情報更新

last update 10/23 03:50

ツイート検索

 

@mu0283
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@mu0283

上西充子@mu0283

Stats Twitter歴
2,732日(2011/05/02より)
ツイート数
128,624(47.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年10月23日(火)27 tweetssource

7時間前

@syashingo

yamada shingo@syashingo

労政審は公益・労働者・使用者の三者が審議委員(名簿 www.mhlw.go.jp/stf/seisakunit)で、労働者側は全員連合の推薦。連合の審議委員も審議会が終わったら「今日の審議会を振り返る」っていうネット番組やったらいいのに。
#高度プロフェッショナル制度
#ss954

Retweeted by 上西充子

retweeted at 00:18:03

7時間前

@0418kkk

k0418@0418kkk

「労政審を通さないで労働立法するぞ、お前たちがずっと委員に選ばれるとは限らないぞと脅しをかけてきたのがここ2年の安倍政権」 #ss954

Retweeted by 上西充子

retweeted at 00:24:48

7時間前

@misuke_s

みすけ@misuke_s

年収要件こわいな、月々が均等割りにされるわけじゃないと。最後にドカンと払っても良い答弁は出ていて、それまでに契約を切ったり健康を損なって働けなくなることについては考えられてはいない。。 #ss954

Retweeted by 上西充子

retweeted at 00:26:42

7時間前

@saeki_sr

佐伯 博正@saeki_sr

労働政策審議会の記録が遅いこと、やはり次の議論までに作成すべきですよね。裁量労働制実態調査専門家検討会ができるんだから労働政策審議会もできるはず!

Retweeted by 上西充子

retweeted at 00:33:03

7時間前

@saeki_sr

佐伯 博正@saeki_sr

高度プロフェッショナル制度の対象業務(まだ素案も出ていない)、健康確保措置、健康管理時間(在社仕事時間+在宅仕事時間をどう把握するのか)、本人の同意(途中で撤回も可能とのことだが不利益取扱いを受けないか)など。(前半終了)
後半は労政審の役割は?労政審はどうあるべきか?について。

Retweeted by 上西充子

retweeted at 00:33:15

7時間前

@saeki_sr

佐伯 博正@saeki_sr

労政審が形骸化している。
安倍政権で労政審が物を言えなくなっている。(本来の機能をはたせなくされている)
労政審を機能さすにはどうすれば、いいのか?
労政審で「理」がとおるようにしていかなくてはならない。

このラジオ番組、いい番組ですね。

Retweeted by 上西充子

retweeted at 00:33:23

7時間前

@ktyk_TOMOHIRO

友弘 克幸@ktyk_TOMOHIRO

石橋さんの7月3日の参議院厚労委員会の質疑を聞いてる。

すでに「働き方改革関連法案」が採決されたあとの質疑なのだけど、
高プロの「本人の同意」の問題や、高プロ導入職場への労基署の調査の在り方とか、大事なことについて質問してるんだよね。

Retweeted by 上西充子

retweeted at 00:37:09

7時間前

@DoubleAnti

ドラ@みなとりゅうすけ@DoubleAnti

11月18日にイベントやります。友達と2人で司会やります。司会ってか、自分で言うなよって感じですが、MCというか。

結論ありきではなく、働く現場の現実もふまえて、かなり突っ込んで話していきたいよねとその友達と話してます。
一緒に作りましょう。本当の「働き方改革」。
twitter.com/DoubleAnti/sta

Retweeted by 上西充子

retweeted at 00:43:11

7時間前

@norikan2

神田憲行@norikan2

憲兵や特高による拷問があったから、日本国憲法36条で「公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる」という規定が出来たんですよ

Retweeted by 上西充子

retweeted at 00:44:46

6時間前

@Session_22

荻上チキ・Session-22@Session_22

TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」(10/22/月)。メイン特集は「#高度プロフェッショナル制度 をめぐり詰めの議論がスタート。現在の論点、そして #労働政策審議会 とは?」上西充子×伊藤圭一×荻上チキ radiko.jp/share/?sid=TBS #ss954 #radiko #高プロ #労政審 #労働問題 pic.twitter.com/uScXW3BKlH

Retweeted by 上西充子

retweeted at 01:08:54

6時間前

@kama_yam

かまやん@kama_yam

経団連・中西会長の就活ルール廃止は3つの問題を意図。経団連関係者。「大問題とは日本型雇用から欧米のようなジョブ型雇用に変えようという話。中問題とは今後も経団連が就職協定を決めるべきかという話。小問題は2021年春入社組の就活をどうするかという目先の話だ」(『週刊東洋経済』10月27日号)

Retweeted by 上西充子

retweeted at 01:11:29

6時間前

@Naikakukanbo

内閣官房@Naikakukanbo

【成長戦略】10月22日(月)未来投資会議を開催!神津連合会長及び樋口労政審会長などが出席しました。今回の会議では、1.高齢者雇用促進及び中途採用拡大・新卒一括採用見直し、2.疾病・介護予防について議論を行いました。www.kantei.go.jp/jp/singi/keiza pic.twitter.com/li0rP14Lzy

Retweeted by 上西充子

retweeted at 01:12:58

6時間前

@utamaro_

/踊♥ウタマロ\@utamaro_

"一方、首相は未来投資会議で、大企業が毎年度、採用者全体に占める中途採用の割合を開示するよう、経団連の中西宏明会長らに協力を要請した。新卒一括採用を見直し、中途採用を拡大する狙いがある。従業員規模が大きいほど中途採用の割合が低くなる傾向を踏まえたもの"

Retweeted by 上西充子

retweeted at 01:13:42

6時間前

@utamaro_

/踊♥ウタマロ\@utamaro_

"また、首相は各業界から中途採用に熱心な企業を集めた「中途採用協議会」を設ける考えも表明した。首相をトップとし、11月にも初会合を開く"
中途採用協議会?

Retweeted by 上西充子

retweeted at 01:14:59

6時間前

@utamaro_

/踊♥ウタマロ\@utamaro_

"65歳の受給開始年齢の引き上げは行わない方針"
"高齢者が働き続けることで社会保険料を納めてもらえれば、社会保険料などを年金支払いの元手とする年金制度にとってプラスとなる。労働人口が増えて経済成長につながれば、年金財政にも寄与する"

Retweeted by 上西充子

retweeted at 01:15:08

2018年10月22日(月)128 tweetssource

10月22日

@saeki_sr

佐伯 博正@saeki_sr

「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」報告書にあるパワハラ3概念要素の2「業務の適正な範囲を超えて行われること」です。
これがあるとパワハラ加害者は「あれ仕事の指導で厳しく言っただけ」と逃げられる。何が業務の適正な範囲かどうかなんて曖昧だから、何とでも言い訳できる。 twitter.com/360Yosshi360/s

Retweeted by 上西充子

retweeted at 05:59:16

10月22日

@saeki_sr

佐伯 博正@saeki_sr

セクハラ法整備を求める11・8院内集会
主催:メディアで働く女性ネットワーク
日時:11月8日(木) 17:30〜19:30
場所:衆議院第一議員会館大会議室
第1部「セクハラ法整備へのアプローチには現在パワハラ・セクハラ対策議論中の労働政策審議会分科会労働者委員・井上久美枝氏が登壇予定!
#セクハラ twitter.com/nakano_hiromi/

Retweeted by 上西充子

retweeted at 06:01:44

10月22日

@saeki_sr

佐伯 博正@saeki_sr

セクハラ法整備を求める11・8院内集会
第1部
セクハラ法整備へのアプローチ(登壇予定、敬称略)
・圷由美子(日本労働弁護団)
・井上久美枝(連合総合男女平等局長)
・内藤忍(労働政策研究・研修機構副主任研究員)
・三浦まり(上智大学教授)
#セクハラ

Retweeted by 上西充子

retweeted at 06:01:46

10月22日

@yama03024

山岡俊介@yama03024

私、基本的にツイッターしない者で、しかし少しでも安倍重大疑惑を知ってもらいたく始めました。ですが今回、ラジオ出て多くの方から励ましの言葉もらって勇気づけられています。個別に返事しませんが、本当にありがとうございます。 pic.twitter.com/lVdb9VIatq

Retweeted by 上西充子

retweeted at 07:24:49

10月22日

@yujinfuse

布施祐仁@yujinfuse

『1987、ある闘いの真実』観た。戦争に負けて民主主義が上からやってきた日本と、軍事独裁政権と文字通り命がけで闘い、多くの血が流れた末に民主主義を勝ち取った韓国では、民主主義の根の強さがまったく違うんだろうな。とにかく圧倒された。 pic.twitter.com/gOIOicki4U

Retweeted by 上西充子

retweeted at 07:30:13

10月22日

@VEqY0v1Fk6qcuLg

ボステリ(肉球新党)@VEqY0v1Fk6qcuLg

#1987ある闘いの真実 を観た。。一人一人の良心と責任感(現在、そして未来への)ーそれが集まったとき強大な国さえも動かす。「タクシー運転手」の同一線上にあるムーブメント。隣国は国民の力で民主化を勝ち取った。日本は与えられた民主主義が壊されようとしている。
1987arutatakai-movie.com

Retweeted by 上西充子

retweeted at 07:31:44

23時間前

@GALGAL999

がるがる@GALGAL999

>外国人労働者の受け入れで一時的に人手不足が解消されても、日本が抱える問題を先送りするだけに過ぎない。

>最低賃金すれすれで働く外国人を優先し、派遣社員を切る企業も多くなるだろう。仕事を奪われる日本人の側と対立が起きても不思議ではない。

Retweeted by 上西充子

retweeted at 07:52:27

23時間前

@GALGAL999

がるがる@GALGAL999

>安価な「労働力」の輸入が生む富は、雇う側に集まるとされる。地方で起きる技能実習生の失踪は、この国の地域格差が背景にある。社会の亀裂を防ぎ、低賃金に甘える産業構造を変えるためにも最低賃金自体の底上げを急ぐべきだ。

Retweeted by 上西充子

retweeted at 07:52:29

23時間前

@cham_a

Emi@cham_a

韓国が日本と同じような実習生制度をしていたが、人権的にどうかという事例が続発して制度を廃止、労働者として正式に受け入れ、相談センターを作って違反があれば他の職場を紹介するなどの方式にした、という話を前のクローズアップ現代でやっていた。
何故同じ事が日本で出来ないのが。
#ss954

Retweeted by 上西充子

retweeted at 08:21:50

23時間前

@shima_chikara

嶋﨑量(弁護士)@shima_chikara

就活プロセスでは、客観的なデータや労働条件を聴くことをお勧めしてます。
採用担当者やリクルーターに、印象を聴いても無駄。あと、その過程の証拠化。
労働組合があるかどうかも、ぜひ考慮要素に。労働組合がある職場でも過労死等が起きているのが現実だけど、まともな職場である可能性が高いので。

Retweeted by 上西充子

retweeted at 08:49:12

23時間前

@shima_chikara

嶋﨑量(弁護士)@shima_chikara

残業時間が多いか、有給が取れるか、育児休業(男女問わず)取れているのかなど、客観的な事実を聴く。
これを嫌がる企業は、それ自体が会社のスタンスを示している。どんなに社員にフレンドリーな印象を与える宣伝をしていても、内実は違う。

Retweeted by 上西充子

retweeted at 08:49:18

23時間前

@shima_chikara

嶋﨑量(弁護士)@shima_chikara

就活時、就活生がリクルーターなどに「やり甲斐がある」「楽しい」と主観的な答えを引き出しても無意味。
客観的事実として、現実の労働条件や離職率等の把握が必要。
就職活動は、企業等と求職者とが「契約」する過程。なのに、求職者が企業名など求め、肝心の契約内容がおろそかになりがち。

Retweeted by 上西充子

retweeted at 08:49:22

23時間前

@shima_chikara

嶋﨑量(弁護士)@shima_chikara

「ブラック企業」の見分け方のセミナーで、最近追加したのが「ブラック研修」。前年度の研修内容を採用段階で確認すべき。入社直前、研修が始まってからでは他社へ就活機会がなく困ります。
⇒罵倒・無視・自己否定… ブラック社員研修への対処法は:朝日新聞デジタル www.asahi.com/articles/photo

Retweeted by 上西充子

retweeted at 08:49:39

23時間前

@shima_chikara

嶋﨑量(弁護士)@shima_chikara

弁護士に「ボランティア?で良いので・・・活動をぜひ行って欲しい」という意味は不明でした。
この方はさておき、社会的な価値ある活動だから無償奉仕すべきという要求を持ち出す方は以外と多い。
その発想自体「ブラック企業」に良くある「やり甲斐搾取」で、プロに対する敬意もないので私は嫌い。

Retweeted by 上西充子

retweeted at 08:50:55

23時間前

@shima_chikara

嶋﨑量(弁護士)@shima_chikara

結果として、私は無償またはそれに近い費用でやることは少なくないけど、当然視して提示されるのは、どうかと思う。
弁護士の無償奉仕を期待した制度構築でワークルール教育を拡げようと考えるなら、長期的に見て、マイナスだろう。やり手が育つはずがない。

Retweeted by 上西充子

retweeted at 08:51:04

22時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

小島構成員の指摘に対する厚労省側の説明。1日のデータを収録しなかったのはなぜかの問いには答えず。1週のデータが「最長」の1日であることを報告書に明記しなかったのは「前例踏襲」だから、と。しかしそれが「最長」であることについて「当時、認識がなかった」と。ありえない。 pic.twitter.com/JAg1snVFIe

posted at 09:04:37

22時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

この調査官の説明にあるように、もともと25年度労働時間等総合実態調査は、過剰労働の実態をとらえるために設計されていたものだろう(調査的監督なのだし、最初のセルは「2時間以下」だし)。そこで前例踏襲でやってきたのなら、当然、担当者はその意味を分かっていたはず。

posted at 09:06:41

22時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

しかし「前例踏襲」でやってきた(ので「最長」であることは報告書に明記していなかった)と言いながら、そこでとらえていたもの(「最長」のデータであること)について、「認識がなかった」としているのは、そうしないと、意図的な操作が比較の背後にあったわけではないという説明と矛盾するから。

posted at 09:08:17

22時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

単なる資料説明のように読めるここにも、不都合な事実をあえて隠す「ご飯論法」が潜んでいる(労働条件政策課調査官による説明)。
JILPTの調査は「厚生労働省の要請」によるものだという重要な事実が触れられていない。
なぜJILPTがこのような大規模かつ詳細な調査をしたか。厚労省の要請だったから。 pic.twitter.com/RZk1Mk2FpF

posted at 09:18:55

22時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

厚労省の要請により、裁量労働制をはじめとする弾力的な労働時間管理の実態について詳細な実態調査をJILPTが行ったにもかかわらず、その結果は限定的な形でしか労政審に提供されず、大事な部分は伏せられ、調査票が公表できないような25年度労働時間等総合実態調査をかわりに実態調査と称して紹介。

posted at 09:20:39

22時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

そのような「作為」を問い直さずに新たな調査の調査手法や調査方法だけを検討する会であってはいけない。

posted at 09:21:36

22時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

ここもよく指摘くださったと思う内容。JILPT調査のQ30とQ31は政策誘導的な設問。そして、小島構成員が指摘するように、通常、JILPTはこういうことはしない。発注元の厚労省の意図があるはず。しかし厚労省側は「もちろん他意があったというわけではございません」と。
初回から、事務局は不誠実。 pic.twitter.com/7wfSPE93aP

posted at 09:32:17

22時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

この議事録に、「発注元(厚労省)」という記載があるのは、小島構成員の強い問題意識によるものだろう。
厚労省側はJILPT調査が厚労省の要請調査だという大事なポイントを説明しなかった。それに対し、小島委員は「発注元」と発言し、さらに議事録記載の際に、みずから(厚労省)と加えたのだろう。

posted at 09:36:24

22時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

JILPT調査への厚労省の関与を可視化させたくない事務局(厚労省)が、議事録に「発注元(厚労省)」とわざわざ書き加えることは考えられない。議事録記載1つをとっても、政権の意図に沿った会議運営を進めたい事務局と、そうはさせまいとする労働側委員の攻防がうかがえる。

posted at 09:37:58

20時間前

@shima_chikara

嶋﨑量(弁護士)@shima_chikara

「日本にハラスメント自体を禁じる法律の規定はなく・・セクハラ防止措置を義務づけるのみ。パワハラについてはその義務すらない」 #パワハラ禁止法を作ろう
⇒国内ハラスメント事情 禁止法、なぜ未整備 労働者側、告訴・裁判高い壁/使用者側には防止措置のみ - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20181

Retweeted by 上西充子

retweeted at 10:52:01

20時間前

@yohei_tsushima

つしまようへい@yohei_tsushima

「被害者が泣き寝入りする現状を放置しておいてよいのか」と記事。その通り。ハラスメント規制が不十分なのは明らかです。いまこそ #ハラスメント禁止法を作ろう #パワハラ禁止法を作ろう

アクセス:国内ハラスメント事情 禁止法、なぜ未整備 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20181

Retweeted by 上西充子

retweeted at 10:52:06

20時間前

@zenroren

全労連 ZENROREN@zenroren

●お知らせ
本日22日22時より、TBSラジオ「荻上チキsession22」に全労連の伊藤圭一常任幹事が出演します。
www.tbsradio.jp/305582
高プロの論点と労働政策審議会の役割がテーマで、法政大学の上西充子教授もご一緒です。
radikoというアプリを使えば全国どこでも聴取可能です。ぜひご聴取ください。

Retweeted by 上西充子

retweeted at 10:55:44

20時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

【告知】高度プロフェッショナル制度の詰めの議論がスタート。現在の論点、そして労働政策審議会の役割とは▼上西充子×伊藤圭一×荻上チキ▼2018年10月22日(月)放送(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」平日22時~) www.tbsradio.jp/305582
メッセージ募集中とのこと。詳細はURLを。

posted at 10:56:33

20時間前

@gikaizakkan

議会雑感@gikaizakkan

[国会雑学]第197臨時会では、重要広範議案がゼロかも、と盛んに報じられています。

重要広範議案は衆院議運理事会で決定しますが、参院はそれらが衆院から本当に送付されるか分からないため、国会状況を勘案して、都度議運理事会で決定しています。

→「重要広範議案とは」blog.goo.ne.jp/nationaldiet/e pic.twitter.com/acDpLvnMLa

Retweeted by 上西充子

retweeted at 11:03:40

18時間前

@akahataseiji

赤旗政治記者@akahataseiji

障がい者雇用水増し問題、報告書公表「意図的でない」(TBS)
《国の行政機関で障がい者の雇用率が水増しされていた問題で、原因を調べていた検証委員会が報告書を公表しました。「退職した職員も漫然と計上し続けた」と指摘する一方、「意図的ではない」と結論づけています》 news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs

Retweeted by 上西充子

retweeted at 13:24:48

18時間前

@children_ymlaw

弁護士山下敏雅 : 子どもの法律ブログ@children_ymlaw

言いたいことを言えること
書きたいことを書けること
描きたいことを描けること
歌いたいことを歌えること
踊りたいことを踊れること…
憲法は,表現の自由をとても大事なもの,よっぽどのことがなければ制限できないものとしています。
ymlaw.txt-nifty.com/blog/2017/07/p

Retweeted by 上西充子

retweeted at 13:27:29

18時間前

@buu34

buu@buu34

news.tbs.co.jp/newseye/tbs_ne
「意図的でない」の定義がまた変わったんだろか

この記事を読む限り、退職した人まで計上してんだから
一番最初20年以上前には不適切な計上をする「意図」があったんだろうし、毎年見逃していたなら職務怠慢だし、「意図的に不適切な対応はしていない」とは言えないんじゃ?

Retweeted by 上西充子

retweeted at 13:31:32

18時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

裁量労働制の比較データ問題もそうだが、障害者雇用水増し問題でも、各機関は、漫然と前例踏襲していた、認識が足りなかった、といった言い訳で、意図があって行ったものではないと言い逃れようとしている。
法令遵守に対して、行政機関がそういう姿勢を示すことの社会への悪影響を考えないのか。

posted at 13:39:30

18時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

それがまかり通るなら、法律も奨励も指針も、認識が足りませんでした、で済ませられる。行政指導も、適切に引き継がれていませんでした、で済ませられる。
罰則適用するのなんてわずかな事例に過ぎず、法制度を各自が自主的に守ろうとする社会が保たれていてこそ、法制度はそれとして成り立つのに。

posted at 13:44:32

18時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

見つからない限りは大丈夫だ、見つかっても認識不足と言い逃れすれば責任は免れる、そういう姿勢を行政機関が率先して示すことは、自らの行政機関としての機能の足元を掘り崩すものだと思うのだが。

posted at 13:47:16

17時間前

@buu34

buu@buu34

認識不足・行動不足を怒られそうだけど
ここまでデタラメなのに、豊洲が開場出来ると思わなかった。
いまだ、どこか茫然としてる。

Retweeted by 上西充子

retweeted at 14:14:39

17時間前

@nade03fuku

/なで肩\@nade03fuku

>今の仕組みの延長線上で受け入れを拡大するだけでは、ていのいい労働力補充だという批判がいつまでもつきまとう。

>来る人に対してきちんと権利義務を認め、法的地位も与えて対応しないといけない。

Retweeted by 上西充子

retweeted at 14:21:13

17時間前

@nade03fuku

/なで肩\@nade03fuku

>ずっと日本で働くのに家族を連れて来ることを認めないのはおかしいし、いつまでも続かないだろう。日本はこれだけの経済大国になったのだから、受け入れも堂々とすべきでないか。

Retweeted by 上西充子

retweeted at 14:21:14

17時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

@utamaro_ はい。野党合同ヒアリングでも山井議員らが、三菱電機の労災認定5件の問題について、「裁量労働制の運用実態の問はにここに現れている、労働行政がやるべきことは、拡大の方針をただちに撤回し、改善のための法改正をすることだ」というように訴えていました。けれど厚労省はともかく実態調査を、と。

posted at 14:41:43

17時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

@utamaro_ はい。野党合同ヒアリングでも山井議員らが、三菱電機の労災認定5件の問題について、「裁量労働制の運用実態の問はにここに現れている、労働行政がやるべきことは、拡大の方針をただちに撤回し、改善のための法改正をすることだ」というように訴えていました。けれど厚労省はともかく実態調査を、と。

Retweeted by 上西充子

retweeted at 14:44:21

17時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

本日22日の22:40頃からの放送です。高度プロフェッショナル制度(脱時間給制度)は、法案は通ったものの、対象業務も年収要件も裁量性の確保も本人同意とその撤回も、大事な部分はすべて15日に始まった労政審労働条件分科会の審議にゆだねられています。労政審の役割も含めて取り上げていただきます。 twitter.com/mu0283/status/

posted at 14:48:35

17時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

国会で法改正が行われる「前」と「後」に、労政審の審議は位置づいています。「前」の労政審段階での議論によって法改正の内容は変わってくるし、「後」の労政審では、できるだけの歯止めをかけることが大切です。今はその後者の局面です。高プロの施行は来年4月予定。

posted at 14:50:43

16時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

国会における労働法の改正議論の「前」と「後」に位置づいている労政審は、だから重要。その下にある研究会・検討会も含め、膨大な会議が日々開催されているので、追いきれませんが、そこに目を向けることは重要です。

posted at 14:57:17

16時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

そういう国会提出前の労政審の審議やさらにその前の検討会等、また法改正後の労政審の審議、そういうものに何年も継続的に足を運んで傍聴を続け、全労連の立場から政府や労政審委員らに働きかけを続けてこられたのが、今日、一緒に番組出演する伊藤圭一さんです。

posted at 15:04:26

16時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

私は2016年3月の職安法改正の時に参考人意見陳述の機会に伊藤さんとお会いし、労政審が法改正のプロセスにおいて果たす役割の重要性を教わり、そして2017年4月から働き方改革をめぐる労政審に傍聴に行くようになり、働き方改革の「毒饅頭」ぶりをまざまざと知った上で2018年1月からの国会に注目。

posted at 15:08:16

16時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

そこで国会審議を注意して傍聴していたところ、1月29日の裁量労働制の労働時間に言及した安倍首相の答弁の嘘に気づいた、という経緯があります。
その後、裁量労働制のデータ問題を深く追及していく上でも、労政審の議論にさかのぼって確認したことで、政策決定プロセスのゆがみを浮き彫りに。

posted at 15:10:15

16時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

10月15日の労政審労働条件分科会では、高プロの法案成立を受けた省令指針を検討する初回だったのですが、労働側委員から活発に意見が出されていました。その様子は、働き方改革実現計画を受けて行われた2017年4月からの労働条件分科会の重苦しい雰囲気とは違うものを感じました。

posted at 15:20:40

16時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

その違いは何に起因するのか、どう意味があるのか、まだわかりません。
けれど、傍聴しても関心をもっても、何をしても無駄、というわけではないのだろうと思っています。

posted at 15:21:30

15時間前

@saeki_sr

佐伯 博正@saeki_sr

11月8日(木)17:30~、衆議院第一議員会館大会議室で開催予定「セクハラ法整備を求める11・8院内集会」を主催する「メディアで働く女性ネットワーク」(代表世話人・林美子氏)は、財務省の前事務次官による女性記者へのセクハラ問題を受け5月1日に発足。
#セクハラ
#メディアで働く女性ネットワーク twitter.com/jijicom/status

Retweeted by 上西充子

retweeted at 16:14:03

14時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

批判という行為を否定的に見るのは、弱者の(一時的な)生き残り戦略なのだろう。批判とは、誰かと対峙する関係性へと、みずから乗り出すことだから。
けれど、批判する者を批判された側に同調して叩くことは、長い目で見れば、みずからの首を絞める行為だ。あなたが生きる世界は、さらに厳しくなる。

posted at 17:26:10

12時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

資料2「省令で定める事項(素案)」より、いくつかピックアップ
まず、同意の方法(p.2)。電磁的方法については、労働側から反対意見。同意の撤回については、指針で。指針の素案はまだ示されず。 pic.twitter.com/81XSPchYKh

posted at 19:38:55

12時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

対象業務(資料2のp.3-4)
国会で加藤大臣は答弁を逃げ続け、その中でかろうじて野党が引き出した答弁と付帯決議。裁量性について、この省令の素案では、あまりに簡素。
かつ「著しく短い期限の設定」といった表現に注目。「著しく」? pic.twitter.com/iGuHd4cAn0

posted at 19:46:41

11時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

年収要件(資料2のp.6)
使用者側は1075万円でいきたい模様。事務局も1075万円で議論されていたかのように紹介。しかし加藤大臣は労政審でご議論をと答弁していた。労働側委員は1075万円では低すぎると主張。また、交通費は労働者の交渉力を反映するものではないとして、年収に含めることに疑義。 pic.twitter.com/VWAmAYWNcf

posted at 19:52:13

11時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

資料2の「【参考】指針で定めるべき事項に関する建議、附帯決議、国会答弁等」より。指針の素案は次回以降に示される。ここにある同意の撤回の場合の不利益取り扱いの禁止について、大臣は指針に位置づけて明確化と答弁したが労働側委員は、不利益取り扱いの禁止は同意文書に入っているべきと主張。 pic.twitter.com/9gPXEgfc6Q

posted at 19:59:13

11時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

省令の素案にはないが、15日の議論の最後に労働側委員から提起された重要論点は、高プロの要件を満たさなくなったとき、法に違反したとき、どうなるのか、という問題。適用除外でなくなり、労基法32条に戻るのか?他の制度適用者については、どう扱うのか、等。

posted at 20:05:06

11時間前

@buu34

buu@buu34

「国会パブリックビューイング」個々の議員の名前と顔が出るのも、地味に重要かも。例えば参厚労委と言えば、石橋さんの「だぁいじん、だぁいじん」なんだけど、そういうの、NHKで国会(予算委)見てる人でも、あまり知らないんじゃ?「野党は~」って愚痴も個々の議員の奮闘を知れば少しは変わるかも

Retweeted by 上西充子

retweeted at 20:11:06

11時間前

@mu0283

上西充子@mu0283

国会パブリックビューイングは、個々の議員や大臣等の発言が、声の調子や表情や身振り手振りと共にインプットされますよね。
「だぁいじん」も「ですから」も「虚偽答弁ですよ!」も「私はですね」も、あれこれ、いずれもCUBEの音質で記憶される。

posted at 20:13:38

残り28件のツイートを見る

このページの先頭へ