情報更新

last update 04/26 16:21

ツイート検索

 

@masunobot
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

  • 3フォロー
  • 976フォロワー
  • 45リスト
Stats Twitter歴
1,806日(2013/05/17より)
ツイート数
14,293(7.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年04月26日(木)5 tweetssource

8時間前

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

あ、あっけないな、これで終わりなのか、みたいな気持ちで死ぬんだと想像してる。高校のとき自転車同士の衝突事故でスローモーションになって飛びながら、そう思った。

posted at 14:02:02

17時間前

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(私の短歌はあんな作風なんですが)(「違和感があった」ということをまるで作品が駄目だったかのように言う人が多いのを見るとその「受け身な鑑賞の姿勢」にうんざりするときもあります)(違和感を見つめることは表現の始まりだし違和感そのものを手渡したい場合もあるのに)

posted at 05:01:59

20時間前

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(演劇でカーテンコールをしないタイプの劇団も潔くて好きだけど)(すべてのメンバーを紹介する劇団のこともあたたかく見てしまう)(何をあたたかく見て何を冷たく見るのかは理屈ではない)(その人がどういう体温の人間なのかという)(生き物としてのそれぞれの個性から生じているものなんだろう)

posted at 02:01:59

2018年04月25日(水)8 tweetssource

23時間前

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(自著には可能なかぎり編集者氏への謝辞を書くようにしています)(その本の責任者として名前を出させてほしいと思うからです)(これからの書き手が売り込み先をさがしているとき原稿を送るべき編集者がわかるようにとの配慮でもあります)

posted at 23:02:01

4月25日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(若いとき「ヤンチャ」だったらしい男性と飲んだりすると警察につかまったあと「警察官にならないか」とスカウトされたって話がよく出てくる)(警察官になる能力と「ヤンチャ」の能力は同一ということなのかもしれない)(精神科医になる人は精神科医になるような精神を持った人だというような話か)

posted at 20:02:03

4月25日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(あれこれ工夫して編んだ短歌集を一冊とおして読んだこともないような)(たまたまネットで誤記だらけの歌をいくつか見ただけのような人たちに)(「かんたん」にわかった気になられて軽んじられる道を選んだのはまあ自分だから)(こういう面倒くさいこと書いてフォロワーが瞬時に減っても上等上等)

posted at 17:02:04

4月25日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(いちいち目くじらをたてるのにも疲れたけど)(「あなたの短歌を写真と組み合わせて発表してもいいですか」的な連絡くらい昔はあったと思う)(無断で載せるなとか言わないけどせめて正確に引用してくれないだろうか)(私も引用まちがいをしておわびしたことがあるが一生おわびを続けるつもりです)

posted at 14:02:01

4月25日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(好きであることを表明しても恥ずかしくないものを好きであると表明してる人ってけっこう多いと思う)(そういう振る舞いをしないところが枡野浩一の信頼できるところだと自分では思っている)

posted at 11:02:01

4月25日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(私は自分で応募した賞でも最終選考で落ちたことしかなくて)(最終選考で落ちたあと「惜しかった」「枡野浩一さんには今回厳しすぎたかもしれない」と言われたことは何度もあって)(もらったことがあるのは「踊る!ヒット賞」だけ)

posted at 05:01:59

4月25日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(私はちょっとあれなんですけど)(演劇って身体能力の高い人がばかみたいに毎日毎日稽古して本番はつかのまの一期一会)(頭がおかしいんじゃないかと思う)(色恋沙汰に似ている)

posted at 02:01:59

2018年04月24日(火)8 tweetssource

4月24日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(ラジオは「聴きそびれること」テレビも「観そびれること」が人生の味わいとなっていたのに全部アーカイブされてしまう今の貧しさったら)

posted at 17:02:01

4月24日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(なんにせよ「いつでも手に入る」ものなんてこの世にないと思っているので)(私がなにか始めたときは「いつか」とか思わず気になったとき触れてみてください)(枡野書店も)(短歌塾も)(演劇だって自主映画だって次があるかわからないし)(本だって次が出せるか本当にわからなくなってきました)

posted at 14:02:01

4月24日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(俵万智さんの『サラダ記念日』を十代のころに読んで)(「こんなすごい短歌とても自分にはつくれない」と心から思った)(「こんな短歌だれにだってつくれる」とか言っていた人たちは)(つまり才能がなかったんだと今は思っている)

posted at 08:02:01

4月24日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(話を面白くしなければならないという強迫観念にとらわれている人が苦手)(ツイートがすべて「面白」で埋め尽くされているみたいな)(そんなふうに面白くした話なんてつまらない)

posted at 05:02:00

4月24日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(「実話です」という体裁で提示された嘘を楽しむ能力が私には決定的に欠如しているみたいです)(フィクションと明言されたら楽しめる場合もあります)(もっと言うと「みんな嘘がへたくそ」と思う)(なんでそんな嘘につきあってあげる必要があるのかと怒りさえ覚えます)

posted at 02:01:59

2018年04月23日(月)8 tweetssource

4月23日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

「100万回生きたねこ」《たいていの読者は物語の終わりを知ったとき「あー、よかった。めでたし、めでたし」という気分になっているはずで、そこがすごいのだ。主人公が死んでしまうのに「あー、よかった」と心から思える不思議》(拙著『日本ゴロン』)

posted at 23:02:01

4月23日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(以前は「生きている男性歌人の中では一番有名」だったんですが今はそうでもないです)((有名ってことにほんとは大して価値をおいてないから自分でそういうふうに言えるんですよ無名歌人の皆様))

posted at 20:02:01

4月23日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(ことわりのメールを書いて下書き保存します)(快諾のメールを書いて下書き保存します)(しめきりの時間に出したいほうを送信します)

posted at 17:02:00

4月23日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(どうやら世間では「自分はあまり望んでいないのに周囲にすすめられてたまたまやってみたことが成功した」的な話にしておいたほうがかっこいいという感覚が一般的なようだ)(終電がなくなったから泊まったみたいな言いわけがましさだ)(私はやりたいときはぜひやりたいと言う)(仕事もそれ以外も)

posted at 11:02:00

4月23日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(私は若いころ自分のことを天才とか思ったこと一度もなかった)(ほんとう)(それゆえほんとうは天才的だったのかもしれないと最近ごくごくたまーに思うけど過去形で思うだけ)

posted at 05:01:59

4月23日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(「歌人である僕はいつだって感性を磨いていたいから」)(と)(言ったこともないセリフを記事にされそうになったことがあります)

posted at 02:01:59

2018年04月22日(日)8 tweetssource

4月22日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(赤ちゃんて)(泣くな泣くなと思ってるうちは絶対に泣きやまなくて)(こころゆくまで泣けばいいさと心の底から思うと泣きやむよね)

posted at 17:02:01

4月22日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(ひとつのことに体重をかけると成果が出やすいというのは本当だと私も思う)(自分の望みの核が見えたらその望みは実現したも同然と言ったらおおげさかもしれないけど)(ただ人は自分の本当の欲望におうおうにして気づけないんだよね)

posted at 14:02:01

4月22日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(自分以外の人にとって世界がどんな味わいに満ちているかを知ることはできない)(下戸じゃない世界)(キスが気持ちいい世界)(プラモデルに心躍る世界)(色弱でない目に見える世界)(スポーツで勝つ喜びのある世界)(大盛りで肉だらけのラーメンが食べたくなる世界)(村上春樹に白けない世界)

posted at 11:02:01

4月22日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(私が短歌を始めた二十歳の頃は「結社誌同人誌に関わらないで短歌をこつこつ続けることができる」なんてこと想像もできなかったです)(新聞歌壇や雑誌の投稿欄くらいしか見えなくて)(ネットは歌壇を可視化した)

posted at 08:02:01

4月22日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(ツイッターで読む「よく出来た話」はなんだかみんな作り話に見えてしまう)(語られた瞬間から都市伝説というか)(語り手が匿名的だからだろうか)(街角でたまたま耳にした会話とか全然もう信じられない)

posted at 05:01:59

2018年04月21日(土)8 tweetssource

4月21日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(相変わらずFacebookが大嫌いなんだが)(「いいね!」はもっと端的に「!」の記号だけにしたらよかったのにと思う)(そして同意いたしかねる場合には「?」を)(なんなら「!?」があってもいいし)

posted at 23:02:02

4月21日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(「あなたにとって◯◯とは?」って何きかれても寺山修司とかは上手に答えただろうと思う)(私も魂をこめなくていいなら即座に答えられます)(大喜利と思えばいいんだよね?)(どんなことでもいいから私に「◯◯とは?」と問いかけるがよい)(あなたにとって漫画とは?)(息子の成長を知る手段)

posted at 14:02:01

4月21日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(母が何度も言うには「ぼくもうそろそろねるからあっちいってと言われるのがつらかった」と)(ミニカーもプラモデルも興味がなく物が欲しくて駄々をこねたこともなく「たんじょうびプレゼントをなにかほしがらないとパパがこまるだろう」と悩んでいました)

posted at 08:02:01

4月21日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(枡野浩一関係の短歌コンテストで選ばれる作風の短歌を歓迎する結社って少ないような気がします)(理由は私が「短歌に興味ない人に届く短歌」をより高く評価する歌人だから)

posted at 05:01:59

4月21日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(Wikipediaを見てると「歴史は創作物」ということがよくわかりますね)(ほんの十年くらい前の出来事も嘘まみれだもの)(だれの主観なのかが明記されてなくて記述が曖昧になっていく気持ち悪さ)

posted at 02:01:59

2018年04月20日(金)8 tweetssource

4月20日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(私の短歌は主人公=作者って読まれても全然いいです)(基本そういう歌しか詠まないようにしている)(ほかの人の短歌は主人公=作者とは読まないように心がけている)(歌人の知り合いはとても少ないし)(自分のところに投稿してくれた人の本名も職業も容姿もあまりよく知らない場合がほとんど)

posted at 20:02:01

4月20日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(私のタイムラインで話題沸騰の「作者にお金が行かないかたちで作品をたのしむ人たち」問題ですが)(みんなそんなに「作者にお金が行かないかたちで作品をたのしむ俺たちを作者も容認すべき」と言いたいのかなあ)(こそこそたのしんで後ろめたさを持ち続けてほしいというのが私の個人的な願いです)

posted at 14:02:01

4月20日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(世の中のお金の仕組みは不思議)(相続税というもの)(敷金礼金というもの)(運転免許更新のとき警察の天下り団体に払うお金も不思議)(そういうものだからと言われてそういうものなのかと払ってしまう)(絵はいくら高値で転売されても作者にお金が行くわけではない)(作者がわかっているのに)

posted at 11:02:01

4月20日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(買って読む前にある程度その本が自分に合いそうかどうかくらい判断できないとむしろ恥ずかしいと私は思っている)(人間相手だとそうはいかないけど本にはタイトルも帯文も著者プロフィールも書いてあるんだもの)(装幀だって一冊ずつちがうし)(裏切られたときだってそれを楽しむくらいでないと)

posted at 08:02:02

4月20日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(「図書館で借りて読みましたがこの本は字が少なくて定価ぶんの価値がないと思う」とか「古本で100円で買って読んだので超つまらなかったけどまあいいや」とか一々書かないでくれたら別にどう読んでくれてもいいです)

posted at 05:01:59

4月20日

@masunobot

枡野浩一のbot@masunobot

(そのものの価値をはかって受け手側が好きな値段をつける「投げ銭」という仕組み)(私はそれを面白いと思っていて枡野書店の飲み物代も「投げ銭」方式にしている)(けれどそういうのをバカにする人もけっこう多いみたい)(原稿料だって売る側でなく買う側が値段をつけるという謎の仕組みだと思う)

posted at 02:02:00

このページの先頭へ