情報更新

last update 07/19 14:51

ツイート検索

 

@murakamiatsushi
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

Stats Twitter歴
3,453日(2010/02/04より)
ツイート数
7,626(2.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年07月19日(金)1 tweetsource

2019年07月18日(木)3 tweetssource

7月18日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

「KM=¥」の第9回目。更新されました。

これまで、
1.マイカー交通の優先を取りやめ、域内交通をスローにして、
2.そもそもの域内を中期的にコンパクトにし、
3.ある一定度合いの交通サービスの需要密度を維持し、中期的な展望を描き、(続く)
www.youtube.com/watch?v=CyNNIi

posted at 01:16:32

7月18日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

4.交通を「所有」というお金の流れが地域外に流れるモデルから、「サービス」という域内でぐるぐる回るものにすることが、

現在の日本社会、とりわけ三大都市圏や自動車産業立地地域以外では必要だということを述べてきました。(続く)

posted at 01:17:04

7月18日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

そうした中でも、「今後のマイカー交通は激変する」と言われていますから、その影響は地域においてどのようなものかを論じています。

結論としては「CASE」とか、どうでも良いよね(笑)という話なんですが、もしよかったらご視聴してみてください。
www.youtube.com/watch?v=CyNNIi

posted at 01:17:20

2019年07月17日(水)3 tweetssource

7月17日

@energy_charts_d

Bruno Burger@energy_charts_d

@_solarpapst Meine Bilanz zu den gesunkenen CO2-Emissionen Juni 2019:
Wir können jahrelang über den Kohleausstieg diskutieren und es passiert nur wenig. Wenn aber die CO2-Zertifikatspreise hoch sind, werden die Kohlekraftwerke innerhalb von Stunden gedrosselt oder vom Netz genommen.

Retweeted by 村上 敦

retweeted at 05:05:20

2019年07月16日(火)2 tweetssource

7月16日

@ryuryukyu

琉牛牛@ryuryukyu

1974年から2017年までの、日本企業の自己資本比率と、赤字国債等の公債残高の推移を比較してみたら、相関係数がなんと0.992531だった。信じられん。ここまで一致するとは

やっぱり「政府の赤字は国民の黒字」ではなく「政府の赤字は企業の黒字」なのでは pic.twitter.com/e7TQLBJnjP

Retweeted by 村上 敦

retweeted at 19:13:22

2019年07月15日(月)2 tweetssource

2019年07月14日(日)1 tweetsource

2019年07月13日(土)5 tweetssource

7月13日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

「KM=¥」の第8回目。今回は、域内交通のスピードをスローにするためには、もっとも効果が高いと思われる自転車交通の推進、そしてその「便益」について。

ドイツでは自転車通勤によって社会的な便益がどれだけ生じたのかの調査があるので、それを紹介したりしています。
www.youtube.com/watch?v=TJ-Nyw

posted at 20:44:23

7月13日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

往々にして、日本ではがんの発症リスクと言うと「食事」が頭に思い浮かぶ人が多数なのではないかと思いますが、「運動」もかなり大きく影響します。

大気汚染防止、騒音防止、CO2排出量削減などの環境部門での効果はもちろんのこと、そうした様々な便益が社会にあると認めているから(続く)、

posted at 20:45:00

7月13日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

ということで、FBで常々「食事」や「どこ行ったよ」「これ買ったよ」的なリア充ぶりを発揮しているオジサンの方々、そんなのは他者にとってまったく興味ないですから、そうしたイタイ投稿は少なめにしていただき、この三連休に、自転車に乗ってみることを試してみたらいかがでしょうか?

posted at 20:46:48

7月13日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

移動をスローにすると、意外な地域の風景や人との出会いなど、追加の効果もあるかもしれませんし、そんなFBの投稿であれば、イイネ!がたくさん付くこと間違いなしです。

posted at 20:46:55

2019年07月12日(金)4 tweetssource

7月12日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

村上のYoutube「KM=¥」の第7回を今日投稿しましたが、

丁度、ドイツ語のニュースで、今年2019年7月8日よりフランスのべグル(2.7万人)が、市全域を時速30キロに制限した旨のニュースが流れてきました!
www.zeit.de/mobilitaet/201

posted at 05:21:10

7月12日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

フランスの報道:
www.tf1.fr/tf1/jt-20h/vid
べグル市:
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99

交通事故も、大気汚染も、騒音も減り、自動車と自転車の速度差をなくし、地域の交通をスローにし、地域を経済的にも活性化する。国内でははじめてのことでニュースバリューもある。新しい時代の交通政策です。

posted at 05:22:58

7月12日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

市長は「公共空間を市民の手に取り戻す」とこの政策の目的を語っているそうで、これもまた正しいとかいえないですね。

2016年からは、ドイツでは、住宅地道路以外に、幹線道路においても、自治体の権限で(上位計画との調整は必要ですが基本的には)時速30キロを制定できるようになっています。

posted at 05:23:13

2019年07月11日(木)7 tweetssource

7月11日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

ドイツ、2019年の上半期の再エネ電力割合(対、電力消費量)は、44%となり、過去最高値を記録。

ただし昨年と比べて、出力の増強はそれほどでもないですが、気候変動の影響と想定されるように、気象条件が分散すると、ときには、太陽光も、風力も、容赦ないですね。
www.bdew.de/media/document

posted at 16:12:31

7月11日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

この成長スピードでも、2030年のドイツ政府目標となる再エネ65%には届きません。さらに、若者らがFriydaysForFutureで求めている2035年に100%というのは夢の話です。にもかかわらず、メルケル政権は一向に気候危機対策を加速する様子を見せておらず、のらりくらりと変化を先延ばしにしています。

posted at 16:13:06

7月11日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

次の総選挙までは、何も進展しない可能性が高いのですが、若者の行動が、2021年9月まで継続するのかどうか。

継続するなら、ドイツ社会はこのタイミングで大きく変化するでしょう。

posted at 16:13:18

7月11日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

それから、2020年を経過すると00年開始のFIT切れが出てきて、30年前後では、FIT切れによる再エネ廃炉をカバーするより大きな量の新設が必要です。現状の進行だと、30年に再エネ割合54%という数字が予測され、各種のステークホルダーは危機を募らせています:
www.bdew.de/presse/pressei

posted at 16:15:30

7月11日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

「KM=¥」の第7回。

域内の交通のスピードを落とすことでしか、入植地の拡散を抑制し、コンパクトな、人口減少に対応した都市計画を形作ることはできません。ここまでの動画ではその原理を説明してきました。

それでは、そのスピードを落とす対策とは、何になるのか?
www.youtube.com/watch?v=63qDDU

posted at 16:36:00

7月11日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

その答えを一言で表現するならば、これまで過去50年間に継続して優先し続けてきた方向とは真逆に、「マイカーの利便性を落とす」ことしかできないわけです。

そう人為的に「渋滞」をあえて面状に作るわけです。

posted at 16:36:34

7月11日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

この困難な課題に耐えられ、この方向を目指してきた自治体は、欧州には数多く存在しますが、日本ではどうでしょう。

マイカー交通に大きなメスを入れないで、公共交通の推進をしている自治体が日本では散見されています(→公共交通を推進したら、マイカー交通が抑制されるというのは幻想)。

posted at 16:38:15

2019年07月09日(火)1 tweetsource

7月9日

@nagashimaosamu

長嶋 修 不動産コンサルタント さくら事務所会長@nagashimaosamu

「ドイツ銀行の負債総額は260兆円。2008年に破綻したリーマン・ブラザーズの4倍に近い。破綻すればリーマン・ショックの再来ではすまない規模のショックが世界経済を襲うと噂されている」

「銀行の時代」は終わった ドイツ発金融危機に日本は耐えられるか ironna.jp/article/4091

Retweeted by 村上 敦

retweeted at 18:01:02

2019年07月08日(月)2 tweetssource

7月8日

@Knjshiraishi

Kenji Shiraishi@Knjshiraishi

近年の一人当たり、及びGDP当たりの温室効果ガス排出量の推移。一人当たり温室効果ガスの排出量で中国がEU平均を上回ったのが一つのポイントだが、日本人としては、GDPあたりの温室効果ガス排出量で日本(1000ドルあたり270 kg CO2)とアメリカ(同290 kg)がほとんど並んだ。
www.pbl.nl/sites/default/ pic.twitter.com/49Jha0J3Ju

Retweeted by 村上 敦

retweeted at 14:28:50

2019年07月07日(日)4 tweetssource

7月7日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

2.域内経済循環を高めるために交通を所有から、サービスに転換する必要があり、そのためには入植地の密度を維持、あるいは高めなければならないこと、

3.このために、自治体、地域がもっとも先に解決しなければならないこと、それは

「交通の速度を低下させる」

ことです。

posted at 20:09:16

7月7日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

なぜ、欧州の各地で、というかほぼ全面的に、域内交通はゾーン30(速度規制30KM/H)、自転車交通の推進、徒歩交通の推進、公共交通の推進を行い、その取組の成果が上げれば上げるほど、まちの活気は取り戻されているのか、その仕組み、原理について解説しています。

posted at 20:09:53

7月7日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

もちろん、馬鹿げたことを言っているように感じられる方が大勢いることは承知しています。ですから、まずは前回の第5回、今回の第6回をご視聴いただき、そのうえで、村上や欧州での考え方とは別の仮説などあれば、コメント欄にお寄せいただければ、嬉しく思います。
www.youtube.com/watch?v=bWvElp

posted at 20:10:54

2019年07月06日(土)9 tweetssource

7月6日

@murakamiatsushi

村上 敦@murakamiatsushi

道路や鉄道などに代表される交通にかかわる投資や維持管理のコストの支出は(=¥)、なんとなくの効果(感情、盛り上がり、雰囲気、快適性など=KPI)ではなく、なんらかの手法によって便益(=¥)に換算され、それがコストを上回るときだけ、税金による支出が正当化されます。

posted at 17:10:11

2019年07月04日(木)1 tweetsource

2019年07月03日(水)6 tweetssource

7月3日

@shoutengai

木下斉/Hitoshi Kinoshita@shoutengai

ほんと制度自体を変えないと、まじでやばいよね。てか、こんだけやばい会社とかわざわざ外国人を入れる前につぶれりゃ良い訳で。/「パスポートも通帳も会社に取り上げられ、逃げることはできなかった」外国人技能実習生が直面しているニッポンの現実です。 www3.nhk.or.jp/news/html/2019

Retweeted by 村上 敦

retweeted at 07:15:47

7月3日

@shoutengai

木下斉/Hitoshi Kinoshita@shoutengai

日本の若者や女性が今まで虐げられながらそういう仕事をしてたのがようやく人手不足で無くなるはずが、「働き手不足」とかいって外国人を犠牲にしてまで延命しようとするのが異常なんだよね。。。

Retweeted by 村上 敦

retweeted at 07:15:56

7月3日

@kskhatta

Kosuke Hatta 八田浩輔@kskhatta

EU欧州委員長候補のフォンデアライエンさん。医師でドイツ中道右派CDU所属の国防大臣。過去には「ヨーロッパ合衆国」を志向する発言もある生粋の親EU派。欧州経済共同体の幹部だった父の仕事に伴いブリュッセルで生まれ育ち、英語仏語にも堪能。7人の子の母でもある。 twitter.com/eu_commission/

Retweeted by 村上 敦

retweeted at 07:24:11

7月3日

@umwerlin

Umwerlin@umwerlin

独で最も成功した気候自治体の1つ、ラインフンスリュックの取り組みのビデオに日本語字幕が付きました。尽力されたラウパッハ先生、ビデオにも登場するウーレ氏から沢山の人に見てほしいとのメッセージを頂いたのでシェアします。
#Rheinhunsrück #RE #Germany #Energiewende
www.youtube.com/watch?v=HIZqgq

Retweeted by 村上 敦

retweeted at 11:21:46

このページの先頭へ