情報更新

last update 04/09 03:19

ツイート検索

 

@narapress
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

Stats Twitter歴
3,686日(2010/03/08より)
ツイート数
98,381(26.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年04月08日(水)12 tweetssource

17時間前

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「私が息子と9年暮らしてきた経験から言うと、植松死刑囚の考えは「異端」の意見じゃないんです…大なり小なり、この国の、ごくふつうの人たちから感じてきた…かなりスタンダードな意見だとすら思う。でも彼が「控訴しない」と言ったことが、一番の問題」野田聖子>毎日 mainichi.jp/articles/20200

posted at 21:28:46

19時間前

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「勉強会を開かなければ…出会うことはなく、詩集もこんな形で世に出ることはなかった…人と人が集うことはほんとうに大切だ。命と魂をいきいきと輝かせ、新しいものを生みだす」「また人々が集える世の中になってほしい」>ならまち暮らし:かめちゃんの詩集=寮美千子 毎日 mainichi.jp/articles/20200

posted at 19:28:21

4月8日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「正しく怖がる」というのも、わりと謎なつかわれかたをするフレーズである。政府のもつ権力や、政権担当者の無能を正しく怖がりましょう、というよびかけはあまりみかけない。

posted at 12:30:12

4月8日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

毎日新聞奈良版に、寮美千子エッセイ・ならまち暮らし第230回「かめちゃんの詩集」。これまで31回開催してきた勉強会「奈良少年刑務所の心をつなぐ」(休止中)。去年たまたま参加してくれた三村雅司さん(かめちゃん)の書きためていた詩が、市販本として発売される。出会いから出版までのいきさつ。

posted at 12:21:07

4月8日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「緊急事態宣言の下では…学問の自由や知る権利も…集会や言論・表現の自由も一定の制約を受けることが懸念される」「ウイルス禍は克服したが、民主主義も壊れていたというのでは、危機を乗り越えたことにはならない」>日本ペンクラブ声明「緊急事態だからこそ、自由を」 4/7 japanpen.or.jp/statement0407/

posted at 01:19:32

4月8日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

けさの夢。マンションのベランダで、うちの奥さんがふとんを干している。ふとんはどれも30cmほどの厚さで、たぶん8枚以上ある。ベランダの空間いっぱいに、U字型にまげるなどして、ぎっしりと、しかし密着しないかたちであるのである。どうやって空中に固定しているのかはよくわからない。

posted at 01:04:37

2020年04月07日(火)19 tweetssource

4月7日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

きょう、近鉄奈良駅のちかくの、ひがしむき商店街から興福寺へあがる坂道のところで、ふしぎな歌を奏でる、きれいな鳥をみた。しらべてみたら「イソヒヨドリ」らしい。近年、内陸の市街地にも進出しているとのこと。>イソヒヨドリ 日本の鳥百科 サントリー www.suntory.co.jp/eco/birds/ency pic.twitter.com/7B78nOkgVm

posted at 22:31:49

4月7日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「うさぎとかめの競争の話で、ほんとうに負けたのはかめのほうだ。かめは、速く走ろうと思ったとたん、かめであることのすばらしさを忘れてしまった…その点うさぎは、ここちよく昼寝して、力のかぎり走って、競争には負けても、うさぎであることを失わなかった」三村雅司>www.amazon.co.jp/dp/4878068140/

posted at 22:19:19

4月7日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

2/4申請分からの新パスポートでは、「顔写真のページの名前や国籍、生年月日などは公証している情報ですが、所持人記入欄は自分で自由に書くことができた」ので住所等の記入欄を廃止したと。自分のは旧型だから欄はあるけど、意味ないなとおもったので未記入のまま。>毎日 mainichi.jp/articles/20200

posted at 20:14:21

4月7日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「葛城市の当麻寺は6日、平安時代から1000年以上続くとされ、14日に予定していた「練供養会式」について、二十五菩薩が境内の橋を練り歩く屋外儀式の中止を発表した。一般には非公開の本堂内での法要のみとし、来場自粛を呼び掛ける」>当麻寺の「練供養」も練り中止 毎日 mainichi.jp/articles/20200

posted at 17:57:03

4月7日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

ようやく開催中止に。「ムジークフェストなら実行委員会は6日、新型コロナウイルス感染症対策で、本年度の同音楽祭(5月16日~6月7日、県内各地)を中止すると発表…購入済みチケットは払い戻し」>ムジークフェストなら中止 実行委主催120公演/チケット払い戻し 奈良新聞 www.nara-np.co.jp/news/202004070

posted at 15:11:30

4月7日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

けさの夢。公民館みたいなところへ行く。15分間のスピーチをたのまれていたのだ。内容はまだかんがえていないが、出番まではあと1時間ほどある。正面の階段で2階へあがり、受付へ。招待券を忘れたが、いれてもらえた。売店でチョコレートを買った。マスクをしていたので、マスクをとって食べた。

posted at 01:52:02

2020年04月06日(月)6 tweetssource

4月6日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

うちの隣のローソン跡に3/16にオープンした「1〜2ヶ月の期間限定の店舗」、4/5には消えていた。かんがえてみたら、催眠商法というのは、閉めきった部屋に大勢あつめて、大きな声で話すという空間づくりが基本なので、新型コロナウイルスの感染をひろげてしまう懸念はつよそう。 pic.twitter.com/mkuT9ryaST

posted at 20:52:05

4月6日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「吉野山で、シロヤマザクラが見ごろ…ふもとに近い「下千本」から標高の高い「上千本」まで満開」「今年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴って訪れる人が激減し、当初1987台入っていた観光バスの駐車場の予約も、95%超がキャンセル」「開花は例年より1週間ほど早く」>毎日mainichi.jp/articles/20200

posted at 12:46:42

2020年04月05日(日)6 tweetssource

4月5日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「1990年…日系人を「定住者」の資格で受け入れたが、リーマン・ショック後に多くの人が職を失って帰国…93年に始まった技能実習制度は母国への技術移転を名目にしながら、人手不足を補う手段に使われ」>外国人就労拡大1年 技能実習制度、廃止を=論説委員・北村和巳 毎日 mainichi.jp/articles/20200

posted at 20:01:16

4月5日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

新型コロナウイルス感染者の葬儀について、奈良県葬祭業協同組合鈴木勝士理事長の話。「組合加盟の業者なら自治体との災害時応援協定も結んでいるので、ゴーグルや納体袋などは備蓄してあります。また担当した職員は経過観察として2週間自宅待機しなければなりません」>毎日 mainichi.jp/articles/20200 pic.twitter.com/ZHGpA4ZP5P

posted at 14:32:42

2020年04月04日(土)15 tweetssource

4月4日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

2011年の中国新聞の連載企画。「腹巻きに拳銃を差した者たちが歩いているような無法地帯で、まさに切った張ったの世界。商売のお師匠もおらん、お金も何もない、そんなスタートでした」。『仁義なき戦い』の冒頭のような風景。>生きて:イズミ会長 山西義政さん(1922年~) www.chugoku-np.co.jp/local/news/art

posted at 20:35:19

4月4日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

@y_sendohda しばらく前から、そんな世界に移行していてもよかったはずなのに、とおもいます。とくにわが国は、原発を爆発させたのに、きっかけにできなかった。新型ウイルスの流行はたいへんなことですが、せめてそんなシフトのきっかけになればいいのに。

posted at 19:02:50

4月4日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「薬物犯罪の再犯を防ぐため、全国初の取り組み…出所後の暮らしに近い専用の居住スペースを設け…刑務作業の時間を半減。空いた時間を依存症からの回復をめざす活動にあてる。「刑罰」から「治療」へと重点を」>モデルルーム?いえ、女性刑務所です 再犯防ぐ最前線 朝日 www.asahi.com/articles/ASN41

posted at 15:08:17

4月4日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「八ヶ岳山麓の蓼科高原を中心に計約1万2000棟の別荘地を抱える長野県茅野市…新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、別荘利用者を中心とした入り込み客を対象に注意喚起のチラシ7000枚の配布を始める」>首都圏の車が別荘地に増加、市に「感染リスク」の不安訴える声も 読売www.yomiuri.co.jp/national/20200

posted at 14:26:30

4月4日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

けさの夢。若い男が運転する三輪自動車。四角い車体から足が3本さがり、それぞれにタイヤ。自信まんまんの無免許運転で、人をおいまわしている。追われている人らに「左右にわかれて逃げろ」といったら、むかってきて、左足をひかれた。警察に通報したら、「ほんとうは痛くないだろう」と怒っていた。

posted at 13:39:25

4月4日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

けさの夢。どこかの駅のホームで、女性サッカー選手が人を救出したことを知る。女の子ふたりが、まとめた髪につけた強力な吸盤で、電車の外側にぶらさがってふざけていた。その電車が発車したところを、選手が発見して、回し蹴りみたいな技をつかって、ふたりを確保したのだ。それを映像でみてうなる。

posted at 13:24:34

4月4日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

けさの夢。首都圏のどこかの駅で、電車のホームへのエスカレーターをさがす。京急蒲田駅のようにホームが上下につらなっている。2層おりたあと、休憩スペースみたいなところで、取材相手に記事内容を確認してもらう。なぜか英文で、年配の女性に読んで聞かせる。つきそいの若い男性も納得したようだ。

posted at 13:20:55

4月4日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

@StGiga_strm_bot 笑い声が 光になって きらめきながら こぼれる

飛びたつ鳥も
はばたく蝶も
咲き誇る花も

命あるものはすべて 水の彫刻
めぐりながら流れる 水の彫刻

その夏の ある日
いたずらっ子の鏡の光で 目を射られると 
急に すべてが透きとおって
ただ 輝く命だけが 見えた

>寮美千子:水の彫刻

posted at 12:46:13

4月4日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

@StGiga_strm_bot ryomichico.net/bbs/voice0000.
その夏の ある日
ふいに まぶしい鏡の光が目に入ると
急に すべてが 透きとおって
ただ 水だけが 見えた

樹木は ゆるやかな噴水
透明な大地から 静かに水を吸いあげ
葉は 青空を映して 揺れる

走っているのは 子どもの形の水
追いかけているのは 子犬の形の水

posted at 12:45:28

4月4日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「報告は、大滝ダム建設に伴う地滑りで全家屋の移転を余儀なくされた白屋地区集落跡で2015年から行われてきた生態調査。村は同地区を環境教育の場として活用しながら保全する活動を企業などと協力して実施」>自然生態調査、オンラインで報告会 川上・森と水の源流館 毎日 mainichi.jp/articles/20200

posted at 01:11:24

4月4日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「「投票の秘密を保障する憲法に基づき、公職選挙法は公務員が有権者に選挙の投票先を質問すること自体を禁じている」と…調査票には実施主体として県の部局名が記されており、投票先を尋ねた質問は同法に違反」>政治調査「違法」と提訴 住民、奈良県に支出停止求め 毎日 mainichi.jp/articles/20200

posted at 00:54:41

このページの先頭へ