思いここまで書いて、ただ痛い映画だったと言うほかなく、ただひたすら痛い映画と言うのがあるんだなと、今更にして思う、

posted at 09:20:24

2018年08月25日(土)1 tweetsource

2018年08月24日(金)1 tweetsource

8月24日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

バルタザール・コルマウクル原作制作のドラマ「トラップ凍えた死体」観た。北欧ミステリー好きにはもってこいのドラマ。アイスランドの東の港町が舞台。とにかく、凍てついている。すべてが、凍りつく。身も心も。でも、熱い血が通ってるドラマ。必見です!

posted at 15:14:23

2018年08月20日(月)8 tweetssource

8月20日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

@kouheikan トムが、ハントになりきってるので、制御不能だったのだと思います。一本目にはトムの遠慮もあったのかと。でも二本目で、トムはグイグイ行ったので監督が押されてしまってる感じがしました。でも、とてもいいチームワークですね。最高の時間をみんなが過ごしてる。それは、感じました。トム親分!

posted at 20:36:31

8月20日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

@kouheikan その部分は素敵だなと思いました。老けたトムクルーズにも。奥さんの登場にも、全体に哀愁が漂っている感じ、素敵です。ま、もう一度、観ます、水さしてごめんね、

posted at 20:28:39

8月20日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

アメリカンエクスペリエンス 長津湖の戦いを観て、八甲田山を思い出したのは、ボクだけだろうか? この地味なドキュメンタリーは、NETFIEXオリジナル作品なので、観る人を限定してしまうが、太秦辺りが公開して欲しいものだ。それだけの価値がある、一作だった、

posted at 20:25:14

8月20日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

余計なことを呟いてしまった。いいところはたくさんあるのに、押して欲しいところを大雑把にやられると、つい、異論を唱えたくなる。それより何より監督の世界感が希薄なのはどうしてか?やはり、誰にも彼は止められないのか?ハントそのものなのかな、もはや、

posted at 20:16:30

8月20日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

@kouheikan ごめん。ボクは、今ひとつでした。やはり二作続いての監督は、相手がトムクルーズだと、難しいのかなと思いました。すべてが焼き直しにみえて。それで、いいんだろうけど。ま、時間おいて、また観ます、

posted at 20:08:47

8月20日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

アクション映画にドラマはそれほど必要ない。それがボクの持論だがなければないでもっと欲しくなるのもドラマ好き所以か。アクションがあるたびにセリフのやりとりが過剰に続く。しかもそこで何が起こっているのかがボクの頭ではわからない。プルトニウムの三つの球もコミック的。ボクには残念至極な、

posted at 20:02:59

2018年08月13日(月)1 tweetsource

8月13日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

4.50分のミニシリーズだと思ったら、とんでもなかった。90分超えが10回もあった。その間ほとんど戦慄し放しだった。特に、ティムオブライエンの自作の朗読から始まる10話は素晴らしい。これほどまでに戦争の悲惨さを描いたドキュメンタリーがあっただろうか。素晴らしい!ベトナム戦争の記録、

posted at 02:41:54

2018年08月12日(日)1 tweetsource

2018年08月11日(土)4 tweetssource

8月11日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

サインフェルドと、レターマンのトークを2度目。本当に達者だなあと、感心する。また、「サインフェルド」が、観たくなる、ストーリーもなく、恋愛もなく、意味もなく、ただひたすらに日常の中の微細なことを取り上げて笑いに転ずる。その見事さ!

posted at 22:59:41

8月11日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

@kouheikan 観ました。なかなかいいですね。こういうのが、日本にも、欲しいですね。ラストは、気になりましたが、きっと見逃すのかなあと、思ったり、

posted at 22:34:57

2018年08月10日(金)6 tweetssource

8月10日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

1億ドル-1.5億と、もうほとんど超大作の感のあるトロピックサンダーだが、やってることのいちいちに知恵が詰まり、役者も全員凄まじいテンションで、駆け抜けていく。素晴らしいとは口が腐っても言いたくないけど、思わず引き攣った笑いを浮かべてる自分に気付く。やはり素晴らしいんだ、この映画は!

posted at 14:22:57

8月10日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

ナイスガイズなんて映画を知っているのは、そうはいないと思うけれど、過去の映画の影響がほとんどすべてに散りばめられていて、かなり好みがはっきりしてくる映画だが、パルプ本の香りもして、ボクのお気に入りの映画だった、

posted at 14:05:06

2018年08月07日(火)7 tweetssource

8月7日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

アメリカの喜劇人を読んだのは数十年前。小林信彦さんのこの本を読んでマルクス兄弟らのことを知り、姉妹版の日本の喜劇人では子供のころの記憶を呼び覚ました。同じような思いをした人はたくさんいたはずで長谷川町蔵さんの21世紀アメリカの喜劇人を読むと書かれているもの以上に、過去に遡って行く、

posted at 07:22:54

8月7日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

今日もなぜか、どん詰まりの映画「クロッシング」を観た。何度か見てるが、いつも見ながら後悔している。どうせ希望はないのだからと。ただブルックリンの街のロケーションは、最高だ。それが魅力の一つなのだろうが、やはり、どん詰まりになることは間違いなしなので、覚悟して観るのが良いかな、

posted at 01:48:53

8月7日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

コメディと言えば忘れてはいけないのがシットコムとスタンダップコメディーだ。こちらの本はスタンダップの勉強(高平哲郎)に詳しいがこれも「世界の喜劇人」が始まり。日本人の談志やビートたけしなどが出て来るが日本に置き換える必要があるかどうか疑問に感じる。軽はずみには言えないが、

posted at 01:44:44

8月7日

@masahirokoba

小林政広@masahirokoba

長谷川町臓さんの「21世紀アメリカの喜劇人」を呼んだ。小林信彦氏の「世界の喜劇人」への敬意がうかがわれた。コメディ映画を観るための指針にはなる。しかしよくぞ調べて、ここまで書いたものだと感心する。今のアメリカのコメディに興味のある人は、読むと言い、

posted at 01:34:24

このページの先頭へ