情報更新

last update 05/23 18:32

ツイート検索

 

@mikadukihime
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

  • 448フォロー
  • 546フォロワー
  • 27リスト
Stats Twitter歴
3,475日(2009/11/17より)
ツイート数
19,805(5.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年05月16日(木)1 tweetsource

5月16日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

問題意識を持ったり、アタリマエを疑うのはいいんだけど、なんていうか、どこかに「こんなふうに物事を多面的に見ているおいらすごくね?おまえら(←往々にして行政や伝統的大企業を指す)も問題意識持たないとヤバいよ」的な匂いを感じてしまってざわざわする。

posted at 09:46:58

2019年05月14日(火)2 tweetssource

2019年05月07日(火)1 tweetsource

5月7日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

今日から2週間、非常勤で大学の授業を担当。2限って聞いていたので張り切って向かったら教室はもぬけの殻。なんとなんと、3限と間違って伝えられていた。逆じゃなくてよかったよ。なんともしびれる連休明け。おかげで通常モードに切り替わったでござる。

posted at 12:13:17

2019年05月01日(水)7 tweetssource

5月1日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

アバンギャルドとコンテンポラリー。今あるものを壊していくのがアバンギャルドで、それを均してブームにしていくのがコンテンポラリー。だからコンテンポラリーになったらまたアバンギャルドが壊す。GODはアバンギャルド。でもコンテンポラリーな要素も持ち合わせていたんじゃないかなぁ。#読書記録

posted at 14:42:15

5月1日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

ずっとバンドマンでいたい。ミュージシャンとかアーティストって呼ばれるのはしっくりこないって話。寄せ集められてつくったバンドじゃなくて、自然発生的に集まり吸い寄せられてでき上って行ったバンドだったっていうのがまたいい。会社組織の始まりもそんな感じだったらステキなのにな。#読書記録

posted at 14:40:19

5月1日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

「ロックで独立する方法」忌野清志郎。平成最後の読書はGODのこの本。ひやー、かっこよかった。やりたいことがシンプルだから、伝わる。伝えたいことがストレートに伝わる。ロックで成功する、ではなくて、独立する、っていうのがまたいい。独立にはいろんな段階、種類がある。#読書記録

posted at 14:36:58

5月1日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

10年くらい前に、お寺のおかみさんから「子どもがいつまでも結婚しないのは親の責任です。」(適齢期になったらお見合いをセッティングするとか親が努力しないと)と怒られたと、母が言っておったw 当時は理不尽なことで怒るなぁ、と思っていたけど、今はちょっとわかる。

posted at 14:34:50

5月1日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

この手の活動は、気持ちも疲弊するし、お金もそれなりにかかる。「コスパ」はよくない。けど、傷ついたりしながら、打たれ強くなったり、ほんとに大切なこと(結婚したいのはなんで?)がわかるのは悪くないと思うよ。#読書記録

posted at 14:32:48

5月1日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

親が代わりにお見合いして、子どもに薦める親婚活ってほんとにあるんだねー。「そんなことまでして結婚したい?」とは思わないなー。「結婚」したいなら、「結婚」する必要があるなら一番近道かもしれない。親の了承を取り付ける、って段階がすでに達成されているんだもの。#読書記録

posted at 14:31:03

5月1日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

「うちの子が結婚しないので」垣谷美雨。「産む・産まない・産めない」「わたし定時で帰ります」に続いて読んだから尚のこと、読後感のさわやかさが際立つ。みんな必死で一生懸命。ちょっと一生懸命のベクトルがずれてるけど、そこが人間くさくて愛おしくって応援したくなる。#読書記録

posted at 14:27:33

2019年04月29日(月)4 tweetssource

4月29日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

恋愛ものとして読むとなんか切ない。こんな回り道して、いろんな人巻き込んで、で、結局そこに行くー???みたいな。こうなる結末は想像できたけど、感情移入はできなかったなー。#読書記録

posted at 12:34:00

4月29日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

「わたし、定時で帰ります。 」朱野帰子。吉高ちゃん主演のドラマが始まったのと前後して読んだ。感動した!ためになった!的な感覚って別に必要ないじゃん、と思えた。ただ、本を読む。その中で登場人物に感情移入したり、こいつキライ!って思ったり、そんな読み方でいい、って思った。#読書記録

posted at 12:32:36

4月29日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

妊娠、出産、子育てって人によって全然捉え方が違うもので、意見が対立しがちだけど、こうやっていろんな主人公の目線からの話を通じて、子どもを持つってことを考えていくっていいよね。#読書記録

posted at 12:29:42

4月29日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

「産む、産まない、産めない」甘粕りり子。レビューには辛口コメントが目立っていたけど、読み終わった後にどんよりとした気持ちにならずにすむってことはいい小説なんだと思う。あくまでわたしの中では。#読書記録

posted at 12:28:17

2019年04月27日(土)1 tweetsource

2019年04月23日(火)1 tweetsource

2019年04月20日(土)3 tweetssource

4月20日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

読書会でサマリを発表することになったんだけど、書籍の内容のサマリ・質問なのか、書籍のテーマのサマリ・質問なのか、じわじわともやもやしている。

posted at 11:08:52

2019年04月19日(金)5 tweetssource

4月19日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

@8989manpuku で、最後に大概、長岡先生がつぶやかれていて、それって、そのツイート単独で読んでも「!」となるんだけど、みんなのツイートを読んでいると、より深いところで「!」となる。

posted at 11:55:13

4月19日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

@8989manpuku もちろん、全然文脈がわからないときもあるんだけど(そっちの方が多いw)、それはそれで、言葉そのものの表現や切り取り方にハッとさせられることも多いですー。

posted at 11:54:05

4月19日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

@8989manpuku 長岡先生のおっかけだから(笑)

ハッシュタグだけだと確かにわからないことだらけなんだけど、たぶんこんな意味なんじゃないだろうか?こんな雰囲気だったんじゃないだろうか?と想像しながら、自分の経験や考えと照らし合わせてますー。

posted at 11:53:15

4月19日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

@8989manpuku そうそう、そう思うー。くりちゃん、ナイスフォロー。
わたしは毎週このハッシュタグを追いかけて、ツイートの行間を埋めながらあれこれ考えることができてて、ほんとありがたい。

posted at 09:48:11

2019年04月16日(火)12 tweetssource

4月16日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

わたしのFacebookには、やれ●●の勉強してきました、やれ××を拝命しましたという投稿が並ぶのであるが、それは属するコミュニティが似通っているからで、たくさん知り合いがいても同質化しているから得られる視点は偏ってきちゃうよねぇ、と今更ながら気づいた次第。

posted at 23:32:59

4月16日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

昔、パリに旅行したとき、わたしは観光スポットとして寺院や教会を巡っていたけど、必ず誰かしらお祈りをささげていて、あぁ、教会は観光スポットなんかじゃない、信仰の場であり、生活そのものなんだ、と思ったことを思い出した。だから悲しいし、喪失感に包まれるんだ。

posted at 23:25:57

4月16日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

「読書と社会科学」の中でも「信じて疑え」ってあったもんなー。著者に対する信と自分自身に対する信がなければ、疑うことはできない。

posted at 21:31:23

4月16日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

メンバー構成については、共通の学びの経験があって、普段の仕事がばらばらなこと、テーマに対する関心やリスペクトはあるけど妄信はしてない、を意識した。適度な緊張感とリラックスがあってよかった、ほんとによかった。(なんてチープな表現w)

posted at 21:25:03

4月16日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

でも、それは、
1)事前に全員がきちんと通読してきた 
2)事前課題として、「わかったこと」「わからなかったこと(質問)」「腑に落ちないこと(納得できないこと)」「わたしの視点」を考えてきた
3)対話がきちんとできるメンバー
だったからだと思ってる。

posted at 21:22:51

4月16日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

読書会って参加したこともなければ、主宰したこともないんだけど、縁あって読書会を開催しなくちゃならない事態になったので、ガチで対話できるメンバーで読書会をやってみた。月並みな言い方だけど、みんなで読んでみんなで話すと一人で読んでるよりもたくさん学べた。純粋に楽しかった。

posted at 21:20:33

4月16日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

読書感想文について。読書感想文を書くために本を読む、という本末転倒が起こっていないか?(相当意訳)という記述があった。あいたたたたー。このツイートももしやそれ???「読んだ」という事実を積み重ねているだけかもしれない。猛省。#読書記録

posted at 21:17:26

4月16日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

読書会について。「はじめはバラバラだった考えや感想が会を重ねるごとに同じような考えになっていく」最大公約数的な会と、はじめは同質だったのが会を重ねるごとに、どんどんと多様になっていく会。前者に傾きがちだけど、深く読むという点でも後者を目指したい。#読書記録

posted at 21:16:09

4月16日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

一読明快では読書した甲斐がないよねぇ。二度目に読んだら、一度目とは違う解釈や感想が出てくる方が学びも大きい。そんなふうに味わって、向き合って読んだいただろうか?一読不明快な読書を目指そう。#読書記録

posted at 21:14:24

4月16日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

読み方には、「情報として読む」「古典として読む」の二種類がある。最近、特にビジネス書や学術書を読むときは「情報として」しか読んでなかったかも、と猛省。うわべをなめて「へー、なるほどねー」と一読して理解した気になってた。#読書記録

posted at 21:12:44

4月16日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

「読書と社会科学」内田義彦。読書会に呼ばれた経済学者の内田先生が語ったことを書き起こし&書き直した「読書」に向き合う心構えや心持ち、矜持みたいなものが書かれている。月並みですけどね、めっちゃ勉強になったし、撃たれ過ぎて痛いくらい。#読書記録

posted at 21:11:33

2019年04月12日(金)1 tweetsource

4月12日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

今年もゼミのツィートが始まった。
初心を思い出させてくれるすばらしきハッシュタグ。わたしもたくさん言語化するぞ。

posted at 00:31:41

2019年04月08日(月)3 tweetssource

4月8日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

「わかったつもり」から一歩抜け出るには、誰かに説明するとよい。これ、ずっと言われていることだけど、意外とできないんだよね。「さぁ、説明するぞ!」と大上段に構えるんじゃなくて、「ねぇねぇ、今日こんなことがあったんだよ」って話すだけでもいいんだね。#読書記録

posted at 15:59:24

4月8日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

グラレコ(図や絵や色を使ってノートを取る)も、読もう、見よう、という意識は働くんだけど、「きれいー」「すごいー」で終わっちゃって、自分で考えるってことから遠ざかっちゃんだよね。それすっごいジレンマだった。人の描いたグラレコよりも、自分が書いたノートの方が学びは大きいよ。絶対。

posted at 15:55:09

4月8日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

「わかりやすさの罠」池上彰。これからはニュースも丁寧に見よう、新聞も丁寧に読もう、という気持ちになる本。「わかりやすく伝える」ことで興味関心を持つ一助になるけど、一方で分かった気になっちゃって、それ以上知ろうとしない、考えようとしなくなっちゃうんだよね。まさに罠。#読書記録

posted at 15:53:01

2019年04月07日(日)1 tweetsource

2019年04月06日(土)7 tweetssource

4月6日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

酒井さんの本を読むと、わたしがいかに伝統的な価値観を持っているのかがわかってちょっと落ち込む。めっちゃ男尊女子だし。もっとニュートラルだと思っていたんだがねぇ。#読書記録

posted at 22:11:41

4月6日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

世帯人数がどんどん減少していて、1人世帯が増えている。でも、一人暮らしって別に孤独でもないんじゃない?って投げかけは至極同意。一人に慣れてるから孤独と感じないし、自分ひとりでなんとかしようとするし、何よりも「誰かに迷惑をかけている」と感じることがない。これ決行重要。#読書記録

posted at 22:11:09

4月6日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

「家族終了」酒井順子。家族って終わっていくんだ、というのはちょっとショッキングでもある。もちろん作られていくものでもあるんだけど、子どもがいることを前提に繋がっていくっていうのはもしかしたら、すごい奇跡的なことなのかもしれない。#読書記録

posted at 22:08:53

4月6日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

「イノセント・デイズ」早見和真。同じ人物でも、関わった時期や人によって印象や評価が違うってことは、起こり得ることなのかもしれないけど、この本はちょっとせつないし、どよよーんとした気持ちになっちゃう。一気読みさせるだけの熱量があるからこそ、余計にどんよりしちゃった。#読書記録

posted at 22:02:02

4月6日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

本の中にも書かれている手順、ステップで自分に向き合ってコトバを磨いていくってことは、簡単にできることじゃない。わたしだったらやる前から逃げちゃうなー(おい)。選挙演説っぽい自己紹介文になっちゃうのはご愛敬だけど、確かにこんな自己紹介されたらファンになるよねぇ。#読書記録

posted at 21:57:05

4月6日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

「最強の自己紹介」鈴鹿久美子。勝たせ屋と呼ばれている選挙参謀(?)の鈴鹿さん。先日鈴鹿塾の卒業プレゼンに参加して、プレゼンがうまいとか印象に残る自己紹介だったことよりも、塾生たちの自信に満ち溢れた表情がなんとも印象的だったけど、その理由がわかる本。#読書記録

posted at 21:55:16

2019年04月04日(木)4 tweetssource

4月4日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

「浜村さんちのそろそろごはんですヨ」益田ミリ。流れるように流れていく日常って愛おしい、そう感じさせてくれる益田ミリさんの作品は、誰かと比較しちゃったり、気持ちがわさわさざらざらするときに読み返す。心を整える処方箋みたいな感じ。ごはん、ちゃんと食べよ、と思うしね。#読書記録

posted at 10:39:42

4月4日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

「七十歳志死亡法案、可決」垣谷美雨。前半はどよよんと重く、寿命が決まっているってつらいことなのかな、幸せなことなのかな?なんて自分に重ね合わせながら読んで、後半は口元がにやけちゃう爽快感。重たい話なのにそう感じさせない文体が好き。#読書記録

posted at 10:37:07

4月4日

@mikadukihime

ひめ@mikadukihime

1トンには遠く及ばないけど、細々と読書記録。
「ニワトリは一度だけ飛べる」重松清。朝日新聞の連載小説の行く末が気になるこの頃、すっかり重松清フリークにw 理不尽且つ爽快なお仕事小説でもありファンタジー。みんな何かしらの事情を抱えて生きている、そのまなざしがやさしい。#読書記録

posted at 10:34:27

このページの先頭へ