情報更新

last update 07/12 02:48

ツイート検索

 

@mescalinedrive
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

  • 284フォロー
  • 176フォロワー
  • 14リスト
Stats Twitter歴
3,878日(2009/11/30より)
ツイート数
9,125(2.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年07月02日(木)1 tweetsource

7月2日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

原作:金城宗幸×漫画:ノ村優介『ブルーロック』9巻読了。どの選手を自軍に引き入れるか? それは何を求めるのかということ。速さもさることながら、変われることの実感を得てスピードスターが加入。発想とそれを実現する肉体、技術。意思疎通はイメージの共有。肉体表現もまた情報伝達の一つだ。

posted at 01:41:28

2020年07月01日(水)2 tweetssource

7月1日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

謎解きを担う雑誌記者は、憑物落としの作法を知らない。だから最後の最後で救いの道を示せない。頭をポカンと叩いて目覚めさせる役割が必要だ。異界(境界)にあって神託をくだす巫女が。呉美由紀が最後に感情を爆発させるのは、だから至極当然のことなのだ。

posted at 22:28:40

7月1日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

京極夏彦『今昔百鬼拾遺 天狗』読了。人は物事に順番をつける。そして順位、ランク付けが生まれて。優位・劣位は任意の評価に即してのものだが、それを遍く広く敷衍してしまうと齟齬が生まれる。況してや人に対して優劣をつけてしまうとなると。

posted at 22:28:40

2020年06月12日(金)1 tweetsource

6月12日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

京極夏彦『今昔百鬼拾遺 河童』読了。死人に口無し。本当のところはわからない。喪われた後には「どういうことではなかろうか」と推察するしかないのだ、それが核心にかなり迫っていたとしても。本作も濃い面子だ。そして、あえて戯画的に進めなければ題材として扱えないブツだ。作者はやはり天才だ。

posted at 04:21:28

2020年06月05日(金)2 tweetssource

6月5日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

京極夏彦『今昔百鬼拾遺 鬼』読了。おそろしいくらいに読みやすい。もちろん面白い。だから怖い。本当の呪いとはこのようなものか、と。本当なら簡単に呑み込めるような事柄ではないけれど、それが頭にスイスイ入り込んでしまう。然もありなん、と受け容れている。悪魔的だよ、京極夏彦は。

posted at 12:10:16

2020年05月30日(土)1 tweetsource

5月30日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

阿津川辰海『紅蓮館の殺人』読了。くすぐったくなるほどの若さ、青さ。探偵は道化であり、推理という行為自体が滑稽だ。タイムリミットを設けてそれに邁進するジェットコースター。それは安全基準を満たしているであろう安心感につながる。胸やけを覚えるほどの過剰さは年若の読者には心地好い刺激か。

posted at 21:15:00

2020年05月26日(火)1 tweetsource

2020年05月15日(金)4 tweetssource

5月15日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

古舘春一『ハイキュー‼︎』43巻読了。今の居場所で精一杯を尽くさない者に次の機会は訪れない。全身全霊のブラジル修行を終えて、ニンジャは帰国を果たす。手に入れたもの、己の血肉へとかえたものを土産にして。そして始まるラスボス戦。交わす握手に胸が熱くなる!

posted at 12:30:24

5月15日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

田中芳樹原作・荒川弘漫画『アルスラーン戦記』13巻読了。物語に黒い影を投げ落とす一団。彼らの崇拝する蛇王がいよいよ存在感を増す。パルス、ルシタニア、シンドゥラ、トゥラーン。各国の王が登場し、それぞれ王者の振る舞いを見せる。王統後継の難しさ、そして戦略より政略が際立つ一巻となった。

posted at 10:55:56

2020年05月10日(日)1 tweetsource

2020年04月29日(水)1 tweetsource

2020年04月27日(月)3 tweetssource

4月27日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

「死柄木の為に生きてきた」との言葉は、それは弔の為に生きてきたということか? それとも今は収監中の死柄木(AFO)の為に、ということか? マスターピースは、その器は、本来は誰の為のものだろう?

posted at 09:32:25

2020年04月19日(日)2 tweetssource

2020年04月08日(水)3 tweetssource

4月8日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

結婚によってブルース・ウェインはバットマンを超越することができるだろうか。ブルース自身はそれを予感しているが、世界に必要なのはバットマンであると心得る者もいる。二者択一に見える時はたいてい視野狭窄に陥っている。この状況で下す判断や如何に。

posted at 12:51:20

4月8日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

『バットマン:ウエディング』読了。ブルース・ウェイン個人の幸せと、全人類最大多数の幸福とを秤にかける。「良いも悪いもリモコン次第」のたとえがあるが、ブルース次第で世界は一応の平安を保つことができ、一方では荒廃の窮みを尽くす。鍵は努力と希望の人間讃歌、バットマンだ。

posted at 12:51:20

2020年04月07日(火)1 tweetsource

4月7日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」を観た。ギンギラ極彩色(赤多め)のドタバタ喜劇。「ゴッサムだョ!全員集合」ってカンジ。これまたアマンダ・コナー風味が強くて邦訳本の販売促進が捗りそう。本作に登場する男も女も大人も子供も全員が全員ともにカッコ悪くてちょうどイイ。

posted at 20:34:25

2020年04月03日(金)2 tweetssource

4月3日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

負けても次に勝つことを考える。どうすれば勝てる? 次々と変化を遂げる主人公。この試合でも認識の上書きを果たす。スクラップ&ビルドを恐れずに、むしろ進んでそれを繰り返すことのできる強み。

posted at 07:24:47

4月3日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

原作:金城宗幸×漫画:ノ村優介『ブルーロック』8巻読了。試合に負ける。それはつまりチームの敗北なのだが、それとは別に選手が「個の力」に劣ることを思い知らされる意味の敗北もある。0から1を生み出し、それを100に変える自分だけの必殺技を己のものにし、絶対の自信を持ちつつ、でも負ける。

posted at 07:24:46

2020年03月29日(日)5 tweetssource

3月29日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

同時に、本来であれば所属するはずの社会から齎されるサービスを、社会の構成員でないということで受けられなくなるワケで。これもまた仕方のないこと。それが「まつろわぬ」ということだ。

posted at 12:30:50

3月29日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

灰原薬『応天の門』12巻読了。幽世の正体を明かし、その継続をはかった逸話に凄みを感じた。制度やルールは目的達成のために構築されたものだ。隠れ里を必要とし、そこに住まう者にとっては、外なる社会のルールは無用だ。

posted at 12:30:49

3月29日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

『バットマン:ブライド・オア・バーグラー?』読了。結婚へ向けて試練の山を踏み越えてゆく二人。世の多くのカップルが経験する事柄だが、どこはバットマンとキャットウーマンだ、試練の規模が桁違い。無事に結婚まで辿り着けるのか? 否、幸せな結婚生活を送れるのか? 興味は尽きない。

posted at 10:21:43

2020年03月26日(木)5 tweetssource

3月26日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

羅川真里茂『ましろのおと』24巻読了。主人公は二つの共演を果たす。相手はともに「肉親」。この対比。互いに与えて受け取る間柄もあれば、もう一方は相食むような関係性か? 継ぐことと奪うこと。いずれ王道も外道もない。芸事とはそういうものかもしれない。

posted at 13:15:27

3月26日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

堀越耕平『僕のヒーローアカデミア』26巻読了。急ピッチで「その時」まで進む。戦闘中に挿入される回想場面のストックは十分だろう。逆に言うと、この時点で描かれる事柄はここで示されなければならない理由があるハズ。進行上の手続きに手一杯の雰囲気を感じる一巻だが、山場に足を踏み入れたワケだ!

posted at 11:50:42

3月26日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

強大化したヴィラン軍団に対抗すべく再開されたインターン。学徒動員は愚策だが、学生をメインに据える作品だけに致し方なし。成長著しい時期でもあるし、ネ。タイムリミットは4ヶ月。強くなれ!

posted at 10:54:45

3月26日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

堀越耕平『僕のヒーローアカデミア』25巻読了。社会制度というより人類が在ることの約束事すべてをただ壊したい。志村転狐はリデザインされ死柄木弔となった。壊すことと守ること。よりいっそうカタルシスを覚える方に惹かれる。そういう向きもある。閉塞感をブチ破ることの快感。

posted at 10:54:45

2020年03月14日(土)1 tweetsource

2020年03月07日(土)1 tweetsource

2020年03月05日(木)1 tweetsource

3月5日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

古舘春一『ハイキュー‼︎』42巻読了。作者はこれまでも敗者を、敗戦後の姿を丁寧に描いてきた。過去の例と同じく、淡々として浮つくところのない描写が胸に迫る。感傷を引きずる間もなく武者修行編突入。舞台は地球の裏側リオデジャネイロ。バレーボールを腹いっぱい食うためにビーチバレーに挑む!

posted at 00:53:31

2020年03月04日(水)1 tweetsource

3月4日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

石塚真一『BLUE GIANT SUPREME』10巻読了。ジャズバンドがロックフェスティバルで勝つ。この無謀とも言える挑戦。果たして結果は? 音楽の持つ融通無碍、つまりジャンルやキャリアに拘らず、良いものを良いと評価できることの潔さ。心が震えたンだから仕方ないだろってヤツ。イイね!

posted at 23:39:01

2020年02月09日(日)1 tweetsource

2月9日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

5月30日と31日、東京綿商会館で開催のJapan Comic Art Expo 2020。ジム・チェウン氏の出展にあわせて買いたい、MARVELの「EMPYRE」。サインを頂戴する用のリーフもさることながら、ブランクカバーも購入できるようなので、ちょっと頑張ってみる。 #ジャパコミ

posted at 22:35:11

2020年01月25日(土)1 tweetsource

2020年01月22日(水)1 tweetsource

1月22日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

原作:金城宗幸×漫画:ノ村優介『ブルーロック』7巻読了。数日前までのチームメイトを、その夢を踏み越える。頂点へと突き進む(一時期のセレクションでその後の十年を棄てるなんてことを狡い大人がするはずないけど)。肩代わりできない夢を蹴散らして、でも行きたい場所があり、勝ちたい勝負がある。

posted at 20:15:01

2020年01月20日(月)2 tweetssource

2020年01月18日(土)1 tweetsource

2020年01月17日(金)1 tweetsource

2020年01月10日(金)2 tweetssource

1月10日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

涙する場面はそこかしこにあって、マァこれは加齢と共に涙もろくなったってコトもあり、でもこの41巻収録の一連の展開はホントに神がかっている。大人がイイ。ライバルがイイ。チームメイトがイイ。やっぱり、この作品が大好きだ!

posted at 23:23:51

1月10日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

古舘春一『ハイキュー‼︎』41巻読了。ゲームの勝利条件。選手としての適性。自分の武器。一年に満たぬこの期間、鍛えに鍛えた少年は漸く己を識る。彼に敗れた者たちは等しく彼の飛翔を見届ける。楽しく、優しく、或いは苦々しく。試合の敗者は人生の敗者ではない。鷲匠鍛治の握り拳に涙する。

posted at 23:23:51

2020年01月09日(木)3 tweetssource

1月9日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

そして人は世界をはかる自分だけの物差しを得る。「人」とは?「生きる」とは?「魔法」とは?
一旦、手にした物差しも時代と社会の文脈でその尺度を変えるのを厭うてはならない。いつまでも古い価値観に囚われて、物差しをアップデートできない向きを「老害」と呼ぶのだろう。これもまた一つの尺度。

posted at 14:45:40

1月9日

@mescalinedrive

サテヒデオ@今昔積読拾遺@mescalinedrive

白浜鴎『とんがり帽子のアトリエ』6巻読了。物語の舞台が変わる。そこで出会った賢者は学びの愉悦を齎してくれる大人で。教育とは知識の伝達のみに非ず。知識は重要だが、ただの伝言ゲームでは内容の劣化が進む。教育の本質は、新たな発想と問題解決の方法論とを自らのうちに見出させるところにある。

posted at 14:45:39

このページの先頭へ